注目のワード

官能小説 本当にあった物語 6話「まだ見ぬ世界のドア」

渦巻くコンプレックス

(これで、忘れてる物はないよね)

スマホのメモを確認しながら、ディスカウントストアの中をぼんやりと歩く。

買い物リストをチェックし終えると、スマホをバッグに入れて前を向き、「あ…」と思わず立ち止まった。下を向きながら歩いていたから気づかなかったけれど、私は、ラブグッズの棚の前にいたのだ。

止まってしまった足を慌てて動かして、私はその場を立ち去る。
ラブグッズ…。気になるけれど、買うほどの勇気が、私にはない…。恋人に「使ってみようよ」なんて言う勇気も…。

「あ、これ、買っちゃう?」

弾むような女性の声が、後ろから聞こえてきて、一瞬振り返る。
ラブグッズの棚の前で、カップルが1つのパッケージを手に取って笑って話している。年齢は、きっと、私と同じくらいだろう。

―――「これ、買っちゃう?」

見ず知らずの女性の声が、帰り道も、ずっと耳の奥に残っていた。
あの女性は、オーガズムを知っているのだろうか…。
だから、一緒にいた恋人らしき男性も、一緒に笑っているのだろうか…。オーガズムを経験したことのない私に、私の彼は不満を感じているのではないか…。

考えているうちに、自分のコンプレックスにスポットライトが当たってしまう。彼に責められたことなどないのに…。ただの一度も。

迷いと、その先の一歩

感度磨き…?」

パソコンの画面の文字を確かめるように、ゆっくりと声に出す。

帰宅してからも、店で見かけたカップルが頭から離れなかった私は、そんなに気軽に使うものなのかと、ネットで検索を始めたのだ。
そして、バイブを使うことで感度を磨くという文言に目がとまった。

オーガズムを知っているからではなく、オーガズムを知るためにラブグッズを使っていい。
そんなふうに考えたことなど一度もなかった私は、パソコンに向き合いながら、少しぼんやりとしてしまった。

立ち上がってキッチンに移動すると、コーヒーを淹れる。

「感度を、磨く…」

濃い茶色の中に溶けていくミルクを眺めながら、もう一度、言葉にする。

パソコンの前に戻ると、スクリーンの中にあるグリーンのバイブが目に入る。

「いやらしい気持ちで買うわけじゃないから…」

何度も躊躇した末に購入ボタンをクリックする音が、コーヒーの最後の一口を飲みこむゴクリという音に重なった。

ショーツを隔てた振動

自宅に届いた箱を手にするその指先が、かすかに震えているような気がする。
ドラッグストアでラブグッズを手にしているカップルを見かけ、その勢いで購入したバイブ

(これから、これを使うの?私が…?)

自分で購入しておきながら、そんな言葉が頭をよぎる。
しかし、戸惑いの陰に、ささやかな高揚感があるのも、確かだった。箱を開けてみたい、使ってみたいという波が、心の奥でざわめき、だんだんと大きくなって心の波打ち際に届く。

カチャリとベッドルームのドアを閉めた音が、決意のスイッチを押した。

「思ったより、柔らかい…」

ベッドの上で、私は、緊張から目を逸らすように、あえて声に出して言ったのかもしれない。
マリンビーンズ”というそのグリーンのバイブは、実際、想像していたよりも柔らかかった。

そっとスイッチを入れると、クネクネと動いたりブルブルと振動したり…。

(これで…、するの?)

これから自分がしようとしていることに、まだ実感が湧かないというのも、本音だった。
けれど、してみたいという波は、心の奥で次々と生まれ、押し寄せてくる。

私は、そっと、バイブの先端をショーツに当ててみた。
そして、少しだけ振動のスイッチを入れる。

「…っ」

声にならない声が出て、瞬間、身体が硬直する。クリトリスを包む花びらの上からの弱い振動。それでも、その振動はまっすぐにクリトリスという粒を目指しているようで、その粒もまた、振動に手を伸ばすように応えている。

(…初めての感覚…かも)

小さな粒から全身に広がっていくような振動に、私は、確かに心地よさを覚えていた。

「んん…っ」

少しずつ、脚が広がってしまう。すると、花びらが左右に広がり、バイブの振動は、ショーツ1枚を隔てて、ダイレクトにクリトリスに響いた。

「はぁ…」

無意識に漏れる息に促されるように、私の腰からは力が抜けていく。

「ぁ…あぁ」

振動を少し強くすると、感じていた心地よさは、快感という言葉になって私の体を駆け巡った。

「いいっ…ここ…」

いつになく敏感になっているクリトリスに、下からなぞるようにバイブを当てると、快感もバイブを動かす手も、止まらなくなっていく。口から漏れる息は、さらに熱を増していった。

まだ見ぬ世界…

思わず「可愛い」と言いたくなるようなグリーンのバイブを右手に持ったまま、私は、荒い息でショーツを脱いだ。

ジンジンと震えるように快感を訴えてくる小さな粒は、「中にも、いれてみたい」というさらなる欲求の波を生み出している。
そっと触れてみると、私の泉からは、トロリと温かい愛液がこぼれていた。その熱さと感触に、身体の芯もさらに温度を上げる。そして、私の右手は、導かれるように熱のこもった泉へと進んでいく。

泉の入口にマリンビーンズの先端が触れると、一瞬、全身が再び緊張した。
しかし、その振動と泉の潤いは、申し合わせていたかのようにお互いにスッとなじんでいく。そしてそのまま、泉の中へと進んでいった。

「あぁ…いい…」

ひとりえっちでバイブで感じる女性の官能小説イラスト

すっかり自分の中に収まったグリーンのバイブを不思議な気持ちで眺めながら、快感の波に身を任せるのをやめられなくなっている。
カラダの中で私のすべてを揺らす振動を、「もっと、もっと」と求める自分がいることを、少しも否定できない。

さらに振動を強くして、マリンビーンズを引き抜き、また奥まで沈みこませる。それを何度も何度も繰り返しては、奥に届くたびに湿度の高い息を吐き、引き抜かれて愛液で濡れたバイブを目にするたびに「あぁ…」と声を漏らした。

「すごい…」

ほとんど言葉にならない快感の言葉が、私の体のスイッチをもう1つ押す。腰が動き始めて、止まらなくなってしまったのだ。

バイブが出たり入ったりする動きに合わせて、腰を前後させる…。クチュクチュという音が、身体から伝わってきているのか壁に響いて聞こえているのか、よく分からない。

手も腰も、自分が動かしているのではなく、快感に動かされているような気がしてくると、同時に、全身が苦しくなってくる。動きたいけれど、何かに縛られて自由に動けないような…。

確かに気持ちいいのに、なぜか怖いような…。
息が思うようにできないような…。

(なに…これ…。私…どうなっちゃうの…?)

胸が詰まり、手足を自由に動かせないような苦しさが少しずつ大きくなると、私は急に戸惑いを覚えて、マリンビーンズを泉から抜いた。

(なんだったんだろう…)

戸惑った。でも、だからといって、快感が小さくなったわけではない。むしろ、どうしていいか分からなくなったとき、快感も増していた…。

ジンジンと響き続ける体を感じながら、私は、ついさっき自分の身に起こったことを、整理しきれないままに思い出していた。

(もしかして、あの先に、オーガズムがある…の?)

まだ気持ちよさにしびれ続けている全身の細胞から、そんな声が聞こえてくる。

確信

しばらくベッドに横になって、息が落ち着くと、喉が渇いていることに気づいた。
むくりと起き上がると、ドレッサーの鏡に映る自分が目に入る。

「あれ…」

思わず顔に手を当てて、見入るように鏡の中の自分と向き合う。いつもの私とは、違う…気がする。

肌や瞳、髪からも…、にじみ出てくる雰囲気が、柔らかい。
まるで、肌も瞳も髪も快感を得ていたように。

(感度を磨くって、こういうこと…?)

あの快感の先にオーガズムがあることを、もう私は、ほとんど確信していた。
次は、あの切ない苦しさの中を、もう少し泳いでみよう。

そして、いつか、彼との時間でも…。

END

体験談

あらすじ

オーガズムを経験したことのない私に、彼は不満を感じているのではないか…。

そんなコンプレックスを感じていたとき、パソコンの画面に感度磨きという言葉が目に入り、何度も躊躇しながらもバイブを購入する決意をする。

自宅に届いた箱を手にしたときはその指先がかすかに震えた。

自分で購入しておきながら、こらから自分が使う実感がなかったが、戸惑いの陰に、ささやかな高揚感があるのも、確かだった。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ さくらの恋猫ぬくぬく企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう