注目のワード

官能小説【2話】あなたのすべてが性癖なのです。

約束までの期間

★作品について
この作品は、小説サイト「ムーンライトノベルズ」と合同で開催した、「ラブグッズで熱く感じる小説コンテスト」のLC賞作品です。

激動の十一月と十二月だった。
仕事もプライベートも。

這う這うの体で仕事を終わらせた二十一日。
明日から三連休だが、とりあえずは明日寝る。美容と健康のために寝るに限る。
外崎とのデートに備えるために。
何だかんだ言って私、楽しみにしているんだろうな。

「めちゃくちゃ楽しみにしてるからな」

外崎も外崎で帰り際、耳元で囁いてきた。念押しの一言だ。抜かりない。
それにしっかりとときめく私も私だけど。

同期に魅せられたデートの日

二十三日。
外崎は私の家までわざわざ車で迎えに来てくれた。

私の前に現れた彼は、いつも整髪剤で上げている髪の毛を下ろし、カジュアルな格好をしている。チャコールグレーのチェスターコートにキャメルのチノパン。似合うじゃないか。

「いいな。いつもより……綺麗だ」
「ありがと」

ぐわっと照れ臭さが沸き起こってくる。
何となく外崎ならそう言ってくれそうだなって期待しながら私もかなり頑張ったからね。
ボーナス入ったから奮発してお高めのワンピースとコートも買ったし、髪もいつもより念入りに巻いたから、その頑張りを褒められると正直嬉しい。

「俺のためだけにこんなにオシャレしてきてくれたんだな。嬉しいよ」

くっ……!キザ野郎め!
それでも胸にキュンキュンくるから本当に強者だ、外崎は。
どストレートな言葉は胸に響き、さっそく私に外崎を男としての意識を植え付けてきた。
私服や髪型の違いというのもあるのかもしれない。
とりあえず私は気分が盛り上がりすぎて何をどう話していいか分からなくなっているので、下手に口を開けなかった。
車の中でもいろいろと話しかけてくれる外崎に、言葉少ない返事しかできない。

何だろう……これ。
恋とか付き合い始めとかこんなに緊張するものだったっけ?

元カレとは六年間付き合っていたから、こんな初デートのドキドキ感は久しぶりだ。

正直、外崎とのデートは楽しかった。
一緒にクリスマスプレゼント買って疲れたらお茶して、二人で盛り上がって。

官能小説挿絵:初デートにドキドキしながら盛り上がる二人

途中でこれじゃあいつも同期として接していた頃と変わりないかもとも思ったけど、そんなことはなかった。
まず圧倒的に外崎の甘さが違うのだ。
彼は私を徹底的にお姫様扱いをして、際限なく甘やかす。

クリスマスプレゼントを買いに行ったとき、ボーナスで自分の欲しいものはほとんど買ってしまったから特にプレゼントで欲しいものはないと答えたら、じゃあ身につけるものを贈らせてくれと言われた。

『いつでも俺を意識していられるように』。
そう外崎が言うものだから、かなり選ぶのに時間がかかった。
それでも苛つくことなく最後まで私の相談に乗りながら一緒に選んでくれた彼は、ちょっとお高かったのにも関わらずプラチナのネックレスを買ってくれたのだ。
大きなダイヤの周りを星を模るように配置された小さなダイヤ。
毎日でもつけていたいくらいに可愛い。

でも、さすがにお試しでここまで高いものはと遠慮しようかとも思ったが、今日のお礼も兼ねているのだと言う。ここでポイントを稼がせてくれと。
万が一、この後二人の仲が恋人まで進展しなくても、今日というこの日を忘れてほしくないから贈るのだと。もし、それでも忘れたいというときには処分してくれても構わないから、今は受け取ってほしいのだと。

そこまで言われたら私も女だ。
胸をときめかせながら受け取るしかない。

ちなみに私が贈ったプレゼントと言えば、事前に用意していた手袋だ。
だからお互いに贈り合うプレゼントの値段が釣り合わなさ過ぎて、申し訳なかったのだ。

でも、外崎は私がプレゼントを渡したら物凄い笑顔を見せてくれた。
いや、あんたそんな顔で笑えたのって言うくらいの満面の笑み。いつもの生真面目な顔が崩れすぎ。

…………何そんなとんでもない隠し玉持っているのよ。

まだデートが始まって二、三時間足らずだというのに、魅せられてばっかりだ。
私、こんなんで夜、持つんだろうか。

徐々に来る緊張とカレの性癖の秘密

ホテルでのディナーも終えて、だんだんとそのときが近づくにつれて私の緊張は増していった。
私、このまま本当に外崎とセックスするんだ……。
そう思うとどうしても心と身体がガチガチになるのが止まらない。

だって、元カレと付き合っているとき、こんな豪奢な高級ホテル来たことなかった。
ホテルディナーもしたことなければ、『上に部屋をとってある』なんてドラマの中でしか聞いたことのないセリフを自分に言われるなんて思いもしなかった。

ちょっと待って。
今まで同期として側にいて気が付きもしなかったけれど、この人いわゆるスパダリってやつっぽくない?
噂のスパダリがこんな身近に存在していたなんて……。
私、本当に女としてのアンテナがまったく機能していなかったんだな。

「お前がいつもより口数少なくて変な感じだ」

エレベーターに乗っているとき、外崎がフッと笑いながら言う。
自分でも自覚しているが、そうさせている本人に言われると癪で仕方がない。
私は外崎の揶揄うような言葉に反応を見せず、そっぽを向いた。

「その調子でどんどん俺を意識していってくれ」

これ以上意識しろって?!
私の頭をどうにかしたいの?外崎は!
恐ろしい奴!どんどんと私の頭の中を桃色に染め上げようとしていくよ!

そんな戦々恐々とした思いでホテルの部屋に入ると、そこはいわゆるスイートルームってやつで、さらに私の心は焦りに焦る。
外崎、どれだけ気合をいれてどれだけお金をつぎ込んだんだろう。考えるだけで尻込みしてしまう。

「と、外崎……別に私、ラブホとかでもよかったのに」
「俺がよくない。一度のチャンスにしがみつく俺にはここまでする意味がある」
「そ、そっか」

つい口をついて出そうになった。
あんたどれだけ私が好きなんだ!と。

まぁ、そんな自惚れたことは口にできない性分なのでただ黙り込み、しずしずと部屋の奥へと足を進める。外崎の視線が何となく痛かった。

コートを脱ぎクローゼットの中に仕舞い、とりあえずソファーに座った。さすがにベッドに直行する勇気はない。

外崎はというと、同じようにコートを置いた後に座る私の目の前までやってきて見下す。

「先にシャワー浴びてきてもいいか?」
「…………う、うん」

そうね、シャワーは必要よね。私もシャワーを浴びたい。
真冬とはいえ天気がいい中半日歩いたら少し汗も掻いてしまったし。

浴室に消えていく外崎の姿を見送った後、私は大きな溜息を吐いて項垂れた。
とりあえず一緒に入ろうって言われなくてよかったし、部屋に入った瞬間にそういう流れにならなくてよかった。
外崎の紳士的な態度にただただ安堵するばかりだ。

…………と、思っていたのも束の間。
シャワーを終え次は私がと思って立ち上がったときに、外崎からとんでもないものを渡された。
目の前に差し出された赤い袋とゴールドのリボンで可愛くラッピングされたそれを、私は訝し気に見つめる。

「なにこれ?」
「シャワー浴びたら、これに着替えてきてくれ」

衣装指定?!
外崎ってバスローブとかより、エロい下着とかで雰囲気を盛り上げながらシたいタイプ?
先日言っていた外崎が元彼女に罵られた性癖がこれくらいなら、別にそこまで騒ぎ立てることのことじゃない。全然私の許容範囲だ。

実はずっと外崎の性癖が何なのかが気になっていた私は、拍子抜けをして中身を確認せずに『了解〜』と軽い感じでシャワーを浴びに行ってしまった。

渡された袋の中には…

シャワー後、ラッピングされた袋を開けて驚きだ。
中にはエロい下着ではなく、エロいコスチュームが入っていたのだ。

白いシースルーのネグリジェに、白いガーターベルト、ストッキング。
ほうほう、外崎は見た目に寄らず純白清楚系がお好きなように見えると意外な趣味に驚きつつ袋に手を伸ばすと、次に出てきたモノに目を剥いた。

「…………いやいやいやいや…………これはきついって、外崎」

ネグリジェと同じように白いシースルーの生地で作られた下着。
腰の紐で結ぶタイプのものらしいが、おかしなことに不自然に穴が開いているのだ。お尻の部分に。

この穴の意味するところは?!
私の頭の中がパンツの穴に関しての大喜利大会が始まっている。

いや、待って。
もしかして外崎の性癖って、お尻?つまりはアナルなプレイか?

たしかにそこに抵抗を感じる女性からしてみれば変態に思えることもなくはないけれど、そこまでは……と思う。
肝心なのは私が外崎の要求にどこまでこたえられるかだけど、私ってアナルどうなんだろう。今まで使ったことないからなぁ。
外崎のモノをまだ見ていないから何とも言えないけれど、普通に考えて男性のモノをお尻の穴に入れるのは簡単ではないとは知っている。ある程度の開発が必要なんだって。

ん〜……これは要相談だな。

とりあえずは保留にして、私は袋に入っていたものに着替えた。
外崎が私にこれを着てほしいのだと用意したものなのだから、それを無下にはできない。
恥ずかしいけれど。
滅茶苦茶恥ずかしいけれど。
鏡を見て自分でもこれはどうなの?と不安になる。

でもまぁ、このくらいならと腹をくくり、そういえばもうひとつまた違う袋が入っていたなと思い出した私は、それを取り出して中身を確認した。

そして、私は絶句する。

⇒【NEXT】外崎が私を抱き寄せて、私のお腹に顔を埋める。吐息の熱さがバスローブ越しに伝わってきて、この胸がドキドキした。(あなたのすべてが性癖なのです。 3話)

あらすじ

忙しい日々を過ごし気付けばもうすぐ約束のデートの日。
カレが言っていた性癖とはなんだろう?と考えつつも、なんだかんだカレとのデートを楽しみに待っていた。
そして迎えた当日―…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
ちろりん
ちろりん
TLを中心にじれったくて甘い恋愛小説を書いております。…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛(全3話)
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと(全3話)/森下くるみ
バースデーバレンタイン(全3話)/渡辺やよい
安藤呂衣は恋に賭ける(全3話)/内田春菊
私の知らない私
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方
その指が恋しくて
あなたを感じる〜電話エッチ〜
寂しさの粒
ルームナンバー701
美味しいセックス
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑(同棲カップル)
新着官能小説
あなたを掴まえたい(年下彼氏)
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」
【完結】【となりのS王子小説版】恋におちたら
先生とわたし/虚羽あす
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン(夫婦のエッチ)
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ/はづき
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫
甘恋レッスン
恋のメイクレッスン
彼女を震わせるモノ
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語/はづき
恋猫、飼い始めました。/凛音
Lovecure/虚羽あす
二度目の恋におちたから/松本梓沙
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下のわんこのおねだりタイム/あさぎ緋文
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス〜愛してるから触れたいのに〜
上手なキスを教えて?〜幼馴染のエッチなレッスン〜/松本梓沙
秘密、蜂蜜、果実蜜/三松真由美
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。
あなたのすべてが性癖なのです。
きみの声じゃないと駄目なんです!
欲望まみれの執事に愛されて
「気持ちいい」を聞かせて
ひとりえっちの為の短編エッチ小説
投稿官能小説(短編)
恋愛小説(短編)
夏目かをる小説
官能コラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう