注目のワード

官能小説【6話】絶対ナイショのラブミッション〜再会した幼馴染は過保護SPでした〜【LCスタイル】


娘という仮面

数日後、私が連れ出されたのは夏生君と再会した場所でもある、東条家の邸宅だった。
東条正芳と夏生君以外にも捜査員らしき人たちが何人か同席し、現在の捜査状況を共有する、――――という会のようだ。夏生君はいつも通りSPの顔で私の横に控え、真剣な顔で発言者を見つめている。


「先日現行犯逮捕した男が吐きました。自分の後ろにいるのは蘭丈家だ、と」


「蘭丈か……」


「東条家とは対立関係にあるそうですが」


「ああ、そうだ。長年折り合いが付かないままやってきたが……ここまでの強硬手段に出るとはな。だが、尻尾を出してくれたのなら有難い。さっさと捕まえてくれ」


「現在証拠としては逮捕した男の証言だけで……契約書や計画実行を指示された際の音声等、物的証拠も特にない。今すぐに捕まえるというわけにもいきません」


捜査員の諫めるような言葉に、東条正芳の顔色がぐっと赤黒くなる。苛立ち混じりの瞳が向けられた先は、その捜査員ではなく、――――隅の方で話に聞き入っていた私だった。


「娘は私のためなら何でも協力するはずだ。そうだな?」


「え、……ええ。お父様のためなら」


「そうだろう。相手は娘の誘拐を何度か目論んでいた……娘をかどわかすチャンスがあれば、必ず動くはずだ。これ以上私の財産に手を出す前に捕まえてもらわなければ、私としても関係省庁に一言言わなければならなくなる」


圧力をかけるような言葉に、捜査員たちが押し黙る。私は机の下でそっと自分の腕を擦り、『お父様』から視線を逸らした。
つまり、彼は私を囮にして早く犯人を捕まえろと言っているのだ。私は娘ではないし、彼のために自分の身を危険に晒したいわけもないけれど、――――この場で断ることはひどく難しい。娘という仮面を被ったままでは舌戦に勝てる見込みはゼロで、かと言って本当は娘ではなく、赤の他人だと捜査員たちに訴えて助けを求めたとしても契約に違反することになる。


「……分かりました。全力を尽くしましょう」


そう答える捜査員に、私はそっと溜息を付く。隣の夏生君が苦い顔をしているのが分かって、余計に気分が重くなった。過保護の気がある夏生君がこういう顔をするということは、きっと危険なのだろう。
東条正芳は、数日後にある自分主催の懇親会に同伴するようにと私に言い渡すと、仕事があるからと席を立った。


「私たちも行きましょう。雛乃様」


夏生君が背中に手を添え、私を促してくれる。嫌な予感を内包したままの心臓は、しばらくの間冷たいままだった。


本当は、怖い

やると言ったのは私だ。そこは弁明するつもりもないし、自分の責任であるとちゃんと分かっている。


それでも、人権の無さすぎる扱いには流石にへこむ。


「……大丈夫か?」


ホテルに戻り二人きりになった途端、夏生君が『美冬』に声をかける。分かりやすく心配を表情に出してくれているのも、彼の気遣いだろう。いつも通り「『美冬』じゃない」と言おうとした私を、彼は真剣な声音で押し留めた。


「あの男は、もしお前が誘拐されたとして、絶対に犯人の要求を飲まないだろうな。……止めるなら今だぞ」


「そ、れは……」


「……ここには俺しかいない。言えよ、大丈夫だから」


抱き寄せられる女性の画像

身体を優しく引き寄せられ、額が彼の肩に乗る。じんわりと服越しに熱が伝わるのが心地よくて、安心して、――――ぽろりと、言葉が零れた。


「……本当は、怖いよ」


「ああ」


「契約のときは誘拐なんて話聞いてなかったし……契約の時点で疑えって言われたら、本当にその通りなんだけど……だからこそ余計に悔しくて、辛いし……」


「……でも、止めないんだろ?」


「うん……ごめん」


生きていくためにはお金が必要だ。それに今更止めたら違約金だなんだと大変なことになるのは目に見えている。 縮こまって謝る私に、夏生君はすっと目を眇めてみせた。


「ごめんって……何が」


「『夏生君に心配かけてごめん』の、ごめんだよ」


自分が『美冬』であると認め、素直な心情を吐露すれば、少しだけ胸の重石が軽くなったような気がした。すり、と彼の首元に額を擦り寄せれば、頭上から軽い溜息が降ってくる。肩を掴まれ、次いで顎を持ち上げられると、目の前にこちらを見下ろす夏生君の、瞳があって、――――あやすように優しく柔く、唇同士が擦り合わされた。

唇には彼の残した熱が

「んっ……夏生君?」


「あのな、俺のいないとこで妙な契約なんてするから、そういうことになんだよ」


「いないとこって……ずっといなかったくせに……」


「今はいるだろ」


キスはすぐに解かれたけれど、唇には彼の残した熱が灯る。さらに胸の内の暗雲が薄まっていくのが分かって、私も大概現金だなあ、なんて、つい苦笑してしまった。


「今回はこのまま懇親会とやらに出るしかないだろうな。何で止められないのかとかは、約束通り詮索はしないけど……話せるようになったらちゃんと話すこと」


「はい……」


「……そんな顔しなくても、ちゃんと守るから安心しろ」


背中を優しく擦る手のひらが、今度は直接心臓を温めていく。好きな人からの「守る」という言葉ほどときめくものもない。現金な心臓が完全に息を吹き返したのを感じ取りながら、私は夏生君をそっと見上げた。


「――――でも、次はないと思えよ」


「え?」


「危なっかしいお前を一人にしてたら、何やらかすか分からないからな。これからは全部俺のチェック通せ。いいな?」


「過保護だ……」


「何か言ったか?」


「何でもないです!」


これっきりじゃなくて、この仕事が終わったあとも近くにいてくれるんだ。
そう思えば、過保護さが愛情のようにも思えてむず痒いような気持ちになる。今度は嬉しい、嬉しいとうずつき出した現金な心臓が、夏生君への想いで一杯になって、――――きっと中学生の私より、今の私の方が夏生君のことを好きだ、と思うのだ。


「……俺が過保護だって言うなら、それはお前のせいだからな」


「聞こえてたんじゃん……」


「あの距離で聞こえないわけないだろ。『もう一回言ってみろ』の意味だよ」


ぽんぽんと交わされる会話は、私が『美冬』であるからこそなのだろう。
そう思うと、むず痒いのを通り越して気恥ずかしくなってきてしまい、私は慌てて一歩下がった。ただ単に昔の初恋を引きずっているだけではなくて、再会してからさらに夏生君を好きになっている、――――そう気付いてしまえば、今までとは比べ物にならないほどにドキドキして、近くにいるだけで眩暈がしそう、で。


「こら、何逃げてんだ」


「えっ」


まるで猫でも捕まえるかのように、ひょいと抱え上げられた私は、いつかと同じように部屋のベッドに運ばれる。流石に何回もこのパターンに持ち込まれているから分かる、――――これは『する』流れだ。
今までと違って最初から『美冬』として抱かれるのかと思うと、かあっと顔が熱くなる。


「ま、待って! 夏生君ストップ!」


「待たない」


「いいから待って!」


そもそも夏生君は私のこと、どう思ってるの。
今までは『東条雛乃』の仮面の下に押し込めていた疑問が、喉元までせり上がってくる。それを寸でのところで飲み下したのは、今の精神状態ではどんな答えを返されても、まともに『東条雛乃』の仮面を被れなくなることが分かり切っていたからだ。数日後の懇親会を乗り切るためにも、ここは流されちゃいけない。


「今更なんだけど……その、『私』は恋人じゃない人と、そういうことは……」
「……分かった」


頷いてくれた夏生君にほっと息を吐く、――――その唇に、キスが一つ落とされた。


「分かってないじゃん!」


「キス一つで止めただけ優しいだろ」


しれりとそんなことを言った夏生君が、私の上からどいた。ベッドの淵に腰かけ、ちらりとこちらを流し見る。男らしい切れ長の瞳は、斜め後ろから見てもひどく美しい。


「いくらでも言ってやりたいことはあるけど、全部片付いてからにする。……俺もお前も、その方がいいだろうし」


「……うん」


いくらでも言ってやりたいこと。
その内容を、彼の瞳は既に映し出しているような気がした。煌めくそれはとろりと甘く、私への愛情を内包している。愛しいと言外に伝えてくれるそれは、穏やかさの中に苛烈な欲が滲んで、混ざり合って、複雑な色をしていた。


「昔、言い損ねた分もあるからな。――――今度は逃げんなよ」


⇒【NEXT】大きくなったら、美冬をお嫁さんにしたい。真っ赤な顔でそんなことを言った昔の夏生君…(絶対ナイショのラブミッション 7話)

あらすじ

数日後、私が連れ出されたのは夏生君と再会した場所でもある、東条家の邸宅だった。
東条正芳と夏生君以外にも捜査員らしき人たちが何人か同席し、現在の捜査状況を共有する、――――という会のようだ。

夏生君はいつも通りSPの顔で私の横に控え、真剣な顔で発言者を見つめている…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
リビドー ピュアシャボン
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
皆原彼方
皆原彼方
フリーのシナリオライター・小説家(女性向け恋愛ゲーム/…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう