注目のワード

官能小説 あなたをいっぱい愛したい(インサート・コンプレックス 6話)【LCスタイル】


いっぱい愛したい

マリカは喜びを隠しきれない様子で、電話に出ていた。

「はい、ありがとうございます。本当ですね、はい!」

今は自身の勤務する喫茶店の系列店で、彼女は耕史とコーヒータイム中だ。電話を切ると、満面の笑みを浮かべ、マリカは大きなピースサインを作る。

「聞いて、耕史! 私の仮歌、本番に採用されるって!」

「へえ、それはすごいね」

仮歌というのは、本番を歌手が歌う前のデモのことを指す。だが稀に、仮歌の方が出来がいいときなどには、仮歌がそのまま本番用音源として使われることもあった。

「どんな歌なの?」

マリカだけでなく、耕史の目も輝く。歌手として日の目を見ることは、マリカにとって悲願だった。

「あのね、フライドチキンのCMソング。期間限定だけど、私の歌声がいいって! 来年以降も同じイメージで行きたいから、同じ作曲家さんと作詞家さんと、私とで組んでシリーズにしていきたいんだって!」

マリカは興奮していた。こんなに嬉しいことはそうそうない。興奮冷めやらぬマリカを抑えるように、耕史が彼女の手を握った。

「よかったね、マリカ。これから歌手としてどんどん成功していけるといいね」

「うん。いつか私の歌で、日本を震わせてみせるんだから」

そのセリフは、耕史が勧めてくれたアニメの言葉をもじったものだ。銀河を震わせる歌姫になることを誓う少女が、憧れの男の子に向かって言うシーンだ。

「そうだね、マリカの歌がチャートを賑わせて、普通にデートもできないぐらい人気になったらいいね」

「えー、普通にデートできないのは嫌。私、もっと耕史とイチャイチャしたい!」

「そう? じゃあ今からいちゃいちゃする?」

耕史は彼女のへのご褒美のように、そう提案した。見た目とは裏腹にうぶなマリカは、こう言われると照れてしまうものだが、今日の彼女は違う。

「する! 耕史のこと、いっぱいいっぱい愛したい」

マリカの上に重なっていた彼の手を反対の手で取って、彼女は思わず立ち上がった。そして2人は、喫茶店を出た。

噂のホテルで

繁華街を少し外れの方へ歩くと、ラブホテル街がある。以前は暗がりの中でキスをするだけだったが、今日は違う。耕史を「いっぱい愛する」と宣言したマリカが彼に腕を組み、立ちならぶホテルの間を歩いて行った。

「ここにする? 友達から聞いた噂によるとね、このホテルのある部屋だけ、グランドピアノがインテリアとして置いてあるんだって」

「何それ、面白いね。じゃあ、ここにしようか」

フロントで愛想のない婦人から鍵を預かり、エレベーターに乗って5階の部屋を目指す。鍵を回し入れドアを開けると、2人の目に飛び込んできたのは、真っ黒いグランドピアノだった。

「……噂、本当だったんだ」

「こんなところにピアノ置いて、どうするの?」

マリカと耕史は顔を見合わせてから笑った。

「ははは、せっかくピアノがあるなら、ちょっと歌ってよ」

耕史がそう言うと、マリカは鍵盤の蓋を開けて1つ音を鳴らしてみる。

「……うーん、だめ。調律がものすごく狂ってるから、とてもじゃないけど歌えない」

「そっか。じゃあ、その代わりにお風呂入る?」

彼の言う『その代わり』というのがなんなのかマリカにはよく分からなかったが、彼女は広いお風呂場に向かいお湯を張り始めた。ほどなくしてお風呂がわくと、2人は生まれたままの姿になって一緒に浴室へ向かう。

「なんか、恥ずかしい〜」

「今更恥ずかしがること? お風呂ならよく一緒に入ってるじゃん」

挿入にはいたらなくとも、2人は裸で一緒に眠ることがあった。マリカがそれに不満そうな顔をすると、耕史は決まって『ポリネシアンセックスの練習だと思って』と意味不明な言い訳をする。意味不明だけど、それでもマリカは一緒にいられるだけで嬉しかった。

それが今日は、どこか緊張してしまう。マリカは目のやりどころに困って、耕史の足元ばかり凝視しながらお風呂を上がった。上がってしまうと素早くバスタオルを体に巻きつけ、ベッドに腰掛けて耕史を待つ。

「どうしたの、マリカ」

視界を隠されて

「いやー……なんていうか、ちょっと緊張しちゃって」

「緊張?」

耕史は全くわからないといった風に、彼女に言葉を返した。

「私から『いっぱい愛したい』なんて言ったけど、どうしたらいいのか分からなくて……だって、いつも耕史が私のこと触ってくれるでしょ? 私からリードするなんて、できなくてさ……」

それに続いて、マリカは『私、なんて男慣れしてないんだろうね!』と言い放った。耕史はそんなマリカが愛おしくなって、彼女に自分を愛してもらいたいと心から思う。

「じゃあ……」

優しい目をした耕史が、ソファの上に脱ぎ捨てた服の中からネクタイを取り出し、マリカに近づいた。両手でネクタイを広げると、ゆっくりマリカの目の上に巻いていく。

「な、何するの?」

「恥ずかしいなら、目を閉じちゃえばいいんじゃないかなって思って」

顔に添わせたネクタイを後頭部で結ぶと、マリカの視界は真っ黒になった。

「ん、耕史がどこにいるのかも分かんない。これじゃ、いっぱい愛するどころじゃないよー」

困ったような声を上げたマリカの手を、耕史がそっと握った。

「大丈夫、俺が誘導してあげるから。まずはここに触って」

耕史に導かれたマリカの手が触れたのは、熱くて硬いものだった。彼女は、すぐにそれが耕史の茎だということに気づく。

「舐めてもいいよ。っていうか舐めてほしいな」

目隠ししながらフェラする女性
 

手で耕史に触れたまま、マリカは口を耕史の硬い部分に近づけた。唇を近づけるだけで、なんとなく周囲の空気までもが熱くなっているように感じられる。少しドキドキしながら、マリカは耕史のそこにキスをした。

ちゅ、ちゅ……という音を立てながら、彼女は愛しい人の熱い部分に口で愛を伝える。十分にキスで愛情を伝えたら、マリカは次に舌を出した。先端をちろちろと舐めると、少ししょっぱい味がする。

「耕史のここ、もう泣いてる」

舐めたままそう喋ると、耕史の口から切ない声が漏れた。

「ん……っ……だって、マリカに触ってほしくて……」

こうして触って欲しかったと言うのは、きっと本音だろうと彼女は思った。いつも挿入までたどり着けないけれど、そうしたくない男性がいるはずないとマリカは思っていた。耕史が時折静かな喘ぎ声を漏らしながら、マリカの頭をそっと手で包んだ。

「呑み込んでもらってもいい?」

「ん……わかった」

マリカは耕史が痛くないように口の中に唾液をいっぱい溜め、口の中に彼を呑み込んでいく。何度かこうして口でさせてもらうことはあったが、視界を奪われたままするのは初めてで、マリカは耕史のそれがいつもより大きいように感じていた。

「耕史のって……大きいよね」

その言葉に、耕史が少し体を震わせ、マリカの頭を包む手に力を入れる。彼がマリカの言葉をどう感じたのかは分からないが、口の中の彼はマリカの言葉で硬さを増したようだった。

「ふ……う、耕史のこれ、ほんとは私、欲しくてたまらないんだよ」

口いっぱいに耕史を頬張り、口を上下させる。舌を動かし、彼のもの全体を舐め回すようにすると、耕史は切なげな声を強くした。

「ん、マリカっ……だめ、イっちゃう……あ……あっ……」

「今日はこのままイってもらおうかな。なんか、耕史の声かわいい」

声に魅力があると社会的に評価されたのはマリカなのに、今彼女には耕史の声が世界で一番素敵に思えていた。耕史を咥えて上下するスピードを上げると、彼は泣きそうな声になる。

「ダメだ、イっちゃう……もう、……あっ……!」

耕史はマリカの口の中で果てた。口の中にどろりとした感触のものが放たれて、マリカは一瞬えづきそうになる。

それをこらえて口を離すと、マリカは耕史を最後まで愛せたことに満足感を覚えて微笑んだ。


第6話 終わり

⇒【NEXT】あなたが欲しいのに、どうして?(インサート・コンプレックス 7話)

あらすじ

耕史といつも行く喫茶店でデート中に、マリカは自分の歌がCMに採用されたことが分かって大喜び。

耕史はご褒美と「イチャイチャしよう」と提案し、マリカも「いっぱい愛したい!」と宣言する。

二人はラブホテルへいくが、マリカはイチャイチャといってもどうしたらいいか変わらないでいると、耕史がネクタイで目隠しをし、フェラをお願いして…

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

魔性と純粋企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
虚羽あす
虚羽あす
女性向け・男性向け小説/シナリオを執筆するフリーランス…
酒井 さゆり
酒井 さゆり
イラストレーター兼漫画家兼主婦。雑多に色々と描かせて頂…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう