注目のワード

官能小説 私の知らない私 続編 5話

ダメになっちゃう…

横になる女性の太ももの画像

ゆっくりと、私の真ん中のに亮の芯を埋める。
奥の奥まで行き当たって体温がひとつになると、
亮は「つらかったね…」と言いながら指先で鎖骨をそっと撫でてくれる。

そして、「ここ、痛かったね」と言いながら胸に手を滑らせた。
その瞬間、私は、自分の内側に
それまでに感じたことのない熱とざわつきを覚えた。
自分の中で、何かが暴走していきそうな、
沸き立って違うものに変わっていってしまいそうな…。

「ねぇ…ねぇ…亮君…。なんか、変…なんか…」

腰がいつもの何倍も大きく波打ち、
愛液は内側からとめどなく溢れ出てくる…。
何かのスイッチが入ったかのように動き続ける腰も、
溢れてこぼれる愛液も、自分で止めることができない。

「いいよ、綾乃さん。すごくいい。…それに、すごく嬉しい」

「嬉しい?」 

「うん、嬉しいよ。綾乃さん、いつもよりもずっと感じてくれてる…」

私の奥を芯の先端でこすりながら、亮は何度も、もっと感じてと訴えた。

「はぁぁ、ダメ、ダメ。亮君、そんなにしたら、ダメになっちゃう…」
「いいよ。ダメになっちゃって…好きなだけ気持ちよくなってよ」
息の間に吐かれる言葉が耳に染み入ると、私の腰は砕け散った…。
すべての細胞がバラバラに飛び散って、オーガズムが開放されていく。

「もぅ…私だけなんて、嫌だよ…」

亮の胸に顔を埋めて、うっすらとにじんでいる汗に舌を這わせると、
私の中で改めて亮が大きさと硬さを増していく。
その変化に、私の内側は、また呼び覚まされる…。

(今、果てたばかりなのに…。私、また、欲しがってる…)


このまま抱いていて

キャンドルと花びら

「上になりたい?」

亮が、甘くて優しい目で訊いてくる。
私は、まっすぐに見つめたまま、首を横に振った。

「今日は、このままでいて」
いつもなら、快感の波が大きくなってくると、亮を攻めたくなる。
可愛い彼を焦らして、甘くて苦しい顔にさせたくなる。
でも今日は、焦らしたいなんて、苦しい顔を見たいなんて、
少しも思わない。

このまま…、心の傷が癒えるまで包まれていたい。
亮の温もりに、大きさに、優しに、包まれて傷を癒やしたい…。

「あったかい…」

彼の背中に手を回して、ギュッと強く抱き寄せた。
そして、彼の芯が沈んでいる中心を、さらに強く彼に吸い付かせる。

「あぁぁ、すごい。綾乃さん、すごいよ。
少しも動いていないのに、めちゃくちゃにされちゃってるよ、俺…」

「このまま、甘えてもいい?」

自分の口から流れ出てくる言葉に、正直驚いた。
そんなに甘えたい気持ちがあったことにも、
その思いをそのまま言葉にできることにも。

「いいよ。いっぱい甘えて。
甘えてくれたら、その分だけ、俺、自信を持てるし。一番近くにいていいんだなって。
綾乃さんのこと、守りたいって思っていいんだなって…」

「そうだよ…。一番近くにいてよ…。守って…」 

両方の私

ベッドの上で裸でうつぶせになる女性

ぎゅっと抱きつくと、亮は、ゆっくりと動き出した。
私の中を、亮の芯が行き来している。

硬くて、大きくて、頼もしい亮の芯。
その硬さが、大きさが、頼もしさが、私の内側に波を作る。
潤みを湧き起こす。
亮がいて、初めて生まれて動き出すものが、私の中にはあるんだ…。

「おぅぅ…」
「あぁぁ…」

ふたりの息も腰の波打ちも重なる中で、
私は、亮に全身全霊で甘えていく自分、包まれていく自分を感じていた。

今、こうして身も心も委ねている私も、本当の私。
でも、彼を攻めたくなって、意地悪したくなって、
甘苦しい顔を見たくなる私も、本当の私。
両方の私が、私の中にいる。両方いるから、こんなに幸せなんだ…。

「あぁぁ。綾乃さん…。ごめん…もうダメになりそう…」

「うんうん、亮君、いいよ。亮君も、ダメになっちゃって…。嬉しい…。
ねぇ、これから、もっと甘えていい?攻めるけど、甘えていい?」

「うん、甘えて…。綾乃さん、たくさんたくさん甘えて…。攻めて…でも、甘えて…」

声にならない息が、艶と潤みに溢れた息がふたりの口から漏れて、
私たちは、一緒に上りつめながら、おちていった…。

攻めたい私も、甘えたい私も、両方いて、私。
それを教えてくれた亮への感謝が、オーガズムの波と共に押し寄せてきた。

「愛してる…」

果てたばかりの亮の重みと温もりを改めて感じながら、
私は、初めて愛していると口にした。

(完)


≫40作品以上公開!連載官能小説一覧

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう