注目のワード

官能小説 私の知らない私 3話 (我慢を重ねたセックス)

2週間ぶりのデート

バラの写真

「綾乃さん、企画の成功、おめでとうございます!」

亮が、ワインのグラスを持ち上げる。
私は「ありがとう」と答えてグラスを手にした。

車の中で、好きか嫌いかの二択だと言われ、
好きだと答えた私を交際OKだと判断して抱きついてきた亮。

それから数か月。
仕事が忙しくてなかなか会えないが、付き合いは順調に続いている。

今夜も2週間ぶりのデートだ。
私が企画したイベントが成功したことを祝って、
ちょっと高級なホテルのレストランでの食事を、亮が用意してくれた。

グラスを持つ彼の指、フォークが運ばれる口元、
チラリと見え隠れする喉……それらが目に入って来るたびに、
ベッドの上での不思議な感覚を思い出してしまう。

ゴクリ、と唾液を飲み込む音が自分の耳に響いてきた。

私の知らない部屋

横になる女性の写真

この数か月間で、彼とは何度も体を重ねている。
年下の恋人は初めてで、最初は体を見られるのも恥ずかしかったけれど、不思議なほどすぐに安心して解放できた。
でも、それだけじゃない。
彼とのセックスは、それまでの恋人と、何かが違う。

「…っんん、綾乃さん」

体を合わせている時、彼はよく、私の名前を呼んで目を合わせる。
何かを懸命に我慢していて、必死で、でも全身で快楽を味わっていて…。
そんな彼の精気が、眉間のしわとなって表れている。

私が彼の上に乗って、クネリクネリと腰を躍らせている時は特に…。
何度も私の名前を呼んで
「はぅ…っ」と息を漏らす彼の眉間のしわを見ると
「もっと…もっとそのしわを深く…」と望んでしまう。

オーラルの時には、半分震えているような指先で私の髪を撫でてくれる。
半開きになった口からは、甘くて温かい息が流れ出て、止まらない。

その指先が、その口元が、
愛らしくて可愛げがあって、噛みつきたくなってしまう。
ギュッと歯型がつくほどに噛んだら、彼はどんな顔を見せるかしら?

果てる寸前、亮は全身に力をこめているのがよく分かる。
全身の辛抱が凝縮されたように目を固く閉じ、
それ以上の力を四肢にこめている。
「ぅっうっっ」と声が漏れると、
私の中には、「一緒に果てたい」という気持ちも生まれるが、
それとは別に、もっとこらえた顔を見ていたい、
もっと力のこもった全身を感じたいと願っている。

そして最後には、うぶ毛の毛並を揃えるように、
背中や腕を撫でるのをやめられない。

こんな感覚は、過去の恋人たちとの間では生まれなかった。
私は、ベッドの上ではもっと従順で、
愛する人の望む女でいたいと願っていた。
なのに、亮の肌を感じていると、亮の吐息を吸い込んでいると、
何か違う自分が瞬間的にパッと顔を出す。
暗い部屋にパチンとスイッチを入れてライトをつけたように。
それまで見えなかった何かが見えるような感覚になる。
私の脳裏に突如現れるその空間は、私も知らない部屋…。

強引なキス

抱き合う男女の写真

「うそ?部屋まで取ってくれてあるの?」

食事が終わる頃、亮から、
今夜はここに泊まろうと言われて驚いた。
私たち2人には、ちょっと贅沢な場所だと思ってたから、
彼なりのお祝いの気持ちに、素直に胸がときめいて、感謝した。

パタンとドアを閉じるやいなや、彼は思い切り私を抱きしめた。

「あー、早くこうしたかった」

両腕に私を閉じ込めて、半ば抱き上げるようにして私の体を左右にゆらしながら、彼は心底嬉しそうな声を出している。

「私も…」と胸に顔をうずめようとすると、ガッと唇が押し寄せてくる。
そして、いつになく強引に舌を絡ませてきた。
一気に私の口の中を支配する彼の体温と柔らかな舌は、甘い。
ほんのりと、でも果てしなく甘美な香りと感触が、私の腰から力を抜いてゆく。
私は、頼りなくなる自分の腰を預けるように、彼に寄りかかった。

すでに骨がないとは思えないような硬さが、服の上からでも生々しく感じられる。
彼も私の腰がとろけ始めているのを感じたのか、さらに深く、さらにねっとりと舌を引きつけてくる。

「どうしたの?」と瞬間離れた唇の隙間から尋ねると、
「だから、早くこうしたかったんだ…」と、キスの味わいを惜しむような声が返って来る。

そんな彼の姿にも、
このまま唇を離してしまったら、どんな顔をするかしら…、と
少し意地悪な想像が浮かび、暗い部屋に瞬間ライトがつく…。



⇒【NEXT】「…私、こんなに外の目を気にしながら…」 (私の知らない私 4話)

この小説を読んだ方にオススメのアイテム

ラブミルフィーユ ホットタイム
まるでスィーツ?付けるのが楽しくなるコンドームって…?


リビドー ロゼ
『たまらなく、したい…』彼をかき立てるベッド専用香水♪


あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう