注目のワード

官能小説【最終話】絶対ナイショのラブミッション〜再会した幼馴染は過保護SPでした〜【LCスタイル】


シーツの上で

「は、ぁ……ここ、とろっとろ、だな……」


「ッン、ん……っふ、ぁ」


「キスしただけなのに、もう準備出来てる……かわい、」


ショーツをはぎ取った指先が、くぱりと私の秘所を開いてみせる。今まで指でしか触れられたことのない、その敏感な場所に、夏生君の顔がゆっくりと下りていく。
何をされても大丈夫、なんて言った私に、夏生君は秘所を舌で可愛がるという提案をした。何をされてもと豪語した以上、私にそれを拒めるはずもない、――――それに、きっとすごく、気持ちいい。


先ほどまで散々咥内を可愛がっていた舌先が、私の眼前で緩慢に花芽を捉える。蜜とは違う、粘性の液体に包まれた芽は、健気にぴくりと震えてみせた。そして、そのまま裏側を舌にじっとりと擦り上げられて、――――甘い悲鳴が迸る。


「は、ぁああっ……〜〜〜!」


「ッ……は、すげえ反応……」


やらし、と呟いた夏生君が、そのまま厭らしく花芽を苛み始める。
芽は神経の塊で、ひどく敏感だ。ざらついた舌で丁寧に愛撫されてしまえばひとたまりもなく、包皮の内側までを磨くように舐め上げられたところで、私の腰が大きく跳ねた。


決して激しくはない、甘やかし宥めるような舌戯なのに、『夏生君』が私の秘所に顔を埋めているのだと思うと、妙な高揚と背徳感が押し寄せてくるから堪らない。
しまいには唇で優しく扱くようにされてしまって、私は髪を振り乱して喘ぎながら、もう一度甘く果ててしまう。


「舐めてる間も、ここから蜜が溢れてきて……シーツ、ぐしゃぐしゃだな」


「ひ、あぁ……っ、ん、」


「あーあ……垂れてる。……なあ、こっちも舐めるぞ」


「ああ、っうそ、待って……っ」


私の制止を余所に、温かな舌が蜜を掬い、緩んだ蜜口の淵を掠めるように撫でた。私のものとは違い、男らしく大きなその舌は、入り口に少し潜り込むだけでも浅瀬の襞をしっかりと擦り上げてしまう。
秘所を開いているのとは逆の手は、まだ私と恋人繋ぎをしたままだ。
私はその指先に縋りながら、彼の口淫を一身に受け入れる。


「ッ……ふぁ、あ、もう……っいいでしょ、ね?」


「よくないだろ。ちゃんと解さないと、痛いのは美冬なんだから……、ッは、んん……っ」


昔も、今も、これからも、

「ア、ッう……!」


むしゃぶりつくように愛液を啜られてしまえば、何度も甘イキを繰り返した身体が再び昂っていく。今度こそ本気で果てへと押し上げられてしまうような気がして、私は思わず彼の額をどけようと手を伸ばす。しかし快感が勝る中は上手く力が込められず、ただ前髪をくしゃりと掴むだけになってしまった。


「ッん……どうした? みふゆ、」


上目遣いの、にんまりとした笑み。私の言いたいことは分かっているのだろう。そのうえで口淫を止めてくれないのだから、彼も大概意地悪で、ひどい。
浅瀬だけで丁寧に法悦を与えられるのは、気持ちいいのに苦しかった。
刺激を求めた最奥が涙でも流すように蜜を溢れさせ、それが夏生君の舌を汚していく悪循環に、泣きたいような気持ちになる。


「や、ゃ……っも、痛くてもいいから、中……」


「だから……ッ、ハァ、駄目だって」


「夏生君の過保護……」


「……は、ああ。そうだよ……昔から、お前を守るのは俺だって思ってたから」


過保護にもなるだろ。
じゅ、とひときわ強く入り口を吸い上げて、夏生君はようやく上体を起こす。どろどろに蕩かされた入り口、焦らしに焦らされて少しでも触れれば溶け堕ちてしまいそうな最奥。夏生君の手が、私のお腹をゆっくりと撫でる。その皮膚の下に在るものへ熱を伝えようとするかのような動きに、尾てい骨の辺りがじんと痺れた。
私の反応に夏生君は一度真顔になると、――――次いで再びにんまりとした笑みを浮かべてみせる。


「それとも……お前は優しくされたんじゃ、物足りなかったか?」


「え、」


「何されても大丈夫って言ってたよな。ここ……俺の好きに使って、ひどくして……」


夏生君の指が蜜口を一撫ですると、そのまま花芽を引っ掛けてから、するすると臍の方へと上っていく。


「ここに、俺の形を覚え込ませても……許してくれるんだな……?」


ぐ、と臍のすぐ下辺りを押し込まれ、隘路の奥で愛液が瞬間的に沸騰する。とんでもないことを言う夏生君の瞳は、至って本気の色をしていて、私は肌をひりつかせる彼の劣情に困惑と期待を抱いてしまう。
躊躇いは僅か一瞬だった。私は涙で濡れた睫毛を持ち上げると、夏生君を真っ直ぐに見据えて頷いてみせる、――――ぶわりと、彼の獣じみた気配が広がったような気がした。


「ッ、美冬……!」


「あ、ぁあー……ッ!」


がつん、と一息に最奥までを抉られた。


先ほどまでのぬるま湯のような優しさが嘘のような、荒々しい律動が始まり、私は片手をシーツに、もう片方の手を夏生君の指先に縋りつかせて、その暴虐を受け入れる。奥だけを執拗に責め立てられ、ほんの少し苦しいのと同時に、訳が分からないぐらいに気持ちよくなって、しまって。


「美冬、っ……ぐ、もっと奥に……いれて、」


「ひっ、あ、あ、ッは、……っあ、おく……」


揺さぶられるたびに、まろい先端が最奥を突き上げてくる。肌同士が打ち合う音。卑猥な水音。ほとんど悲鳴のような、私の嬌声。それらが私と夏生君を煽り、昂らせていく。


腰を掴む彼の大きな手が、ひときわ強く私を引き寄せた。好いところを勢いよく擦り上げられ、最奥をきつく揺らされる、――――瞼の裏で星が散り、頭の奥の配線が断絶するような音がした瞬間、私の身体は大きく痙攣した。


「ッは、んんッ……〜〜〜!」


「ッ……ぐ、」


太腿を割る彼の腰も大きく震え、膜越しに温かな液体が吐き出された。同じように耳元では荒々しい呼吸が吐き出されて、夏生君も一緒に果てたのだと理解する。
一緒に気持ちよくなれたことが嬉しくて、幸せで、――――まだじんじんと火照る気怠い身体を、彼にすり寄せた。

夏生君はそれにふっと笑って、汗だくの私の額にキスを落とす。そのまま優しく唇を塞がれると、呼吸は苦しいのにやっぱり幸せで、私も小さく笑ってしまった。


「……なに、何か面白かったか?」


「ううん……なんでも、」


好きだ。昔も、今も、――――これからも、夏生君が好き。
そんな想いを込めて彼を抱きしめる。夏生君は一度目を瞬いて、それから何だか呆れたように笑って、優しく私を抱きしめ返してくれたのだった。

あと一時間二十七分

――――大きくなったら、美冬をお嫁さんにしたい。


そう言った俺に、幼馴染の少女はぱっと笑顔を浮かべて「いいよ!私も夏生君のお嫁さんになりたい!」なんて可愛いことを言ってみせた。世界でいっとう大事で、守りたい少女が自分を受け入れてくれたことが嬉しくて、幸せで、――――その記憶は俺の不可侵の宝物だった。


急な引っ越しで、彼女と離れ離れになったときは荒れに荒れたし、その隙間を埋めるように『誰かを守る仕事』に就いている辺り、きっとあの約束の時点で俺の心は美冬に囚われてしまっていたのだろう。


「――――夏生君? 終わったよ」


取り留めのない思考に終わりを告げたのは、軽いノックの音だった。
俺は適当に返事をして、目の前のドアを開ける。春の香りのする風と一緒に、甘く切ない、美冬の香りがした。


ウェディングドレスを着た女性

「どう……かな。変じゃない?」


彼女は恋人になり、婚約者になり、――――今日、俺の花嫁になる。


「……はいはい、大丈夫。可愛い」


「夏生君、適当なこと言ってない?」


胡乱気な目でこちらをじっと見つめる美冬は、純白のウェディングドレスに身を包み、まっさらな左手の薬指を俺に捧げる準備を終えたところだった。
結い上げられた髪のほつれを指先で直してやりながら、そのかんばせを改めて見つめる。

静謐な印象すら覚えるのに、どうしても綺麗というより『可愛い』になってしまうのは、きっと俺が今でもあの幼い笑顔を忘れられないからなのだろう。
驚くほど美しく、大人の女になったというのに、彼女はたまにあのときと同じ顔をしてみせる。俺は無性にその顔が見たいような、そんな衝動に駆られて、美冬の身体を抱き寄せる。


「……美冬」


「なに?」


「――――美冬を、お嫁さんにしたい」


いっぱいになった胸からぽろりと零れたのは、彼女にとっては脈絡も何もない台詞だった。


それでも一度目を瞬いた美冬は、――――あの日と同じ、満面の笑みで、言う。


「いいよ。私も夏生君のお嫁さんになりたい」


彼女が俺のお嫁さんになるまで、あと一時間二十七分。
結婚式の朝のことだった。


END

あらすじ

「ここに、俺の形を覚え込ませても……許してくれるんだな……?」

晴れて恋人同士になった二人は、ベッドの上で愛し合う。何をされてもと豪語した以上、美冬にそれを拒めるはずもなく、夏生のされるがままに…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にLCスタイルの漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

リビドー ピュアシャボン
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
皆原彼方
皆原彼方
フリーのシナリオライター・小説家(女性向け恋愛ゲーム/…
カテゴリ一覧
官能小説
幼馴染
仕事一筋
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜
夜明け前〜出逢い〜
絵の中のあなた
空をつなぐ
恋のチカラ
恋愛エクスプレス
キミに出会う旅
君が気づかせてくれたこと
home sweet home
恋の花の咲かせ方
まだ見ぬ君へ
ここにいること
未来の花ムコ
彼女の生きる道
本当の幸せ ―私の誤算―
コイの記憶
救世主
再びの春
天使の羽
キャンパス
恋愛診断
傷心旅行
甘い恋愛
始まりは雨
遠回りした私たちの恋
LOVERS〜恋が始まる〜
LOVERS〜恋が揺らぐ〜
LOVERS〜恋がざわめく〜
揺れる明るみ〜癒し〜
揺れる明るみ〜包容〜
うずきがとける
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて
マンネリ打破!恋愛スイッチ
プリンセスになりたい
恋の誘惑は唇から
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスの仕方を教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫