注目のワード

官能小説 本当にあった物語 8話「ふたつの粒」

内緒の買い物

『ごめん。今夜も遅くなりそう。多分、会社に泊まることになるから、ユリ、先に寝てていいよ』
夫からの連絡に「そか」と小さくため息をつくと、テレビを消してベッドルームに向かった。“多分、会社に泊まる”と言って、結果的に帰宅したことなど、今までに一度もない。結婚してからの、この10年。それでも、はっきりと泊まると言い切らないのは、夫らしい優しさだと思う。

『無理しないでね、和樹。明日の夜は、から揚げにしよう!』
夫の大好物を明日の夕飯のメニューと決めて、私は、ベッドサイドのライトを落とす。

(今日の今日じゃ、出番もないか…)

鼻まで布団に潜り込むと、声に出さずにつぶやいた。真っ暗な部屋の中で開けられた瞳は、ドレッサーの引き出しに視線を向けていてる。その引き出しの中にある、今日届いたばかりのピンクローターに…。

夫の和樹は、以前から言っていた。「ラブグッズっていうの?何か、俺たちも買って使ってみようよ」と。恥ずかしいし抵抗があるという私に、「ローターなら、形もいやらしくないし、小さいし」と食い下がってきたこともある。それでも私は、首を縦に振ることはできなかった。

そんな私が、数日前、夫が仕事に出かけている最中にピンクローターを通販で購入したのは、ちょっとした勢いだったのかもしれない。あまりにも忙しい夫に、何かサプライズをしたいという気持ちが半分。もう半分は、私自身、エッチしたいのにできないという悶々を抱えていたから…。

衝撃

(ちょっと、触ってみるだけ…)

少し深く息を吸い込みながらベッドから出て、ドレッサーの引き出しからローターを取り出す。
自分自身の温もりが染み込み始めたベッドの中に戻ると、ベッドサイドのライトにローターをかざしてみる。 そのあまりにも可愛らしいピンク色が、妙に艶めかしく光って、思わずゴクリと唾液を飲み込んだ。
あんなに抵抗があったラブグッズに、今、胸が、普段とは違う鼓動を生み出している。慌てて空回りしているような胸の高鳴りに、ローターを乗せている手の平もその指先も、熱を増しながら少し震えている気がした。

私は、はっきりとした決意をしたわけでもなく、ただ、急激に大きくなる胸の鼓動に押されるように、ローターのスイッチを入れた。
小さなヴィーンという音に、一瞬、息も思考も止まりそうになる。意識して「ふぅ」と息をつくと、小さなピンク色の粒を、ザワザワと騒いでいる胸に当ててみる。

まずは、左のふくらみに…。そして、その頂点の突起へ。それから、右のふくらみにも…。
緊張しているからなのか、使い方が慣れていないからなのか、正直なところ、夫の指や舌のほうが気持ちいいという声が、自分の内側から聞こえてくるような気がした。

(何か、私、違ってるのかな?)
疑問のような不安のような感情が湧くのを感じながら、私は、手を胸からお腹へと移動させる。そして、ピンクの粒が、ショーツの上へと踏み込んだ瞬間…。
(なに…?これ…)
ドクドクと体の内側が脈打ち、ローターの震えがそれに呼応する。ブルブルと細かく震えるピンクの粒は、体が打つ脈をどんどん速く大きくして、脈の源は引力を持っているようにピンクの粒を引き寄せる。

ローターを手にした私の手は、ショーツの上をすべるように移動して、磁石と磁石がくっつくようにクリトリスの上で止まった。

(…すごい)
やわらかな胸のふくらみでも、その先端の突起でも、感じられなかった衝撃が、一瞬にして全身を震わせた。

「あぁ…」

思わず声が出て、クリトリスにローターを押しつけてしまう。
(ここ…ここ…)
荒れた海のように乱れて脈打つカラダの粒と、細かい一定の震えを保つピンクの粒と、ふたつの粒がぶつかり合って、壊れていく。壊れて小さくなったそれぞれの粒が、またぶつかって、さらに小さく砕けていく…。

「…い…いくっ」
硬直した全身から、絞り出すように声を出して、私は、ぐったりとベッドに体をあずけた。

快感が生まれ始めてからオーガズムまで、あまりにもあっという間で、驚くような恥ずかしいような気持ちに包まれて、ローターを引き出しの奥に戻した。

もう一度…

翌日の昼下がり。普段なら何時間も前に終わっている家事が、まだ少し残っていた。 その理由を、私は、自分で知っている。
昨夜、夫に内緒で買ったピンクローターを使って、自分でも驚くほど一気に快感の谷に落ちていった。あの感覚が、強烈に残っている。頭にも、カラダにも…。

いつもの倍以上の時間をかけて掃除機をかけ終えると、私は、ベッドルームに入ってカーテンを閉める。 まるで、決められてる作業をこなすように、どこか、キビキビと…。
それだけ、朝から、「もう一度、したい」という言葉が駆け巡っていたのだ、全身を…。

少し荒い息でドレッサーの引き出しからピンクの粒を取り出すと、ベッドに全身を預ける。
ワンピースの裾をたくし上げて、今日は、ローターを一直線にクリトリスへと向かわせる。

「あぁ…やっぱり…いい…」
ピンクの震えが触れた瞬間、甘みを帯びたみずみずしいブドウの粒が弾けて、その果汁が全身に飛んでいくような快感が走る。

ローターでひとりえっちをする女性の官能小説イラスト

思わず、昨夜のようにローターを押し付けると、再び、快感の谷へと落ちそうになる。

(だめ…このままじゃ…すぐにいっちゃう…)

そのまま谷底へと落ちていきたい自分と、引き留めようとする自分。強い磁力でつながったふたつの磁石を引き離すように、ローターをクリトリスから離す。

足元が崩れて谷底へと落ちていく土のかけらを見送るような、妙な冷静さと興奮と、そして荒い息が、ローターを握る手に力をこめさせた。

クリトリスの鼓動が少し落ち着くと、私は、再びローターを当てる。そして、足元の崖が崩れ始めた瞬間に、引きちぎるように、暴れる粒からピンクの粒を離す。
息が少し落ち着くと、また、暴れたがっている粒へとブルブルと震える粒を引き寄せる…。

和樹の声

(あぁ…すごい…いい…。このこと、和樹に、なんて話そう…?)

私が自分で買ったと知れば、和樹は戸惑うだろうか…。喜ぶだろうか…。
そういえば、「ユリが自分でしてるところ、見てみたい」とも言っていた。和樹は、私のこんなところを見たいのかしら?こんなふうに、オーガズムが欲しくて、でも、焦らして…。こんな私を見たいの…?

「もっと、脚を開いて、見せてよ」
突如、頭の奥から、夫の声が響く。

私は、その声に、素直に左右の脚を広げてしまう。
広げた脚の間、ショーツの上にローターを滑らせる。その手元を覗きこむ私に、「感じてる顔、ちゃんと見せて」という和樹の息が、さらに深く響く。

顔を上げると、ドレッサーの鏡に自分の顔が映りこんでいる。思わず目を逸らそうとすると、「ユリ、すっごくいやらしい顔してる」と、再び和樹が囁いた。
荒い息だけで答える私の目を、「いきたい?」と和樹が覗き込む。

「まだ…」

さらに息を荒げて小さく声に出すと、足元の崖は、大きな土の塊を谷底へと落とした。片足だけが落ちていきそうなところを、グッと全身に力を入れて踏みとどまる。
「ユリ、いくのをガマンしてる顔も、すっごくいいよ」
鏡に映る私の顔は、苦しそうに上気して、助けを求めるような艶をにじませている。

もう一度、ローターをクリトリスに引き寄せると、崖の前に膝が崩れ落ちるような感覚に襲われる。
「いいよ。そのまま、いって、ユリ」
和樹の声に、私は、崩れる崖に身を任せ、谷底へと落ちていった…。

決意と確信

息が落ち着くまでに、どれくらい時間がかかったのか、よく分からない。
『今日は早く帰れそう!から揚げ、楽しみ!』
という和樹からの着信で、現実に戻った。

『うん!今夜は、夕食の後もゆっくりしよう』
どんなふうに伝えるのか、今はまだ決まっていない。でも、ローターのこと、今夜話そう。嬉しいサプライズにできて、その後も和樹を喜ばせることができる。私は、そう決意し、確信していた。

END



体験談

あらすじ

結婚して10年。

今日は夫は帰ってくるのが遅いようだ。

夫がいない間に彼を驚かせたくてコッソリとローターを購入したユリは、 早速ローターを使ってみることに…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ 決算セール
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
  • クンニ
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう