注目のワード

官能小説【最終話】「気持ちいい」を聞かせて

お互いを求めあって

★作品について
この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した、「女性の為のHなラブコスメ小説コンテスト」のLC賞作品です。

「やぁんっ、もうだめ、だめ、だめぇっ……!」

何回目かの美緒の「もうだめ」を聞いて、俺は自分がどんどん興奮していくのを感じていた。

「あっ、やぁん、やぁっ」

ローターから逃げようと身をよじる美緒を押さえつけて、ぴんと立った胸の頂きを吸い上げる。
ほとんど悲鳴に近い彼女の声が更に高くなり、次の瞬間には脱力した。

(……またイった。これ、すごいな)

手の中のローターを見下ろして、軽い嫉妬心に似た気持ちを覚える。
さすがにこれ以上やったら美緒が壊れてしまいそうだったので、電源を切った。

「ひ、ひどい、よぉ……」

美緒は荒い呼吸を繰り返しながら、かわいらしい顔でこっちを睨んでいた。
その目には涙が浮かんでいる。

(あー……かわいい)

こんなにかわいい彼女を、どうして何カ月も放置できていたのか、過去の自分に大いに呆れる。
美緒は俺が浮気を疑ったことを怒りもせずに、ただ、俺を求めてくれた。
いつもいつも俺は、彼女に救われてばかりだ。

「……泣いちゃうほど、気持ちよかった?」

美緒の涙を指で拭いながらキスをすると、美緒はふるふると首を振る。

「気持ちいい……けど……」

美緒の伏せた目が持ち上がって、まっすぐに俺を見つめる。

「圭ちゃんがいい。圭ちゃんがいいもん」
「……っ」

熱を孕んだ濡れた瞳に、一気に興奮が高まった。

「挿れたい……挿れていい?」
「ん……来て……」

美緒のそこに、自身を宛がう。
蜜を塗りつけようと擦り上げると、それだけで美緒は身体を震わせた。

「今、挿れられたら……私、どうにかなっちゃいそう」
「いいよ。どうにかなって」

美緒の頭を撫でながら、ゆっくりと腰を沈めていった。
彼女の中は蕩けるほど熱くて、きつくて、あまりの気持ちよさにため息が漏れる。

「あ、ぁ――」

それは美緒も同じなのか、切なげに眉をしかめて、それでも求めるように俺に手を伸ばした。

「圭ちゃん、ぎゅーして……」
「……ん」

美緒の身体を抱き締め、奥まで差し入れる。
美緒は小さい喘ぎ声を上げて、俺のそれを更に締め上げた。

(ヤバいな……これ、動いたらすぐ出そう)

だけど、もっと美緒と繋がっていたい。
俺は大きく息をつくと、ゆるゆると腰を動かし始めた。

「あっ、ぁん……っ、けい、ちゃ……っ」
「っ美緒、だめだって……そんなに締めたら……」
「だ、ってぇ……あんっ」

美緒の甘い声が耳元で響いて、俺の理性を吹き飛ばそうとする。
柔らかな唇に噛みつくようなキスを落として、俺は腰の動きを早めた。

「やっ、あっ、あっ、だめ、ぇっ……」

(……まだまだ。こんなんで、終わりになんかさせてやらない)

美緒の中がひくひくと痙攣して、俺に絡みついてくる。
俺はすぐさまそれを引き抜くと、美緒を四つん這いにさせ、再び奥まで貫いた。

「あぁんっ――」

もっと、もっと。深くまで繋がりたい。
力を入れれば折れてしまいそうな美緒の腰を抱いて、ひたすら腰を打ち付ける。
彼女の白い肌が、上気して薄いピンク色に染まっている。
ただそれだけのことが、俺の心を乱して興奮させる。

(これ……当てたらどうなるんだろ)

意地悪な考えがよぎり、俺はベッドに転がっていたローターのスイッチを再び入れた。
小さなモーター音に気付いたのか、美緒の中がきゅっと締まる。

「や、けいちゃん、それ……っ」
「大丈夫、ちょっと当てるだけだから」
「だめ、っああぁ――」

中を突き上げながら、彼女のぷっくり膨れた突起にローターを宛がった。
美緒は大きく背をのけぞらせて、掠れた声で喘ぐ。

「やば、すごすぎ……美緒……っ」
「ひ、ぁ、やぁっ、だめ、だめぇっ、気持ちいっ……!」

――気持ちいい。

美緒の口から初めて聞いた、思わず口から漏れてしまったという感じの「気持ちいい」は、俺がギリギリ堪えていた欲望を爆発させるには十分だった。

(あ、イク)

「美緒、やばい、出る……っ」
「わ、たしも……っ、イっちゃ――」

美緒の小さい身体に、欲望の全てをぶちまけた。

びくびくと身体をしならす美緒の横で、転がり落ちたローターが、小さく唸り声を上げ続けていた。

官能小説挿絵:「気持ちいい」と感じた二人は絶頂をするイメージ

新しい一歩

「ん……」

俺の横で、美緒が目を覚ます。
ぼんやりとしていた彼女の焦点が、徐々に合ってきて――
視界に俺を捉えると、ふにゃりと笑顔になった。

「起きた?」
「うん……ごめんね、寝ちゃってた?」
「寝たというか、気を失ったというか」

小さく苦笑して、美緒の頭を撫でる。

――かわいい。

心の底からそう思った。

「……ごめんな、今まで。構ってやれなくて」
「ううん……」

それから、自分の思いを全て打ち明けた。
美緒が自分を好いていてくれてることに、甘えすぎていたということ。
自分のことばかりにいっぱいいっぱいになっていたこと。
セックスがしたいと思っても、美緒もしたいと思ってくれているのかわからず、なかなか勇気が出なかったこと。

「でも、これからは、そんな心配する必要なさそうだな」

呟くと、美緒は不思議そうに首を傾げる。
いちいちかわいらしいその仕草に、再び下腹部が疼きそうになる。

「……美緒がすっごくエッチってこと、わかったし」

耳打ちをするようにこっそり囁くと、美緒は耳まで真っ赤に染めた。
美緒のあんなに乱れた姿を見るのは初めてだ。
したいと思っていたけど勇気がなくてできなかったことを、試してみてもいいかもしれない。

「ところでさ、あのローター、どこで買ったの?」
「え……えっと、あの、ネットで……」
「ふぅん。……今度は電マでも買ってみる?」

枕元に転がったローターを視界の端にとらえながら、そう尋ねてみる。
美緒はやっぱり耳まで真っ赤に染めながら、けれど、小さくこくりと頷いた。

END

⇒コチラもオススメ! 香澄が騎乗位で感じていると、彼は不意にディルドの使用を提案してきて… (連載官能小説 「もうひとつ」の誘惑/はづき)

あらすじ

「もうだめ」彼女のそんな声を聞くたび、どんどん興奮が高まっていった。
快感から逃げようとする彼女の身体を押さえつけ、さらに刺激を与え…何度も何度もローターで彼女を責め続けた。
すると彼女はうるんだ目で…

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
torico
torico
小説家、シナリオライター。 主に女性向け小説、ゲーム…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう