注目のワード

官能小説 【小説版】夜ごと課外レッスン 第4夜 〜誘惑〜【LCスタイル】


あふれ出す熱

★この物語は『夜ごと課外レッスン』『夜ごと課外レッスン2』 の間の出来事です。

私は誠さんに必死でしがみついた。

「ああ、出る……出ちゃうっ……誠さん、出ちゃうよぉっ」

唐突に、アソコから熱いものが溢れだした。潮吹きだ。前兆みたいなものはなくて、噴き出した瞬間の熱でそうだとわかった。
肉体的な快感はないけれど、愛する人の愛撫で体があまりにもわかりやすい形で反応したことに、恥ずかしさと何ともいえない満足感を覚える。
私はしばらくの間、誠さんに抱きついたままでいた。嬉しい気持ちもあるけれど、照れくさくもある。どんな顔をしてみせたらいいのかよくわからない。

「杏子ちゃん」

誠さんは、そんな私の頬をそっと両手で包んだ。

「誠さん、私……」

「いっぱい出ちゃったね。すごく……かわいい」

囁いて、キスをしてくれる。一回だけじゃない。何度も、何度も。額、頬、耳、唇……まるでご褒美をくれるみたいに。
(みさなさんの言っていたこと、本当だった……)
優しく降ってくる誠さんのキスには、心からの愛情と喜びが感じられた。

ラブタイム中の男女2
 

いったん小休止を入れて、床にまで飛んでしまった潮をバスタオルで軽く拭いた。
私たちはまたすぐにお互いを欲しがった。とくに私は気持ちの面ですっかり「スイッチの入った」状態になっていたから、いつも以上だった。 比べたわけではないからよくわからないけれど、私は人よりも心と体が密接につながっているタイプな気がする。

「挿れるよ」

誠さん自身をそっとあてがわれたときには、もう溶けるぐらいにトロトロになっていた。

「あ、あああ……」

誠さんが入ってくる。ず、ずんっ……とお腹に響き渡るような存在感。
もっと誠さんを感じることしか、考えられなくなる。

「イっちゃう……!」

何度も突かれないうちに、頭の中が真っ白になった。 誠さんの動きも激しさを増す。<

「俺も……イクよ。杏子ちゃん、愛してる」

私たちは固く抱き合いながら、二人で一緒に達した。
エッチが終わった後、抱きしめられながら、院長先生から「ラブコスメ リュイール ホット」のことを教えてもらったことを打ち明けた。

「そうなんだ。じゃあまたそれでエッチしよう。最近、杏子ちゃんが積極的になってくれて嬉しいよ」

「……うん」

イッたばかりなのに、次のエッチが楽しみだった。

積極的な女性へ…

……なのに。
もう1週間もエッチをしていない。

理由は簡単。誠さんが疲れているから。受験シーズンが近づいてきて、誠さんは生徒たちの進路指導に忙しい。 肉体的な疲れはともかく、精神的に余裕がないのだろうというのは何となく伝わってくる。

邪魔をしてはいけない、と思う。今、疲れているというのは、それだけ誠さんが真面目な証拠だ。
でもたまには……例えば週末ぐらいは、ちょっとぐらい気を抜いてもいいんじゃないかな。

(ときどきは、私のことだってかわいがってほしい)

そんなふうに思って、はっとした。
私、どこまで誠さんにまかせっぱなしにしているんだろう。いつまでもこんな受け身で相手まかせのままじゃ、飽きられてしまいそうだ。
(まだ上手にできないのは仕方がないとして、もっと積極的になってみようかな)

頭の中に、誠さんをリードする自分のイメージが浮かんだ。
全身に優しくキスをすると、誠さんがうっとりとした表情になる。手は、誠さんのアソコを優しく撫でている。私の手の中で、誠さんが少しずつ硬く、大きくなっていって……そして……
(で、でも、そもそもどうやって切り出せばいいのかわからない……!)

私は頭を抱えた。

誘える女になる。

それが私の課題になった。
こんなときは院長先生……と思ったけれど、今回ばかりはやめておいた。 院長先生クラスの女性に誘うアドバイスをもらっても、今の自分には実践は難しいだろう。
(であれば、掲示板かな)

いつもの掲示板にアクセスして、「自分から自然に夫を誘うコツを教えてください」と投稿した。
数時間もしないうちにいくつかレスがついたが、いちばん実行しやすそうなのは、もはやおなじみになったといっていいみさなさんのアドバイスだった。

『こんにちは。いきなりエッチを誘うのは難易度が高いですから、まずはキスから始めてみてはどうでしょうか』

なるほど、と思わず呟いてしまう。キスなら私にもなんとかできそうだ。 であれば、まず「キスしたい」と思われる唇にならなければ。 いろんな口紅やリップグロスをネットで探しているうちに、目に留まったあるコスメがあった。

「キス専用美容液?」

唇をツヤツヤにするだけでなく、フェロモンに似た成分が配合されていて、塗っているだけで男性を惹きつけるという。

「これだー!」

私は迷わず、その「ヌレヌレ」というリップグロスを注文した。
注文してすぐに届いたが、使うのは次のデートのときにした。本当に特別な唇になるのなら、特別な日に使いたいと思ったからだ。
そして、いよいよデートの日がやってきた。
「誘える女」らしい、いつもより少しだけ大人っぽいファッションを選ぶ。メイクも華やかさがありながら同時に落ち着きも感じられる、明るいブラウン系をメインにした。
最後の仕上げはヌレヌレだ。

誠さんがソファーに腰かけて待つリビングで、私はドレッサーを前にグロスのフタを開けた。
(いい香り)
ハケを唇に近づけると、まずはそこでうっとりしてしまう。
ヌレヌレにはいろんな香りのバリエーションがあった。 私が選んだのは「ラブリー・キッス」。クランベリーとラズベリーの香りだ。かわいらしくもセクシーでもあって、この香りだけでも買ってよかったと思えた。
ヌレヌレを塗った私は、鏡に映った自分の顔にはっとした。
……色っぽい。
クリアなリップグロスなのに、唇がふっくらつややかになるだけで、こんなに顔の印象って変わるんだ。

誘惑

ラブタイム中の男女2
 

「杏子ちゃん?」

ソファーに座って待っていた誠さんが、何かを察したのか立ち上がって近づいてくる。
振り向いた私の顔を見て、誠さんの目つきが変わった。
奥に、熱い何かが灯ったように。誠さんは黙って私の肩を抱き寄せた。

「ん……」

何も言う間もなく、唇を奪われる。
隙間から舌が入ってきた。私を味わい、奪おうとするように這ってまわる。いつもと比べて、余裕がないような。

「あ……っ、はあっ」

余裕がないのは私も同じだった。キスをしているだけなのに、どんどん気持ちよくなってくる。開いた口から、媚薬を注ぎ込まれているみたい。 たまらなくなって、私も誠さんを抱きしめ返そうとした。

「動かないで」

突然唇が離れ、優しい中にも厳しさのある口調でぴしゃりと命令される。 魔法にかけられたように、動けなくなった。

「どこにも触れないで。目を閉じてキスに……唇だけに意識を集中させてごらん」

「うん……」

言われた通りにする。目を閉じて、誠さんの唇の感触と、舌の動きだけをひたすら感じ取ろうとした。 感覚が次第に研ぎ澄まされていく。とろけるような快感の蜜が、キスから全身に広がっていくようだ。

「あ……んっ」

誠さんがスカートをめくりあげ、太腿を撫でてからパンティの中に指を滑らせた。

「杏子、キスだけでこんなにグチョグチョ」

言われるまでもなく、わかる。そこが熱く潤っていることは、私自身くらくらするほど強く感じていた。
ブラウスのボタンが、ひとつひとつ、外されていく……。(第5夜に続く)

⇒【NEXT】6/19公開予定!…明かされる真実。(【官能小説 第5夜】夜ごと課外レッスン 〜愛情〜)

ラブコスメ リュイール ホット

ラブコスメ リュイール ホット

「ラブタイム時の潤い不足が気になる」「彼の前でもっと大胆な自分を見せたい」というお望みにお応えするべく開発されたベッド専用コスメ「ラブコスメ リュイール ホット」。女性の敏感な部分にゆっくりなじませてマッサージ…。自然な潤いを感じ、気持ちを開放してくれる、そんな魅力のあるラブコスメです。パートナーと一緒に官能的な夜を堪能してみませんか?

ラブコスメ リュイール ホット詳細はこちら

ヌレヌレ・マスカットキッス

ヌレヌレ・マスカットキッス

「いい出会いが先につながらない。1回のデートで終わってしまう」「何となくマンネリで、彼からキスを求めてこない」という方にオススメのキス専用美容液「ヌレヌレ・マスカットキッス」。ひと塗りで思わず食べたくなるような唇を作る美容液で、印象的な香りとぷっくりと濡れたような魅力的な唇を作ります。

ヌレヌレ・マスカットキッス詳細はこちら

▼漫画版はこちらから
夜ごと課外レッスン
夜ごと課外レッスン2

★イラスト付官能小説一覧はこちら

あらすじ

セックスの苦手を克服し、
誠とのセックスが楽しむことができるようになった杏子。

杏子の気持ちとは裏腹に、
誠の仕事が忙しくなり一週間ほどエッチはご無沙汰…。

悶々とする杏子はエッチをリードする作戦に出る…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
リビドー ピュアシャボン
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
高槻遠名
高槻遠名
漫画家・イラストレーター。 女性向け・男性向け漫画や…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう