注目のワード

官能小説【5話】夢も欲も愛も飼い慣らして【LCスタイル】


濃厚なキス

タクシーに乗り込み向かった先は、ホテルだった。

「なんだ、結局ヤりたかったんじゃん」

桃花は不服さを露わにつぶやいたが、貴之は一向に気に留めないまま桃花の細い腰を抱き寄せた。
ぐっと桃花の体がしなって、ふたりの体が密着する。無言のまま貴之は唇を重ねた。
すぐに桃花の唇を舌で割り熱く絡める。>桃花が酸素を求めて唇を離そうとすると、貴之はその後頭部を強い力で固定した。

「ん……ふ……っ」

苦し気な桃花の吐息が部屋の中に響く。貴之の舌は強引で熱く、ぬめぬめと桃花の口内を蹂躙した。
悔しいけれど、すごく上手で腰から力が抜けそうだ。そう、桃花は思った。
貴之はいつだって、桃花の意志などお構いなしに踏み込んでくる。いや本当は、分かっていて踏み込んでいるのかもしれない。
桃花が本当は、貴之の中の何かを求め始めていることを。

長く永遠にも思える激しいディープキスをしながら、貴之の手が桃花の体をなぞり始める。
激しいキスとは裏腹に優しく煽るような手つきに、桃花は一種のもどかしさを感じた。
気がつくと貴之の服にすがっていた。翻弄されるがままに、なすがままに、なっていた。
おしりの辺りが震える。
意識すればするほど、震えて崩れ落ちそうになる。

もうイヤだ。桃花は思った。
ぐっと貴之の体を押す。するとあまりにもすんなりと男の体躯は桃花から離れ、ふたりは見つめ合う形になった。
貴之は、ふたりの唾液で濡れた唇をゆっくりと手の甲で拭った。桃花のリップがべったりとその甲に痕を残す。
こんなに苦しくて訳の分からないキス、桃花は初めてだった。

冷ややかな瞳に犯されて

「何がしたいの」

桃花は表現しがたい悔しさに駆られて吐き捨てるように言った。
貴之の無言の視線は鋭い。
ほんの数秒、まるで睨むように見つめ合ったのち、貴之は桃花の肩を押してベッドへ倒した。ややかためのマットレスに背中を打ちつけられて、桃花の呼吸がいっとき詰まる。

「感じさせてやる」

低い声で言いながら、貴之もベッドへ乗りすぐに桃花のショーツの中へ手を入れた。

「あ」

桃花が短い声を上げた時にはすでに、貴之の指は彼女の茂みを潜り抜けていた。
桃花は驚いた。
自分でも分からないうちに、そこはぐっしょりと濡れていた。触られただけで分かる。あまりに滑らかな感触に、桃花は眉を寄せて足を閉じた。桃花の太ももに手を挟まれたまま、貴之の指は器用にその秘部でうごめき始める。

「俺を利用しろ、桃花」

桃花は貴之の顔を睨みつけた。

「イク方法を教えてやる。君の才能も開花させてやる。俺が」

「何その上から目線。何様のつもり」

「君はまだ何も知らない」

「そうだろうね。おじさんと比べたらまだ全然なんにも知らない。でも別におじさんに教えてもらいたくない」

――傷つきたくないから。

その言葉を桃花は飲み込んだ。
だってそれを言えば本当に負けた気持ちになる。

桃花はどうしても、目の前の男に屈するのが嫌だった。これまでの彼との付き合いでそんなふうに考えたことなんてただの一度もなかったのに、貴之にだけは嫌だと思った。
だって。
傷つきたくない。
この人はこれからもきっと、平気で私を傷つけてくる。

そう思うと、悲しくて悲しくて泣きそうな気持ちになった。
貴之の手が桃花のショーツにかかり、はぎ取る。貴之は強引に桃花の足を割り開いた。
くちゅりと卑猥な音がして、桃花は唇を噛み締めてまた貴之を睨みつけた。

「――別に、若い女を育てて楽しむ趣味はない。誰かをプロデュースするのが好きなわけでもない」

「な、にが言いたいの」

貴之は鋭利な視線で桃花を見つめ返しながら静かに語った。指先はねっとりと、たっぷり溢れた愛液をかき混ぜるように動かしながら。

「君がこうさせるんだよ、桃花」

「んっ……」

腫れ始めた陰核をぐっと指の腹で押されて、桃花はくぐもった声を上げた。一度顔を逸らしてから、また貴之に顔を向ける。
視線が絡むと切ない心地が湧いてきた。

「前みたいに目を閉じるんだ」

「いや」

「桃花」

愛撫を続ける貴之の指先。断続的に桃花の花芯を刺激し続けている。
もう片方の手で、貴之は桃花の唇をなぞった。さっきたっぷりとキスをしたおかげでリップは剥げて少しかさついている。それを指先でゆっくりとかたどってから、唇を割って指を突っ込んだ。
いや。
貴之の長い指先が桃花の口内をなぞった瞬間、桃花は顔を逸らして逃げようとした。けれど貴之はそんなことはさせてくれない。
逃げようとする桃花の舌をなぞり、歯列を這って上あごを愛撫した。

「ん……っ、ふっ……」

言葉を発することもできずに桃花がもがく。
その姿を見つめる貴之の目は冷ややかで……、それでいてその奥には確かに熱があった。

ああ、イイんだ。
桃花は不意に思った。
イイんだ、と。
蔑むようにも見える貴之の眼差しが最高にイイ。私だけに向けられる欲が、私がこうさせているんだと言われたことが、そしてクリトリスを刺激する絶妙な手つきが。

最高に、イイ――。

初めてのオーガズム

気がつくと桃花は、夢中で貴之の指をしゃぶっていた。
貴之がふっと目を細めて桃花を見つめる。それは蔑んでいるようにも愛しんでいるようにも、どちらにも見えた。

官能小説挿絵:男性の指をしゃぶる女性

「桃花。君はいい女になる。きっと」

「んぅ……っ」

指をぐっと喉奥まで入れられて、桃花の目尻に涙が伝った。その痕に貴之の唇が優しく押し当てられる。

ダメだよ、まるで付き合ってるみたいじゃん。

桃花はそう思って目を閉じた。また一筋、涙が零れる。
さっきからずっと、貴之が刺激している場所から痺れるような感覚が広がってきている。陰部全体に広がる快楽ともいえる感覚に、桃花の足が震え始めた。
桃花は首を振った。
貴之の指が口から外れて、彼の強い視線に射貫かれる。

「逃げるな、桃花」

唇が重なる。激しく舌が絡められて、指の固い感触とは違うぬめった感触が桃花の思考をからめとった。
痺れていく。
痺れていく。

桃花は腰を揺らした。
陰核から広がる甘い痺れが、熱を持ってじんじんと広がっている。

痺れる。

痺れる。

痺れる。

「ん……んっ……」

桃花は夢中で貴之の舌を貪りながら、その先を求めた。
桃花はまだ知らなかった。その先に何があるのか。どんなものが待っているのか。

「いや」

声にならない声で桃花は言った。
貴之の指の動きが激しくなる。桃花の体に自然と力が入った。

どうしよう。
よく分からないままに怖くなって、怖いけれど欲しくなって、桃花はぎゅっと貴之の体にしがみついた。
わずかに汗ばんだ肌の感覚。熱い体温。桃花は貴之の肌に爪を立てた。
その瞬間。

「っ……、い、や……っ――」

桃花の秘部全体に、とろけるような得も言われぬ甘美な痺れが弾け散った。
どこかへ昇りつめたような、何か不思議な魔法をかけられたような、切なくて怖かった感覚が一気に解放される瞬間。
愛液がじわっと大量に溢れた。

「あ……ぁ……――」

桃花の震えを感じて、貴之の指の動きはゆっくりと止まった。
どくん、とそこで心臓が脈打つように桃花の体が震える。蜜口は不規則に痙攣を繰り返した。
優しい波に揺られるように、溶けた余韻が桃花の体を包み込む。
それは。
桃花が生まれて初めて感じるオーガズムだった。

「いい子だ。よく我慢したな」

「……また、子ども扱いしてる」

また桃花の目尻に涙が伝って、貴之はふっと笑った。優しい目だった。

「子どももいずれ大人になる。君を大人にするのは、いい気分だ」

まだ余韻の残る桃花のそばから離れないまま、貴之が枕元に手を伸ばしてすばやくゴムを装着した。

「あっ、いや……っ」

卑猥な水音を立てて男根を押し当てられ、桃花はとっさに声を上げた。
別に嫌なわけじゃなかった。でもそう言ってしまった。

「ああっ」

達したばかりで膨れ上がったクリストリスにペニスを押しつけられると、我慢できないようなつらさが走る。
貴之は桃花の足を持ち上げると、

「ああぁあっ……っ」

ぐっと一気に挿入した。
桃花は大きくて獣みたいな声を、初めて上げた。

⇒【NEXT】桃花は貴之の首を両手で引き寄せて抱き締めた。(夢も欲も愛も飼い慣らして6話)

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

あらすじ

「なんだ、結局ヤりたかったんじゃん」

桃花は不服を言葉にするが、貴之は一向に気に留めないまま桃花の腰を抱きよせ、唇を重ねる。
貴之の舌は強引で熱く、悔しいけれど、すごく上手で腰から力が抜けてしまい…。

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

はじらい企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう