注目のワード

官能小説 私の知らない私 1話 (年下の彼との出会い)

気の乗らないパーティ

ワインの写真

(帰ろうかな…)
レベル高いからとパーティに誘ってくれた由香には悪いけれど、
イマイチ気分が乗らなかった。
目の前を行き来する男性たちよりも、
明日の仕事のことが気にかかってしまう。
もちろん、これぞと思う男性がいれば話は別だけれど…。

私は、せめて由香に声をかけてから帰ろうと、
グラスのワインを飲み干すと
ホテルのパーティー会場の広いフロアに目を向けた。

「次、何を飲まれますか?」

不意に左側から声がして、思わず目を向けた。
明らかに私よりも年下の男性が、
私の目と手元のグラスを交互に見ている。
男性というより男の子、と言ったら失礼だろうか…。

正直、面倒だ。
目が合ったところで、何も感じるものはない。
第一、年下の男性は趣味ではないのだ。
しかしその男は、
「白ワインだったんですね」「次は赤にしますか?」と
立て続けに話しかけてくる。

もう帰るところだと言いかけたところに、
「僕、安岡亮って言います。旅行会社に勤めてます」と
自己紹介されてしまった。
仕方なく私も
「後藤綾乃です。仕事は、イベント関係…」と返したが、
これが、運のつきだった。
名前と顔がマッチしているだの、
仕事ではどんなイベントを手掛けているかだのと、
質問が増え続ける。
こちらから質問を返すことなどないのだから、
興味はないのだと分かってほしいが、
まるで気づかないのか、気づかないふりをしているのか…。
話をする、というか聞いているうちに、
私よりも7歳も年下だとわかった。
22歳で社会人1年生なのだそうだ。

ますます興味がなくなった。
安岡の友人が彼に声をかけてきた隙に、
「失礼します」と言い残して会場を後にした。

金魚のフン

ビルの写真

1階でエレベーターを降りて、ギョッとした。
肩で息をする安岡が、
エレベーターの前に立っている。
私の顔を見るなり、「綾乃さん、ひどいな」とむくれる。
やはり、男の子だ。

チラッと苦笑いで目を合わせて
「ごめんなさい」と横を通り過ぎる私に、
安岡はついてくる。
ホテルを出ても、交差点を過ぎても…。

「ほんとに、私、ここから地下鉄なので」

初めて、私から目を合わせた。
一生懸命な、そして寂しげな安岡の視線が飛び込んでくる。
私が「ごめんなさい」と言うのと、
彼が「脈なしですか?」と言うのが同時で、
私は思わず吹き出してしまった。

「初めて、笑ってくれましたね」

無邪気な7歳下の笑顔に、
人としての誠意を引き出され、きちんと断るべきだと感じた。

「あのね、ありがとう。でも、脈なしです」と、
きっぱりと結論を告げると、
安岡の向こうに満月がチラリと見える。

あまりにも無下に好意を振り切ってしまう後ろめたさからか、
私は、過去の恋愛を告白した。
すごく好きな恋人がいたこと。
今思えばほとんど依存していたこと。
その恋人に、満月の夜にアッサリとフラれてしまったこと。
そして、それから恋愛に身構えてしまう自分がいることも…。

気のせい…、気のせい…

駅のホームの写真

「だから、満月は嫌いなのよ。で、脈なしなの」

そう言って再び目を合わせようとした瞬間、
いきなり抱きしめられた。
突き飛ばそうと全身に力を入れるほど、
さらに強く男の力で自由を奪われる。
地下鉄の駅のほど近い、人通りも多い道。

「ちょっと、何をするのよ!」

怒りの声を出しながらも、胸に何かが突き刺さる。
そして次の瞬間、突き刺さったその場所から、
ドクドクと激しい鼓動が飛び出してくる。
心臓が、服よりも外に飛び出しているようで、
突き飛ばそうにも力が入らない。

「そんな過去の話、脈なしの理由になんてなりません」

年齢は7つも下だけど、
身長は頭1つ半分は高い安岡が、
上の方から噛みしめるような声を出す。
私の胸に突き刺さった何かは、
さらに奥まで突き抜けて、暴れる鼓動をむき出しにした。

(この爆発しそうな胸の音が、
伝わってしまっているのではないか…)

思わず私は、自分の胸元に両手を押し当て、
胸の高鳴りが伝わらないようにと願った。

「でも、だめ」

徐々に力が抜ける安岡の腕をほどくと、
私は小さく微笑んで顔を上げる。
どうしてもと言うので連絡先だけは交換したが、
そのまま地下鉄に乗った。

安岡に話した過去の恋から2年。
こんなに積極的な人に会ったのは久しぶりだから、
少しドキッとしただけなのだ。
そう、自分に言い聞かせながら。



⇒【NEXT】「俺のこと、好きですか?」 (私の知らない私 2話)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう