注目のワード

官能小説 秘密の氷が溶ける音 1話

はかない恋の予感

バーでワインを飲む男女


1ヶ月半前の飲み会のメンバーは、とても気が合った。
合コンだったけれど、ワイン好きという共通点があって、このメンバーで顔を合わせるのは、今夜で3回目だ。

「じゃ、また連絡するから」

リーダーのようになっている佐々木洋平と、お店の外でみんなを見送る。
彼と私だけは、反対方向に帰るのだ。

「ちょっと、飲み直そうか、佐藤さん」

駅に向かう途中、私の返事も待たずに、洋平は路地に入っていく。
黙って彼の後ろを歩いたのは、やはり、私も飲み直したかったからだろう。…ふたりで。

「夕子さん、こういうの、好きでしょ?」

行きつけだというバーに入ると、彼は私を下の名前で呼んだ。

「…あぁ、まろやか!」

洋平に向けられる自分の笑顔が、とても無邪気になっているのは、鏡を見なくても分かった。

「でしょ?」

満足気に微笑むと、彼は、隣に座る私の肩にそっと触れた。
その手の温もりに、胸が一瞬熱くなり、次の刹那、サッと鋭く冷える。

(私はまた、はかない恋を失うんだわ…)

目の奥のずっと奥で、じんわりと涙が生まれた。

「どうした?」

洋平の声に、「ごめん、なんでもない」と笑顔で目を合わせる。
そう、なんでもない。ただ、ほんのりと漂っていた恋の予感が、消えていくだけ。
失恋にさえもならずに、終わっていくだけ。

洋平のように、近づいてくれる人は、今までに何人かいた。 30歳間際になれば、少しも不思議なことではないだろう。
でも、みんな離れていく。
曖昧な態度を見せていると、みんな去っていく。

そうやって、何度も恋の予感は消えてきた。
…違う。恋の予感を、消してきた。

だって私は…、
だって私は…、
処女なのだから。

それを知れば、男性は引いてしまう…と、私は思っている。
「重たい」と言われ傷つくのを覚悟で恋に飛び込んでいくほど、私は大胆ではなかった。その大胆さがあれば、きっと、こんな風に悩むことはなかったはずだ。

大学を卒業した頃は、まだあまり気にしていなかった。
25歳を過ぎると、アプローチしてくれる男性への接し方がぎこちなくなった。
そして、29歳の今、好意を感じる喜びとほぼ同時に、喪失感が襲ってくる。

それでも、処女というコンプレックスが邪魔をしているだけで、男性に好意を寄せる心が消えたわけではない。
恋の予感を繰り返す中で、楽しく会話をしてほろ酔いでお酒を飲む術は、すっかり身につけていた。

秘密の氷

電車で別れる男女


「俺んち、来る?」

店を出て終電に飛び乗り、私の降りる駅が近づくと、洋平は目を合わせずにそう言った。

「ありがとう。でも…」

握ってくれる彼の手を、軽く握り返してから、手を離す。

ついさっき触れた手を窓越しに振ると、私は、ひとりで自宅のアパートに歩き始めた。

もっと一緒にいたかった…。
少し強い夜風を1人で受けながら、空を見上げる。

処女じゃなければ…。
今頃、まだ洋平と一緒にいたのだろうか。
気軽に彼の家に行って、ロマンチックな時間を過ごしたのだろうか。
彼の好意をすんなりと受け入れて、自分の好意ももっと素直に表現できるのだろうか…。

(処女じゃなければ…)という言葉が頭に浮かぶたびに、処女という事実は、秘密にしなければならないことのようになる。
そして、その秘密の周りに、少しずつ氷が貼りつき、少しずつ、その氷が厚くなっていく。処女という秘密を隠すように。

憧れ

テレビでラブシーンを見てしまう女性


誰もいないアパートに「ただいま」とつぶやいて帰り、ソファに座ってテレビをつける。
時計を見て、今頃洋平も家に帰りついただろうかと、気になってしまう。

(あ…)

ふと、ザッピングをしている指が止まる。
映画…だろうか。
ベッドの上で、むさぼり合うように体を重ねる男女。
女性の胸に顔を埋める男性の頭の上で、薄いピンクのマニキュアを塗った女性の指に、力が入っている。

「あぁぁ…もっと…して…。私が、ほしいんでしょ?」

眉間にしわを寄せて快楽の表情を浮かべながら、男性の耳元でそう囁く女性。
彼女の胸元から、一瞬視線を上に向けて目を合わせると、ジュルジュルと唾液の音を立てて彼女の胸にむしゃぶりつく男性。彼の右手は、彼女のスカートの中へと狂い入る。
同時に彼女は、はぎ取るように彼のシャツを脱がせた。

ぼーっと思考を失いながら
(こんなふうに愛し合えたら…)という憧れが強く影を落とした。


あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ さくらの恋猫ぬくぬく企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
嶋永のの
嶋永のの
フリーのイラストレーター・漫画家(少女漫画・TL)
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう