注目のワード

官能小説 秘密の氷が溶ける音 2話 【LCスタイル】


もうひとつの告白

男性に掴まれた女性の手

29歳で処女であることを、混乱の勢いで洋平に告白してしまった自宅の玄関先。張りつめた空気に、目を閉じてしまっていた。

「そうなんだ…」

小さく答えた洋平の声には、戸惑いが織り込まれている。 私の心の奥にある、処女という秘密を覆う氷が、また少し厚くなったかもしれない。

「ごめんね。どうしてそんな話するの?って感じでしょ。…帰らなきゃ、だよね」

玄関のノブにかけた私の手に、洋平の手が重なる。

「嬉しいよ」

さっきと同じだけ小さいけれど、さっきとは明らかに違う強さも含む彼の声。 もしかして洋平は、処女が好きなの?処女信仰が強くて、処女にこそ価値があると思っているの?

「夕子さん」

彼は私の手を握り、正面に立つ。 視線を向けられているのに気づいても、私は、顔を上げられない。

「あのね、これまでの経験がどんなものでも、いいんだ。ただ、話してくれたことが、嬉しいな」

うつむいたままの私から視線を外さない彼。私は、ゆっくりと彼に向いた。

「ありがとう、夕子さん」

声も表情も、果てしなく柔らかくて温かな彼が、そこにいた。 想像もしなかった言葉に、私は、声も涙も出ず、ただ、視線を返していた。

「抱きしめて、いいかな?」

彼は握る手に力をこめた。 その手を握り返しながら、頷いた。少し、震えながら…。

抱き合う男女

「夕子さん、好きだよ。最初に会ったときから、ずっと。付き合ってくれませんか?」

すっぽりと洋平の腕の中に納まると、ついさっきまで、失恋を覚悟していた私の耳に、それとは真逆の言葉が響く。

「…私で、いいの?」

それは、心からの疑問だった。 彼が私に好意を抱いてくれているかもしれないと、なんとなく感じていた。 けれど、処女だと知れば、その好意は消えてしまうと思い込んでいた。 その思い込みは、実際に処女だと知った彼の反応をみても消えないほどに、強かったのかもしれない。

「夕子さんを好きなんだよ。夕子さんと、付き合いたいんだ」

そう言って視線を強く結ぶ彼に、今度は私が「ありがとう」と返した。

「ねぇ、さっき泣いてたし…。このまま、ひとりにして帰りたくないな…」

少し思い切ったような声からも、彼の優しさがにじんでくる。

「うん、もっと一緒にいたい」

前回電車で別れたときも、今夜玄関の前まで送ってもらったときにも言えなかった言葉が、スルリと出てくる。

一緒に寝る男女

しばらくリビングで過ごしてから、一緒にベッドに入る。

「おいで」

腕枕を促してくれる彼を前に、安堵の幸福感と極度の緊張という両極端な感情が同時に湧きあがる。 ベッドの上で改めて私を抱きしめて、「大丈夫?」と背中をさすりながら、ゆっくりと私を横たえ、彼も横になった。

「嬉しいな、夕子さんと、こんなふうにできて」

ギュッと抱きしめてくれる彼に、私は、体の力が徐々に抜けていった。

「うん。私も…」
「そうなんだ!もっと嬉しい!」

洋平の声が、初めて年下らしく聞こえたかもしれない。

「私ね…処女だって言ったけど…。まだ学生の頃、彼氏がいたの。でも、いざってときに、うまくいかなくて…。それでそのときに彼が、舌打ちしたように聞こえて…。勘違いかもしれないけど…。それから、怖くなっちゃって。それで、仲良くなった人がいても、すぐにぎこちなくなっちゃって…」

親友の、たったひとりにしか打ち明けていないトラウマを、目の前にある洋平の胸に向けて話した。髪や背中を撫でながら、彼はときどき「うん」と頷いて聞いている。

「つらかったね…」

強く私を抱きしめて、洋平は髪に口づけた。

「僕も、夕子さんを苦しめちゃったな…ごめん」

さらに強く抱きしめる彼の腕の中で、私は、思い切り首を横に振る。

「夕子さん」

呼びかける洋平に目を向けると、ゆっくりと、唇が近づいてくる。 重なった唇は、彼の言葉と同じに温かく、柔らかく、そしてさらに深い安堵へと私を連れて行ってくれた。

その後、彼は、「今夜はずっと離れないから」と宣言したとおりに、ずっと腕枕で寝てくれた。 ときどき目が覚めると、これまでに経験のないような幸福感が全身に染み渡る。 これから彼をがっかりさせないだろうかという不安も、正直、胸を刺す。 それでも、心の奥にある秘密の氷が溶ける小さな小さな音も、確かに胸の奥に響いていた。

恋人からの誘い

携帯で恋人からの誘いをチェックする女性

≪ねぇ、今夜、また会えないかな?≫

一晩中腕枕をしてくれた翌朝、洋平と私は、それぞれに仕事に向かった。 洋平からの連絡があったのは、フワフワとした気分で過ごしていた昼休みが終わりかけたときだ。

≪うん!会いたい≫

すぐに返事をして、仕事に戻る。

バーで飲む男女のワイングラス

普段の洋平ならもう3杯はワインを飲んでいる頃に、まだ1杯目が半分も残っている。何か気に障ることをしただろうかと、食事をしながら、つい考えてしまう。

「あのね、夕子さん」

少し緊張気味な彼の声に反応するように、私は姿勢を整えた。

「僕と…、僕と結婚を前提に付き合ってくれませんか?」

私の口は、何かを言おうとして少し開いたかもしれない。けれど、何も声が出なかった。

「やっぱり、…早すぎたかな?」

無意識に首を横に振っている自分に気付きながらも、やはり、すぐには言葉が出ない。

「そう…じゃなくて…」

自分の声が震えていることに、驚いた。

「まだ、お互いに知らない部分が多いっていうか…」

その言葉の真意は、(処女だから、すぐ飽きられてしまうんじゃないか…)だ。洋平が私のことを知らなすぎるのだ。腕枕をしてもらうだけなら大丈夫だけれど、それ以上進んだら、彼をがっかりさせてしまうかも…。

「何を知っても、もっと好きになる自信がある」

私の頭の中を駆け巡るネガティブをかき消すように結ばれる洋平の視線に、思考が止まってしまった。

「すごく、その自信があるんだ。だから、指輪も何もないけど、すぐに伝えたいって。もっといろいろ準備して言うべきかもしれないけど。とにかく、今伝えなきゃって…」

強い視線も声も、少しもたゆまなかった。

「だめ…かな?」

その言葉だけが、少し、語気を弱めたような気がする。反射的に、私は、また首を横に振っていた。

「いいの?」

声に力と明るさを戻した洋平の瞳が、キラリと光って見える。

「私で…いいの?」
「よろしくお願いします」

照れ笑いを浮かべて頭を下げる彼に、私も同じ言葉を返していた。

初めてセックスするカップル

昨日と同じベッドの上で、昨日と同じように洋平と横になる。 そして昨日よりも、さらに深い安堵感に包まれる。

「全部引き受けたいって言ったら、おこがましいんだけど、全部受け止めたいって思ったんだ。 夕子さんの全部を、自分の全身全霊で、ちゃんと受け止めて、愛したい。守りたい。昨日、夕子さんの話を聞いたとき、そう思った。 それで、夜中に時々目が覚めたり、今日仕事してたり、一緒に食事したり… そうしているうちに、どんどんその気持ちが大きくなった」

何度も何度も唇を重ね、私の唇に舌を這わせながら、 洋平は 「信じてくれる?」 と、少し顔を離した。

「信じたい」
「あ、夕子さん、信じてない!」
「違うよ!ただ、私…、洋平くんをがっかりさせちゃうかもしれないから…」

一瞬、空気が凍ったかもしれない。

「ほら!そう考えちゃうんだよ、夕子さんは」

まっすぐに私の目を見て、彼は 「何もがっかりしないよ。何も気にしないで。俺と知り合う前の夕子さんだって、全部好きだし。これからの夕子さんは、もっと好きだし。その自信があるから、結婚したいんだよ」 と続けた。

彼が、自分を俺と呼ぶのを、初めて聞いたと思う。 黙って頷きながら、私は、彼に唇を寄せる。 彼の舌が、ゆっくりと私の唇を上下に割る。 そのまま口の中に入ってくると、私の緊張は一気に高まった。

「大丈夫?嫌じゃない?」

彼の言葉に、不思議なほど緊張の糸が緩む。

「大丈夫。ありがとう」

そう返すと、私は、無意識に、自分から唇を寄せ返していた。 絡まる舌の温もりは、私の心の奥にはびこっている厚い厚い氷を溶かすように口から全身へと広がる。顔から首、肩を撫でると、ワンピースの上から、洋平は私の背中、腰、お尻へと、ゆっくりと手を伸ばした。 太ももに触れる彼の手が、ワンピースの裾から忍び、ウエストから胸へと伸びる。

「あぁ…」

瞬間、息が漏れて、すぐに息を飲むように吸い込む。

「大丈夫?怖くなったら、すぐにやめるからね」

大きな手で私の胸を包んだまま、彼は目を合わせた。

「ありがとう。大丈夫…。ただ、ちょっと緊張して…」
「可愛い…夕子さん」

もう一方の手で、ワンピースをたくし上げる彼に、私も、体の動きを合わせてしまう。

溶かされる氷、不思議なうず

初めてセックスする女性が男性の心臓に手を当てている

「俺のも、脱がせて」

ブランケットの中で私の上に四つん這いになってワンピースを脱がせながら、洋平は耳元で囁いた。

緊張で返事もできない私を、笑って脱がせ合いに持ち込んだのは、彼の思いやりなのだろう。

「触れて…」

まずは自分が裸になると、彼は、私の手をとって自分の胸に当てて「俺も、すっごい緊張してる」とクスッと笑った。

その笑い声に、ふと心の糸が緩む。

「洋平くんは、緊張しないでよ」

思わず、普段どおりの会話のように笑みを返していた。

「嬉しいな、夕子さん、笑ってくれて」

優しく私の頬を撫でると、彼は再びワンピースの裾に手を伸ばし、ゆっくりと脱がせた。

「恥ずかしい…」

胸を腕で隠して、横向きになった。 洋平は、私の後ろに回ると、肩に舌を這わせる。 柔らかく背中を撫でながら、それよりももっと優しい温度で肩を舐めて、「美味しい」と彼は息を吐いた。

その息の一粒一粒が、肩に触れる舌の温かさが、私の心の奥の氷を、また少し溶かしていく。

「平気?」と耳に息と声を注ぎ込む彼に小さく頷くと、彼の手が、背中から胸に伸びた。

心臓の鼓動が伝わってしまうのではないか…。そんな心配をしていると、彼の指先が私の乳首に触れた。

一瞬、ビクンとなる私に、「柔らかくて、すっごくきもちい、夕子さんのおっぱい」と耳を舐める洋平。 その声と胸をウズウズさせる初めての感覚に、無意識に「あぁ…」と声がもれる。

初めてのセックスで男性に胸を舌で愛撫される女性

「舐めさせて」

私を仰向けにすると、洋平は私の胸に顔を埋めた。

「はぁぁ…」

彼の頭で隠れた自分の胸元に目を向けながら、自分の口から吐き出される息に、これまでの人生では経験したことのないしっとりとした温もりを感じていた。

無意識のうちに、彼の背中を撫でている。

(この年齢まで処女で過ごしてきても、こんなに自然に体が動くものなの…) 胸に馴染んでいく彼の舌が、次第に心地よさを増していく。

チュルチュルと音がすると、チラッと彼の口元が唾液で光るのが見えて、それがウズウズした感覚をいっそう強くした。

「美味しい…」

上目遣いに私を見ながら、ジュッと唾液を吸い上げ、洋平は胸に頬をつけた。

「夕子さんの鼓動、さっきより柔かい」

嬉しそうに微笑んで心臓に耳を当てたまま、彼は私の太ももへと手を伸ばす。

思わず、閉じていた脚をさらに強く閉じてしまう。

「初めてだって話してくれて、本当にありがとう。処女がいいとか、経験があったほうがいいとか。そういうことは、俺は考えないよ。好きになっちゃえば、夕子さんのこれまでの人生も含めて、全部好きなんだから」

硬直しているような私の脚を撫でながら、彼はゆっくりと、でもはっきりとした声でそう言った。

「ありがとう…。でも、この年齢で処女なんて…。やっぱり、ちょっと重くない?」

それは、私の正直な気持ちだった。

「どうして?」と目を合わせて「付き合い始めて、次の日に結婚を言い出す俺って、重い?」太ももを撫で続けながら、質問に質問を返す彼に、私は、首を横に振った。

「ありがとう。ね。そういうことだよ、夕子さん。俺も、同じだよ。ちっとも重くない。ただ、大好きな夕子さんがここにいて、そこに俺も一緒にいられて。それで嬉しい。それだけだよ」

「うん」

自然に頬が緩んで、私は、キスをせがむように唇を近づけた。

初めてのセックスで男性に胸を愛撫されながら、ショーツに手をかけられる女性

さっきよりも激しく、洋平の舌は私の口の中をまさぐる。 太ももを撫でている手も、少しずつ両脚の真ん中へと伸び、器用に私のショーツに手をかけて脱がせる。

「恥ずかしい…」

舌の合間から言葉にすると、彼は、ついさっきまでショーツが隠していた部分を手の平全体で包み込んだ。

「大好きだよ、夕子さん」

少し、彼の息が荒くなってきているかもしれない。 それを感じると、なぜか、私の中から羞恥心がこぼれ落ちていく。

「私も…」

自分でも驚くような熱い息を吐いて、私は、彼の唇をふさいだ。 片方の手で胸を包み、乳首を転がし。もう一方の手で私のコンプレックスの塊を包み込む。 彼のすべてから発せられる優しい感触に、私は、溺れるように舌を絡めた。

「こっちも、舐めていい?」

太ももの間にある手に少し力を込めて、彼は尋ねる。 でもその言葉は、半分は質問でありながら、半分は意志のように聞こえた。

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

あらすじ

処女であることを勢いで洋平に告白してしまった夕子。
それでも引くことなく「好き」の気持ちを伝えてくれる洋平に、夕子は安堵と緊張を抱えながら、ベッドの上で優しく抱きしめてくれる彼に、ゆっくり向き合っていく…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

魔性と純粋企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
嶋永のの
嶋永のの
フリーのイラストレーター・漫画家(少女漫画・TL)
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう