注目のワード

官能小説 秘密の氷が溶ける音 1話【LCスタイル】


はかない恋の予感

バーでワインを飲む男女

1ヶ月半前の飲み会のメンバーは、とても気が合った。 合コンだったけれど、ワイン好きという共通点があって、このメンバーで顔を合わせるのは、今夜で3回目だ。

「じゃ、また連絡するから」

リーダーのようになっている佐々木洋平と、お店の外でみんなを見送る。 彼と私だけは、反対方向に帰るのだ。

「ちょっと、飲み直そうか、佐藤さん」

駅に向かう途中、私の返事も待たずに、洋平は路地に入っていく。 黙って彼の後ろを歩いたのは、やはり、私も飲み直したかったからだろう。…ふたりで。

「夕子さん、こういうの、好きでしょ?」

行きつけだというバーに入ると、彼は私を下の名前で呼んだ。

「…あぁ、まろやか!」

洋平に向けられる自分の笑顔が、とても無邪気になっているのは、鏡を見なくても分かった。

「でしょ?」

満足気に微笑むと、彼は、隣に座る私の肩にそっと触れた。 その手の温もりに、胸が一瞬熱くなり、次の刹那、サッと鋭く冷える。

(私はまた、はかない恋を失うんだわ…)

目の奥のずっと奥で、じんわりと涙が生まれた。

「どうした?」

洋平の声に、「ごめん、なんでもない」と笑顔で目を合わせる。 そう、なんでもない。ただ、ほんのりと漂っていた恋の予感が、消えていくだけ。 失恋にさえもならずに、終わっていくだけ。

洋平のように、近づいてくれる人は、今までに何人かいた。 30歳間際になれば、少しも不思議なことではないだろう。 でも、みんな離れていく。 曖昧な態度を見せていると、みんな去っていく。

そうやって、何度も恋の予感は消えてきた。 …違う。恋の予感を、消してきた。

だって私は…、 だって私は…、 処女なのだから。

それを知れば、男性は引いてしまう…と、私は思っている。 「重たい」と言われ傷つくのを覚悟で恋に飛び込んでいくほど、私は大胆ではなかった。その大胆さがあれば、きっと、こんな風に悩むことはなかったはずだ。

大学を卒業した頃は、まだあまり気にしていなかった。 25歳を過ぎると、アプローチしてくれる男性への接し方がぎこちなくなった。 そして、29歳の今、好意を感じる喜びとほぼ同時に、喪失感が襲ってくる。

それでも、処女というコンプレックスが邪魔をしているだけで、男性に好意を寄せる心が消えたわけではない。 恋の予感を繰り返す中で、楽しく会話をしてほろ酔いでお酒を飲む術は、すっかり身につけていた。

電車で別れる男女

「俺んち、来る?」

店を出て終電に飛び乗り、私の降りる駅が近づくと、洋平は目を合わせずにそう言った。

「ありがとう。でも…」

握ってくれる彼の手を、軽く握り返してから、手を離す。

ついさっき触れた手を窓越しに振ると、私は、ひとりで自宅のアパートに歩き始めた。

もっと一緒にいたかった…。 少し強い夜風を1人で受けながら、空を見上げる。

処女じゃなければ…。 今頃、まだ洋平と一緒にいたのだろうか。 気軽に彼の家に行って、ロマンチックな時間を過ごしたのだろうか。 彼の好意をすんなりと受け入れて、自分の好意ももっと素直に表現できるのだろうか…。

(処女じゃなければ…)という言葉が頭に浮かぶたびに、処女という事実は、秘密にしなければならないことのようになる。 そして、その秘密の周りに、少しずつ氷が貼りつき、少しずつ、その氷が厚くなっていく。処女という秘密を隠すように。

テレビでラブシーンを見てしまう女性

誰もいないアパートに「ただいま」とつぶやいて帰り、ソファに座ってテレビをつける。 時計を見て、今頃洋平も家に帰りついただろうかと、気になってしまう。

(あ…)

ふと、ザッピングをしている指が止まる。 映画…だろうか。 ベッドの上で、むさぼり合うように体を重ねる男女。 女性の胸に顔を埋める男性の頭の上で、薄いピンクのマニキュアを塗った女性の指に、力が入っている。

「あぁぁ…もっと…して…。私が、ほしいんでしょ?」

眉間にしわを寄せて快楽の表情を浮かべながら、男性の耳元でそう囁く女性。 彼女の胸元から、一瞬視線を上に向けて目を合わせると、ジュルジュルと唾液の音を立てて彼女の胸にむしゃぶりつく男性。彼の右手は、彼女のスカートの中へと狂い入る。 同時に彼女は、はぎ取るように彼のシャツを脱がせた。

ぼーっと思考を失いながら (こんなふうに愛し合えたら…)という憧れが強く影を落とした。

心の真ん中にあるもの

社内で食事に誘われ悩むアラサー女性

≪近いうち、食事、行かない?≫

洋平からのメッセージが届いたのは、彼の家に行くのを断った翌々日だった。 最初に湧き上がってくるのは、純粋な嬉しさ。 そして次の瞬間に、

「これ以上、近づいていいの?」 という疑問が現れる。 食事の誘いには、乗りたい。乗れば、洋平も喜んでくれるだろう。 …そして、もっと接近しようとするだろう。

接近した結果、私が処女だと知ったら…?

彼は、困ってしまうかもしれない。逃げたくなるかもしれない。それは、ふたり共を傷つけることかも…。

そんなことをグルグルと考えていると、つい、返信が遅れる。 それでも、やはり、心の中にある一番大きな気持ちは、

(また洋平に会いたい)

というものだった。 コンプレックスが大きくなっても、恋を求める感情が、 それと入れ替わりに小さくなるわけではない。 かえって、コンプレックスの大きさに比例して、愛されたい気持ちも、 愛し合いたい気持ちも、大きくなるように感じる。 おしゃれや肌の手入れに念入りになったのも、それが原因かもしれない。

≪ありがとう!行きたい!≫

モヤモヤを潜りながらも、半日後、私は素直な気持ちを返信していた。

≪よかった!今夜、仕事終わったら、相談しよう!≫

洋平からは、1分後に返信がきた。

男性に手を振るアラサー女性

洋平との時間は、本当に楽しい。 結局、誘われた翌日の今、食事を終えて、バーで飲み直している。 私の降りる駅の近くにも彼の行きつけがあって、連れてきてもらった。

「ちょっと、ごめん」

トイレに立ちながら、彼は、私の手をギュッと握った。 飲んでいる最中も、前回よりも距離が少し近づいている。 目が合ったとき、視線を絡める時間も、長くなっている。

―――「なんか、夕子さん、疲れちゃった?今日は帰るね」

自宅の前まで送ってくれると、洋平は、数秒間私を抱き寄せて笑った。 …苦笑いのような気がしたけれど。 角を曲がるまで見送ると、 彼は振り返って手を振る。 カラ元気を出すように、 できるだけ大きく手を振ると、私は部屋に入った。

バタンと玄関ドアを閉めて、ため息をつく。 本当は、もっと一緒にいたかった。でも、

「上がっていい?」 と言わせなかったのは自分だ。 そういう空気を、作ってしまった。

そういう空気を作りながらも、もっと一緒にいたくて、本当は求めていて…。

ひとりエッチする処女のアラサー女性

触れたい…。 あのまま、抱きしめられたい…。 そして…そして…。

ベッドに入ってから、洋平に触れたい想いが、触れられたい想いが、 一秒ごとに大きくなる。私は、きっと、洋平を好きなのだ。 だけど…。好きだからこそ…、カラ元気で見送ってしまう。…失いたくなくて。

それでも、ひとりになると、触れ合いたいという欲求が、ムクムクと浮きあがってくる。 ゆっくりと、布団の中で、左手が、パジャマの中に伸び、胸を包み込む。 同時に、右手が、両脚の間に伸びていく。

(洋平くん…)

ひとつ年下の彼の名前を心の中で呼びながら、私は、ショーツを脱いでいた。 左手で乳首を転がしながら、右手の人差し指と中指は、敏感になっているクリトリスを挟んでいる。

「はぁ…はぁ…」

柔らかな胸の頂点で硬くなる突起も、2本の指の間で充血していく豆も、 自分の体温に包まれるだけで、どんどん敏感になっていく。 荒くなる呼吸に合わせて、両手の指先の動きが、激しくなった。

右手の指には、脈打つのが速くなるだけでなく、しっとりと濡れてきているのが伝わってくる。 それだけで、人差し指と中指の動きは、その間に挟まれる敏感な豆に、執拗になっていく。

絡めるように、ねっとりと押し付けるように、優しく包むように、 イタズラに転がすように…。 処女の私でも、自分のカラダの悦ばせ方は、知っていた。

「あぁぁ…。いいぃ…」

洋平に触れられるのを思い浮かべながら、それに小さな切なさを感じながら、私は、指の動きを止められなかった。ドクドクと脈打つクリトリスに挑発されるように、指を絡める。

「う…っ…い…いぃく…」

さらに激しくクリトリスに指を絡めると、全身が一気にカッと熱を帯びる。 そして、…果てた。

こんなふうに…こんなふうにひとりで彼を想うのなら、 恋に飛び込んで傷つくほうが、ずっと誠実なのかも…。

そんな痛みを胸に受けながら、眠りに落ちた。

心に突き刺さる冷たい氷

電車の中で男性に手をひかれるアラサー女性

前回一緒に食事をしてから4日後。 また洋平が声をかけてくれて食事をした帰り、私の降りる駅に向けて、電車がスピードを落とし始める。

「今夜は、送らせてよ」

洋平は、私の手を取って立ちあがった。

その手を離す理由など、ひとつもない…と思いたかった。 その手が離れてほしい理由など、ひとつもなかった。 ただ…。

(処女だと知ったら、洋平くんはどう思う?引くんじゃない?これ以上近づいたら、きっと傷つくだけ…。)

そんな自分の声が心の真ん中に突き刺さって、ギュッと強く握ってくれる彼の手を、同じ力で握り返すことも、振り払うこともできなかった。

玄関前で男性にお礼をするアラサー女性

「送ってくれて、ありがとう」

自宅のアパートのドアの前でそう言うと、洋平はいっそう強く手を握った。

私が再び「ありがとう」と言うのと、彼が「ちょっとだけ、お邪魔してもいい?」と口にするのは、ほぼ同時だった。

ここで断れば、私は、また恋のチャンスを逃すのだろう。 彼は脈ナシだと察して、もう連絡をしてこないかもしれない。 でも…、もしかしたら、処女だと打ち明けても、彼は何も変わらないかもしれない。 …いや、それは淡すぎる期待だ。 真実を打ち明けて傷つくよりも、曖昧にしてフェイドアウトしたほうがいい、きっとお互いに…。

「今日は、とにかく、ダメなの…」

うつむいたまま、握っている右手に、左手を添える。

「ごめん、困らせちゃったね。今日もありがとう」

洋平は、私の肩を優しく撫でてくれる。

「私こそ、ごめん」

声が、沈む。 洋平を見上げて「でも…、また誘ってくれる?」と言ったときには、声にも目にも、涙がにじんでいた。

告白

男性に想いを告げる処女のアラサー女性

バタンと背中で玄関のドアを閉めると、とたんに涙がこぼれ落ちる。

どうして私は、また誘ってくれる?などと言ってしまったんだろう。 そう言ってしまえば、彼からの連絡を待ってしまう。また会えば、もっと好きになってしまう。そうして、もっと傷を深くするのに…。

「ばかみたい…」

きっと私は、今まで出会ってきた人たちよりも、洋平のことをずっと好きなのだ。 でも、強烈な恋心を自覚するほど、処女というコンプレックスは、いっそう高く厚い壁となって、私の前に立ちはだかった。

「どうしよ…」

ため息をつくと、携帯が鳴る。 洋平からだ。どうかしたのだろうか…。

声を落ち着けて電話に出る。

「あ、よかった。出てくれた。今、夕子さんの家の前の道にいるんだけど」

カーテンを開けると、洋平が手を振る。

「どうしたの?玄関に出るね」

慌てて涙をふくと、玄関の外に出る。洋平も、戻ってきた。

「どうしたの?」

その言葉は、ふたりの口から同時に出た。

「夕子さん、泣いてたの?」

次の言葉を続けるのは、洋平の方が早かった。 そう言われると、止めていた涙が、再び流れ出てきてしまう。

「どうして?俺、何かしちゃったかな…」
「違う、そんなんじゃないの」

肩に添えられる彼の手の体温に、ますます涙が止まらなくなる。

そこへ、隣の住人が帰ってくるのが目に入った。 こんなところに帰ってくるなんて…。

「入って」

隣の住人に会釈をすると、私は洋平を部屋の中へと促した。

「ごめん。入るなとか、入れとか…」
「いいんだよ、全然。でも、夕子さん、どうしたの?やっぱり、俺、何か悪いことした?」

お互いに靴も脱がずに、玄関先に留まっている。 私が部屋に上がらないのだから、当然かもしれない。 これから、どうするの?隣の人は部屋に入ったから、もう帰ってと言うの? そんなひどいことを、どうして、好きな人に言わなきゃならないの? きっと…彼だって私を好いてくれているのに…。

「処女なの」

何の前置きもなく、私は、言っていた。 意を決して告げたわけではない。 彼を好きな気持ちと、ふたりきりの空間にいることと、処女というコンプレックスと…。 3つ波が一気に押し寄せて、もう、心がおぼれてしまったのだ。思わず、口から出てしまった。

「え?」

聞き取れなかったのか、ごまかしているのか…。洋平の言葉は一瞬だった。

「だから、私、処女なの。恥ずかしいでしょ?30間際で、処女なんだよ…。だから…」

だから…の続きが何なのか、私自身も少しも見当がつかずに黙り込んでしまう。

息の詰まるような沈黙に、1秒ごと、空気が張りつめていく…。

官能にまつわるお役立ち記事

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

あらすじ

合コンで出会った洋平とは、ワインが好きなことで気が合った。
彼の好意を感じるたび、夕子は冷めてしまう。
29歳、アラサーの今も処女であることに大きなコンプレックスを感じている夕子は、大胆になれないまま、ヴァージンという秘密を抱えて生きる…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
リビドー ピュアシャボン
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
嶋永のの
嶋永のの
フリーのイラストレーター・漫画家(少女漫画・TL)
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう