注目のワード

官能小説 恋のメイクレッスン 5話

花織の部屋

ラブコスメがある自室

店舗の奥から住居に入り、二階へと上がると花織の自室が見えてきた。
ドアを開けると正面に窓があり右手にベッド、左手に机や棚、テレビが並んでおり、部屋の真ん中にはテーブルが置かれている。白を基調としたアンティーク調の家具で統一されており、女の子らしさがふんだんに詰め込まれたような部屋に私の胸が高鳴る。

花織は私にリボンのついたヘアターバンを渡すと、棚の中から眉ブラシと眉ハサミを取出し「そこに座って」とテーブルに置かれた大きな鏡の前に座るように指示をする。
言われたとおりに座ると、ヘアターバンで髪を上げられ顔全体が露わになった。

「まず眉毛を整えるから動かないでね」

伸び放題の眉毛は眉間が若干繋がり気味で、私は恥ずかしさで穴があったら入りたくなった。
そんな私に構うことなく、花織は慣れた様子で眉毛を整えていく。
長い毛をカットし、眉間の毛と眉下の余計な毛はコールドクリームを塗り、小さな剃刀で丁寧に剃る。
あっという間にぼさぼさだった眉毛はナチュラルに整えられた。

「うわ、すごい……」

「眉毛は顔の印象を変えるからね。やりすぎないようになるべく自然な感じに整えたよ」

花織は顔に付いた毛をティッシュで拭き取ると、化粧水をコットンに取り私の顔全体に馴染ませていく。ひんやりとした感触が心地いい。

「これは拭き取り化粧水。顔の余分な油分とさっき使ったコールドクリームを落とすために使ってるの。ちなみに古い角質も取ってくれるから、後から使う化粧水や乳液がよく馴染むようになるわ」

「こういうものがあるなんて初めて知った……」

花織はやや呆れたように今度は化粧水を肌に馴染ませていく。

「洗顔の後お手入れとか全然してないでしょ? 化粧水で肌を潤して乳液で蓋をするのは基本だから必ず朝晩やるように! それからUVケアも忘れずにしてね、紫外線は将来シミやシワの原因になるんだから!」

メイクアップ

乳液を付け、下地にUVクリームを塗りながら花織の熱弁が飛び交う。

「はいっ!」

花織の丁寧な指導に思わず言葉に力が入ってしまう。それだけ自分の手入れを怠ってきた報いが今になってやってきているのだ。

「それから次にファンデーションとパウダーチークでベースメイクを仕上げていくからね」

花織はメイクポーチからファンデーションとパウダーチークを取り出すとテーブルの上に並べる。
“KOIIRO”と書かれた薄いピンクのパッケージはとても可愛らしく、私は手に取ってまじまじと眺めた。

「わぁ……可愛い」

「でしょ?LCラブコスメのコイイロって言うんだけど私のお気に入りなんだよね〜。自然な艶のある仕上がりで、使い方も簡単だからいつも使ってるの!」

花織はまるで自分が褒められたかのように微笑みながら、ファンデーションを手の甲に取ると私の額、両頬、顎に付けスポンジで伸ばしていく。
みるみるうちに肌がパッと明るくなり、艶やかで色っぽくなっていく様はまるで恋に落ちた瞬間の女の子みたいで自分の肌なのに見惚れてしまう。

次に花織はパウダーを手に取ると専属のパフでポンポンと軽く肌に馴染ませる。
軽い付け心地なのにしっとりと肌に馴染んで、艶がありながらも自然なマット感が思わず触れたくなるような肌を演出している。

「次にチークをつけるね。これもコイイロのシリーズなんだけど、クリームタイプだから肌馴染みがすごくいいんだ。ほんの少しの量で色付くから付けすぎないようにね」

手の甲にクリームタイプのチークを取ると、指で優しく頬に乗せていく。
淡いピンクが両頬を彩ると、まるで恋の花が咲いたような表情になった。

「はい、ベースメイク完成!」

「すごい! こんなに簡単なのに肌がすごく綺麗になった……これ、私も真似して買ってもいいかな?」

これなら練習すれば自分にもできそうだし、なによりもこの仕上がりを瀬戸君に見せたい。
私の発言に花織は嬉しそうに「もちろん!」と笑顔を見せた。

「とりあえず真似をする前に次のステップへ行くよ。全部覚えて帰ってもらわなきゃならないからね」

メイクポーチからアイライナーとマスカラ、それにアイシャドウとアイブロウを出すと、花織の鬼のメイクレッスンが再開された。

⇒【NEXT】10/11公開予定!本格的なメイクをレッスンすることになったほのかは…(恋のメイクレッスン 6話)

あらすじ

花織の兄、伊織のヘアメイクによって別人のように可愛らしく変身したひなた。
ひなたはその後、
花織から何も知らされないままに花織の部屋に連れてこられ
椅子に座らされる。

そして、
さらに可愛くなるための花織のメイクレッスンが始まる…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ヌレヌレ&リビドーSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
やまねこ
やまねこ
心も体も満たされる、そんな小説を目指して執筆しておりま…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう