注目のワード

投稿官能小説「オトナの女」(緋山くうさん)【LCスタイル】

誰にも言えない不安

高層ビル

「あ、あの、先輩、
頼まれてたの出来上がりました」

未だに慣れない、先輩のデスク。
私は必死で緊張を隠しながら、
さっき出来あがったばかりの書類を差し出した。

「ああ、悪い」
先輩は、そんな私には目もくれず、
ごく普通にそれを受け取ると、
またカタカタとキーボードを打ち始める。
視線は、パソコンの画面に釘図けのままで、
私は寂しい気持ちでペコリとお辞儀をすると、
自分のデスクに戻った。

わかってる。
今は仕事中だって。

だけど、一日中不安になってしまうのは、
先輩は経験豊富な人で、
今まで沢山の女性とベッドを共にしていたからで……。

そんな先輩が、私とではまるで無縁のような状態なんて、
どう見ても、私に原因があるとしか、考えられなかった。
手は繋いでくれるし、キスもしてくれるまでに前進した。
だけど、そういう雰囲気になっても、腕枕で終わってしまう。

やっぱり、私に色気がないからかな?
そんな、不安は、日に日に大きく膨らんで、
こんな事相談出来る友達もいない私は、
ただただ、必死でその気持ちを押さえ付けるしかなかった。

私は欲張り?

唇と口紅

「ええ!?今何て言った!?」
そう言って、目の前の島田先輩はお腹を抱えて笑い出す。

「そ、そんなに、笑わないで下さい……」
彼は、高田先輩と同期で、デスクもお隣同士。
二人はコンビ芸人のように息が合うし、仲も良い。
そんな、島田先輩なら何かヒントを貰えるんじゃないかと、
こっそりデスクに訪れたんだけど……。

「ごめんごめん。だって、篠崎ちゃん、
第一声が『高田先輩ってゲイですか?』なんだもん。
誰だって笑うでしょ?」
そして、また目に涙を浮かべながら、
島田先輩はヒーヒーと笑う。

そんなに笑われるなんて。
途端に顔がボッと熱くなる。
私って、そんな変な事言ったのかな?

でも、そうとしか今の私には、答えが思い浮かばない。
いや、寧ろそうだとしたら、
自分を納得させる事ができるのに……。
私は俯き、キュッと手に力を込める。

「不安、なんです。
先輩は無理して付き合ってくれてるんじゃないかって……
自信がないんです」
思わず漏れてしまった本音。

島田先輩は、急に静かになり脚を組むと、
私をじっと見つめて言った。

「何故そう思う?」
「え!?そ、それは……」
抱いてくれないなんて、恥ずかし過ぎて言えやしない。
言いどもっている私に、
頬杖をつきながら、彼は更に言葉を続ける。

「俺は、大切にしてると思うけどな。
片っ端から女を抱いてたアイツがさ、今じゃ、
言い寄ってくる女全部断ってる。
それは、篠崎ちゃんがどれだけ
高田にとって特別な存在なのか、考えたりしない?」

「確かに、先輩は優しいです。
でも、時々……
先輩に抱かれた人達を羨ましく思ってしまうんです……。
彼女達でも手にいれる事が出来なかった唇を、私は手にいれた。
それだけでも、幸せなんですけど……
そう思う私は欲張りですか……?」

少しずつ漏れていく本音は、
やがて、核心へと近づいていく。
ずっと悩んでいた、小さな秘密に。

「ああ、そういう事か。
いや、女としては普通なんじゃないかな?
女だって男だって本能はそうだろ?
理性があるから、衝動的になる事を制御出来ているだけで。
だから、そう感じるのは変な事じゃないさ、好きな相手なら尚更ね」
「そう……ですか」

島田先輩の言っている事は、すぐにわかった。
恋人同士なら、求めあうのは普通の事。
でも、それなら尚更、先輩から求められない私は……。
そう思うと熱い涙が、頬を伝った。

「篠崎ちゃん、難しく考えすぎなんじゃない?
もっと小さな事から始めればいいんだよ、
例えば……その先輩って言うのをやめるとか。
それから髪型を変えてみるとか、香水をつけてみるとかね。
ちょっとした変化でも、
いつもと違ければ気付くはずだよ?男って」
まるで頑張れと言うように、私の肩をポンと叩くと、
島田先輩は軽快に席をはずした。

そうだ、少しずつ変えてみよう。
私らしく、ぶつかってみればいいんだ。
重かった肩の荷が、少し軽くなった気がした。

空回りしていたみたいに届かない

指元

あの決意から、一週間がたった。
島田先輩のアドバイス通り、
私なりにファッション雑誌や、女性誌を読みあさり、
エロイ女になろうと日々励んでいる。

さりげない露出……チラリズムに男は弱いと聞けば、
ブラウスを谷間ギリギリまであけて出社。
そして、先輩のデスクに向かうと、
少し前かがみになってクールに書類を渡す。

「し、し、しゆゆ、しゅううう、秀一さん、これ出来ました」
私を見るなり、あんぐりと口をあける彼と島田先輩。
まるで、言葉が出ないみたい。
やだ!もしかして、ドキッとしちゃいました?

ここで、なやましげにクネクネ作戦!
「し、し、しゆゆ、秀一さん、今晩空いてま……!!」

とたんに、隣のデスクから、
声を押し殺した笑いが聞こえ出す。
声の主は、勿論島田先輩。

そして、それと同時に、
ふわりと、私の肩にジャケットが掛けられた。
思わず先輩を見上げると、優しい口調で小さく言った。
「身なり、整えておいで」

一瞬、言葉が出なかった。
少しでも先輩を惑わせたいと思った私の気持ちは、
空回りしていたみたいに届かない。

力なく「はい……」と返事をすると、
言われた通り、化粧室へと向かった。

『……島田、お前だろ?』
『的確なアドバイスをした筈なんだけど……おかしいなぁ』

秘密の最終兵器

女性のウエスト

残業後の、ディナーの帰り。
折角の金曜なのに、私を送る為に見なれた道を、
先輩は、いつもの様に隣を歩く。

私……バカみたい。
この後の展開が簡単に予想できて、思わず俯いた。
普段は気にもとめないランジェリーも、
上下セットのセクシーなデザインを買い揃えたのに。
それらの、いわゆる勝負下着は、
出番がないままタンスに落ち着いていく。

スカートもミニにしてるし、
全身の無駄毛処理をして、スベスベにしている。
いつでも、その時がきてもいい状態なのに、その時がこない。

男性は、そういった欲求が溜まると、
はかずにはいられないと聞くけど……
私とは約一ヶ月半、そういった事がないわけで。
もしかして、他に解消してくれる相手がいるんじゃないかと、
先輩を疑ってしまう自分がいる。

私が初めてだから?
色気がないから?
こんなに、悩むくらいなら、
本人に聞けばいいのに。
臆病な私は、先輩に聞くのが怖い。

でも……。

今日は、最終兵器を持ってきた。
折角の金曜日。かけるなら、今しかないよね?

「あ、あの!せ、先輩!」
思わず立ち止まり、繋がれた手をキュッと掴んだ。

「今日は、金曜ですよね?」
「ああ」
「明日も、明後日も私達オフですよね?」
「?……ああ、そうだけど」
「せ、先輩!だから、あの……」
「?」
『ふ、ふ、二人で、ゆっくり……』
「?悪い、声小さくて聞こえない」
そう言って、顔を近づける先輩。

駄目だ!恥ずかしくて言えない……!
どうしよう……。

「あ、ああ〜……な、何だか急に目が回って……!
酔ったみたいです!
先輩、どっか休めるとこないですか?フラフラします!」
「酔ったって……アルコール頼んだっけ?
ひなのはいつもジュース……」
「あ、あれ!アルコール入ってたのかも〜」
「でも、何処かって……この辺だとラブホしかないだろ?
家まで我慢でき……」
「できません!」
私は、強引な手を使い、
何とか先輩をホテルに連れ込む事に成功した。

魔法を纏い、ベッドへ

花瓶

先輩に肩を抱き抱えられたまま、
私は魅惑の一室に足を踏み入れる。
やわらかなピンクの照明。
見たこともない程大きくて、上品なベッド。

「すごい……」
まさに此処は、妖艶な雰囲気で、私はハッと我にかえった。

「……ひなの?」
しまった!この後の展開を考えてなかった!
「せ、先輩!私、気分転換に、
ちょっとシャワー浴びてきますね……」

何か言おうとした先輩の言葉を、
遮るように、私は慌てて身体を離すと、
逃げる様にバスルームに飛び込んだ。

先輩……絶対不審に思ってるかも。
大きなジャグジーにブクブクと浸かりながら、
念入りに最後のチェックをした。

そして、ポーチから、最終兵器をそっと手に取ると、
首筋や、胸、手首、股にと全身に吹き掛けた。
甘いけど、甘ったるくなくて、
どこか爽やかさが感じられる心地良い香りが、
私をふんわりと包み込む。

特別な配合で作られた、男性を虜にする魅惑の香水。
いろいろな雑誌で取り上げられていて、
興味をもった私は、藁にもすがる思いで購入した。

まるで、おとぎ話に出てくる魔法使いが作ったホレ薬。
私にも魔法をかけて欲しい。
エロイ女になる為に!
そして、先輩……王子さまとラブラブになる為に!

私は、真っ白でなめらかなガウンを纏うと、
そっと先輩が待つ、ベッドに向かった。

本音と初めてを捧げる…

ベッド

「あの……先輩……」
バクバクと音をたてる胸をおさえながら、
毛先が濡れたヘアーを慌てて整える。
椅子にはジャケットがかけてあって、
ベッドに腰掛けた先輩は、小さくて両手をひろげ私を誘う。
そして、すっぽりと背中から腕を回し私をおさめると、
優しくキュッと抱きしめた。

「酔ったなんて、ウソなんだろ……?
島田に聞いた……。前から、気付いてはいたけど、
そんなに不安にさせていたなんて、
思ってなかったから、ごめん……」
私は、言葉の変わりに、ううんと首をふる。

「ひなのが、初めてを俺に捧げようとした時。
絶対にこの娘だけは、大切にしようと思った。
俺なんかが、簡単に奪ったらいけないって……我慢してた」

やっと気持ちが届いたんだ……。
そして、思いもよらずに、聞けた先輩の本音。
まさか、先輩がそんなふうに思ってくれていたなんて、
考えてもみなかった。
ううん。寧ろ、そんな先輩を疑ってさえいたのに……。

そう思ったら、言葉がつまって。
私を包むその腕を、キュッと両手で抱きしめながら、
もう一度小さく頭を横にふった。

すると、不意に先輩の頭が肩に触れ、
首筋に唇を近付ける。
恥ずかしさに、耳がボッと熱くなるのがわかった。

「せ、先輩……」
「ひなの……なんかエロイ匂いする」
そう聞こえた瞬間、先輩の手がガウンの隙間から進入してきて、
首をつたう唇の感覚に、私は思わずキュッと瞳を閉じた。

やだ……ドキドキが止まらない!!
そして、とうとう私は押し倒され、
視界は天井にひっくりかえった。

片手でワイシャツを外しながら、
上から見下ろすように見つめる姿に、私の顔は炎上状態。
やんわりとしたピンクの照明が、更に先輩の色気を演出した。

先輩は、初めての私を優しくリードしてくれる。
身体中に感じる先輩の唇や、指の感触が心地よくて、
何度も漏れる、自分のとは思えない声に、恥ずかしさを堪える。

そんな私に、「ひなの、可愛い。もっと聞かせて」と、
イジワルな先輩は、更に私を気持ちよくさせた。

「……怖い?」
いよいよと、いう時。
彼は私を優しく抱きしめながら、呟いた。

凄く私を大切にしてくれている。
先輩の愛を感じて、
私は「ううん」と小さく返事をした。

「先輩のものにして欲しい……」
そう言った私の瞳に、彼の微かに潤んだ瞳が答える。
「優しくするから……ひなのはリラックスして、
俺に預けてくれればいいからね」
不安にならないように、気遣ってくれている。
そんな先輩が、初めての人なんて、私は本当に幸せものだ。

そして、私達は、その夜初めて一つになった。

魅惑の香水

ワイン

大きなベッドに寄り添い、私は先輩の腕枕をしながら、
その余韻にひたっていると、先輩は、
優しく私の頭を撫でながら言った。

「痛くなかった?」
今まで感じた事がない、甘く、穏やかな感じ。
それに、どっぷりつかっていた私は、
ハッと、島田先輩に言われた事を思い出した。

「うん。し、しゆ、秀一さんが優しくしてくれたから」
何故か、クスクスと笑い出す先輩。

「もう遅いだろ?ベッドの中で
“先輩センパイ”さんざん言ってたし」
「え!?」
恥ずかしさのあまりに、シーツに潜ると、
先輩はまだクスクスと笑っている。

「いいよ、先輩で。俺はあまり気にしない方らしいから。
それに、その方が、ひなのに呼ばれてる感じがする」
そう言って先輩は、
シーツをはいで私を見付けると、優しくぎゅっと抱きしめた。

確かに、先輩の事をみんなは高田さんと呼ぶ。
秀一と呼んでいたのは、きっと結婚する筈だった美香さん……。

「それにしても……ほんとエロイ匂い。
ひなのの身体中から、匂ってる」
首筋に顔を埋めながら、先輩が囁く。

「実は、魔法使いのホレ薬なんです」
「ホレ薬って……普通飲ませるものだろ?」
「ええーー!?」

魔法使いの魅惑の香水は、確かに私に魔法をかけてくれました。
王子さまと、ラブラブになる素敵な魔法を……。

「魔法使いって、まさか島田……」
「ち、違います!!」

緋山くうさん/著

【彼を誘惑するヒミツの香り】ベッド専用香水『リビドーロゼ』

この投稿小説を読んだ方におすすめ

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

おうち時間を楽しむ
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全55話公開中
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう