注目のワード

官能小説 本当にあった物語 11話 「勇気の向こう側に湧く泉」

勇気の1歩

「…ごめんね」

大好きな恋人の圭吾の腕枕の中で、私は、溢れそうな涙をこらえていた。

「どうして謝るの?いいんだよ。佳代ができるときにしようね」

髪をなでながら、圭吾は、いつもと同じ優しい声で応える。

ほかの女友達と比べたわけではないけれど、私は、確実に、濡れにくいタイプなのだと思う。
それがコンプレックスになっていて、ベッドに入っても、エッチをできないことが少なくない。

圭吾は、それを承知で付き合ってくれているし、遊びに出かけたり食事をしたりするのはすごく楽しい。いつまでも一緒にいたいと思う。圭吾のことも、彼との時間も、この上なく愛おしい。

…それでも、やっぱり、濡れにくい。

寝息を立て始めた圭吾の胸に、もう一度小さく「ごめんね」と囁いて、眠りに落ちた。

―――翌日。

仕事を終えて自宅に戻ると、私は、その日1日、悶々と考えていたことを思い切って実行に移した。実際には、その日だけじゃない。前から心の隅では考えていて、でも勇気が出なかったこと…。
それは、濡れにくい人のためのラブコスメを通販で購入することだった。

美容液のような触り心地だという「ラブコスメ リュイール」を塗ると、潤いを感じられる。そんなレビューに背中を押されて、少し震える指で購入ボタンをクリックすると、どっと力が抜けた。
(でも、こういうレビューがあるってことは、私と同じ悩みを抱えている人がいるってことよね…)
そんな、一種の安心感も、購入への後押しになった気がする。

デート前夜

数日後、届いたリュイールを手にして、私は、誰もいないベッドの上で、ひとり、鼓動がどんどん速くなるのを感じていた。

「明日は、デートだし」

あえて言葉に出して、キャップを開ける。

凝視しながら、そっとリュイールを指先にとり、左右の脚の間へと忍ばせると、一瞬ひやっとしたような―気がするけれど、すぐにじわじわと温かくしみ込んでいくような感覚がやってきた。
さらにしみ込ませようとするかのように、私の指は、ほとんど意識しないまま、ゆっくりと自分の花びらを撫で始める。

(こんなふうに触れるのも、久しぶり…)
そんなふうに思っているうちに、しっとりと、指が花びらに馴染んでいく。指の腹に花びらがまとわりつくような感覚が、妙に心地よかった。

「あったかい…」

思わず、声に出た。
指を包む温もりが、次第に広がっていくような気さえする。

ゆっくりと息をしながら花びらをもみほぐすように指を動かすと、圭吾とのエッチが思い出された。
いざベッドに入っても、できない夜も、確かに多い。
でも、できるときには、とても心地よくて幸せな時間を過ごせる。
身も心も、少しの疑いもなく気持ちよさで満たされていく。
そんな圭吾との時間が心の中で再生されると、指の動きが、自然となめらかで大胆になっていった。

(気持ちいい…)

そう思った瞬間、



クチュ。

聞こえるか聞こえないかの小さな音が、耳に届いた。

見ると、指は、花びらだけでなく、泉から湧いた愛液に包まれ始めている。
(すごい…濡れてきてる…)

愛液に包まれた指先は、花びらとその中心にあるめしべ、そして泉を、さらに大胆に動き回った。

一瞬、呼吸を止めると、私は、泉の入口に指先を当てる。
(できる…かな…?)
半分は欲望の波に乗って、もう半分は勇気の風を吹かせて、私は、指を泉の中へと沈ませてみる。

吸い込まれるように、指は、泉の奥へと進んでいった。
(あったかい…)
花びらで感じた温かさより、深さも柔らかさも増した温かみが、私の指を包み込む。
その指で泉の壁を撫でながら、私は、心地よさと幸福感のブランケットにくるまっていた。

勇気、次の1歩

ひとりでリュイールを試して、これなら圭吾とふたりでもチャレンジできそうだと感じた私は、翌日のデートは、最初から少しいつもとは違っていたかもしれない。

どこか、上の空で…、緊張もしているような…。
圭吾も「今日、どうしたの?」と何度も私の目を覗き込んできた。

「今日、私が普段と違ったのは、こういうこと」

ベッドの上で、できるだけ落ち着いて、できるだけ緊張を隠して、リュイールを差し出す。

「何?これ」

私の手の中を覗き込む圭吾が視線を合わせる前に、私は、「今日、しよう。これ、使ってみて」と言葉にした。少し、早口で。

「そういうことだったんだ。なんか、佳代にいろいろ考えさせちゃったね…。ごめん」

リュイールを見つけて購入した経緯を話すと、圭吾は少し申し訳なさそうに目を合わせた。

「謝らないで。私だって、圭吾と、エッチしたいんだもん」

視線を返すと、彼は、一転、嬉しそうで無邪気な表情に変わる。そして、リュイールを早速指に取ると、そっと私の花びらに触れた。同時に、激しく舌を絡めてキスをした。

「佳代がそんなふうに言ってくれて、俺、すっごく嬉しい」

優しく花びらに触れながら、唇、首筋、鎖骨、肩、胸…。あちこちに舌を這わせる圭吾。いつもの優しさと、それに少しの激しさを加えた彼の愛撫に、私は、うっとりとしながら身を委ねた。

「佳代、すごい濡れてるよ」

耳を甘く噛みながら、圭吾が少し意地悪な声を出す。

「いや…恥ずかしい…」

首を振って彼の口から耳をはずしても、彼の舌は私の耳を追いかける。

「どうして?俺は、すっごく嬉しいよ」

「私も、嬉しいけど…。でも、恥ずかしい…」

「ほら、こんなに」

圭吾は、花びらと泉、それからクリトリスを撫でる指を、少しわざとらしく動かす。

クチュクチュッ。

ひとりでしたときとは比べものにならない音が、私をさらに恥ずかしくさせた。

「ね、こんなに濡れてる」

何本かの指で包み込むように花びら全体を刺激されて、私は、思わず「あぁぁ」と息を漏らした。

「嬉しい、佳代のその声」

泉の中に少し指を忍ばせたり、クリトリスを優しくつついたり…。
圭吾の愛撫は、私の泉を、ますます溢れさせる。

「いい…圭吾…ぁぁ、きもちいい」

花びらを指で、乳首を舌先で愛撫されながら、私は、ふわふわと浮いているような気分にさえなった。

「佳代、すっごくいい顔してる…。ごめん、我慢できない」

圭吾は、私の泉から溢れた愛液で濡れた指を舐めると、私の上に覆いかぶさり、すっかり硬くなった彼自身を、ゆっくりと沈ませる。

「あぁぁ…」

彼の声と私の声が、自然に重なった。

「すごい…、佳代…吸い付いてくるよ…」

「うん…私も、すごくきもちいい…」

「佳代の中…あぁ…ヌルヌルに濡れてて…あったかい…」

「嬉しい…」

ラブコスメを使いキスする官能小説イラスト

腰を前後させる圭吾と目が合ってキスをしたとき、私は、少し涙目だったかもしれない。
大好きな彼をこんなにすんなりと受け入れられることが、彼が喜んでくれていることが、あまりにも嬉しくて。

「あぁぁ、ダメ…佳代…今日、もう…ダメだ…」

圭吾は、苦しそうな、でも幸せそうな顔をして、いつもよりもずっと早く果てた。

そしてそれが、私には、果てしなく嬉しかった。

愛に包まれて

「まだ、じゅうぶん気持ちよくさせてないから」

息が落ち着くと、圭吾は、私の両脚を開き、その間に入った。

「いや…恥ずかしい…気持ちよかったよ…」

私は、反射的に、脚を閉じようとする。

「だめ。佳代のこと、もっと気持ちよくしたいんだ」

圭吾は、もう一度脚を広げると、私の花びらに口づけた。そして、愛液が溢れた泉も、敏感なめしべも、舌でゆっくりと舐め上げる。

「あぁぁん…」

思わず声が漏れた。

「ほら、まだきもちよくなりたがってるよ、カラダは」

そう言うと圭吾は、じゅるっと音を立ててしゃぶりつく。

「あ…そこ…そこ…して」

クリトリスに舌を押し当てるように舐められながら、泉に浅く指を沈められたとき、私は、思わず言葉にしていた。

「これ、いいの?」

「うん…すごく…」

「じゃ、いっぱいしてあげる」

優しい声と愛撫に包まれて、私は、全身からすっかり力が抜けてしまうまで、圭吾に愛された。



「おやすみ」

今日のデートも、圭吾の腕枕で眠りにつくことができた。
エッチをしないで眠るときも、もちろん、たくさんの愛情に包まれている。
でも今日は、その何倍もの愛が、私たちを包み込んでいるような気がした。



END


体験談

あらすじ

大好きな恋人の腕枕の中で、私は、溢れそうな涙をこらえていた。

私は、確実に濡れにくいタイプなのだと思う。
圭吾は、それを承知で付き合ってくれているし、遊びに出かけたり食事をしたりするのはすごく楽しい。圭吾のことは、この上なく愛おしい。

そして、これまで悶々と考えていたことを思い切って実行に移す事にした…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ヌレヌレ&リビドーSP
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう