注目のワード

官能小説【3話】夢も欲も愛も飼い慣らして 【LCスタイル】

大人の関係?

シャワーを浴びると、ふたりはすぐにベッドへ倒れ込んだ。

「貴之おじさんは悪い人だね。姪の友達に手を出すなんて」

「愛の友達じゃなくてもこうなってたよ」

「街ですれ違っただけでも?」

「そうだな。きっといずれこうなった」

「案外ロマンチックなんだ」

「そうでもない。直感だ」

「ふうん。そういうの、クサいよ」

貴之が桃花の唇を自身の口で塞いだ。

ちょっとパパ活みたいだ、と桃花は思いながら目を閉じてキスに応えた。
貴之がなんのためらいもなく桃花のまとっていたバスタオルをはぎ取る。桃花は少しだけびくりと体を震わせたけれど、おとなしくしていた。緊張でやや上がった呼吸のせいで、桃花の白くふっくらとした胸のふくらみが上下している。

貴之の視線が恥ずかしいと思った。彼はどこまでも探るような視線で桃花をねめつける。そうしながら、ゆっくりと焦らすかのように指先で桃花の体をなぞった。

まるで値踏みされているような感覚に、桃花は焦った調子で口を開く。

「最近、いつセックスした?結婚してるとかだったら面倒だからヤだな」

貴之は、桃花の顔を見ながら胸の尖りを口に含んだ。反対の胸も大きな手でこねるように揉みしだき始める。

くすぐったさが走り抜けて、桃花はわずかに身をよじった。

「結婚はしてない。言っただろ、仕事人間だって」

「でも仕事と結婚は別じゃない?案外、綺麗な奥さんが家にいたりして。貴之サン、けっこうカッコイイし」

「いない」

「あ、じゃあ彼女がいる。だって最近いつしたか教えてくれないもん」

「君だって言わないだろ。それと同じだ」

「言えるよ」

「言わなくていい」

「それが大人の関係ってやつ?」

貴之の唇が、桃花のおしゃべりをまた封じる。

「……やっぱり悪い大人だね。貴之おじさん。あっ……」

桃花は話の途中で小さな声を上げた。貴之の指先が桃花の茂みを掻き分け、まだ固く閉ざされた場所に到達したからだ。

潤いのないのを確認して、貴之の指先は優しく桃花のクリストリスをこね始める。

あ、この人上手だ。桃花はそう思った。

キスだって上手だった。年の功かな、と思いながら、なんとなくこれまでセックスをした男性のことが思い浮かんでくる。

前の彼氏なんて脱いですぐ挿入だったし、この前はずみでエッチした人はガツガツしてて痛かったし、前の前の彼氏はやたら胸ばっか舐めてたし。

男って自分のしたいことするだけだよね、と思っていた桃花にとって、貴之の愛撫の仕方はどうも居心地の悪いものだった。
貴之と一緒にいる時に時折感じる居心地の悪さと似た感覚だ。

「ねえ、ジンジンするだけだから、ソコもういいよ」

「あまり好きじゃないのか?」

「分かんない。でも指いれたらもうちょっと濡れる」

「あっ」

本当に、あ、と思った。

貴之の指先が秘部をなぞるように滑って浅く侵入した瞬間、思わぬ滑らかさを感じたのだ。
押し入るような感覚じゃない。
するりとただなぞった先に自分の穴があったみたいに。
貴之の指はすんなりとソコに入った。

それなのに。

「嘘だな」

「え?」

すんなりと入ったはずの指はすぐに抜かれて、桃花の割れ目をゆるゆるとなぞり始める。
二本の指を使って適度な強さで往復されて、桃花はそこがじんわりと熱を帯び始めるのが分かった。

ただただ割れ目を行ったり来たりする動きがどうも恥ずかしくて、

「それ、もういいよ。適当にいれていいから」

桃花は逃げるような投げやりな口調でそう言った。

「悪いが適当に女を抱いたことはない」

「何そのイケメン発言。じゃあフェラしよっか?」

「――必要ない」

視線を奪われて

貴之の反対の手が伸びてきて、桃花の目を覆った。

「え、何?」

「怖いか?」

「う、ううん……。でも何?」

「目を閉じたほうが感じるだろう」

「…………」

桃花は、貴之の大きな手のひらの中で目を閉じた。
本当に、不思議と少しも怖くなかった。まだ、出会ってほんの少ししか経っていない、ほとんど知らない人も同然なのに……。

暗闇の中にいると、割れ目を往復する貴之の指の動きがよりリアルにくっきりと感じられて、桃花はそんな方法があるなんて初めて知った。

「……ぁ……っ」

小さく声が漏れて、桃花は自分で驚いた。
こんなに自然に声が出ることとかあったかな、と考えて、思い出せなかった。

くちゅっと小さな水音が聞こえ始める。

なぞる力が少しだけ強くなって、クリトリスに濡れた指先が触れるたび、桃花の体はわずかに震えた。

「そのまま、目を閉じてろ」

貴之の囁きが耳元で吹き込まれる。

目元を覆っていた手も、割れ目をなぞっていた指先も離れて、貴之は体を起こすと桃花の太ももを優しく撫でた。

「……ねえ、目開けていい?」

「理由は」

「気になる。何されるのか」

「なら何をするか口で言う。それなら問題ないだろう」

別に、無理やり目隠しをされているわけでも強制されているわけでもないのに、桃花は言いつけを守って目を開けなかった。

貴之の声音は優しかったけれど、そうしなければならないような、そうしていたいような、甘くて不思議な感覚に支配され始めていたのだ。

「しばらく太ももを撫でながら君の濡れた場所を鑑賞してるよ」

「っ、悪趣味」

「触ってほしいところがあればそうするけど」

「まずこの恥ずかしい状況、やめてほしい」

「恥ずかしい?そうだな、ヒクヒクして恥ずかしそうだ」

「変態」

「そうかな」

「そうだよ。変態」

「じゃあ一回イクか?」

「無理」

「どうして」

「どうしても」

「そう。次はもう少し内側撫でるな」

「あっ……」

貴之の指先が足の付け根をなぞり、桃花は小さな悲鳴のような声を上げた。
皮膚が粟立つような感覚があり、鳥肌が立つ。

官能小説挿絵:男性に愛撫されて感じる女性

本当に観察しているのか桃花には見えないが、明らかに焦らした愛撫に桃花はぎゅっと足を閉じた。

「……やっぱ、悪趣味」

「だからって足を閉じるのも意地悪だな。舐めるから広げて」

「ヤダ」

「舐めるのが?」

「言うコト聞くのが」

「そう」

「っ……」

貴之の手が桃花の足を割り開く。

くちゅっと卑猥な音を立てて、花弁が開くのが分かった。

「やっ」

熱い舌の感触が桃花のクリトリスに押し当てられる。押しつぶすようにしながら舌で愛撫されて、桃花はこういうのはいいからもういれてほしいと思った。

唾液と愛液の混じった音を聞くのが嫌で、桃花がかぶりを振る。

貴之は無言のまま、舐めながら指をいれた。

「あ……ぁっ……」

中を探るように掻き回す感覚に、桃花は薄く開いた口から声を漏らした。
柔らかくなった陰部は、貴之の指を包み込んで締めつける。浅い位置で動きを繰り返していると、桃花のクリトリスは次第にぷっくりと肥大し始めた。

桃花は腰にじんわりと不思議な感覚が広がり始めるのに気づいた。
それが妙に怖くなって思わずシーツを掴んで嫌々をする。

無理だ。何これ。

とうとう目を開けようとした瞬間、

「あぁっ」

貴之のかたくいきり立ったものが挿入された。

いつどうやってそうなったのか、桃花には分からなかった。あれ、いつの間に、とか、さっきまで指だったはずだけど、とか、ゴムは?とか色々思ったけれど、気がつくと貴之の肩にしがみついていた。

「痛いか?」

「んっ、ううん……っ」

挿入しても、焦らすように浅い位置でピストンが繰り返される。

少し涙目になりながらうっすらとまぶたを開けると、破られたゴムの袋が目に入った。
あ、ちゃんとつけてるんだ、と思うと、この人早業だなとなんだか面白くなって、実際桃花は少し笑った。

「どうした?」

「ううん、なんでもない。貴之サン、上手だね」

「そうか」

貴之が桃花の体を抱き締める形で深く押し入る。

奥まで当たるとちょっと痛いな、もしかしてこの人大きいのかな、と桃花は思ったけれど言わなかった。
痛いなんて言えば白けることは分かっている。
少し我慢すれば終わるのだからわざわざ言う必要もない。

なのに。

まるで察知したように、貴之のペニスは最奥まで押し入るのをやめた。

やや浅めの場所で動きを速めていく。

どうして?と思ったけれど、桃花はそれもまた聞かなかった。どんなふうに出し入れしたいかなんて人それぞれだし、けっこうどうでもいいことだ。

だって今日だけかもしれないし。

だけどこれじゃなんだか、恋人を抱いてるって感じだよね、とおかしなことを考えて、桃花はそこまでで考えるのを放棄した。

これってパパ活?

情事を終えて身支度を整えた貴之は、メモ帳をやぶると何かを書いて桃花に手渡した。

「何これ」

「デザインはここに送れ」

「えっ、てかこれって会社のメールアドレスだよね?なんか雰囲気ぶち壊しって感じ。それに私、やらないって言ったのに」

文句を言う桃花を貴之は抱き寄せると、髪にキスをして少しの間だけ優しく頭を撫でた。

何これ。一体、どういう状態?

桃花はよく意味の分からないまま顔を上げた。

「客の傾向とクライアントの求めているもの、その他資料はまとめておいた。渡しておく」

貴之はバッグから印刷した用紙を取り出すと桃花に手渡す。

何も言えないままやや茫然とそれを見ていると、貴之は腕時計に目をやった。

「タクシー拾うか。電車もうないだろ」

「えっ、もうそんな時間?」

「引き留めて悪かったな。帰りはタクシーで寝ながら帰れ」

帰り際、さらりと一万円札を渡してくれるのを素直に受け取りながら、桃花は、やっぱりこれってパパ活?と心の中でひとりごちた。

⇒【NEXT】高い声を上げてお客を呼び込む。いつもの光景だった。(夢も欲も愛も飼い慣らして4話)

あらすじ

貴之が桃花の唇を自身の口で塞いだ。
ちょっとパパ活みたいだ、と桃花は思いながら目を閉じてキスに応えた。
バスタオルをはぎ取られた桃花が「最近、いつセックスした?」と貴之に聞くと…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

夜桜
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう