注目のワード

官能小説【6話】夢も欲も愛も飼い慣らして【LCスタイル】


エロティックな名前

挿入された瞬間桃花は、自分はソレがソコに欲しかったんだと気づくことができた。
押し入られる快楽、組み敷かれる被虐心。

「つ、らい……」

桃花は貴之の首を両手で引き寄せて抱き締めた。
ズン、と体の奥を突き上げられると、そのたびに声が漏れる。桃花は唇を噛み締めた。

痛くない。今日は痛くなかった。
いつもなら奥まで突かれると痛くて、どんどん……、どんどん白けていく自分がいた。
セックスの最中に白けるのなんて毎度のことで、最初はまあいいかなと思っていてもすぐに良くなくなる。

彼氏だったら仕方がない。
エッチするのは当たり前だから。
でもそうじゃなかったら?
ただ面倒くさいだけ。

貴之が体を起こして、彼の首へ回していた桃花の手が外れる。
行き場がなくなってでも苦しくて、桃花はベッドのシーツをぎゅっと掴んだ。
体の奥深くに響いてくる律動。ずぶずぶに溶けていく快楽。

「桃花――、桃花」

なんてエロいんだろうと桃花は思った。
自分の名前がこんなにエロティックだなんて知らなかった。
貴之と出会わなかったら永遠に知ることはなかったかもしれない。

ただの、
も、も、か。

それだけの音の響きがどれだけ淫靡に心を震わせるかなんて。
また名前を呼んでほしくて桃花は噛み締めていた唇をほどいた。
けれど。

「あ……ん、あ……っ」

漏れる音は言葉にならずに、ただただ淫らな喘ぎを奏でるだけ。

「桃花――」

それでも貴之は桃花の名前を呼んだ。まるで分かっていたかのように。名前を呼んだ。
貴之の首筋に一筋の汗が伝う。筋張った男性的な鎖骨へ流れ、唾液を飲み込んだのか喉ぼとけが上下した。
性器全体に心地よさが広がっている。激しくされているのにちっとも悪くない。言いようのないつらさに腰が震えたけれど、それも少しも嫌じゃなかった。

まだやめないで。

まだイかないで。

桃花はそう思った。
貴之の腰の動きがまるで余裕をなくしたように速くなる。

「桃花」

また名前を呼ばれて桃花は返事とは言えない掠れた声を発した。

「桃花、悪い。今日はもう駄目だ」

激しく深く響く。貴之は桃花の腰をぐっと掴んで数回深く押し込んだ。

そして。

セックスの快楽

「っ……――」

桃花の初めて見る顔をして、貴之は達した。

汗が弾けた。
どくん、どくん、と射精をする拍動が桃花の中で伝わってくる。だけどそれでも良かった。
桃花は自然と、貴之の体を抱き寄せた。
乱れた呼吸が桃花の耳元で繰り返される。激しい心音が重なり合った胸から伝わってくる。
ひどく満たされた心地になった。重くて甘い疲労感が、じんわりと体を支配していく。
心身を溶かす快楽に、貴之の重い体を身に受けながら桃花は目を閉じた。

「私……、こんなの初めて」

貴之が桃花の首元へ顔を埋めてキスをする。
それは甘くてくすぐったいものだった。

「まだまだ知らないことがあるよ、君には」

「貴之サンには教わりたくないって言った。私。可愛くないでしょ」

貴之はごろんと桃花の上から降りて、となりへ寝転んだ。

「ああ、可愛くない」

「だよね」

「でもそれでいい。嘘がない」

「――嘘ならたくさんついたよ」

「ああ」

「気づいてるの?」

「多分な」

きっとなんだって見抜かれている。桃花はずっとそんな気がしていた。
それが怖くて怖くて、傷つくのが怖くて。でもふっと……、今はそうじゃないことに気づいた。
嘘をついたって分かってくれる、見抜いて察して受け入れてくれている。

この人は、『私が』イイんだ。

その結論に確かな根拠なんてない。それでもそれは確かなことに思えた。

「やっぱり貴之サンは意地悪だよ。私のこといじめてる」

「どうだろうな」

貴之は体を起こすと、さっとベッドから降りた。

「シャワーしてくる」

「……うん」

官能小説挿絵:ベッドで布団にくるまる女性

桃花に布団をかけて、貴之はひとりでさっさとシャワー室に消えてしまう。
すぐにシャワーの音が聞こえてきて、桃花は貴之のかけてくれた布団にくるまった。

「――あっさりしすぎ。おじさんのくせに」

ひとりごちて、今度は頭まで布団をかぶる。
まだ足の間がジンジンしている。
そっとそこに触れてみると、それは初めての感覚だった。ぼってりと熱を持って腫れあがって、ぬめった愛液で溢れている。いつもの倍ほどに腫れている感じがして、桃花は少し怖くなった。
まるで、ふやけて火照ってだらしなくなっているようだ。
慌てて手を離してぎゅっと目を閉じる。体はやたら重くて起き上がれそうもない。

――初めて、イった。

その感覚を幾度も辿るように回想していると、そのうち……、底なし沼に引き下ろされるように眠りについていた。

自慰の指令

「桃花。泊まっていくか?」

肩を揺する振動と、低い声に意識が戻ってくる。

「ん……」

寝返りを打ってうっすら目を開けると、すぐに貴之の顔が飛び込んできた。

「わ……っ」

びっくりして布団を頭からかぶる。

「泊まっていくか?明日仕事は?」

布団の向こうから静かに問いかけられて、桃花はおずおずと顔を出した。

「メイク、ぐしゃぐしゃ?」

「ふ、ああ、そうだな」

貴之が笑った。
笑うとほんの少し目尻に皺ができて優しい印象になる。

「ズルい」

「何が」

「全部。貴之サンはズルいよ」

「大人だからな」

「私と違って?」

「ああ」

「メイク直す。シャワーもする」

「泊まってもいいぞ」

「泊まらせたいの?一緒に寝たいとか?」

「いや。人と一緒だと熟睡できない」

「ふうん。それがエッチした女に言う言葉?」

「言っただろう。俺は嘘はつかない」

「私と違ってね」

また憎まれ口を叩いてしまったと思ったけれど、一度口にした言葉は取り消せない。
どうしてこの人の前だといつも通りの人付き合いができないんだろう、と桃花は内心ため息をつきながら体を起こした。
まだずっしりと重い。

「桃花。明日から毎日、自分でしろ」

「え?」

「オナニーしろと言ってるんだ。一日一回以上、今日みたいにイくんだ」

「何言ってんの、エロおやじ」

「そうすればもっと良くなる。いいな」

「やだよ」

「桃花」

「っ……」

貴之は桃花の腕を引くと強引にベッドへ座らせた。
そして、桃花の足を割り開く。

「ここを、俺が今日したように弄るんだ」

「んっ」

今日散々弄られた花芯にまた触れられて、桃花の体は大きく震えた。

「やめてよっ」

「じゃあ自分でしろ。毎日だ。いいな」

「やだ」

「いいな」

「やだってば」

「桃花」

逃げようとした桃花の足をぐっと掴んで、貴之はまだわずかに熱の残る桃花の中へ指を押し込んだ。
そうしながら別の指でクリトリスをこね回す。

「君の体はもう覚えたんだ。いいな?」

貴之にそうされるだけで、桃花の秘部はまた痺れるような快楽を訴えた。
自分でするなんて。オナニーするなんて。したことない。
桃花はもう一度、大きく首を振った。
ずるっと貴之の指が引き抜かれる。かと思えば、

「やっ、あぁ……っ」

貴之は桃花の足の間に顔を埋めて、クリトリスを強く吸った。

「やめっ……、やめ、てっ」

吸い上げたあとに、押しつぶすようにして激しく舌で愛撫される。
腰にまで、蕩けるような感覚が広がってくる。

「やめてっ」

桃花はもう一度、切ない声を上げた。
指とは違う、滑らかだけれど強い感覚に、性器全体が、おしり全体、腰全体が、蕩けておかしくなりそうになる。
桃花は貴之の頭をぐっと押しのけようとしたけれど、がっしりと腰を掴んだ貴之のせいでそれは叶わなかった。
ジンジンと響いてきて、体の力が抜けていく。桃花の腕から力が抜けた。自然と足に力が入って、自らそこへ向かおうとしている。

それを実感した瞬間。
桃花は泣きたくなって、本当に泣いた。

「もう、いや……っ」

スッと、貴之が離れていく。
唾液と愛液で濡れた場所が、すうっと冷たくなる。

「分かったな?桃花。この先に、自分でイくんだ」

「ん……」

桃花は両手で目を覆って、返事とも言えない返事をした。

⇒【NEXT】震えるようで、熱くて、痺れて、切なくて、もどかしくて、苦しくて。でも欲しい。(夢も欲も愛も飼い慣らして7話)

あらすじ

挿入された瞬間、桃花は「自分はソレが欲しかったんだ」と気づいた。
感じる快楽に、いつもは痛いと感じるそれも、体の奥深くに響いてくる律動に心が震えた。

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
リビドー ピュアシャボン
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう