注目のワード

投稿官能小説「デートのデザートは…」(蒼井 ヒカリさん)【LCスタイル】


夢中で祐介の舌に絡みついた(デートのデザートは…)

官能小説;手をつなぎ歩く男女

私より2つ年上の彼、祐介は普段はとても無口。

祐介は地元でも有名な商社に勤めていて、一方の私は、
某ファーストフード店でスマイルを振りまく、いわゆるフリーターだ。

そんな彼と一通の間違いメールをきっかけに知り合い、
付き合うようになって半年。

最初はその性格とメールの内容のギャップにかなり戸惑ったが、
彼との時間を過ごしていく中で、祐介は、実は繊細で
恥ずかしがり屋なんだという事が分かった。

でも私と2人きりで過ごす時は、とてもよくしゃべり、
そして、とても情熱的であった。

今日も仕事帰りに待ち合わせをして、レストランで食事をし、
いつもの様に祐介の部屋へと向かった。

「今日のデザート、イマイチだったな」

私は祐介のスーツの上着をクローゼットにしまいながらつぶやいた。

「そうか? 俺は食べてないから分からないけど、
  結構デザートには力を入れてるって聞いたから、
  アキが気に入るかと思ったんだけど」
「ま、でもメインの魚料理は結構美味しかったよ。ご馳走様でした」

祐介に向かって一礼する。

「こちらこそ、どういたしまして。さて、今度は
俺が食べ損ねたデザートをいただくとしますか」

祐介は私の頬に軽くキスをして、ベッドへと導く。
ゆっくりと唇を重ねる。
最初は軽く、まるで小鳥がくちばしを突き合うように、
頬や耳たぶにキスの嵐を浴びせる。

やがて、次の感触を試すかのようにねっとりとした感触が
私の中に入ってくる。
私も、夢中で祐介の舌に絡みつく。
お互いを離すまいと、舌と舌とが複雑に絡み合う。

大の字に縛りあげ、ローションを…

官能小説;果物

祐介は私の胸をやさしく包み込み、5本の指を器用に動かし、
快感を与えていく。

「ふっ…う…ん…」

ブラウスのボタンをひとつひとつ外していく。
アキの白い肌をより強調させる紺のブラが顔を出す。

一気にブラも外され、華奢な身体からは想像できない豊満な胸が顔を出す。
片方の胸は手で愛撫され、もう片方は口と舌で必要以上に弄ばれる。

ボーっとする頭の中で、今日はどんな風に愉しませてくれるのであろう、と考えていた。
そんな私を察してか、祐介はベッドの柵を上手く利用して
私の両手首、両足首を固定し大の字に縛りあげた。
私は何が起きたのか分からず、きょとんとしていた。

「大丈夫。痛くしないから」

耳元で囁き、にっこりと笑い、サイドテーブルからガラス瓶を取り出した。
蓋を開け、中身をゆっくりと私の身体に流していく。

「冷たっ…」

トロッとした、液体の雨。

「これって…」

祐介は黙って頷いて、

「たまには、こういうのもいいね」

ツンと突き上がった2つの山を中心に全身にローション を馴染ませる。
初めてのローション の摩擦は、私に何ともいえない快感を与えた。

「アキのさくらんぼは、甘くて美味しいなあ」

舌で硬く立った乳首をころころと舐め回す。

「は…ぁ…」

もがきたくても、身体は固定されているので動けない。
祐介は容赦なく両手で丁寧にマッサージを続ける。

胸、お腹と段々と下に向かっていった手は、スカートのスリットから
はみ出た太ももにたどり着いた。
そこから一気に、付け根に向かって手を滑らせる。

でも決して、肝心な部分には触れてこない。
私の下着はもうぐっしょりだった。

「もうイッた? お楽しみはこれからだよ…」

官能小説;ベッドで横になっている女性の足元

スカートを腰までたくし上げ、下着に手をかけて祐介はビックリした。

「アキ…もうこんなに感じてる…」

そっと指でアキの花びらをなぞる。

「あんっ…」

クチュっといやらしい音が室内に響く。
ローションと愛液でアキの中を激しく刺激していく。
アキの中の最も敏感なスポットを刺激されると、
とたんに身体に電流が流れる。

「や…あ…あっ…」

身体が熱い。

「いいよ、もっと感じて」

祐介は、そんな私を愛おしく見つめ、先ほどの引き出しから
さらに何かを取り出す。

「実はこんなのもあるんだよ」

ブーンと鈍い音をさせ、そっとクリに押し当てた。

「ひゃ…あ…」

指とは違う、繊細で緻密に計算されたその動き。
初めて体験する、ローター だった。

「後で感想を聞かせてね」

祐介は手元のスイッチで、振動の強弱を変え、私の反応を愉しんでいる。

「いやぁっ…!も…ぅ…だめぇ…」

私は腰をくねらせ、必死に抵抗する。
その反面、秘壷からはトロトロと蜜が流れ出る。

「うん、いいね。こっちのジュースも甘いよ」

ゆっくりな舌の動きとローターの激しい刺激を受け、私はもう限界だった。

「いやああああっ…」

頭の中で何かが弾ける。
一瞬、意識が遠のき、身体がベッドの上でバウンドした。

「もうイッちゃったの? お楽しみはまだまだこれからだよ…」

私は祐介を、祐介は私を犯していく

官能小説;紫の花

縛りあげていた両手両足を開放し、息が上がっている私を横目に、
祐介は再びローターのスイッチを入れる。

ローターが鈍い音を立てて、私の秘部目がけて再び襲い掛かる。
すでにローションと愛液でヌルヌルになっていたので、
簡単に入ってしまった。

「アーーーッ!」

先端は、まるで小動物のように自由に動き回り、
私の中をめちゃくちゃにしていく。

「祐介、だめぇ…、助けてぇーー」

私は我を忘れて、思わず叫んでしまった。

「アキ…、隣に聞こえちゃうよ」

祐介は苦笑して、ゆっくりと自身のモノを私の口に入れた。

「ちゃんとしゃぶって、声は出しちゃダメだよ。」

69の体勢になって、私は祐介を、祐介は私を犯していく。
ローターを何度も私の中を出し入れし、クリは舌で舐めたり、
時には吸い込んだり。
その間も、私からは滝のように愛液が流れ出る。

私は快感の渦に飲まれそうになりながらも、必死で祐介を舐め回す。

「う…、それ、いいね」

祐介も感じているのが分かり、私はじっくりと刺激していく。
そして、お互いが絶頂に向かって、動きに激しさが増す。

「アキ…イク時は一緒だよ」
「ふ…う…ん」

祐介のを加えたまま、頷く。
そしてローターのスイッチを最強にし、素早く出し入れを繰り返す。
振動が、クリを刺激する度に意識が遠のきそうになる。

「アキ…アキっ…」

祐介も必死に腰を動かす。

次の瞬間。
ドクンっ。
口の中で祐介が弾け、同時に苦い味のジュースが喉を濡らしていた。

「俺が、アキを食べる前に、アキに食べられちゃったよ」

照れ笑いをした祐介は、私の頭を撫でて
そうして、私たちは再びお互いを味わい始めた。



⇒【こちらもおすすめ】「気持ちいいの? もっと声聞かせて…」(大人のキス)

この小説を読んだ方にオススメ!

あらすじ

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

はじらい企画
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全55話公開中
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう