注目のワード

官能小説 私の知らない私 最終話(彼を幸せに…)【LCスタイル】

心の波間に

水泡の写真

対面座位で、果てそうになる亮に、
目を逸らしてはダメと言いつけるように放って、まっすぐに視線を結ぶ。

(このままじゃ、亮、昇り詰めてしまう…ダメ…)

昇り詰めさせてはダメだと思っていることにも、
自分自身で驚き、ザワザワとした胸の波を感じていた。
その波間で、亮の耳に口を伸ばし、軽く歯を立てた。

「っう…っ」という彼の声が耳に届くと、
「怖い?」と自分の口から予期せぬ言葉が出てくる。

「ちょっと…」と少し震える声で応える亮を、
もっと強く抱きしめたくなる。

「こうして歯を立てられると、
これからどうなるんだろうって思って、
果てそうになるのが少し遠のくでしょ?」

ますます声が深まる自分に、
半分は驚いて、半分は驚くのをやめていた。

「綾乃さん…」とだけ返事をする彼に
「やめてほしい?」と質問を続けると、
亮はすぐさま首を横に振る。

「亮君はね、こうされる方が好きなのよ。
私のことを縛るより、ずっとね」
「あぁ…。綾乃さん…。
うん、果てるのが、少し遠のくんだけど…。
なんか、違うものがくるんだ…」

どこまでも甘くて
どこまでも切ないシワを眉間に刻む亮を眺めていると、
脳裏に浮かぶ“私の知らない部屋”が一層くっきりと際立った。

従順な彼

花の写真

「ふふ…まだまだ、ダメよ」

亮の眉間にスッと中指を1本なぞらせると、彼を仰向けにした。
自分のリードで女性上位に持ち込んでいくことに、
私はもう、少しも驚いていなかった。

「大好きよ…」

ゆっくりと目を合わせる。
強烈なほどに硬く満ちた中心とは裏腹に、
柔らかくて従順な瞳が飛び込んでくる。

「うん、綾乃さん…大好きだよ。
だから今日は、たっぷり満足してもらおうとしたのに…」

途切れ途切れにそう言う亮に
「じゃ、今のこれは、不満?」と口調をはっきりとさせて尋ねる。
すぐさま、またかぶりをふる彼に、
目だけで笑いかけると、私は腰の動きを激しくした。

「あぁ、綾乃さん、いいのかな…。
俺が男なのに…。
俺が、綾乃さんを気持ちよくしなきゃ…」

「誰が、そうしなきゃいけないって決めたの?
亮君、義務感で私を抱くの?」

「そうじゃない…。
ただ、気持ちよすぎるよ。
このまま、甘えたくなっちゃうよ…」

亮の息は、ひとつ言葉を口にするたびに柔らかく悶えていった。
感じたことを素直に言葉にする彼に、愛おしさがさらに深まる。

私の知らない私

女性の後姿の写真

「いいのよ、甘えてほしいんだから…」

その言葉が口から出たとき、
“私の知らない部屋”の中に私自身が見えた。
ここは、私の知らない部屋ではないの…?
そこには、私がいる。
今まで、私自身も出会ったことのない私。
私の知らない私。

「いいの?綾乃さん…」

亮の声を聞きながら、
私の知らない私が微笑んでいるのを感じていた。
こんな私がいたなんて…。
満月は、男だけじゃなくて女までむき出しにするのかしら?

「もちろん。大好きな恋人が甘えてくれたら、嬉しいのよ。
それに私、もしかしたら、
ずっと亮君に、こうしたかったのかもしれない…」

いっそう激しく腰を振り乱しながら目を合わせ、
その視界の隅で彼の眉間のシワがさらに強くなるのを認めた。
それを見ると、泉の中も全身の肌も、一段と熱くなる。
腰のうねりがますます激しくなる。

はぁはぁと吐くふたりの息も、さらに熱く迫りくる。
乱れながらも、その乱れる息が合っていく。

「綾乃さん…、ほんとに、ダメだよ。どうしよう…」

息まで苦しそうな彼の顔つきと声に、
私は、体力も快感も限界を感じながら、
全身をうねらせ、ぶつけていった。

「あぁっ…ごめん、綾乃さんっ」

極限の表情を見せて果てる彼。
その姿を見届けると、無数の幸福感の粒が弾けて私に降りかかった。
彼を攻めたいというのも、本音。
でも、それ以上に私は、彼を気持ちよくしたいんだ。
ただただ喜ばせたいんだ…。
そう気づくと、
亮への愛が泉の奥からさらに湧き上がって、噴き出す。

「あぁ…」

上ずった声と共に、私も快感の渦へと一気に巻き込まれた。

ぐったりと亮に体を重ねて「幸せ…」と呟くと、
彼はうんうんと頷く…。

そこにいるのは、もう、私の知らない私ではない。
亮を愛するありのままの私。

これから、この私で、たくさん亮を幸せにしよう。
汗ばんだ腕で彼を抱きしめながら、
出会ったばかりの私自身に、微笑みながら誓った。

<END>



⇒【NEXT】「口の中で、どんどん大きく硬くなっていく…」(私の知らない私 続編 1話)

この小説を読んだ方にオススメのアイテム

ラブミルフィーユ ホットタイム
付けるのが楽しくなるコンドームって…?


LCローションバス トロケアウ
ローション風呂の気持ち良さに思わず2人で没頭…


あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

2020福袋
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう