注目のワード

官能小説 二度目の恋に落ちたから 6話

初めてのバイブ

バイブは蓉子にも初心者用とわかるような色と形をしていた。

優しいパステルブルーで、全体的にほっそりしている。胴体の部分が多少くびれているぐらいで、挿れても痛いことはないだろう。

お風呂に入ってから、ベッドに横たわった。汚れを気にせずローションをたくさん使えるよう、シーツの上にタオルを敷いておく。これまでの数少ない経験で学んだ、テクニックともいえないテクニックだ。

いきなり挿れるのは怖かったので、まずはピンクローターで体を徐々に慣らしていくことにした。

振動を弱めにし、内腿に当てる。大きく円を描くように動かし、その円をアソコに向けて少しずつ小さくしていった。

アソコが濡れて、花びらがわずかにめくれ上がっているのが何となくわかる。ローターがときどき花びらの先に触れると、自分でも意外なほど色っぽい声が出た。

「んあ……っ」

指でもアソコに触れてみると、「くちゅっ」とかわいらしい音がした。十分に濡れている。

(このローターが高畑さんの指や舌だとしたら、バイブはもちろん……)

もちろん、良自身だ。

ローターをバイブに持ち替えて、先端をそっとあてがった。

 初体験の思い出がよみがえりそうになるが、首を横に振って掻き消す。代わりに良を思い浮かべた。

(高畑さんとつながるんだと思えば……怖くない)

痛みがないことを確認しながら、少しずつ、少しずつ挿れていく。細いバイブだが、それでも体が開かれていく感じがした。

「あ、ああっ……」

最初こそ違和感を覚えたが、それもすぐに慣れた。バイブはすぐに、吸い込まれるようにして蓉子の中に入っていった。

(ああ、高畑さんが、私の中に……)

「入っている」感覚は、すぐに「当たっている」感覚に変わった。奥ではなく、おへその下のあたりに亀頭の部分のふくらみがこすれている。

(んん、なんか変な感じ……でも、気持ちいい……のかな)

快感の芽のようなものはある気がする。初体験のときにはたぶん経験しなかった、と思う。

 何度か当てていると、だんだんその芽が膨らんできたように思えた。もっと手をかけて育てていけば、きれいな花を咲かせてくれる、つまり気持ちよくなれる予感がある。

この花を、良と一緒に育てられたら……。

(そのための、最初の一歩を踏み出せたんだ、私)

手放しで「気持ちいい」とはまだ言えない。けれど、達成感があった。

(これから私は変わっていける)

核心を突かれて

良からもらったメールには、バイブでひとりエッチをした後に「ぜひお願いします」と返事しておいた。

『じゃあ、詳しくはお会いしたときに決めましょう』と良がさらに返してきて、やりとりは終わった。

次の週が明けてすぐ、来陽社の日下がカメラマンとともに学校にやってきて、書籍掲載用の料理の撮影が行われた。場所は、普段教室として使っている一室だ。撮影は夕方からだったので、蓉子の夜のクラスは休講にしていた。

(高畑さんに会いたかったなあ)

夜のクラスには良が通っていたので、会えないのは寂しかった。でも、これも仕事なのだから仕方がない。

次に良が通うクラスがあるのは週末。ほんの数日挟むだけなのに、ずいぶん先に感じる。

撮影は終始スムーズに進み、予定していた夜8時ほぼぴったりに終わった。

「すみません、私、幼稚園に子供を迎えに行かないといけないので」

蓉子より少し年上に見える女性のカメラマンは、手早く撮影機材を片付け、そそくさと教室を出ていった。手には傘を持っている。朝からずっと学校にいたから気づかなかったが、一時雨が降っていたのだという。

後には蓉子と日下だけが残った。撮影が終わったとはいっても、使った調理器具などはそのままになっているものが多い。蓉子と日下は分担して、調理器具を洗ったり、元あった場所に仕舞いこんだりしていった。

「よい、しょ……」

蓉子は手を伸ばして、頭上の戸棚に小鍋を入れようとした。背の高い蓉子でも出し入れのしづらい場所だ。普段あまり使わない器具なので、こんなところに入れている。

「危ないですよ。俺がやります」

声とともに背中に熱を感じた。

振り向くまでもなく、わかった。蓉子の背後に日下が立ち、同じように手を伸ばして代わりに小鍋を入れようとしている。

日下の腕が視界に入った。顔と同じように少し浅黒い。香水の爽やかな香りが鼻腔をくすぐった。

心臓の鼓動がありえないほど速まっていく。

(ま、待って。落ち着こう、心臓!)

なんとか自分に言い聞かせる。できれば胸に手を当てたかったが、そんなあからさまな真似はできない。ただ立っているしかなかった。

冷静でいようとする蓉子をさらに揺さぶるように、耳元に熱い声が掛かった。

「斉木さんって、なんでそんなに無防備なんですか」

低くて、気持ちのいい声。体を委ねてしまいたくなる。綿のように柔らかく包みこんでくる。それでいて逞しい。

「ときどき、何も知らない女の子みたいに見えることがあります」

何もかも忘れて、よりかかってしまいたい。一瞬だけ心が揺らいだように、そんなふうに思ってしまった。

それ以上考えるよりも先に、体が動いた。日下の前をするりと抜け出す。まるで、「こういうこと」なんて慣れっこだというように。

「そんなこと、ないですよ」

蓉子は何とか、笑ってみせた。

ふいに

結局、その後は何ごとも起こらず、蓉子と日下は学校を出ようとした。一階にある自動ドアは施錠されていて、内側からではないと出られなくなっている。照明もほとんど消えていた。

(ここを出れば、やっと解放される)

日下はタクシーで送ってくれると言い出すかもしれないが、そのときは断ろう。日下のことは嫌いではないし、感謝することも多いが、これ以上一緒にいるのは心臓に悪い。蓉子の恋愛経験値があまりに低いせいもあるだろうが、何をしてくるか読めないところがある。

「じゃあ、写真ができあがったらメールします。たぶん2、3日中にはアタリを……」

日下が話すのを聞きながら、蓉子は自動ドアを出た。

(よかった。無事に終わっ……)

そのとき、

「わっ!」

がくん、と視界が大きく下がった。

滑ったんだ、と頭の隅で理解したが、動作がそれに追いつけない。さっき降っていたという雨が、まだ乾いていなかったのだ。

――転ぶ。

だが間一髪、暖かいものが蓉子を抱き上げた。

(……え)

後ろから日下に抱きしめられていた。

さっきは熱だけ、けれど今度は男性としての力強さまではっきりと感じた。さっきよりも、ずっと強く。

「危ないところでしたね」

日下はいとも簡単そうに、蓉子の体勢をもとに戻してくれた。

「あ、ありがとうございます」

ひとりエッチで快楽を覚え彼に抱きしめられる彼女

 蓉子がしゃんと立ち直っても、日下は蓉子を抱きしめたままでいた。

「あ、あの……私、もう大丈夫です」

「もう少しだけこうしていても、いいですか」

蓉子は答えられなかった。体がすくんでしまって、声が出てこない。怖い気持ちが半分、ときめきに似ているといえなくもない、心がざわつくような気持ちが半分。

「好きなんです。斉木さん、いいえ、蓉子さんのことが」

日下の声は、どうしたって聞き間違えられないぐらいはっきりしていた。

(暖かい……)

今、蓉子に伝わってくる日下のぬくもりは、昔、確かに感じたもの、けれどもあっという間に失って、それから6年間、欲しくて欲しくて仕方がないと思っていたものだった。

気を抜いたら、「さあ、どうぞ」といわんばかりに差し出されたそれに、溺れてしまいそうだった。

溺れてしまったら楽になれるのかもしれない。けれど、

――僕はあきらめません。

頭の中に、蓉子をまっすぐに見つめてくる良の姿が浮かんだ。

(私には、待ってくれている人がいる。あの人のためにきれいになりたいと願った人が。だから私は一歩進むことができた)

やっぱり私が好きなのは、高畑さんだ。あの人を忘れて、一瞬の熱に溺れるなんて器用なこと、私にはできない。

もう迷わない。

「ごめんなさい」

絶対に聞き間違えられることがないよう、蓉子もはっきり答えた。

日下の腕にわずかに力がこもった。蓉子をその熱で蕩けさせようとするように。だが、蓉子はもう怖くなかった。どんなふうに誘惑されても、引き込まれはしない。

「私、好きな人がいるんです」

蓉子が言い切ったときだった。人気のなかった通りに、いちばん近い角を曲がって現れた人影があった。

その顔を見て、蓉子は絶句する。

(どうして高畑さんが……)

蓉子はまだ日下に抱かれたままだった。

→NEXT:日下に抱きしめられているところを。高畑に目撃された蓉子は…7/31(火)公開予定!(『二度目の恋に落ちたから 7話』)

あらすじ

バイブで初めての経験をした蓉子。「変わっていける」そう感じて、良からの誘いのメールの返信を「お願いします」と返した。次の日、カメラマンの日下と一緒にいたとき…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ さくらの恋猫ぬくぬく企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
松本梓沙
松本梓沙
女性向け官能、フェティシズム、BLなどを題材に小説、シ…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう