注目のワード

官能小説 バレちゃう!?キスマークの消し方を慌てて調べ…【LCスタイル】


濡れたところに指が……

「ねえ、もう挿れたい」

「うん」

萌花が答えると春人はコンドームをつけて、指を萌花の脚の付け根に伸ばしてきた。

「んっ……」

指の先端がほんの少し割れ目にかすっただけなのに、ピリっと弱い電流が走ったように感じる。キスをしたり受け入れたりする愛撫で体がずいぶんと敏感になっていたのだと、数種類の刺激を受けてみて、改めてわかった。

「萌花のここ、すごい濡れてる」

表面を軽く撫でているだけなのに、いや、撫でているだけだからなのか、粘りけのある愛液が溢れているのがわかる。

春人の指は花びらを優しく開き、少しずつ中に入り込んできた。

「んんっ……」

「痛い?」

「……大丈夫」

もう一年以上エッチをしていない。心はその気でも、体も応じてくれるか少し不安だったが、その心配はなさそうだった。丁寧に前戯をしたおかげだろう。

春人の指が奥まで入るにつれて、チュッ、クチュッと濡れた音が響いた。

「エッチな音がするね」

「だって……」

指先がじわじわと進んでいく快感に、萌花は喘ぎながら答える。

「……うれしいから」

春人の目の奥に小さな炎が灯った気がした。視線が熱を帯びる。

「そういうこと言われると、燃える」

春人は片手で秘部の愛撫を続けたまま、もう片方の手で萌花の頬を撫で、またキスをした。

「んっ……ちゅっ」

入り込んでくる舌に、今まで以上の強引さがあった。萌花を自分のものにしようとしている。そんな征服欲を受け止め、舌を絡め返すことに萌花は喜びを覚えた。

「挿れるからね」

春人は萌花の秘部に彼自身をあてがい、少しずつ押し開いていった。亀頭のつるりとした感覚が襞を分け入っていく。独特の重みと質感に、子宮がうずいた気がした。

つながったままキスをして

「あっ……んん」

たまらず萌花は春人にしがみつく。春人とやっとひとつになれたうれしさが、ほんのわずかに切なさも混じる気持ちよさになって、結びついた部分から体じゅうに広がっていく。「いとおしい」という感情を、萌花は全身で深く感じていた。

「萌花、締めつけすぎ。そんなキツくされたら、気持ちよすぎてすぐイっちゃいそう」

薄目で見上げる春人の眉間に、わずかに皺が寄っている。そんな皺でさえ、愛しくてたまらない。

締めつけているというはっきりした自覚はないが、春人を迎え入れている部分は萌花自身の意志とはべつに春人を強く抱きしめているような気がした。これが締めているということなのだろうか。

「キス……して」

萌花はうわごとのように言った。春人への愛情が溢れて止まらず、どうしたらいいかわからない。キスで分かち合ってほしかった。

二人は重なり合ったままキスをした。春人は萌花の奥深くにまで舌を挿し込み、溢れて止まらない愛情を掬い上げるかのように動かした。

下半身の動きもだんだん大きくなっていく。亀頭が最奥を突き、引き抜くときにはカリが襞を軽くひっくり返すことが繰り返されるうちに、しびれにも似た快感が増幅していく。

「あ……あっ。萌花、俺、もうイキそう」

「私もっ……」

頭の中に白い光がいくつも生まれ、どんどん増えていく。今までエッチでイッたことなんてなかったのに、これがイクということなのだとわかった。

「萌花、好きだよ。ずっと好きだった」

「私も……春人が好きっ」

二人は深いキスを交わしたまま、絶頂に達した。

官能小説挿絵:体中にキスマークを付けて絶頂に達した男女のイメージ画像

体じゅうにキスマーク

目が覚めたときには、カーテンの隙間から朝日が差していた。部屋の中はすでにぼんやりと明るい。

枕元の時計を見て一瞬焦る。八時を回っていた。

(遅刻……!)

が、体を半分起こしかけたところで、今日は休みだと気づいた。 それに、ここは自宅ではない。隣には春人が眠っている。昨夜のことがよみがえってきて、萌花は今さら恥ずかしくなった。

(私、やっと結ばれたんだ。春人と……)

恥ずかしいけれど、それ以上にうれしかった。

「……萌花、起きたの?」

春人が薄目を開けた。

「あ、ごめん。起こしちゃった?」

「んー、大丈夫。でも、もうちょっと寝よ」

春人は萌花の手首をそっと掴み、布団の中に戻そうとした。 そのとき、萌花は自分の体に起こっていた変化に気づいた。思わず「あっ」と声をあげてしまう。

「どうしたの?」

「ごめん、大きな声を出して」

「いいんだけど、何……?」

眠そうに頭を掻く春人に、萌花は自分の脇腹を指さしてみせた。

「ここ、見て。あ、ここも……」

二の腕の裏側も指す。 そこは昨日、春人にキスをされたところだった。紅梅の花びらに似た色のキスマークが残っている。

「ずいぶん残ったなあ。萌花、肌が白いから」

すっかり目が覚めたらしい春人が、まじまじと見つめてきた。心なしかうれしそうだ。

萌花も確かにうれしかったが、明日からの仕事のことを考えると無邪気に喜んでばかりいられなかった。脇腹などの服で隠れるところはいいとして、首筋にまで残っていたのはさすがにまずい。

お風呂でもいっぱいキス

(キスマーク、消えるのかな…)


春人のほうは、ごくうっすらと残っているだけだった。萌花の吸いつく力があまり強くなかったことも、萌花に比べれば色黒なせいもあるのだろう。

「な、何とかしなきゃ……」

二人はベッドの中でスマホを手にして、「キスマークの消し方」を検索した。

「へえ。レモンを乗せるとか、軟膏を塗るとか、いいみたいだよ」

春人は感心しながら画面をスクロールしていた。

「キスマークの消し方」はいろいろあったが、お風呂やシャワーで血行をよくするのがいちばん評判がよかった。

「じゃ、せっかくだから一緒にお風呂に入ろうか」



春人はバスタブにお湯を張ってくれた。二人は縦に並んで小型ボートに乗るような姿勢で、一緒に湯舟に浸かった。春人の家は一人暮らし向けの1LDKでバスタブも大きくはないが、そのぶん密着できるのがいい。

「なんかさ、寂しい気がするなー」

春人が後ろから萌花の肩を撫でながら、耳元で囁く。

「何が?」

「萌花が俺のものだって印、残したい」

言っているそばから、春人はまた首筋に吸いついて、キスマークをつけてくる。お尻に当たる春人自身が大きく、硬くなっていくのがわかった。

「あっ、もう……」

軽く抵抗したが、それがかえって春人の心に火をつけてしまったようだった。硬くなったものをぐいぐいと押しつけてくる。

「見えるところを消すぶん、ほかの見えないところにまたキスマークつけていい?」

いやだ、と言っても収まらなさそうだ。もっとも、萌花としても全然いやではない。

「うん、もっとつけて……」

春人は萌花の頬を包み、自分のほうに向けさせてキスをした。もう何度目になるかわからないディープキスだが、場所が変わると新鮮な気持ちになる。

キスマークは「愛の印」

「せっかくだから、萌花には見えないところにしようかな。俺だけが知っているところ」

促されて、萌花はお湯の中で膝立ちになった。肩甲骨の間あたりに春人がキスをする。こんなところにキスマークが残るのかわからないが、それがわかるのは春人だけだということに何ともいえない満足感があった。次は自分も、自分にしかわからない印を春人の体につけたい。

「あん……っ」

背中が性感帯だとは思っていなかったが、吸われていると快感が滲みだしてきた。性感帯というのは、こんなふうにして生まれるものなのかもしれない。

「そんなかわいい声出されたらたまらないよ。萌花、ただでさえきれいなお尻してるからムラムラしてたのに」

壁に手を突いてと言われて、言われた通りにする。後ろから覆いかぶさるように抱きしめてきた春人は、片手で萌花の乳房を揉み、もう片方の手でそっと割れ目をなぞった。

「ああん」

腰がひくんと跳ね上がる。

「ねえ、ここでしようよ。今度は後ろから」

耳たぶを甘く噛まれながら囁かれて、萌花はいやとは言えなかった。
キスマークは完全には消えなかった。結局、首筋の目立つところはスカーフで隠すことにした。

「俺と一緒にいるときは隠さないでよ」

春人はその部分を撫でながら言った。

「別にバレたっていいじゃん。俺たち、付き合ってるんだし」

「そう……だね」

萌花は春人の指先に自分の指を重ねる。ちょっと恥ずかしいけれど、悪くない。 キスマークに触れながら、二人は軽いキスを交わした。

⇒【NEXT】もっとキスしたい…キス動画でいつもより激しくて気持ちいいキス (上手なキスを教えて?〜幼馴染のエッチなレッスン〜 5話)

この小説を読んだ方におすすめ

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

あらすじ

キスや愛撫で敏感になったカラダ。久しぶりのエッチに不安もあった。
だけど、春斗のおかげでその心配もなく…。

「萌花のここ、すごい濡れてる」
春人にモノが擦るたび、愛液が溢れ…。

体中につけられたキスマークを見て、
流石に服から見えるところはまずいと、『キスマークの消し方』を調べてみると…。

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

魔性と純粋企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
松本梓沙
松本梓沙
女性向け官能、フェティシズム、BLなどを題材に小説、シ…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう