注目のワード

官能小説 本当にあった物語 10話「カラダから溢れる声」

震える手

「これ…買ってみたんだけど…」

ホテルで一緒にお風呂に入って、いざベッドに並んだとき、今しかないと思い、少しだけ震える手でバッグから小さな箱を取り出した。

「何?」

私の手の中を覗き込むと、俊二はその箱を手に取る。

「ラブコスメ?」

リュイールっていうの」

「へぇ。で、どう使うの?」

純粋に不思議そうな顔をして、彼は、箱を開けて中身を取り出した。

「あ…。どうっていうか…。ほら、私、あんまり…ほら、濡れないときが…あるでしょ。それで…、買ったの」

俊二の質問の答えになってない返事に、彼も「答えになってないじゃん」と笑いながら、
「で、舐めるの?」

「違う違う。…そうじゃなくて、塗るの。塗ると、潤いをサポートしてくれるっていうか…」

恥ずかしさに、彼の手からリュイールを取り返そうとすると、彼はさっとそれをよけて、「なるほどね」と意味深な笑みを浮かべながらキャップを開ける。

ひとりで…したの?

「じゃ、美里、開いて」

と、私の両脚を広げながら、小さなチューブから、右手の人差し指にリュイールを取り始める俊二に、私は思わず「伸びがいいから、少しだけでね」と言葉をかけた。

「何、美里。もう自分で使ってみたの?」

私の瞳を覗き込むような俊二の少し意地悪な笑顔と、指先に乗って光るリュイールが、同時に視界に飛び込んでくる。

「使ったっていうか…」

実際には、買ってすぐに、自分で試したのだけれど…。そんなことを、俊二に告白するつもりなどなかった。どんなものかも分からずに、いきなり俊二に見せるのは嫌だっただけなのだから…。

「使ったんだ。これで、ひとりでしたんだ」

目を合わせたままそう言うと、俊二は、リュイールの乗った指先で私のクリトリスに触れ、同時に、キスをした。

「こうして、自分で、触ってたの?」

舌を絡めながら、彼は、指先でクルクルと私の敏感な粒を撫でる。

「…だって…私だって、…どんなものか、分からないし…」

途切れ途切れに答えるうちに、彼に触れられている部分が、じんわりと熱くなってくる。

(うそ…、ほんとに、熱い…。ひとりでしたときは、こんなふうにならなかったのに…)

その驚きと、「気持ちよかった?ひとりでしてるとき」という俊二の声が妙に重なって、
「こんなに、熱くならなかった…」
と正直に答えていた。

「熱くなってるんだ。そうだよね。すごく、溢れてきてるもんね…」

唇を離すと、俊二は、愛液をたっぷりと指先に絡ませて、私に見せた。

「やだ…恥ずかしい…」

目を逸らす私に、「どうして?俺は、嬉しいよ、美里がいろいろ考えてくれること」と、もう一度唇を重ねる俊二。 

「だって、乾いてたら、俊二もがっかりでしょ?」

いったん唇を離して視線を合わせると、彼は、私の手を取って、自分の男性自身へと導いた。

すっかり硬くみなぎっているそれを握らせて、「いつも、こうだったでしょ?がっかりしてるって思う?」と視線をさらに強く結んだ。

「でも、濡れにくいのって、やっぱり…」

「こんなに濡れてるのに、そんなこと言うの?」

俊二は、クチュクチュと音を立てながら、何本かの指で、クリトリスと愛液の泉を同時に愛撫した。

「すごい…。私…、こんなに濡れてる…」

思わず、心に浮かんだことをそのまま言葉にすると、快感に、思わず目を閉じた。

カラダの声

「腰も自分で動かしちゃて…いやらしいね、美里」

そう言われて、私は、彼の愛撫に合わせて、いつの間にか自分が腰を動かしていることに気づいた。

「ひとりでしたときも、俺にこうされるのを想像して、こんなふうに腰を動かしてたの?」

「違う違う」

首を振りながら、顔までカーッと熱くなるのが分かる。

「そうなんでしょ?ほら、クリトリス、もっと大きくなってきたよ」

ツンツンと充血した粒をつついたり、愛液をすくったり、その周りの花びらを撫でたり…。彼の指先の動きが、ミリ単位で分かっているのではないかと思うほど、ジンジンと体の内部から伝わってくる。

「あぁ…きもちい…」

無意識のうちに出たその言葉に、「カラダも、こんなにきもちいいって言ってるよ」と、俊二は、指の動きを速めた。

「あぁぁ…」

それまで聞いたことのないような潤いに満ちた音に、私は、彼の唇に激しく吸いつく。

痛みと入れ替えの幸福感

「ねぇ、美里…。ほんとに、どんどん溢れてくる。指をいれなくても、びちゃびちゃ。すごいよ、これ」

「ぁぁん…あ」

言葉で返事ができない私に、「俺、もう、我慢できない…入れていいよね?」

もう一度、彼の男性自身を握らせると、俊二は、それを溢れる私の泉へと当てた。

「俊二の、いつもより、もっと大きい…」

「だって、美里がこんなに乱れてるんだもん」

その言葉と同時に、彼は、私のカラダの奥まで沈み込んできた。

「あぁぁ」

ふたりの声が同時に漏れる。

今までは、挿入するときに全身が緊張して、スムーズに入らないことも多く、痛みもあった。だから、こんなにすんなりと彼自身が奥まで沈んできてくれることに、とてつもない幸福感が襲ってくる。

「嬉しい…」

私の心に浮かび上がった言葉を、俊二が先に口にする。

「うん…私も。こうして、ふたりで、気持ちよくて幸せな気分になりたかった…」

「ありがとう」

と頭をなでると、「俺は、美里と一緒にいられれば、いつでも幸せだけどね」と、さらに奥の奥まで彼自身を押し付けてくる。

「おぉ…ぅぅ。奥まで、すっごく熱い…。ヌレヌレだよ…」

息も熱くしながら、俊二は、腰を前後に動かし始めた。
ピチャピチャという音が、彼の動きに合わせて弾ける。限りなどないように溢れてくる愛液の音に、私の幸福感も快感も、果てしなく深まっていく。

「ぃいいっ…ぁはぁぁ…俊二」

彼の顔に手を伸ばすと、彼はその手を取って「こんなに、ほら」とふたりがつながっている部分へと導く。

「うそ…」

すっかり濡れている自分の太ももの内側に触れて、私は、思わず、愛液がどこまで伝っているのか、手探りで確かめてしまった。

「これ、全部、美里が濡らしたんだよ」

耳たぶを舐めながらそう囁くと、俊二は、私の体を起こして対面座位の姿勢をとった。
ギュッと抱き合いながら吐く荒い息の向こう側に、溢れ続ける愛液の音が響く。

「嬉しい…私、俊二に…こんなふうに…きもちよくなって…ほしかった…」

「ありがとう…俺も、いつだって、…美里を、きもちよくしたい…んだよ」

激しく突き上げながら、彼の表情は、だんだんと険しくなっていく。

ラブコスメを使った官能小説イラスト

「…ぁぁ…いい…ダメ…俊二…くる…」

カラダの中の壁をこする俊二の動きに、私は、オーガズムの波が押し寄せてくるのを感じた。

「…俺も…ぉぉ…」

彼の肌と私の肌と愛液と…すべてがぶつかり合うような音の中で、私たちは、遠くに果てた。

1か月後…

「お疲れさま」

仕事を終えて、私の自宅の玄関を開ける俊二に、食事の支度をしながら声をかける。

「お、俺の好きなハンバーグソースの匂い」

バッグを置いてネクタイを緩めながら、彼は私に後ろから抱きついてくる。
「ただいま」と私を振り向かせてキスをすると、エプロンの上から胸を揉みあげ、器用にその先端を見つけて、軽くつまむ。

「俊二、ダメ。料理できなくなっちゃう」

身体を少しくねらせるように動いても、彼の指先は私の乳首を逃さない。今度は、ツンツンとつついたり、指先をグッと押し付けたりする…。

「あぁ…ん、ダメだって」

さらに大きく身体をくねらせた私の左の胸をギュッと掴むと、俊二の右手はワンピースの裾をたくし上げ、ショーツの中に忍び込んできた。

「ダメなの?もう、こんなに濡れてるのに?」

愛液をすくった指先でクリトリスをつつきながら、彼は、もう一度唇を重ねる。

口の中にもショーツの中にも、溢れるような潤いを覚えながら、私は、1カ月前の自分の勇気を、愛おしく思い返していた。

END

体験談

あらすじ

「これ…買ってみたんだけど…」

ホテルで一緒にお風呂に入って、いざベッドに並んだとき、今しかないと思い、少しだけ震える手でバッグから小さな箱を取り出した。

「何?」

私の手の中を覗き込むと、俊二はその箱を手に取る。

「ラブコスメ?」

「リュイールっていうの」

「へぇ。で、どう使うの?」

純粋に不思議そうな顔をして、彼は、箱を開けて中身を取り出し…

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
LCラブコスメ ラブグッズQ&A
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
  • クンニ
トロけるエッチ
騎乗位動き方
はづき
はづき
肌の細胞すべてに、体の動きすべてに、心が宿る。 心が…
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう