注目のワード

官能小説 彼に愛されるために、魅力を上げたい(インサート・コンプレックス 5話)

魅力を上げたい

「あっ、来てた来てた」

今日は久しぶりに、何の予定もない木曜日だ。耕史とデートの約束もなく、マリカは1人で散歩したりヨガをしたりして時間をつぶしていた。
ヨガから帰ってきたところで宅配ボックスを確認すると、段ボール箱が届いていた。これは、先日ローターを買ったあのお店のものだ。

今日買ったものもマリカはずっと楽しみで、昨日は仕事中もなんとなく気になっていた。宅配ボックスから荷物を受け取り、自分の部屋へ戻っていく。なんとなくその足取りは軽快で、何の悩みもないように見えた。
実際は、悩みがあったからからこそグッズに頼ろうと思ったのだが……。

「これを使って魅力的な女の子になれば、きっと耕史はもっと私のこと、好きになってくれるはず!」

鼻をふんと鳴らして、マリカは小さくガッツポーズを作った。

彼女の考えとしては、こうだ。

耕史が最後までセックスしてくれないのは、彼があまりマリカのことを好きではないから。今日買ったこのグッズで自分の魅力をアップさせれば、自分に溺れるほど好きになってくれるような気がしていた。
箱を開けると、そこには手のひらサイズの石鹸と、球体を2つつなげた水色のものが入っていた。マリカはまず石鹸を手に取り、香りを感じてみる。特に華やかな香りがするわけではないが、それがかえって効果があるような気分になった。

「ジャムウ、って初めて聞いたけど、どんなものなんだろう?」

その石鹸の名前はジャムウという。美容好きの間では有名な代物だったが、マリカは意外にもその存在を知らなかった。

「ヨガで汗もかいたし、お風呂はいろっかな。ついでにジャムウも使ってみよっと」

マリカはジャムウソープを持って、お風呂場に向かっていく。1つに括った髪の毛をほどいて、服を脱ぐと、シャワーを浴び始めた。

「泡立ちは……ふうん、ものすごく泡だつってわけでもないけど、洗いやすいかも」

ジャムウを手の上で転がして、泡立てると秘所を洗っていく。マリカのそこは程よく手入れされていた。
昔見た、女4人が登場する映画で、下の毛の手入れをしていない女性を「ナチュラルフォレスト」と呼んでバカにしていたのだ。それを見て以来、マリカはそこの毛にも気を遣っている。

泡をシャワーで流すと、さっぱりした心地がした。とても清潔になったと思えて、彼女はこの商品が一瞬で気に入る。

「これ、リピ決定だわ」

お風呂の湿気に弱いと箱に書いてあったから、マリカはジャムウを脱衣所に持って行く。体を拭いてからもう一度ジャムウを見ると、なんとなく可愛らしく見えてきた。

「これから毎日使うからね。よろしく、ジャムウちゃん」

ただの独り言だが、マリカはそんな風に言う癖があった。たとえば熱々のコーヒーを飲んで舌を火傷した時も「コーヒーくんめ、熱いよ」と笑ったものだから、その時一緒にいた耕史はその可愛らしさに笑ったものだ。
マリカ自身はそれを子供っぽいと思っていたが、ついこの癖は止められなかった。勤務するお店に子供が来ると、つい笑わせようとして頑張ってしまう。それもまた彼女の魅力であったが、まだマリカはその自分自身の魅力に気づいていない。

急な電話

バスタオルを体に巻きつけ、マリカは部屋に戻ってきた。
テーブルの前に座って、体育座りをする。

今度は何をするのかというと、もう一つ注文していたものをためすのだ。
水色の2つの球体。インナーボールという。
これは膣に入れて括約筋を締めるものらしい。
マリカは手に取って、まじまじとそれを見た。表面には可愛らしい花の模様がついている。

「これを……挿れるのかぁ……」

大きいものではないが、すんなり入るか自信はなかった。マリカは念のためベッドサイドからローションを持ってきた。

ローションは、耕史がどうしても置いておきたいと言って買ったものだ。マリカ自身は濡れにくいとは思っていなかったのだが、「絶対に置いておこう」と耕史が譲らなかった。
その理由を、マリカはいまいちわかっていない。

だがとりあえず使えそうなので、彼女はチューブから透明なジェルを少し出して、体育座りから足を広げて自分の秘所に塗り込んでいく。

「冷たっ……」

一瞬冷たさを感じたが、彼女が指で自分の入り口をほぐしていくと、ジェルがあたたまるのと同時に蜜口が開いてきた。
そこに、マリカはインナーボールを挿れる。2つのボールのうち、1つだけを入れてみた。
つぷ……という音が、少しの抵抗とともにあった。
感じすぎて困ってしまうようなものではなかったが、体の中に異物感を感じて、マリカはお腹の奥に力を入れる。

「あれっ」

力を入れすぎたのか、インナーボールが抜けてしまった。

「あちゃ……」

今度は彼女は、インナーボールを2つとも体の中に挿入する。

「んんっ……なんか、変な感じ……」

だがその、中でコロコロと動く変な感じを覚えながら、お腹の奥に力を入れると膣圧があがるというのだ。マリカは一所懸命いきんで、お腹に力を入れた。


その時だった。

マリカの携帯電話が鳴った。着信だ。
電話の主は、耕史だった。きっと仕事が終わったのだろう、マリカの声を聞きたくて電話してきたのだ。

「……もしもし、耕史?」

「ああ、もしもしマリカ? 今仕事終わったんだ」

「そうなんだ、お疲れ様。今日も頑張ったね」

耕史が仕事を終えると、マリカはいつも「今日も頑張ったね」と言葉をかける。実際仕事場で何があったかは知らないが、頑張っていることだけは確かだろうから、いつもそう声をかけている。

マリカはあることを思いついて、耕史にこう言った。


「ねえ、耕史? 今私、何してると思う?」

電話の向こうから…

「何って? 歌でも歌ってた?」

「まさか、今日はオフだから。散歩したりヨガしたりしたんだー。でもね、今はね」


そこで言葉を切って、マリカはインナーボールを取り出した。

「……っんっ」

ボールを抜くと、甘い声が漏れた。

「マリカ、何してんの?」

「ちょっとね……『締め付け』を強くしたいなって」

官能小説 電話エッチで膣トレをしている女性と電話をしている男性


その言葉の意味がわかって、耕史は電話の向こうでどんな顔をしただろうか。意外とうぶなところがあるから、顔を赤くしているかもしれない。

「耕史のためにね、膣圧をあげようと思って」

「ち……膣圧って」

「中にボールを入れて、キュンキュンって締め付けるんだよ」

想像しているのか、耕史の言葉が途切れた。それを感じ取ったマリカは、彼をさらに攻め立てる。


「耕史、私がキュンキュンってなるような言葉、言ってよ」

「ええ……? でも外だし」

「小声でいいから、ね?」

仕方ないな、と言った後、耕史が電話越しにマリカを攻めてきた。

「どんな大きさのが入ってるの?」

「ええと……ゴルフボールより小さいぐらいかな」

マリカは自分の入り口を指で確認しながら、耕史に答える。

「ふうん、そんなのが入っちゃうなんてマリカ、今濡れてるの?」

「恥ずかしいよ……」

「ちゃんと答えなきゃだめ」

耕史の言葉がマリカを攻めるにつけ、彼女は彼をその気にした自分を少しだけ後悔した。

「……うん」

「どんな風に? あそこはぷっくり膨らんでる?」

尋ねられて、マリカは指で肉芽を触った。そこは充血して大きくなっている。

「うん……大きくなってる」

「すごくいやらしいね」

「恥ずかしい……」

恥ずかしがったマリカに、耕史は少し意地悪に言う。

「恥ずかしいことを言うようにお願いしたのは、マリカでしょう? 乳首はどうなってるの? 触れる?」

「う……乳首もピンってなってるよ」

耕史の言葉のせいで、マリカは身体中が熱くなっていた。彼の言葉がマリカを攻めるたびに、体がどんどん熱を帯びていく。
電話の向こうで耕史が笑う。


「そっか。今度直接いっぱい触ってあげるからね」

その言葉で、マリカは少し安心した。耕史に愛されているということが、確認できたからだ。

「耕史……私のこと、好きって言って。そしたらイケる気がする」

「いいよ。好きだよ、マリカ」

安心できる言葉をたよりに、マリカは自分で自分を慰め、達することができた。
2人の会話は、そのあともしばらく続いた。


第5話 終わり

⇒【NEXT】あなたをいっぱい愛したい(インサート・コンプレックス 6話)

あらすじ

マリカは耕史が自分とエッチを最後までしてくれないのは、自分に魅力がないからだと考えた。
そこでマリカは「インナーボール」を使って膣圧を鍛えることに。
そんな時、急に耕史から電話がかかってきて…?!

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ヌレヌレ&リビドーSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
虚羽あす
虚羽あす
女性向け・男性向け小説/シナリオを執筆するフリーランス…
酒井 さゆり
酒井 さゆり
イラストレーター兼漫画家兼主婦。雑多に色々と描かせて頂…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう