注目のワード

官能小説【7話】秘密、蜂蜜、果実蜜【LCスタイル】


新しい悩み

作:三松真由美

官能小説挿絵:オーガズムを感じたいと思っている女性のイメージ

甚をしばらくそっとしておく。だがひとりエッチでのオーガズムを知っている唯香の身体だ。こんな中途半端で終わるわけにはいかない。

「甚くん、私もイキたい。指でいじってくれない?」
「ごめんね、僕だけイッちゃって」

今度は甚が唯香の横に寝そべり、唯香の蜜にまみれた入り口に指を這わせる。

「奥へ。もっと奥へ」
「これでいい?」
「ああっ、そう、そうよ。もっと奥へ」
「どこまで行っていいの」
「私にも…わからない…。もっと動かしてみて」
「どうやって動かすの?」
「グルって回してみて」
「こんなせまい場所で?」

新しいおもちゃで遊ぶ子供の会話だ。しかし唯香にとっては待望の初めてのSEX。最後まで昇りつめたい。甚の指が迷子になった子供のように唯香の中で放浪する。唯香はいつもひとりで遊ぶときのように自分の人差し指を入り口の感じる突起にあてる。

「そこ、一番いいとこだよね。だんだん膨らんで来てる。ピスタチオの粒みたいに大きくなってる」
「やだ…恥ずかしいこと言わないで、意地悪ね、甚くん…」

甚が蜜部屋の中で指を上下に動かす。唯香が蜜にまみれたピスタチオを自分の指ではじく。

「あんっ」

ザザザーっと、いい感じの小波がやってきた。
完成された初めてのSEXにはならなかったが、ふたりとも極みまで昇った。

唯香の新しい悩みが始まった。経験がまったくない二人がどうやったらちゃんとSEXできるのか。男性がリードしてくれるものだと思っていたが、年下草食系の甚にそれを期待するのはかわいそうだ。

悩み相談

ある日、唯香はスーパーでカットパインと大粒イチゴを買って自転車に乗ろうとした。動きが鈍い。パンクしていることに気づいた。

「アンラッキー…」

スーパーの近くにサイクルショップがある。そこまで自転車を押して歩く。
サイクルショップは空いていた。

「いらっしゃい。パンク?すぐ直すよ。カウンターで珈琲飲んでて。珈琲はサービスだから」

顎ひげたっぷり、恰幅がいい山男風の店長が手際よく修理してくれる。年の頃は40過ぎか。珈琲に砂糖を一匙入れてスマホを見ていると店長が声をかけてきた。

「直ったよ。オイルも両輪にさしといたから。キコキコ言わないように。あれ?浮かない顔してるね。悩める乙女ってやつ?今、お客いないから、お菓子もサービスするよ。ま、そこのスーパーで買ったクッキーだけど。ハハハ」

気さくな大人の男。唯香はクッキーをつまみながら世間話を楽しんだ。店長は籠村。カゴさんと呼んでくれと屈託なく笑う。自転車のカゴの意味じゃないぞ、と。面白かった。つい話し込んでしまった。気づくと夜の帳が下りて、お腹がグーっと鳴る。

「おっ!よかったら、二軒先の焼き鳥行かないか?幼なじみがやってる店なんだよ。ネギマが最高にうまいんだ。いい葱使ってる。タレにりんご使ってるって言ってたな」
「りんごのタレ?めずらしい。食べてみたい」

カゴさんとは初めて会った気がしない。親戚のお兄ちゃんのような、あったかな雰囲気。焼き鳥をごちそうになりながら、つい悩みを打ち明けてしまった。カゴさんが酔っていたかどうかはわからない。真剣な顔で唯香に告げた。

「俺が男の鍛え方を教えてやるよ。最近の若いヤツは具体的に教えないとろくなSEXしないだろ。失敗したくない世代だろ。彼女に嫌われることを怖がって冒険しない。SEXはゴールがない冒険だってことを教えなきゃ、いつまでたってもつまらん絡みで終わっちまう」

カゴさんが悪い人ではない気がして唯香は次の休みにレクチャーをして欲しいと依頼した。

⇒【NEXT】広いベッドにパンティ一枚で横になった唯香の乳房を強弱をつけて撫でる。ときに筆で撫でるように、ときにつねるように。(秘密、蜂蜜、果実蜜 8話)

あらすじ

セックスの前に、ひとりで先にイってしまった彼。
中途半端な状態の唯香は、カレに指で弄ってもらいなんとかイクことができた。
しかし、ひとりエッチでのオーガズムを知っている彼女は『初めてのセックスでは最後まで昇りつめたい』と頭を悩ませ…。

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

魔性と純粋企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
三松真由美
三松真由美

三松真由美(みまつまゆみ)
恋人・…

カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう