注目のワード

官能小説 私の知らない私 6話 (変わる私)

窓が鏡に…

夜景の写真

夜景と満月とを窓の外に見て、ベッドに膝立ちになって…。
手首を後ろに縛られて、亮にお尻をサワサワと撫でられて…。
揺らめいているのが、外の光なのか自分なのか、それとも両方なのか…、分からなくなっていた。

「え?」

音もなく、揺らめく外の光が消える。代わりに、窓には亮と私の姿が映し出された。
すぐに亮を振り返る。右手をベッドサイドに伸ばして、ライトを消したようだ。

「ごめん、おいで」

改めて私を後ろから支えると「見てよ、綾乃さん」と、クイッと私の顔を窓に向ける。
縛られて、左のお尻を撫でられ、右の胸の先端を突かれながら、耳を舐められる…。
そんな私の全身と亮のいたずらっぽいカラダが、鏡となった窓に浮かんでいる。
窓の中で目が合うと、「可愛い」と言って、亮はまた枕元の何かに手を伸ばした。

「何?」
「こうやって…」

彼は、私の質問には答えずに、手にしたボトルの中身を私の肩から垂らした。
トロリとした冷感に鎖骨が緊張する。しかし、そのとろみは、すぐに私の熱せられた肌に馴染んで、ゆっくりと胸に向かう。

「ローション、キモチいい?」

両手で胸を撫でる彼の声が、耳元から胸元へと走りぬける。
私の視線は亮の指に釘づけになった。

「ちゃんと、見て」と、彼はまた私の顔を窓に向ける。
亮と私と、ふたりが映っている窓。

「見て、綾乃さんのカラダ、こんなに光ってる、キレイ…」
そう言いながら愛撫する亮。鏡になった窓の中の自分と亮と、交互に目が合いながら、吐息が湿り気と甘さを増していく。

あぁ、本当に、亮の言う通り、きれいなのかもしれない…。
肌が溶けてしまうのではないかと思うほど、心地いい…。
でも、でも…。 パチンと、また”私の知らない部屋“のライトがつく。
なぜ、…なぜ、私は受け身なのかしら…。
そんな疑問を照らし出すライトが…。

突き抜ける快感…ともるライト

女性の写真

スッと、胸からウエストに両手を滑らせると、亮は私のお尻をクイッと持ち上げた。
直後、私の胸元に左手だけを戻し、優しく、ベッドにおろした。
手首を後ろに縛られている私は、彼に身を委ねるしかない。

お尻の丘を両手で撫でた亮の手が、私の中心をなぞる。
スルッとあまりにもスムーズに滑る彼の指を感じて、恥ずかしくなる。

(こんなに、濡れてる…)

そう思うのと同時に「こんなに濡れてるよ」という彼の声が耳に響いた。

「あんっ」

私は、自分でも驚くほどにお尻をくねらせて、彼をねだっていた。
ふぅと息を吐いてから、亮は熱く噴き出す私の泉の入り口に彼自身の先端を馴染ませて、一気に沈み込んだ。

「う…ん…」

肩から先を自由に動かせずに、もどかしい声が私の口から漏れる。
亮は、私の中に入り込むと同時に、深く、そして執拗なほどねっとりとかき回した。
自由のきかない腕の代わりに、私は腰を振り乱していく。彼の先端が、徐々に強烈に泉の奥を突き崩していった。

でも…。 
絶頂が貫きそうになるたびに、脳裏でパチッとともる“私の知らない部屋”のライト。

(私は…亮で…。亮は…私で…)

手首を縛られて突き抜かれながらも、彼と自分が入れ替わったような、立場が逆転したような、ごちゃごちゃと頭と心をかき乱す感覚が、私を覆い尽くしていった。
どうして、こんなおかしな感覚が、やってくるのかしら…。

変わる私

ピンクの薔薇の写真

不意に、手首に開放感が広がる。

「すごいね、綾乃さん。どんどん濡れてくるよ」
手首のネクタイを解くと、亮は私をクルリと自分に向かせ、対面座位へと導いた。

亮とすぐそばでまっすぐに目が合う。
さっきまでは激しく張りつけ合っていた腰を、今度は深く掘り合うようにくねらせる。
じっと、少しずつシワの寄る彼の眉間を見つめると、彼もこちらに視線を向けた。しかし、すぐに照れくさそうに逸らそうとする。

パチン…。
その時また”私の知らない部屋“のライトがつく。
今度は一瞬ではない…。

「ダメよ、ちゃんと目を合わせなきゃ。甘くて苦しい顔を見せて…」

そう言いながら、私は驚いていた。
無意識のうちに、自分自身の声色が変わっていく。厚みと深みを帯びて、熱も増していく…。

「綾乃さん…」

いっそう深く眉間にシワを寄せながら、亮は私を見つめていた。
「はぅ」と息を吐きながら、愛くるしいほど健気な瞳で。



⇒【NEXT】「やめてほしい?亮君はね、こうされる方が好きなのよ…」(私の知らない私 最終話)

この小説を読んだ方にオススメのアイテム

ラブミルフィーユ ホットタイム
付けるのが楽しくなるコンドームって…?


LCローションバス トロケアウ
ローション風呂の気持ち良さに思わず2人で没頭…


あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう