注目のワード

官能小説【8話】秘密、蜂蜜、果実蜜【LCスタイル】

テクニック

作:三松真由美

官能小説挿絵:レクチャーを受けるために下着姿になっている女性

休日の夕方。郊外のラブホテル。カゴさんはパンツ一枚になった。レクチャーが始まる。唯香はキャミソールとパンティをつけたままだ。恥ずかしいなど言っていられない。甚とちゃんとSEXしたい。年上の自分がなんとかしないと。

「いいか、俺が唯香ちゃんの役だぞ。唯香ちゃんがその彼氏役。こうやって誘導するんだ」

唯香の両手首をつかんで寝っ転がったカゴさんの胸に置く。

「おっぱいは下から上に向かって上げるように揉んでもらう。そのとき、中指が乳首の先端にわざと当たるように。そのあとは360度回転。」

カゴさんが説明しながら唯香の手のひらを動かす。

「おっぱいが感じやすくなった頃を見計らってキスをさせる。丸玉が固くなってきたら、唯香ちゃんから、感じてるってちゃんと伝えるんだ。慣れてない男には感じてるかどうかなんてわからんから。撫で方はこうだ。外側から中心に向かわせるんだぞ。一番気持ちいいとこは、一番最後っていうルールを教えてやれよ。そこはSEX全体のオ・ヤ・ク・ソ・クってやつだ。」
「オ・ヤ・ク・ソ・ク」

唯香はしっかりとリピートして覚える。

「女の身体も男の身体もじれるのが好きなんだ。おあずけテクニックを自由自在に使うことができれば、どんな感じにくい女でも必ず気持ちよくさせることができる」
「おあずけテクニック…」
「そうだ。そしてタッチは強弱をつける。鳥の羽で撫でるみたいなかるーいやつから、爪先で掻いてやるようなスクラッチ。そして、ドカーンとつねるくらいの痛みギリギリの愛撫。皮膚感覚はひとによって感じ方が違うから唯香ちゃんがとことん、触らせて教え込むんだよ」
「なるほど。カゴさん、やってみてください」
「よっし、じゃあ上だけ脱いで」
「はい」

気持ちいいこと

広いベッドにパンティ一枚で横になった唯香の乳房を強弱をつけて撫でる。ときに筆で撫でるように、ときにつねるように。

「あああ、いい…おっぱいだけで濡れてきちゃう…」
「だろう。吸い方だって何通りもある」

乳首をやさしくくわえてチョロリと舐めると思いきやバキュームのように唾液音をたてて吸う。
ジュバジュバと胸をおいしそうにしゃぶる音がする。

「…いい……腰の力が抜けてきた…」
「おいおい、前戯だけでイッちゃあ話にならないぞ、しっかりしろ。今日は講義なんだぞ」
「カゴさんの触り方と舐め方、私が彼に同じようにやってあげればわかりやすいのね」
「そうだ。して欲しいことはこっちがしてやる。それが原則だ」
「カゴさん…ここ…ジンジンしてきた」

唯香が下腹部を指差す。カゴさんは

「おいおい、講義は始まったばかりだぞ。彼氏の指をちゃんと導くことと、強弱を教えることはわかったのか?」
「うん。わかった。だから…こっちも」

カゴさんが唯香のおへそのくぼみに舌の裏側を押し付ける。

「ああん…あっ」

おへそがこんなに感じることを初めて知った。おへその周りをぐるぐると舌の尖った部分を這わせ、空いている手で唯香のパンティを下ろす。薄茶色に茂ったヘアの林に舌先が潜り込む。林の毛穴から温かい空気が流れ込むような感覚。それをかき分けながら谷間に舌先が滑り込む。

「ひゃああ」

唯香の身体がベッドでバウンドする。
一番感じるピスタチオの部分を通り越して、カゴさんの舌先は散歩を始める。のらりくらり。行き先の定まらない散歩。唯香はこれ以上開かないというまで足を開く。身体中を散歩して欲しい。カゴさんの舌に。外も中も。そして奥も。唯香は夢うつつになる。
こんな気持ちいいことを甚がしてくれれば最高のSEXになるだろう。体温が上がってくるのがわかる。汗ばむ。自分の吐息が熱くなってきた。トクトクと鼓動が早くなる。じれる。もっと、もっと感じるところに来て。はやく。はやく来て。はやく…。
カゴさんの舌先がピスタチオに到達する。コロンと舌先を一回転させる。

「んああああああ」

舌先の散歩だけで唯香は空中に放り出された。

「甚…」

⇒【NEXT】「まずいよ。まずい。エッチできない彼氏なんて…ふられる…」(秘密、蜂蜜、果実蜜 9話)

あらすじ

甚とちゃんとSEXしたい唯香は、カゴさんに講義をお願いした。
甚の為、そして自分たちがきちんとSEXできるように…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

2019クリスマスSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
三松真由美
三松真由美

恋人・夫婦仲相談所所長、通称すずね所長

カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう