注目のワード

官能小説【8話】絶対ナイショのラブミッション〜再会した幼馴染は過保護SPでした〜【LCスタイル】


お父様

「駄目じゃないか。あそこで待っているように言っただろう?」


会場付近へ移動して、真っ先に声を掛けてきたのは『お父様』だった。
私たちを見つけるなりすっ飛んできた彼は、顔こそ笑っているが瞳が白けて見えて、夏生君の言っていたことも穿ち過ぎというわけでもないのかもしれない、――――と考えてしまう。


「申し訳ありません、お父様。ですが部屋に……その、」


「不審者が押し入り、部屋を物色していましたので、私の判断で雛乃様をこちらへとご案内しました」


私へ注がれる剣呑な視線を遮るように、夏生君がすっと前に出る。東条正芳は一つ目を瞬くと、今度はその胡乱気な瞳を夏生君の方へと向けた。


「君の?……そうか。それなら君は中まで付いてこなくていい。会場外で待機していてくれ」


「は、……いや、それでは雛乃様をお守り出来ませんが」


「うちのボディーガードを何人か付ける。問題ないだろう」


「ですが、」


苦い顔の夏生君を押しのけ、東条正芳が私の手を掴む。夏生君に引かれるときとはまるで違う、締め付けられる痛みが手首に走り、思わず『東条雛乃』の仮面が歪んでしまった。


「とにかく、会場外で待機をしていてくれ。終わったらこちらから連絡する」


異論を差し挟む間もなく手を引かれ、会場に引きずり込まれる。会の主催である東条正芳が入場したのを合図に締まっていくドア、――――その向こうに、夏生君の手が伸ばされる様が見えた気がした。

濡れたドレス

どう考えても、これはまずい。
夏生君とは分断され、私の傍には『お父様』がまるで見張るかのように貼りついている。『東条雛乃』として振る舞い続けながら、私は内心で冷や汗をだらだらと垂れ流していた。付けると言っていたボディーガードも見当たらないし、本当に私を囮にするつもりなのかもしれない。


夏生君は、きっと会場に入るための手段を探してくれているだろう。ひとまず、何とかして『お父様』の目を掻い潜って夏生君と合流しないと。逃げ道を探してぐるりと視線を回した私は、人混みの中に見覚えのある顔を見つけた。

「あ……」


「雛乃さん、どうかされました?」


「え、ああ……いえ、何でもありません」


誤魔化すように笑う仮面の下で、私は浅く呼吸を繰り返す。見覚えのある顔、――――つい数十分前に見た顔だ。あの控室に押し入ってきた男。
幸いにも、相手は私には気付いていないようだった。誰かを探すように辺りを見渡しているから、もしかしたら私を探している最中なのかもしれない。夏生君に伝えようにも手段がなく、私はなるべく男の視界に入らないようにしながら、男の動向をさりげなく注視した。


やがて男は探し人を見つけたらしく、小さく会釈して物陰の方へと歩き出す。探し人は私ではなく、彼よりも少し背の低い、穏やかそうな顔の男性だったようだ。私は、その男性にも見覚えがあった。
――――そういえば、誘拐未遂に遭われたとか。ご無事で本当に良かったです。


「あの人……」


もしかして、黒幕は彼なのだろうか。
二人は連れ立って会場外へと出ていく。追えば危険だと思う一方で、彼が黒幕であるという証拠さえ掴んでしまえば、この仕事は終わり。囮の妙なプレッシャーから解放される、――――そう思うと居ても立っても居られなくなって、私は適当なテーブルからグラスを取り上げる。そのまま偶然を装ってグラスを傾ければ、中身のワインが勢いよくドレスへと飛び散った。

ワインの画像

「あっ……!雛乃さん、大丈夫ですか!?」


「すみません。零してしまって……お父様、少し失礼して着替えてきてもよろしいでしょうか?」


「いや、それは……」


『お父様』は渋るように言葉を濁すが、この状況で着替えさせるのを躊躇うほうが不自然だと気付いたのだろう。周りの女性招待客の「早く着替えたほうがいい」という口添えもあって、最終的には「すぐに戻ってくるように」と苦々しく呟いた。なるべく殊勝に頷いてみせて、私はそっと会場を抜け出す。濡れたドレスは気持ち悪かったし、借り物のドレスだと思うと胃も少し痛んだけれど、身の安全や事件の早期解決を思えば、背に腹は代えられなかった。
二人は廊下の先にいて、どうやらどこか空き部屋を探しているようだった。


「先に夏生君と合流……いや、でも……」


もしその間に見失ったり、肝心な話を終えてしまっていたりしたら意味がない。せめて、どこの部屋に入ったかだけでも確認してからにしよう。
二人の後をしばらく追えば、彼らは会場を大回りして、先ほど私と夏生君がいた控室へと入っていった。ドアが閉まり切っていなかったのもあって、近付けば会話が漏れ聞こえてくる。


前のパーティーで声を掛けてきたあの男性は、話の文脈から察するに蘭丈家の息子だったようだ。蘭丈家の跡取りに選ばれるため、対立している東条家の失脚を目論み、娘である東条雛乃の誘拐を計画している、――――概ねそのようなことを言って、もう一人の男と細かい誘拐の手順について確認し始める。
ここまでくれば、彼が東条雛乃誘拐未遂の黒幕であることは間違いないだろう。後は戻って夏生君に伝えれば、――――


「誰だ?」


こつん、と音がした。
立ち去るために後ろへ下げた足が、どうやら調度品の棚にぶつかってしまったらしい。さっと血の気が引くとほぼ同時、目の前のドアが勢いよく開かれる。


「貴方は……」

黒幕

「あ、――――すみません、お話し中でしたか?こちらのお部屋を着替えに使わせていただけたらと思っていたのですが……別の部屋を当たりますね」


「いえ、大丈夫ですよ。むしろ、貴方に会えて幸運でした。ちょうど貴方のお話をしていたところだったんです……よろしければ、少し話していきませんか」


「っ、……!」


出てきたのは蘭丈さんの方だ。咄嗟に笑顔で取り繕い、そっと後ずさった。このまま見逃してくれれば夏生君に報告しに行ける。そう思い身を翻そうとした私に、蘭丈さんの手が伸びてきて、――――しかし、その手が私に届くことはなかった。


「――――無事ですか」


低く、怒りを押し込めたような声が背中越しに掛けられる。私は何度も頷きながら、その頼もしい背中を見上げた。蘭丈さんの手を掴み、涼しい顔で押し留めてみせる夏生君。来てくれたんだ、と思うと、勝手な行動をしてしまったという罪悪感に、ときめきが混ざり始めるから性質が悪い。
夏生君を見て、蘭丈さんも劣勢を悟ったのだろう。片頬を引くつかせながら、腕を引こうと足掻き始める。


「手を放していただけますか?私はただ、雛乃様が会場に戻れなくなっているようでしたので、手助けをしようかと……」


「その手は前に……パーティーのときにも使って失敗しているでしょう。言い訳としては見苦しい」


「……どういう意味でしょうか?」


「貴方が雛乃様の誘拐を企てていたことは、彼女から聞きました。証拠がある以上、何を言っても無駄だ」


「証拠……は、彼女の証言だけでしょう?それだけで私を捕まえようって言うんですか。蘭丈家の跡取りとして、抗議をしたっていいんですよ」


案に私の証言だけでは弱いと鼻で笑う彼に、夏生君は笑みを深めたようだった。


「そんなことないと思いますけど、ね」


懐から取り出されたスマホから、音声が流れ出す。私が聞いていた、先ほどの会話の鮮明な録音、――――蘭丈さんの顔色がさっと青くなる。
でも、どうしてこんな音声が夏生君のスマホに保存されていたのだろう。それに、『私』から聞いたと言っていたけれど、私はただ聞いていただけで、夏生君に連絡を取ったわけでもない。


私が不思議そうな顔をしていることに気付いたのだろう。僅かに口元を緩めた夏生君が、こちらを振り返り、私の耳に付いていたイヤリングにそっと触れた。


「これが盗聴器になってたんですよ」

本気の心配

「――――で?言い訳だけは一応聞いてやるけど、言いたいことは?」


「ご……ごめんなさい。言い訳は特にないです……はい……」


蘭丈さんが一連の事件の黒幕として逮捕され、捜査員たちも去った後。私は控室の隅の方で、夏生君からの説教を受けていた。
どうやら夏生君は私が会場を出る直前に、何とか会場へ潜り込むことに成功していたらしい。私と合流しようとした矢先、ドレスを替えに出て行ったという話を聞いて、慌てて後を追ったのだという。


「一人で行って、見つかってちゃ世話ないな?……俺の『守る』って言葉、そんなに信じられなかったのか」


「信じてます!信じてるんだけど……つい、身体が動いちゃって」


「……」


「ひい……」


じり、と焦げ付くような怒りの瞳は、きっと本気の心配の表れだ。その怒りっぷりに、本来なら恐縮し反省しなければならないのはよくよく分かったうえで、嬉しさや愛おしさが湧き上がってきてしまう辺り、私の心臓も大概馬鹿なのだろう。何だか可笑しくなってきてしまって、私はついくすくすと笑ってしまった。


「あのな……何笑ってんだよ。俺、結構怒ってるからな?」


「分かってるんだけど、なんか……嬉しくて」


「……っとに、お前は……」


彼の唇から零れた溜息は、どこか呆れたような軽いものだ。毒気が抜かれた、と呟きながら私の後頭部を引き寄せた夏生君が、そのまま柔く触れるだけのキスをくれる。焦点を結べないほどの近くで、夏生君の瞳が優しい弧を描いて。


「……お前ってほんと、俺を呆れさせる天才だよ」


思い切りがいいくせに怖がりで、しっかりしてるかと思えば妙なところが抜けてる。
私をそう評した夏生君が、私の輪郭を優しく辿る。くすぐったいような感覚に思わず目を閉じれば、唇に吐息が触れる距離で、低く穏やかな声音が囁いた。


「でも、そういうお前から目が離せなくて、何年経っても頭から離れないんだから……お前のそういうしょうもないところが、好きになった理由なんだと思う」


好きだ、美冬。

囁きを最後に、彼の唇がいっとう優しい口付けを落とす。私はこのキスが解けるまでに、彼の告白へ素敵な返事を考えなければいけないのに、ぐずぐずに蕩かすような甘いキスが思考を端から綻ばせていってしまうから、――――私も好きだよ、で、どうか勘弁してほしいと思うのだ。

⇒【NEXT】「なに、その顔……今更恥ずかしいのか?」事態収束から数日後。夏生の家で…(絶対ナイショのラブミッション 9話)

あらすじ

『お父様』が私を囮にしているかもしれない…。そう感じた時に声をかけてきたのはお父様だった。
お父様の指示で夏生君と分断されてしまい、まさか本当に囮にされてしまうの…?

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

秋の夜長のアンダーヘアケア
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
皆原彼方
皆原彼方
フリーのシナリオライター・小説家(女性向け恋愛ゲーム/…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう