注目のワード

官能小説 本当にあった!ラブ物語 第十二話 柔らかく白い宝石【LCスタイル】


第一章 薄い体

「奈央、最近、体つらくない?」
出勤前の夫を見送りに出た玄関で、夫が心配そうな視線を向ける。

「大丈夫だよ」
きょとんとする私に、夫は
「最近、体が薄い感じがしてさ」
と私の肩に手を伸ばし、
「大丈夫ならいいんだ」
と軽く抱きしめてから出かけていった。

2人の娘を幼稚園に送り届けて帰宅し、家事をしながら寝室に入ると、
ふと鏡に映る自分の姿が目に入る。
「細いを通り越して、薄いか…」
元々細身とはいえ、やはり、ショックのため息がこぼれる。

うっすらと肋骨の感触を覚えながら胸元に手を当てたこの時は、
数ヵ月後、同じ鏡の前でまるで違うため息をつくことになるとは、思いもしなかった。

第二章 心の奥の憧れ

その日は、家事をしていても幼稚園から帰った子どもたちと過ごしていても、
朝の夫の言葉が頭から離れなった。

かなり細身で胸が小さい自分のスタイルも、その胸が娘たちへの授乳後
さらに小さくなったことも、ずっと自覚している。

けれど、夫に
「薄い」
心配されるほどの体になっているのかと思うと、女としてはやりきれない切なさが
こみ上げてくる。

「気が向かないし、時間もないしなぁ。」
眠る前の抱っこをせがむ次女の手が、雑誌のエステマッサージの広告のページを偶然開く。
やはり、そこまでするのは躊躇するというのも、確かな本音だった。

(でも、何か、ないかなぁ)
夫の声を脳裏によぎらせながら、子どもが寝付いた後、残業で帰りの遅い夫を待ちながら
バストについてあれこれと検索する。

「ん?」
≪お風呂上りにささっと手軽に≫
という言葉が目に留まる。

(バストマッサージに使えるジェル…か。お風呂上りなら、
子どもがいても無理なく使えるかな…)

少し期待しつつも、ほとんどぼんやりとページを読み進めていくと、
≪憧れだけでは終わらせない≫
というひと言が目に入る。

目が一回り大きく開き、胸が締め付けられながら熱くなる。
(私、柔らかくて豊かな胸に、こんなに憧れてるんだ…)
そう気づいてしまうと、夫の言葉が心の深くにまで一気に突き抜け、
その勢いで私は購入ボタンを押した。

第三章 夜が待てない

数ヵ月後の結婚記念日。
久しぶりに、両親に娘たちを預けて夫婦でデート。
夫が予約してくれたレストランでランチをとり、街を歩いていると、
「ねぇ、子どもたちの帰り、7時だっけ?」
と夫が腕時計を見る。

「うん。お母さん、夕飯も買ってきてくれるよ」
夫の手元を覗き込むと、時計は2時を少し回ったところだ。
「ねぇ、奈央。早めに家に帰ろうか」

時計から目を離すと、夫はその腕を私の肩に回して、そっと抱き寄せた。
そして、髪にさり気なくキスをしながら、
「今日の奈央、すっごくキレイ。夜が待てないんだ」
と囁く。

数年ぶりに着たワンピースごと、ふわりと浮いてしまうのではないかというほど、
照れくささが全身を駆け巡った。

第四章 快楽の海

帰宅してシャワーを浴びると、夫は、バスローブを羽織っただけの私をベッドへと
抱き上げる。
「奈央、ほら、見て」
ベッドの上で私を膝立ちにさせられると、正面にある鏡に気づく。

「やだ…」
胸を隠そうとする腕を遮ると、夫は、私のふたつの小さなふくらみを、
後ろから左右の手の中に収める。

「柔らかい…」
優しい声で、夫が甘く耳を噛んだ。
「それに、奈央のおっぱい、最近戻ってきてるような気がしてたんだ。
今日の胸元の開いたワンピースでも、すごく素敵だったよ」

「恥ずかしい…」
と身をよじる私に
「見てごらんよ」
と促しながら、夫は、膨らみの先端をそっとつまむ。
「あぁ…」

耳と胸の先端を同時に刺激されて、意図せず吐息を漏らしながら、私は鏡に目を向ける。
この数カ月間、『プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル』で
マッサージケアをしてきたバストに、夫も気づいてくれていた。

その喜びが、自分の体に重なる夫の手から、こぼれてくるように見える。
「マシュマロみたい」
膨らみ全体を、もう一度手で包み込むと、夫は、首から背中へと、スーッと舌を滑らせる。

「あぁぁ…」
体の芯の力を抜くような舌使いに、思わず膝を崩しそうになる私に、
「感じてる奈央の顏、いやらしくてかわいい」
と、夫の片手は改めて私の顏を鏡に向けた。

その手から伝わる意志は、私の中にある甘い従順を刺激して、鏡を凝視させる。

首筋にキスされる女性

「はぁぁ…っん」
膝立ちのままの私を片腕でしっかりと支えながら胸を愛撫し、もう一方の手は
体の中心に添え、泉の中を掻き回す。

「立っていられない…」
倒れ込む私から体を離さず、夫は、全身への愛撫を続けた。
瞼の裏が真っ白く光を放つほど、長く優しい愛撫の海が、どこまでも広がる。

「愛してる」
目が合った瞬間、同時に言葉にして、夫は私の中に沈み込むと、快感の海は、
底から脈を打ち、果てしなく大きな波が行き来した。

「奈央…イク…」
「私も…」
息が落ち着くと、夫は、白く膨らむ胸にもう一度口づけ、
「やっぱり、すごくキレイ。もちろん、どんな奈央だってかわいいんだけど」
と笑う。

私の目には、その白さも膨らみも、宝石のように輝いて見えた。


〜第十二話・完〜

あらすじ

(私、柔らかくて豊かな胸に、こんなに憧れてるんだ…)胸が締め付けられながら熱くなる。
もう≪憧れだけでは終わらせない≫…!
胸を隠そうとする腕を遮ると、夫は私の二つの小さな膨らみを…
白さも膨らみも宝石のよう、長く優しい愛撫が続く…。

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にLCスタイルの漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

夜の道具箱
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
カテゴリ一覧
官能小説
幼馴染
仕事一筋
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜
夜明け前〜出逢い〜
絵の中のあなた
空をつなぐ
恋のチカラ
恋愛エクスプレス
キミに出会う旅
君が気づかせてくれたこと
home sweet home
恋の花の咲かせ方
まだ見ぬ君へ
ここにいること
未来の花ムコ
彼女の生きる道
本当の幸せ ―私の誤算―
コイの記憶
救世主
再びの春
天使の羽
キャンパス
恋愛診断
傷心旅行
甘い恋愛
始まりは雨
遠回りした私たちの恋
LOVERS〜恋が始まる〜
LOVERS〜恋が揺らぐ〜
LOVERS〜恋がざわめく〜
揺れる明るみ〜癒し〜
揺れる明るみ〜包容〜
うずきがとける
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて
マンネリ打破!恋愛スイッチ
プリンセスになりたい
恋の誘惑は唇から
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスの仕方を教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
本当にあった!ラブ物語
ガールズストーリー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫