注目のワード

官能小説 本当にあった物語 3話「香りのヒミツ」

物足りなくて、寂しくて…

亮介の端正な唇が、近づいてくる。

目を閉じる瞬間、遠くに見える時計が22時を30分過ぎたことを伝えているのが目に入った。

チュッと、柔らかく彼の唇が私のそれに触れる。
(今日も、ここでバイバイだよね。明日、また仕事だし…)

言葉には決して出さない諦めを、私は、今日も心の中で叫ぶ。

いわゆる草食系の亮介と付き合い始めて、1ヶ月。これまで、激しく私を求めてきたことは、ほとんどない。 でも、正直、物足りない。
彼とイチャイチャしている話を友達から聞けば、羨ましい。

食事デートの帰り際、ほんの一瞬のキスの間に、私はまた、物足りなさと羨ましさと寂しさをいっぺんに味わっていた。

「美和、この後、そのまま帰るの?」

離れた唇に、かすかな幸せの味を探していると、少し緊張した亮介の声が耳に入る。

「え?…うん。いつも、そうだけど…」

「だよな…。ごめん、変なこと聞いて」

慌てて取り繕うように笑うと、亮介は私の右手を取り駅に向かって歩き始めた。
きっと彼には、これくらいがちょうどいいんだ。軽くキスをして、手をつないで歩くくらいが…。

私は、左手をそっと胸に当てて、自分を説得した。

「ねぇ、今夜、遅くなってもいい?」

1分も歩かないうちに、亮介は、ギュッと握る手に力を込めた。

「…うん。大丈夫だよ」

私は、できるだけ落ち着いて応えながら、また左手を胸に当てる。今度は、小さな期待を込めて。

ついさっき、食事が終わった後のメイク直しで、私は香水を胸にひと吹きした。

“ベッド専用香水”と謳われた“リビドーロゼ”というその香水は、エッチが盛り上がるらしい。正直、半信半疑だけど、それでも試したいくらいに、私は、寂しさと物足りなさを感じていた。

その香水が気になって、彼の言動に反応して手を胸に当ててしまう…。

「寄っていこっか」

どこに?と訊き返そうと彼に向くと、その視線の先にはホテルがあった。「あ…」という私に、彼は「ダメ?明日、早いか…」と目と言葉の両方で尋ねる。

「ううん…、大丈夫」

私は、意識したわけではない。でもきっと、これ以上ないほどに嬉しい顔をしていた。思わず、ワンピースの胸のあたりをギュッと掴んだ。

不安と期待と、快感と

「つけすぎてないかな…」

シャワーを出てバスローブを羽織り、胸元と太ももに、リビドーロゼをつけて、鏡をのぞき込みながらつぶやいてしまう。
鏡に、香りは映らないのに。

バスルームからは、亮介がシャワーを浴びる音が響く。

(香りに気づいて、彼は誘ってくれたんだろうか…。それとも、ただの偶然…?)

亮介がバスルームから出てくるドアの音が、そんな期待と不安の想像も止めた。

「美和…おまたせ」

横から抱きつくのとほぼ同時に、「さっきから、なんか、そそられる」と言いながら、バスローブの胸元に手を忍ばせ、顔を近づける亮介。

「なんか、いいにおいするし」

私の正面に座って向き合うと、両肩からバスローブを脱がせて、胸にしゃぶりついた。

(うそ…。こんな亮介、見たことないかも…)

時々エッチをするときには、キスをしてから胸に手と舌が移動する。でも、胸を愛撫してくれるのは、“そういう手順だから”という雰囲気だった。
でも、今の亮介は、違う。息が荒くなって、まるで、何日も何も食べずにお腹を空かせていたように、私の胸をむさぼっている…。

ラブコスメを使いキスしながらセックスする官能小説イラスト

「ぁあ…ん…」

思わず声が漏れると、「美和…おいしい…」と目を合わせて、また胸をジュルジュルと音を立てながら舐め始めた。

温かい口の中で、亮介の舌先が、私の乳首に触れる。

「あぁ…だめ…」

自分の口から漏れる吐息が、荒くなっているのが分かる。
亮介の手が、ウエストを伝って脚の間に伸びた。

「美和…、もう、すっごく濡れてる」

自分の蜜にトロッと触れる亮介の指先を感じて、私はまた荒い吐息をついた。

胸を愛撫しながら、亮介は、私の蜜をめしべの先へと運んで、ツンツンとつついた。

「はぁぁ…ぃぃ…」

少しのけぞってしまうほどに敏感になっている自分に驚く。

「今日、すっごく感じてるよ、美和」

硬くなったクリトリスをコロコロと転がしながら、亮介は耳に舌を這わせた。

「だって…」

その後に続く言葉も分からないままに応える私に、「だって?」と意地悪な質問を返す亮介。その指先に執拗なほどに撫でられるめしべは、爆発しそうにうずく。

止まらない舌

「ねぇ…亮介…」

「なに?」

返事をしながらキスをする彼に、「舐めたい…」と吐息交じりに言葉にして、彼自身へと手を伸ばす。

「俺も」

亮介は、横たわると私を自分の上にまたがせ、私の泉へと顔を沈めた。同時に、彼自身にしゃぶりつく私は、さっき私の胸に顔をうずめる亮介のようだったかもしれない。
ふたりの唾液の音が、壁に響いて四方八方から聞こえてくるような気がする。

「美味しい…美和」

さらに息を荒くした亮介が、泉の中を舌でまさぐっている。

「亮介も…美味しいよ…」

私も、興奮と快感の中で、なんとか言葉にする。

亮介の舌が、泉を離れて太ももを這う。

「こっちも、すっごく美味しい」

彼は、太ももの内側を、果汁が溢れる果物を食べるような勢いで口にして、「なんか、止まらない…」ともどかしそうに言った。

「美和、今日、すっごくいいにおいするし、舐め始めると、止まらないんだよ…」

蜜の溢れる泉と硬く膨らんだめしべを指で愛撫しながら、彼は内ももを舐め続けた。

甘い意地悪

「あぁぁ…亮介…だめ…」

泉もめしべも太ももも…、すべてが溶けてひとつになってしまいそうで、私は、彼自身を口に含みながら亮介の脚にしがみついた。

「イキそう?」

あまりにもストレートな質問を、少し意地悪な声でする亮介に、「言わないで…」と小さく答える。

「いいよ、イッて」

泉の奥に深く指を忍ばせ、もう一方の手の指でめしべを転がす速度を上げて、「ほら、こんなに溢れてくる。イキたいんでしょ?」とさらに意地悪を言う亮介。その舌は、太ももをチロチロとくすぐるように舐め、時々甘噛みをする。

「あぁぁ…だめ…亮介…」

快感が体中のすべての細胞に入り込み、そのせいで彼自身を噛んでしまいそうで、私は彼自身を口から出して息を荒げた。

「だめなの?やめちゃうよ…」

両手と口の動きをピタリと止める彼に、「いや…」と反射するように言葉が出てしまう。

「やめないでほしいの?じゃ、どうしてほしいの?言ってごらん」

「…」

首を横に振りながら、私は、両脚を亮介に寄せる。

「だめ。ちゃんと言って」

彼のいたずらな言葉とうずくカラダに押されて、私は「脚…舐めて…」とお願いする。
ツーッと舌を太ももに這わせながら、「これだけ?」とささやく亮介。

「意地悪…言わないで…」

「ほかに何してほいしいの?言って」

「…クリトリスも、中も、いっぱい…いじめて…」

腰をくねらせながら、なんとか言葉にする私に、亮介は「いい子」と言いながら、両手を動かす。

「あぁぁ…いぃ…ぃっく…」

彼の上に四つん這いになりながら、太ももを舐められ、クリトリスと泉は指で執拗に愛撫され…。
言葉も愛撫も甘い意地悪に満ちていて、その強烈な快感の渦は、私をいとも簡単に巻き込んだ。

いっぱい、したい…

「ぅうう…」

私のカラダが落ち着くと、彼は私を仰向けにして、彼自身を私の泉に沈ませた。
彼の声に呼応するように、私の口からも吐息が漏れる。

「吸い付いてくるよ、美和…」

うっとりとした瞳で視線を絡める亮介に、「意地悪なこと言うなんて、ひどい」と快感と笑みが混ざった表情を返す。

「俺も、自分があんなふうになるなんて、びっくり」

「そうなの?」

「うん。俺、今まで、セックス、あんまり好きじゃなかったし」

グッとさらに泉の奥に彼自身を沈めて、ふぅと大きく息をつくと、亮介は続けた。

「でも、美和とは、違うのかも」

動きが激しくなる彼に、私は、快感の荒い息を吐きながら「嬉しい」と返す。

「俺、美和のことは、いっぱい気持ちよくしたい。いっぱい…」

直後、亮介の眉間にしわが寄り、苦しそうな表情になる。
私の泉に沈んでいる彼自身が硬さと大きさを増して、私のカラダも再び絶頂を求め始めた。

「いっぱい…いっぱい…したい」

激しい息と腰をぶつけ合いながら、私たちは、同時に上り詰めた。

亮介の荒い息と汗と、その奥にほんのりと香る“リビドーロゼ”を抱きしめて、私は、もう一度彼に口づけた。

END

体験談

あらすじ

いわゆる草食系の亮介と付き合い始めて、1ヶ月。

彼から求められる事もほとんどなく、“ベッド専用”と謳われた香水を半信半疑で試したくなるほど寂しさを感じていた。

彼との食事デートを終え、胸に香水を一吹きすると、帰り道に彼から意外なお誘いが…?

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ヌレヌレ&リビドーSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう