注目のワード

官能小説【7話】夢も欲も愛も飼い慣らして【LCスタイル】

初めての自慰

あんなに火照って余韻を残していた体だったけれど、貴之と別れてから数時間経った頃にはいつも通りに戻っていた。

翌日の仕事もふつうに行けたし、ふつうにこなした。

けれど。

ことあるごとに思い出す。あの感覚。

震えるようで、熱くて、痺れて、切なくて、もどかしくて、苦しくて。でも欲しい。

あの感覚。

――あれが、セックスなんだ。

もう数えきれないほどしてきたはずの行為なのに、桃花は昨日初めて本当にセックスを知った気がした。

面倒じゃない、痛くない、気持ちいいい。そんな感覚。

翌日、仕事終わりの疲れた体をお風呂で温めてから、桃花はすぐにベッドにもぐり込んだ。

――別に、絶対に貴之サンの言うこと聞かなきゃならない義理なんかない。

でも。

貴之の言う通り、桃花の体はもう覚えてしまった。

「ん……」

そっと下着の中へ手を忍ばせて、昨日貴之が散々弄ったクリトリスを撫でる。びくん、と小さく体が反応したけれど、それだけだった。

恐々とこねてみても、昨日のような心地よさはない。

桃花はショーツを脱ぎ捨てると、大きく足を開いた。まだ少しも濡れていない。

貴之がしたように愛液を擦りつけようとしたけど、それは無理みたいだった。

「全然良くない……」

けれど弄っているうちに、どんどん……、どんどん、昨日の感覚が恋しくなっていく。

欲しくなっていく。

あの感覚を求めて指の動きは次第に早くなっていった。

「ああっ、なんで……!」

ベッドの上で手足を投げ出し、丸裸の下半身のまま大の字になる。

少し息が上がっていた。

でも少しも良くならない。

と、その時。

ベッド脇に置いていたスマホが震えた。

「貴之サン?」

ざわりと胸がざわめく。少し迷ってからタップした。

「もしもし?」

『何してた』

「何って……」

なんだか見透かされたような気持ちになって、さっと布団でむき出しの下半身を隠す。

『俺の言いつけは守ったか』

「何それ。確認の電話?ならもう切る」

『桃花』

ドクン、と胸が鳴った。

あの日感じた淫靡な響き。ふっとそれが思い起こされて体に不思議な感覚が走り抜ける。

「……何」

『家に帰ってるなら、ベッドに入って下着を脱ぐんだ』

「…………」

『桃花』

「……もうそうしてる」

『――そうか。いい子だ』

「それやめて。子ども扱いしないで」

『じきに良くなる』

「何が」

『こうして扱われるのが』

「なるわけないじゃん」

『なるよ。君は』

また。

見透かしたようなことを言われる。

胸が苦しくなって、桃花は大きく息を吐き出した。

「ならないよ……」

『触って。濡れてるか?』

「……濡れてない」

『触って』

触っていないことすら見透かしたふうなのが癪に障る。けれど桃花は黙ってそこに触れた。

やっぱりまだ濡れていない。

『昨日、俺がどんなふうに触ったか思い出すんだ』

無言のまま、桃花は目を閉じた。

二本の指を使ってゆっくりと隠れたままのクリトリスを弄る。

『乾いてたら、昨日持ってたバッグを見てみろ』

「……なんで」

『見てみろ』

ローションに魅せられて

桃花は昨日のバッグを引き寄せた。体が重かったせいで、そのまま今日も持って出かけていた。中身の確認もしないまま。

すると、中から見覚えのない袋が出てきた。

「何これ」

『袋を開けて。ローションだ』

「えっ、貴之サンが入れたの?」

『ああ』

「勝手に触ったの!?」

『入れただけだ。触ってない。君のプライバシーだから』

「そう。そんなこと考えるんだ。図々しいおじさんかと思ってた」

『憎まれ口はその辺にしてローションを使え』

「使ったことない」

『ただのローションだ』

桃花は仕方なく袋を開けてローションを取り出した。

容器を開けて手に垂らすと、とろりとしたとろみがつらつらと流れ出る。

『それを垂らしてもう一回触ってみろ』

「……うん」

素直になったのは、それを見た瞬間また昨日の感覚を思い出したからだ。

とろけるような感覚。

貴之に舐められた時の、熱と唾液の感覚。

桃花は言われた通り、ローションを手に取るともう一度そこに触れた。おずおずと指で広げる。

「ん……」

『横になって。昨日と同じ格好で』

「……うん」

『目を閉じて集中してみろ』

「電話切っていい?」

『このまま』

「……恥ずかしいよ」

『いいからこのまま。ローションでたっぷり濡らした場所を弄るんだ。指は入れるなよ』

「……うん」

『――いい子だ。聞こえる』

「っ……」

『桃花のいやらしい音が聞こえるよ』

「ローションだからっ」

『いや、桃花の音だよ』

じん、と痺れ始めたのが分かった。

電話越しに聞く貴之の声がいやらしい。いやらしくて高ぶる。昨日の感覚が蘇ってくる。

『膨らんできただろう、クリトリス』

「んっ……」

『少しだけ皮を剥いて優しくこねたら感じてた。強くするのはもっと良くなってからだ』

「ん、……やめてよ、恥ずかしい」

『でも膨らんできたのは事実だろ』

「そんなの……っ」

『強くするな。もう少し焦らして』

「いや」

『もっと焦らして。優しく』

「い、や……」

『いいから優しく。そのほうが気持ちいい』

「……男のくせに」

『男でも分かるよ。桃花がどうやったら感じてたか』

「いや……」

『桃花は良くなってくると嫌だって言う』

「嘘。そんなの」

『本当だ。じゃあもう止めるか?』

「……いや」

『さっきよりもっと、聞こえるよ。桃花の音。息も上がってきた』

「ほん、と……、エロおやじみたいだよ」

『わざとだよ。君を煽ってる。気持ちよくなるように』

「変態」

『もう黙って。それとも喋ってるほうが感じる?』

「わかんない……」

呼吸が熱くなって、おなかに力が入った。昨日ほどじゃないけれど、痺れるような心地よさが広がり始めている。

『分かった。じゃあもう強くしよう。桃花が欲しいだけ、強く弄っていい』

「ん……っ」

言われるままに桃花の指に力が入る。

強く擦ると、体が勝手にその先を求めて強張る。ジンジンと強くなる痺れが甘さと熱を伴って、体を支配していく。

『好きなように弄って……、イってごらん』

「ん……、や……っ、あっ」

電話エッチをする男女

ぐん、と引き上げられた。

高い場所で快楽に投げ出されて……。

高波に飲まれた先に、じんわりとした心地よさが性器いっぱいに広がった。

じわりと愛液が染み出したのも感じる。

どくん、と膣が打ち鳴って、桃花の体が震えた。

『桃花』

「ん……」

『イった?』

「うん」

『そう』

「うん」

『よく頑張ったな。そのまま休むといい』

「……うん」

『おやすみ』

「うん、おやすみ」

通話が切れる。

桃花は何故だかもう少し話していたかったことに、切れたあとで気がついた。

貴之と話したいと思ったのは、多分、初めてだ。

一度目を開いてスマホを投げ出し、また目を閉じる。

ちゃんとアラームかけてたかな、と気になったけれど、心地よい睡魔には勝てなかった。

自慰の証拠

それから一週間。

桃花は貴之に呼び出されてホテルへ向かった。

この一週間約束を守って毎夜自慰をした桃花の体は、最初よりずっと上手くイけるようになっていた。

「服を脱いで。桃花」

「ムードも何もないじゃん」

「ないほうがいい場合もある。まずは一週間言いつけを守った証拠を見せるべきだろう?」

「証拠って……、どうやって」

「俺の前でするんだ」

「……何を」

「オナニー」

いやだ。

桃花は即座にそう言えなかった。

だって分かっていた。次会ったらきっと、そう強要されるだろうってことは。

黙ったまま服を脱いで裸になる。

ベッドに上がると、足の間に手を忍ばせた。

「足を開いて」

「でも、閉じてたほうがすぐイける」

「時間がかかってもいい。ちゃんと俺に見せながらするんだ」

「…………」

貴之はベッドの近くにある椅子に深く腰掛けると足を組んで桃花を見つめた。

「そこで見てるの?」

「ああ」

「やりづらい」

「やってみないと分からないだろ。俺に向けて足を開いて」

⇒【NEXT】桃花は諦めと、心の深くから湧き上がる渇きに背中を押されて、彼の前でゆっくりと足を開いた。(夢も欲も愛も飼い慣らして 8話)

あらすじ

貴之に言われた通り、あの日のセックスを思い浮かべながらひとりHをしていた桃花。

しかし、なぜかうまく濡れない。

の時、ベッド脇に置いていたスマホが震え、貴之から電話が来る。鞄を見るように言われ、中をのぞくとローションが出てきて…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

ラブコスメ感謝セール2020
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう