注目のワード

官能小説【3話】絶対ナイショのラブミッション〜再会した幼馴染は過保護SPでした〜【LCスタイル】


東条雛乃の代役

そもそも、どうして東条雛乃の代役が必要になったのだろう。 腕の中から見上げる夏生君のかんばせは、私から見てもひどく張り詰めていた。昔の彼はどこへ行くにも私のことを心配しているような過保護な男の子だったけれど、それを差し引いたとしても、――――彼の緊張は本物のように思える。 『早まったかもしれない』という思いが再び浮上する中、その疑問が氷解したのは、夏生君がようやく警戒を解いた後のことだった。

「そういえば、誘拐未遂に遭われたとか。ご無事で本当に良かったです」

東条雛乃としての挨拶回りは、先んじて『お父様』に渡されていた招待客リストを丸暗記したお陰で順調だった。『面識がある』とリストで明言されていた人には一通り挨拶し終え、そろそろお暇しようかというところで話しかけてきたのが、その男性で。

「貴方に何かあったらどうしようと不安で堪りませんでしたが……こうして元気なお姿を見られて嬉しい」

「あ、え、ええ……」

誘拐未遂って何だ。というか、この人誰だ。 この男性の顔に覚えはない、――――つまりリストに載っていない。加えてこの、ぐいぐい来る感じ。誘拐未遂という衝撃的な単語を噛み砕いて呑み込みたいのに、さりげなく手まで握られてしまい、思考が上手く纏まらない。振り払ってしまいたいのはやまやまだけど、リストに載っていないせいで、東条雛乃と彼の関係性もよく分からないのだ。随分彼女に惚れこんでいるようだし、もし恋人候補だったりしたら、――――ぐるぐると考え込む私の思考を裂くように、慣れた温度の手のひらが私の指先を攫った。とくり、と心臓が密やかに音を立てる。

「失礼。雛乃様はお加減がすぐれないそうなので、そろそろ」

「え?あ、ああ……そうだったのですか。それは申し訳ない」

「雛乃様、こちらへ。少し休みましょう」

「あ……」

攫われた指先をそのまま優しく引かれる。どこか硬い声音で私を促した夏生君の向かう先は、入り口付近の物陰だ。そこに私を引っ張り込んだ彼は、その涼しげなかんばせを瞬きの間に『幼馴染』のものに切り替えてみせた。

「あのな……ああいう手合いは調子に乗らせたら駄目だろ。何を手なんか握られてんだよ」

しかめられた眉と不機嫌そうに歪んだ唇。昔から変わらない、過保護な夏生君の顔だった。突然『美冬』に対して言葉をぶつけられ呆ける私に、彼はさらに不機嫌さを深めていく。

「ちゃんと自分でも拒否しろ、変な男に隙を見せるなって昔から言ってただろ。俺がいない間どうしてたんだ」

「……どうって、」

「あとお前、『誘拐未遂』について初めて知った、みたいな顔してたよな。まさか聞かずに東条雛乃の振りしてるんじゃないだろうな」

「う……」

あまりに鋭い考察に、私はぐうの音も出せないまま黙り込む。そんな私の反応に、再び答えを鋭敏に察したらしい夏生君が重い溜息を吐いた。

「やっぱりな。なあ、もうちょっと考えて行動してくれ。……頼むから」

トーンの低い、どこか呆れを含んだような声音がぐさりと胸を刺す。 東条雛乃の代役には、誘拐の可能性がある。誘拐されたときのことを考えて代役を立てていると言ってもいい。それを踏まえれば、夏生君の言っていることは一分の隙もなく正しかった。 一応私にも言い分はある。会社の重役の息子との結婚を断ったら会社をクビにされ、早急にお金が必要だったのだ。案件を選んでいるだけの余裕だってなかった、し。

「美冬、聞いてるか?」

「……」

ただその言い分を夏生君に言えるはずもなく、呆れられたショックと言いたいことが言えないフラストレーションから、私はつい彼の手を振り払ってしまう。

「だから、――――私はその、美冬とかいう人じゃないって言ってるでしょ!」

ほとんど『美冬』だった声だけを残して、私は会場を飛び出した。これ以上夏生君の顔を見ていたら、余計なことを言ってしまいそうだったから。 廊下を適当に進み、人気がなくなってきた辺りで足を止めた。ひんやりとした空気を肺一杯に吸い込めば、頭は徐々に冷えていく。離れないようにと言われていたのに、夏生君を置いてきてしまった、――――しまったと思う気持ちが半分。今は顔を合わせたくないなという気持ちが、半分。どうしようかなあ、と呟いたところで、背中側から声を掛けられた。

「何かお困りですか?」

「え?」

振り返った先に佇んでいた、ホテルのボーイらしき男性だった。こちらの服装を見るなり「ああ、大ホールのパーティーにご参加のお客様ですね。よろしければ大ホールまでご案内しますが」と微笑んで、――――私の腕を、掴んだ。

「っ……」

「こちらですよ」

ぐいと強く腕を引かれたのは、来たのとは明らかに逆の方向だ。さっと顔から血の気が引いたのが分かった。

「いえ……自分で戻れます」

「遠慮なさらないでください。きちんと、お連れしますので」

「大丈夫ですから……あの、手を放して……!」

「――――雛乃様!」

背中側から掛けられた声音。今度のものは、よくよく知っている声だ。駆けてくる足音に怖気づいたのか、ぱっと手が放され、ボーイの背中が慌しく曲がり角の向こうへと消えていく。反動で後ろに倒れそうになった私は、そのまましっかりとした腕に抱きとめられた。

「……っ、は……ッ間に合った、」

少しだけ乱れた呼吸の合間の呟きにも、私の身体を掻き抱く腕の力強さにも、焦燥が溶けている。 それが無性に嬉しくてどきどきするのだと打ち明けたら、きっと彼は怒るのだろうな、と思った。

契約違反のお仕置き

「っとに……心配したんだからな」

「ご……ごめんなさい……」

近くのゲストルームに避難したあと、溜息混じりに落とされた夏生君の言葉へ、反射的に『美冬』としての謝罪が零れる。つい『しまった』という顔をする私に対し、彼はうっすらと苦笑してみせた。

「俺はお前が何と言おうと、お前を『美冬』だと思ってる。正直、何でそんなに頑ななのかも分からないけど……また逃げられても困るから、むやみに『美冬』って呼ぶのは止める」

「え……」

「『こんなこと』をしてる理由も、今は詮索しないでおくから。安心しろよ」

「今は?」

「今は」

出来れば一生しないでほしい。

「でも、――――契約違反のお仕置きは、きちんとしなければいけませんね」

契約、――――きっと『私から、決して離れないでください』という彼の言葉がそうだったのだろう。 ぱちりとSPの顔に切り替わった夏生君が、爽やかな笑みのまま私を覗き込む。その笑顔に気圧されずるずると後退すれば、あっという間にベッドサイドまで追い詰められてしまった。熱を孕む瞳は昨夜に見たものとよく似ていて、身体の芯が勝手にじんと火照り始める。恥ずかしさと居た堪れなさから視線を逃がせば、するりと伸びてきた腕が私の腰へと絡みついた。

「っ……や、待って、」

「申し訳ないが、『待って』は聞けません……お仕置きですから」

男性に迫られている女性

甘ったるく、子供の駄々を宥めるような声音に、ぞくぞくと背筋が粟立つ。急激に濃密さを増していく空気に足の力が抜け、ベッドの上に座り込んでしまえば、あとはあっという間に組み伏せられるだけだった。圧し掛かってくる身体の確かな重みに、自分が逃げられないことを思い知らされて、お腹の奥がとろ、と緩んでしまう感覚。大きくかさ付いた手のひらが、太腿の内側をゆったりと撫で上げる。

「ひ、ぅうん……っ」

「昨日の余韻がまだ残っていそうだ。ただでさえ敏感だったのに……この分だとすぐイッてしまって、お仕置きになりそうもありませんね」

揶揄い混じりに笑った夏生君が、太腿に触れていた手をさらに上へと向かわせた。服を少しも乱さぬまま、彼の手だけがドレスの裾から忍び込んでいく。やがてショーツまで辿り着いた指先が妖しく秘裂をなぞり上げ、芯を持ち始めていた花芽を軽く突けば、私はシーツの上で身を捩ることしか出来なくなる。 夏生君の指は、今日の獲物をその花芽に定めたようだった。ショーツの上からでも膨れているのが分かるのだろう、爪の先でかりかりと引っ掻いたり、裏筋を丁寧に擦ったりと甲斐甲斐しい愛撫で、私の蜜口を更に緩ませ、潤ませていく。

「ぁ、あっ……!ゃ、だめ、ぇ……っ!」

刺激されることでさらに膨れた芽は、じくじくと疼くような熱に侵されて震えている。溢れた蜜がショーツを伝い、太腿を汚す感覚。快感が積み重なり、思考がどんどん曖昧になっていく、――――びくんと腰が跳ねた瞬間、夏生君の手がぱっと離された。

「え……?」

「駄目でしょう、護衛にこんなことされてるのに……そんな蕩けた顔して、イキそうになって」

「ぅ、んんっ……は、ぁ……や、ちが、」

「ほら、お仕置きなんですから。ちゃんと我慢して……?」

夏生君は耳朶に何度もキスを落としながら、再び私の淫芽をなぶり始める。ショーツの下に潜り込んだ指先は、温かな愛液を纏うと、果てられないぎりぎりの刺激を与え続け、私をさらに追い詰めていく。もどかしさに涙が滲んで、喉を晒して身も世もなく喘いで。夏生君の思うままに翻弄される私は、きっと情けない顔をしているに違いなかった。

「も、ゃあ……っ、あ、ン……!」

「ハ……、っもう、限界ですか?」

「ぁ、っうん、ん……も、イかせて、」

「ッ……!」

食い締めるもののない蜜壺が、きゅうきゅうと切なく締まる。お腹の奥の疼きが限界を超え、あと少しでも背中を押されたら、今までで一番激しく果ててしまうような、――――そんな予感。 涙の膜の向こうで、夏生君がゆるりと眉をしかめる。SPの顔を保ったまま興奮を堪えているような、そのかんばせは、壮絶なまでの欲望に濡れていた。そして、その唇が私の首筋のほくろへと吸い付いた瞬間に、彼の指がひときわ強く花芽を押し潰す。 ぱちん、と瞼の裏で火花が散った。

「っン、ぁあ、ぁ……〜〜〜ッ!」

身体が大きく反り、爪先がシーツの海を掻く。細かな痙攣を繰り返す腰に、夏生君の手が添えられ、まるで慰めるかのように優しく擦られるのが堪らなかった。 心臓が破裂しそうなほどに痛み、零れる吐息が荒く掠れてしまう。何とか平静を取り戻そうと浅い呼吸を繰り返す中、彼のもう一方の手が、汗で張り付いた私の前髪を優しく撫でていった。

「ん、上手にイけましたね」

「は、ァ……っん、ん……」

「……さっきは、申し訳ありませんでした」

「え……?」

俺が余計なことを言ったせいで、お前を危ない目に遭わせた。 ほとんど独り言のような、密やかな呟き。『幼馴染』の顔で零されたそれは、きっと彼の本音だ。色々考えなしで、悪いのはどう考えても私なのに、――――やっぱり私の幼馴染は優しくて、ちょっと過保護だ。

「ん……」

「そのまま寝てしまっても大丈夫です。私が責任をもってホテルまでお連れしますから」

彼は、私のことをどう思っているのだろう。 仕事が終わるまでは夏生君への想いは忘れると決めたのに、ちっとも忘れられる気がしなかった。

⇒【NEXT】最後に約束したのだ。『また二人で来ようね』と。結局離れ離れになったせいで果たされなかったけれど…(絶対ナイショのラブミッション 4話)

あらすじ

知らない人に手を握られたところを夏生君に助けてもらった。すると彼は物陰に引っ張り込み、その涼しげなかんばせを瞬きの間に『幼馴染』のものに切り替えて…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

リビドーピュアシャボン"
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
皆原彼方
皆原彼方
フリーのシナリオライター・小説家(女性向け恋愛ゲーム/…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう