注目のワード

官能小説 【小説版】夜ごと課外レッスン 最終話 〜愛情〜【LCスタイル】


いつもより

★この物語は『夜ごと課外レッスン』『夜ごと課外レッスン2』 の間の出来事です。

片手で私のブラウスのボタンをはずしながら、誠さんが耳元でそっと囁く。

「杏子、キスだけでこんなにグチョグチョ」

もう片方の手は下着の中に侵入して、トロトロに湿った襞(ひだ)を撫でたり、めくり上げたり……。

「あん……」

「ほら、キスに集中してって言ったでしょ。俺が何しても、気にしちゃダメ」

「ふぁ、ふぁい……ん、む……っ、あっ!」

ブラのカップの中にそっと指を差し込まれ、乳首を優しく摘ままれた。

「あ、んんっ」

言われた通りにキスに集中しているはずなのに、感度がいつも以上に高い。 キスで高まった興奮が、全身に波及していくような。

「杏子の唇、すごくおいしい」

いつもだったらほかの部分の愛撫に移っているのに、今日の誠さんのキスは『しつこい』。
何度も何度も舐められ、吸われ、甘噛みされる。

「ごめん、今日はデートに行けそうにないかも。杏子がほしくて止まらないよ」

誠さんはパンティに手をかけて、そっと下ろした。

ラブタイム中の男女
 

それ以降、ヌレヌレは私のお気に入りコスメになった。
ヌレヌレを塗っていると、いつも誠さんにキスされた。 フレンチキスのような軽いものではなく、それ自体愛撫のような、たっぷり舌を絡めるディープキス。ヌレヌレを塗るのが合図のように、そこからエッチに発展することも少なくなかった。

「杏子ちゃんの唇、最近エロいよね。俺のこと誘ってるみたい」

あるエッチの後、誠さんが指で私の唇をそっと撫でながら言った。
(やった……!)
「誘える女になる」という目的は、達成したの…かな。
誘った後は相変わらず誠さんにリードされることが多いけど、進歩なのは間違いない。
自分が進歩したんだと実感できると、もっともっとエッチを楽しみたくなった。
誠さんをもっと喜ばせてあげたい。自分も気持ちよくなりたい。
私は悩みを解決するというより情報収集をしたくて、あの掲示板を以前以上にチェックするようになった。

あるとき、「アソコがユルいみたいなんですが……」というタイトルの投稿を見つけた。 今までの私だったら気にとめなかったタイトル、でも思わずクリックした。いろんな経験を積んできた中で、「自分磨きをする」ことへの意識がより高くなったんだと思う。
投稿は、彼がなかなか中でイカないので、ひょっとして自分はユルいのではないかと心配になっている、という内容だった。
読み終わって、不安になった。
ひょっとしたら私も、自分で大丈夫だと思っているだけでユルいんじゃないだろうか。誠さんは優しいから、私がそうと気づかないよううまく振る舞ってくれているのではないか。
投稿の回答を読み進めていくと、「膣の締まりをよくする」=「膣トレ」のグッズが紹介されていた。
(これは!使ってみるしかない!)

『私も試してみます!結果はご報告しますね』

と、スレッドに投稿し、さっそくその膣トレグッズを購入した。
翌日、スレッドを再チェックしてみると、投稿はさらに増えていた。
みさなさんの投稿もあった。

『パートナーが楽しんでいるようなら、それほど気にしすぎなくてもいいのでは?気にするあまりエッチを楽しめなくなってしまったらもったいないですよ』

確かに。
でも私は、誠さんを喜ばせてあげられる方法があるのなら、何でも試してみたい。そうすることで自分ももっと楽しめるようになると思う。
数日後、膣トレ専用グッズ「LCインナーボール」が届いた。

愛情

    

「ん……きっつ……」

誠さんの眉間に皺が寄る。
エッチのとき、いつもは余裕のある誠さんなのに今日は違う。腰を動かすたびに眉間の皺が深くなる。

「あっ……んんぅ!」
たまらなくなって、誠さんにしがみつく。
(何、これ……すごい)
アソコが誠さんにきゅうっと吸いついているのがわかる。強く密着しているからか、感度も上がっている。
それでいながら、すごく濡れている。気持ちいいから、どんどん溢れてくるのだ。

「締まってるのにとろとろで……ほんと、ヤバい」

「ほんと、ヤバい」のは嘘じゃないとわかる。中の襞が誠さんに適度な圧力をかけているから、誠さんの形や細かい反応のひとつひとつがはっきり伝わってくる。
誠さんは中でときどき、苦しそうに、切なそうに、びくん、びくんと動く。

「あっ、はぁっ……」

そんなわずかな動きにさえ、感じてしまう。
中って、こんなに気持ちよかったんだ。

「もう……、ダメだ。こんなエッチなアソコ、我慢できないよ」

誠さんが腰を大きく前後させ始めた。

「や……っ、そんなに……動かしちゃっ、だめぇっ」

ただ入れているだけでも気持ちいいぐらいなのに、そんなにこすられたり、突かれたりしたら……。
アソコからくちゅっ、くちゅ……といやらしい音がする。襞と蜜が誠さんを求めて、ねっとりと絡みつくのがわかる。きっと誠さんからは、引き抜くたびにじっとりと濡れたピンク色の襞が見えるだろう。誠さんはそこを、何度も何度も容赦なく貫く。

「おかしく……なっちゃう。イっちゃうよぉっ」

アソコから甘くて深い痺れが広がっていく。全身のどこもかしこも極度の興奮状態にある。 乳首もクリトリスもツンツンに膨らんで、お尻もきゅっとすぼまって、今の私の体は全部、いやらしい。

「いいよ、何度でもイカせてあげる。こんな極上のアソコ、一回で満足できるわけ、ない」

誠さんはニヤリと笑った。いつもより余裕のない、だからこそいつもよりサディスティックな笑顔。

「何も考えられなくなるぐらいイカせる……からっ」

動きがどんどん激しくなっていく。それにつれて快感も深く、大きくなる。もう誠さんしか感じられないし、誠さんのことしか考えられない。

「ああっ、誠さん、イク……ぅ」

ふわっ、と体が浮いたような気がした。

掲示板の真実

何度イカされたか、よく覚えていない。

「ん……」

目が覚めると、誠さんが微笑んでこちらを覗き込んでいた。
いつの間にか眠ってしまったみたいだ。イキすぎて、へとへとになってしまったのだろう。
が、すぐにぼんやりした気分は吹き飛んだ。

「……っ!」

誠さんが手に持っているものを見て、息を飲む。

「ど、どうして……それを」

「ベッドの下に落ちてた。というか、正確に言うと落ちた」

LCインナーボールだった。

「隠し場所が、ベッドのマットレスの下だなんて……。今日みたいに激しいエッチをしたら、そりゃ落ちちゃうよ」

「そ、それ、何するものか……知ってるの?」

私は顔を半分布団で隠しながら尋ねる。

「知ってるよ。掲示板で話題になってただろ」

「え、掲示板?」

「そうだよ、『あんず』さん」

前触れもなくハンドルネームで呼ばれて一瞬、何がなんだかわけがわからなくなった。
私、誠さんにあの掲示板のことなんて話していたっけ?うぅん、話したことはないはず。だったらなぜ……?
誠さんは微笑みを浮かべたまま続けた。

「俺も最初は半信半疑だったんだ。でも、パソコンの履歴から見つけて…」

し、しまったー!掲示板はときどきパソコンでも見ていたけれど、履歴を消すのをすっかり忘れていた。

「あんずさんの書き込みと杏子ちゃんの行動が何度も一致したのを見て、間違いないな、と……。」

ここでピンと来た。普段はぼーっとしている私にしてみれば、あまりに高度なヒラメキだった。たくさんイカされて、何かが目覚めたのかもしれない。

「……ひょっとして、みさなさん?」

「まこと」をあいうえお順で一文字ずつ後にずらしたら、「みさな」になる。
誠さんは答える代わりに言った。

「パートナーが楽しんでいるようなら、それほど気にしすぎなくてもいいと言ったけどね。こんなに気持ちいいなんて思わなかった」

聞けば、誠さんは誠さんで悩んでいたらしい。
私が、あまりにも経験が少ないせいで緊張しがちなことを。どうしたらリラックスさせられるか、女性に人気の掲示板を見てヒントを得ようとしたそうだ。

「そしたら、なーんか放っておけない子がいてね。テキスト上のことだけど、杏子ちゃんに雰囲気が似ていて」

それが、「あんず」だった。

「これからもわからないことがあったら何でも聞いてよ。ぜんぶ、優しく教えるから」

誠さんは私の額に優しくキスをした。
驚きが徐々に引いて、かわりに愛おしさが胸に満ちてくる。
私、誠さんにいろんなことを教えてもらいたい。教えてもらって、挑戦して、誠さんを幸せにしてあげたい。それが私の幸せにもなるから。
私の課外レッスンは始まったばかり。

「これからもよろしくお願いします。先生」

私もキスを返した。(終わり)

キスする男女
 

ヌレヌレ・マスカットキッス

ヌレヌレ・マスカットキッス

「いい出会いが先につながらない。1回のデートで終わってしまう」「何となくマンネリで、彼からキスを求めてこない」という方にオススメのキス専用美容液「ヌレヌレ・マスカットキッス」。ひと塗りで思わず食べたくなるような唇を作る美容液で、印象的な香りとぷっくりと濡れたような魅力的な唇を作ります。

ヌレヌレ・マスカットキッス詳細はこちら

LCインナーボール

LCインナーボール

「パートナーにデリケートゾーンがゆるいと言われたことがある」「ラブタイム時にもっと感じたい」という方にオススメの膣トレ用ボール「LCインナーボール」。定期的に使用することで、インナーマッスルを鍛え、産後のゆるみや尿漏れなどもケア。ダイエッターも応援。自分も引き締まっているイメージになり、ラブタイム時に自身の気持ちよさを感じれます。

LCインナーボール詳細はこちら

▼漫画版はこちらから
夜ごと課外レッスン
夜ごと課外レッスン2

★イラスト付官能小説一覧はこちら

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>

あらすじ

誠とのエッチが上手くいって以来、
ヌレヌレは杏子のお気に入りのラブコスメになった。

ある日、
杏子は掲示板で膣トレによる自分磨きについて知り、

インナーボールを使った膣トレを始めると…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
リビドー ピュアシャボン
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
高槻遠名
高槻遠名
漫画家・イラストレーター。 女性向け・男性向け漫画や…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう