注目のワード

官能小説 私の知らない私 5話 (揺れる光)

愛おしい塊

夜景の写真

高層階のホテルの窓際で、唇を燃やして
溶かすようなキスをしながら、亮の腰をグッと抱き寄せた。

「ひゃ…っ」

唇が離れて、ひょいと抱き上げられる。
優しく私をベッドに仰向けにすると、亮は改めて口づけた。
唾液でトロッと濡れた唇を吸われると、急に彼が欲しくなる。
「ちょうだい」と言うのと同時に、私は彼の中心に顔をうずめようと、彼の体を誘導していた。

スーッと、彼の匂いを吸い込む。
黒々と茂っている男らしさが、鼻に寄り添うようにまとわりつくと、
我慢できずに一気に肉の塊を咥えたくなる。
でも、まだまだ辛抱。私は、茂りに舌を絡ませ、硬くなった塊に
そっと頬ずりしながら、彼の右脚の付け根を舐め回した。

左脚の付け根にも舌を伸ばす。
「うっ」という彼の声を聞きながら、太ももの内側を唾液で照らす。
中心の茂りと塊の付け根を、指でそっと撫でながら、
右の太ももに吸い付いて赤く印をつけた。キューッと吸い付くと、
手のそばにある塊が、クイッと反応して大きくなるのが分かる。

(もっとこの太ももに吸い付いて、もっともっと硬く大きくしたい…)

知らない部屋のライトがパッと光るような、亮にしか感じない不思議な衝動を抑えて、
肉の塊へと口を伸ばした。すっかり熱くなっている私の唇よりも、
さらに熱を帯びた塊が、口の中に沈んでいく。

俺も…

抱き合う男女の写真

「あぅ…」

大きく息をついたのか吸ったのか…。
亮は、「俺も…」と熱い息を吐いて、私の中心へと吸い付いてきた。
温かくて柔らかくて、少しざらついていて、でもやっぱり柔らかくて…。
そんな彼の舌が、すでにぷっくりと膨らんだ私の大きな花びらをなぞっていく。

口の隅から甘い息を吐き出しながら、私は、彼の塊に舌を泳がせる。
何度も何度も花びらを行き来した彼の舌先は、少しずつ花を開いて、
ついには私の敏感な一点を蝶のように探し当て、口全体で包み込んだ。

「あぁ…っん」

こらえきれず、私は彼の塊を口から出しそうになる。
彼の口の中で、私の敏感な一点はドクドクと大きくなっていく。

ジュルジュル、チュルチュル…。
口からも鼻からも荒い息を吐き出し、必死に空気を吸い込みながら、
私たちは、お互いを溶かして飲み込んでいた…。

揺らめく光の中で

女性の腹部の写真

亮に呼ばれて四肢の間から目を合わせると、
彼は「背中を舐めさせて」と私の上体を起こした。
そして、私の背骨に沿って舌を這わせる。

私は、思わず「はぁ…」と背中をのけぞらせた。
亮の舌が、背骨から肩甲骨、肩、首筋へと伸びて、一気にウエストまで下がる。
そして、尾てい骨の周りにクルリと何度か円を描くと、また背骨に沿って上ってくる。
私の息は、吐くたびに震えが大きくなり、湿度を増していった。

「見て、綾乃さん」
亮は、私の顎にそっと手を添えて、うなだれた首を起こした。

ハッと、今度は息を飲む。ベッドに膝立ちになると、夜景も満月もよく見える。
後ろから抱いて支えられながら、私は、揺らめく夜景と月を交互に眺めていた。

「キレイ…、夜景も満月も、ユラユラしてる…」

両腕を静かに撫で下ろしてくれる亮の優しい指を感じながら、私は、揺れる光に視線をとろけさせていた。

「感じてるからだよ」
亮のその言葉と同時に、両手首が重ね合わせられた。そして、何かが手首に触れる。

「何っ?」
瞬時に背筋が硬直して、私は手首を振り返った。
亮が、「枕の下に用意していたんだ」とネクタイを私の手首に回している。

「ちょっと…。亮君…やめて…」
私は、既に振りほどけなくなっている手首だけでなく、膝から上の全部を揺らすようにして抵抗した。
でも、やはり、男の力にかなうはずがない。それに、力だけではない。
手首を器用に縛りあげながら、亮の舌は、器用に私の耳をなぞっていた。

耳の裏をスーッと舌先が走ったかと思うと、今度はジュッという音と共に舌の肉で耳を塞ぐ。
瞬間圧迫した後、耳の奥へとチロチロと舌を伸ばす…。
夜景も満月も、揺らぐだけではなく、ぼやけていく。
後ろ手に拘束されながら、私は、力の入らない体を、亮に預けるしかなかった。

「やっぱり、すごくきれい。背中のラインも、ここも」

亮の声が、お尻を撫でる指先から響いてくるようだった。



⇒【NEXT】「綾乃さんのカラダ、こんなに光ってる…」(私の知らない私 6話)

この小説を読んだ方にオススメのアイテム

ジョリマリス アイピロウ
ふわふわアイピロウで目隠しエッチ!?エッチな願望叶えませんか?


ジョリマリス リストバンド
ふわふわリストバンドで手錠エッチ!S性に火を付けて…


あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう