注目のワード

官能小説【1話】夢も欲も愛も飼い慣らして 【LCスタイル】


蓋をした情熱

一生懸命頑張るってなんだろう。
必死になるってなんだろう。
あ、あのスーツの女の人かっこいいな。
あー、あの人は斬新でおしゃれだなー、勇気あるー。
あの人は無難にみんなと同じ格好してますって感じ。

桃花は友人の愛を待ちながら、ぼんやりと待ちゆく人を眺めていた。
久しぶりの土曜休み。
やっとシフトで回ってきた週末休みに会う相手は、恋人でもすっごく特別な人でもなんでもなく、ただの友人だ。

スマホとバッグを片手にただぼんやり人間ウォッチをしていると、頭に浮かんでくるのは大抵どうでもいいことで。
時折、胸をかすめる過去の熱が疼きはするけれど、それもさして本気じゃなかったんだろう、ていうか本気って何?といったふうに桃花の思考はいつもぼんやりとしていた。
でも本当は「情熱」に蓋をして見て見ぬふりをしているだけであることは、桃花だって分かっている。

考えたくない。
思い出したくない。どうだっていい。
そうだ、何もかも、どうだっていい――。

愛と桃花

「ごめん、お待たせー!」

待ち人である愛が、大きく手を振りながら桃花に駆け寄ってきた。

「もー、待ったよ。30分」

「ごめんごめん。髪巻くの上手くいかなくってさー。けどどう?可愛いでしょ?」

ふわりと髪を揺らす愛を見ながら、桃花は素直に笑顔になった。

「うん、可愛い。バッチリじゃん。てかそのワンピどこで買ったの?めちゃ可愛い」

「いつものとこだよ!今セールやってんの。桃花のとこもでしょ?」

「うん、だね」

フェミニンかつギャルっぽい服装を好む愛は、桃花の勤めるショップに立ち寄ることはほぼない。
いくら同じビルに入っているショップでも、一般寄りながらモード感のある桃花の勤務先のショップは愛には少しも刺さらないようだった。
桃花自身は元々モード系ファッションが好きで、ふたりは趣味が違いながらもお互いのビジュアルを褒め合うような関係性だ。かつ、専門学校時代からの気の置けない友人同士。

「とりあえずさ、おしゃべりしようよ!積もる話がいっぱいある!」

女子っぽくキラキラ目を輝かせながら言う愛に、桃花はふたつ返事で同意した。
ふたりの積もる話はもちろん「恋バナ」「ファッション」「職場の愚痴」大抵この3つだと決まっている。

「可愛いカフェ行きたいよね」

「あ、さっきたまたまた見つけたんだけどさ、こことかどう?パンケーキ美味しそう」

桃花がスマホで見せると、愛は嬉しそうに目を輝かせた。

「わ、めっちゃ映え!行きたい行きたい」

女の子らしく全身で表現する様子を見て、やっぱり愛って可愛いよね、と桃花は実感した。
愛いわく、桃花は「クールキャラ」らしい。

出会い

――それは、ふたり連れ立って目的のカフェへ向かう途中だった。

「あれ?あーっ、やっぱり!叔父さん!叔父さんだー!」

「え?」

愛が人混みの中目ざとく見つけて大きく手を振ったのは、ダンディな雰囲気の男性だった。

「ああ、愛じゃないか。すごい偶然だな」

「うん!叔父さん何してるの?」

「打ち合わせの帰り。愛は……友達と一緒か?」

申し訳程度の会釈を桃花がすると、男性は笑顔で返す。笑うと少しだけ目尻に皺が寄る。
きっと、私よりも一回り以上年上の人だ、叔父さんって言ったくらいだからそりゃそうか、と桃花は深く考えるでもなく考えた。

「うん、そう!これから友達と一緒にカフェ行こうと思って。ねー、叔父さんもう打ち合わせ終わったんでしょ?ねーねーパンケーキおごってよー!」

「えっ」

官能小説挿絵:男性に気まずそうな視線を送る女性

男性の腕へ無邪気にしがみつく愛を見ながら、積もる話をするんじゃなかったのか、この人がいたらできないけど、と思ったけれど、はっきりそうとは言えないまま桃花は黙っていた。
そんな桃花の様子をチラリと見て、助け船を出したのは男性のほうだ。

「可愛い姪っ子と友達におごるのはいいけど、俺がいたら邪魔だろう。ふたりで行っておいで」

「えっ、ホントに!?」

財布から五千円札を出そうとするのを見て、愛は嬉しそうに声を上げたけれど。

「や、愛はいいけど、私は…。悪いので」

断った桃花に、男性は視線を向けた。優しい目元だと思っていたのに、いざ視線が絡むと意外と鋭い。
桃花は思わず目を逸らした。

「――じゃあ、両手に花ってことで、同席させてもらおうかな。次の仕事があるから途中で退散するけど」

「うん!ね、いいよね?桃花」

「……うん、私は別に」

「やったー!あのね、叔父さん。この先に可愛いカフェがあって。桃花が見つけてくれたの!それでね――」

愛は器用に男性と桃花、交互に会話を振りながら歩き始める。
何度か桃花は男性と目が合った。口調も物腰も柔らかい。それなのにどうしてだか居心地の悪さを感じて、桃花はよく分からない気持ちになっていた。

えぐられた古傷

カフェでは桃花と愛はパンケーキとアイスティ、男性はアイスコーヒーを頼んだ。

「桃花はね、カリスマショップ店員で先月の売り上げもNo.3だったんだって!すごくない?それにね、専門学校の時も先生からすごい褒められてたし、たくさんコンペにも応募してたんだよね?もー、私とは大違いだよー。だってママも文句言ってたでしょ?せっかく専門出したのに全然関係ない事務やってるとか意味ないって。でもさ仕方ないよね。おしゃれには憧れるけど、だからってみんながみんなそーいう仕事につくわけじゃないし。あ、私ちょっとトイレ」

マシンガンのようにしゃべる愛の話を、桃花も男性も相槌を打ちながら聞いていた。
そのせいか、愛が席を立ってしまうとその場はしんと静かになる。

「桃花さん、だよね。愛とは専門学校からの付き合い?」

先に口を開いたのは男性のほうだった。

「はい、同じ服飾デザイン科専攻で。当時から一番仲が良かったんです」

「そう。愛は無邪気っていうか子どもっぽいっていうか、あんな性格だから迷惑かけてない?」

「いえ、楽です」

「楽?」

「あ、失礼だったらすみません。仕事以外でとめどなく話すのって面倒じゃないですか。だから」

「ああ、なるほど。ショップ店員さんってもっとおしゃべりで陽気な人が多いのかと思ってたよ」

「……私、陰気ですか?」

「いやいや。はは、参ったな、そういう意味じゃない。真面目そうだと思っただけ」

どうしてだろう、と桃花は思った。
他人に愛想よく明るく話すことなんて本当ならいくらでもできる。この人の前でだって、本来の自分とは違う姿で、まるで仕事の時のように振る舞うなんて容易だっただろう。
それなのに、桃花はそうしなかった。

「真面目とかじゃないですよ。面倒くさがりなんです」

「でも、学生時代はコンペにもたくさん応募したって」

「……ですね」

「でもそのぶんたくさん落ちた、か」

「え……?」

「つまり君は服飾デザイナーになりたかったってわけか。愛とは違って本気で」

「……なりたかったかもしれませんが、おじさんの言う通りコンペは負け続けたんで。その程度です」

「どの程度?」

「その程度ですよ。おしゃれな感じだしカッコイイよねー、程度です」

「へえ、そう」

「…………」

「じゃあどうしてそんなムキになってるんだ?」

「なってないですよ」

「失礼だったなら謝ろう」

「失礼に決まってます。他人にズカズカ入り込んで古傷をえぐるようなこと、愛のおじさんのくせにデリカシーないですね。愛とは全然違う」

「やっぱり古傷だったんだ」

「っ……!」

「失礼。君は面白い子だね。愛の友達だっていうからもっと……、適当な感じかと思ってた」

「愛にも失礼だし、私にも失礼だよ、おじさん。喧嘩とかしたくない。愛は友達だから」

「俺も同意だ。君と喧嘩したくないし、姪っ子は可愛い」

「じゃあ」

「成果の得られない努力はつらいよな。けどまだ成果にたどり着いてないって可能性もある」

「ごめんごめん、何話してたのー?」

そこで桃花と男性の話は打ち切られた。愛がお手洗いから戻ってきたからだ。

「世間話。じゃあ俺はそろそろ時間だから行くな。愛、仕事頑張れよ」

「はーい。ありがと、叔父さん」

男性は伝票を持って席を立った。
桃花はその姿をチラリとだけ見送って、残りのパンケーキにフォークを当てた。

⇒【NEXT】数日後の夜、桃花のスマホに愛からメッセージが入った。(夢も欲も愛も飼い慣らして 2話)

あらすじ

一生懸命頑張るってなんだろう。
必死になるってなんだろう。

桃花は「情熱」に蓋をして、ただぼんやりと日々を過ごしていたが…。

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

おうちでジャムウエステ"
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう