注目のワード

官能小説【7話】絶対ナイショのラブミッション〜再会した幼馴染は過保護SPでした〜【LCスタイル】


将来のお嫁さん

――――大きくなったら、美冬をお嫁さんにしたい。


ふわふわとした浮遊感に身を委ねる私の前に、ほんの五歳ぐらいの頃の夏生君が現れて、真っ赤な顔でそんなことを言う。ああ、これは夢だ。昔の記憶を辿る夢。このころの夏生君、可愛かったなあ。
浮遊感は徐々に強くなり、まるでシャボンが弾けるように目の前の光景が掻き消える。そのまま意識はふわりと漂って、やがて始まったときと同じく唐突に、夢の外へと放り出されてしまった。


優しい声音

ここで迎える何度目かの朝だ、――――瞼の裏に感じる陽光に、揺蕩う意識がそう囁く。
同時に、まだもう少し寝ていたいと思ってしまうのは人間として普通の反応だろう。私は首元の布団を手繰り寄せ、顔を埋める。そのまま寝付けそうなポジションを探して足先をシーツへ滑らせていれば、少し離れた場所でドアが開く音がした。


「美冬?もう起きないと間に合わなくなるけど」


「んん……」


「……早く起きないとキスするぞ」


どことなく柔い、優しい声音が私を覚醒へと促そうとする。軽く肩も揺さぶられて、ゆるりと瞼が持ち上がった。
きす、――――キスかあ。ぼんやりとした頭で数秒考え、私は小さく頷く。


「うん……して」


「……いいんだな?」


「うん……?」


キスする男女の画像

ぎしりとベッドが軋む音と共に、乾いた唇へと柔らかなものが触れる。最初は優しく触れていたそれが徐々に深く、咥内まで浸食していく感覚。熱く濡れた粘膜同士が絡み合うたびに、じわじわと快感が降り積もっていき、身体が熱を溜め込んでいく。


「ん、んん……っ」


「は……ン、美冬、きもちい……?」


気持ちいい。とろ火で炙られるように少しずつ昂っていくのは、幸せで、気持ちいい。溢れそうになる唾液を飲み込んで、もう一度小さく頷けば、彼の舌が褒めるように喉の入り口を撫でてくれて、――――ふと唐突に、その感覚が妙に生々しいことに気が付いた。


「んっ……!?」


「ああ、ようやく『ちゃんと』起きたな。おはよ……、っン」


喉奥で笑った夏生君の唇が、今度は激しく噛みついてくる。咥内を我が物顔で蹂躙され、舌を強く吸われて、呆けていた頭に電流が走った。


「待っ……ぁ、んっ、さっきの、寝ぼけてて、」


「分かってるよ。でも、自分の発言には責任持たないと。……な?」


「ァ、んん……っ、は、だから、待って、懇親会に遅れる……!」


「はいはい」


軽い調子で私をあしらった夏生君は、今度はスタンプでもするように何度も何度も私の唇をついばんだ。柔く唇を押し当てられてしまえば、満足に喋ることすら出来ない。可愛らしいリップ音が響き、快感だけでなく、心の充足感までもが高まっていくのがよく分かる、――――それでも、このまま呑気に睦み合っているわけにもいかない。


「んん……も、だから!私が、っん、依頼主側なんだから……言うこと、聞いてってば……!」


「だめ。はい、もう一回」


再び歯列を割って潜り込んできた舌が、せっかく覚醒した私の頭をとろとろに煮蕩かしていく。ん、ん、と甘い悲鳴が飲み込まれて、身体の輪郭すらもシーツに溶けていくような感覚を味わって、――――


「……準備は手伝ってやるから大丈夫だ。安心して、俺に委ねてろ」


おとこのひと

「――――なんて言ってたのに、遅刻しそうじゃないですか」


「大丈夫、間に合います。もう受付も済ませましたし」


「お父様との約束の時間は、開場より早いと言ったでしょう……!」


懇親会の会場に何とか辿り着いた私は、『東条雛乃』の仮面を被ったまま夏生君を睨みつけた。彼は素知らぬふうに爽やかな笑みを浮かべ、「それは失礼致しました」と嘯いてみせる。


散々キスで蕩かされた後、慌しくホテルを出てきたせいで、ろくに準備も出来ていないままだ。付けるように言われていたアクセサリーも、まだ半分以上付けていない。
『お父様』との集合場所は、懇親会の会場より上の階だ。そこへ早足で向かいながら、夏生君に手渡されたアクセサリーを順番に身に付けていく。


「指輪と……あとは、イヤリングです。歩きながらで付けられますか?」


「ええ」


最後にイヤリングを付けたところで、ちょうど集合場所へと到着する。『お父様』はもう既に到着していて、私が慌てて謝罪をすれば鷹揚と手を振ってみせた。捜査官たちを脅し、私に囮役を強要したのと同じ人とは思えないような優しい笑顔に、すうっと胃の腑が冷えていく。


「問題ないよ。悪いが、ここの控室で会が始まるまで待っていてくれ」


「……はい」


「私は会の最終準備があるので、これで失礼しよう。城阪君、娘を頼むよ」


「お任せください」


東条正芳が踵を返し去っていく。その背中が見えなくなったところで、夏生君はちらりと後ろのドアを振り返った。


「入りましょうか。私が確認しますので、前に出ないように」


「……分かりました。お願いしますね」


そっとドアが押し開かれ、私は彼に続いて控室の中へと足を踏み入れる。そこに居てください、と指し示されたのはパーテーションの前で、私は夏生君が部屋を一通り調べる間、大人しくそこで立ち尽していた。
夏生君は『部屋の中に誰かいないか』ということから、『コンセントタップが盗聴器でないか』までをきっちり調べ終わったところで、一瞬視線をドアの方へ遣った後、パーテーションの裏へと私ごと引っ込んだ。


「えっ、何?」


「……いいから、」


夏生君は低い声で言葉を遮ると、私の顔を肩口へ引き寄せた。
僅かに緊張を孕む彼の様子からも、ドキドキしている場合ではないと分かっているのに、――――見た目よりしっかりとした胸板に、彼がきちんと『おとこのひと』の身体をしているのだと、まざまざと実感してしまう。世界中のどこよりも安全な場所だと思える腕の中で、私はそっと目を閉じる。
ふと、部屋のドアが開く音がした。


「え……」


「静かに」


鋭い瞳をさらに眇め、夏生君がパーテーションの向こうの気配を窺う。
入ってきたのは重い足音で、恐らく男性だ。一瞬『お父様』かなとも思ったけれど、夏生君の気配がじりじりと剣呑になっていくのを感じて、すぐに違うと気が付いた。何かを探すように部屋中を歩き回るそれに、じわりと不安がこみ上げる、――――パーテーションの隙間からちらりと見えた顔は、やはり知らない顔、で。
先ほどまでとは違う、嫌な心音が耳の奥で鳴り響く。しばらくの間、足音はそのまま部屋に滞在していたけれど、ややあって来たときと同じように突然出て行った。ぱたんとドアが閉まる音がして、夏生君が深く溜息を吐く。


「……行ったな」


「うん……」


まだうるさく鳴り立てる心臓の、どくどくという音を聞きながら夏生君にもたれ掛かる。『東条雛乃』の仮面はあっさりと剥がれてしまったけれど、夏生君はそれには何も言わず、ただ優しく後頭部を撫でてくれていた。
男が私を探していたという確証はない。ただ誰かが入ってきたという、それだけのことのはずなのに、どうしてか妙に恐ろしくて堪らなかった。
私が落ち着くまでの間に捜査員への報告を済ませたらしい夏生君は、「もう大丈夫」と私が離れたのを合図にゆっくりと立ち上がる。釣られるようにして私も立ち上がると、彼は場所を変えようと提案した。


「でも、ここにいろって言われたし……」


「……ここにお前がいると蘭丈家に知らせたのは、恐らく東条正芳だ」


「え?」


「疑わしい人間に情報を提示し、お前に危害が加えられるのを狙ったんだろ。そうすれば犯人が捕まるか、お前が誘拐されて自分の元に連絡が来るかの二択だ。後者の場合、お前を切り捨てれば彼の損害はゼロになる」


そういう作戦だろう、――――淡々とした声音に、怖気がぶり返す。囮になるということがどういうことなのか、ようやく実感したような気がする。また急激に顔色を悪くしていく私を見て、夏生君は微かに苦笑してみせた。


「大丈夫だ。言っただろ、ちゃんと守るって。……信じられないのか?」
「……夏生君の大丈夫はあんまり信用出来ないなあ」


「お前な」


さっきだって大丈夫なんて言って、お陰で遅刻しそうになったし。
混ぜ返したのは、ふざけられるぐらいに余裕が出てきたのだというアピールだ。幼馴染をやっていただけあって、すぐに気付いたらしい夏生君は、何だか呆れたような顔で私の額を指で弾く。


「――――とにかく移動するぞ。場所が割れてるなら、会場付近の人目に付くところの方が安全だ」


⇒【NEXT】夏生君を押しのけ、東条正芳が私の手を掴む。締め付けられる痛みが手首に走り、思わず『東条雛乃』の仮面が歪み…(絶対ナイショのラブミッション 8話)

あらすじ

――――大きくなったら、美冬をお嫁さんにしたい。ほんの五歳ぐらいの頃の夏生君が現れて、真っ赤な顔でそんなことを言う。そんな夢を見ていたら柔らかいものが優しく唇に触れる。徐々にその感覚は生々しくなっていき…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
リビドー ピュアシャボン
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
皆原彼方
皆原彼方
フリーのシナリオライター・小説家(女性向け恋愛ゲーム/…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう