注目のワード

投稿官能小説「誕生日のHは特別…」 【LCスタイル】

誕生日のHは特別…

官能小説;誕生日のショートケーキ

ラブホテルのエレベーターの中、繋いでいた手を
わたしはぐっと引き寄せた。
今日はきっと素敵な夜になる…と思うと自然とそうしていた。
今日は大好きな彼の誕生日だから。

3つ年上のタケルはバイトの先輩。
ずっと前から知っているような安心を感じた。
いつも優しくて、しっかり叱ってくれる。
デートの時はいつも手を繋いでくれる。

わたしの“初めて”は彼だった。キスもセックスも。
いつもわたしを1番に思い愛してくれる。

気持ちいいところをまるでガラスの花びらに触れているかのように
優しく優しく、そして力強く、深く。

わたしの誕生日に彼はバイブを使いたいと言った。
けれどわたしは断ってしまった。聞いたことも見たこともなかったから。

それ以来彼は一度もバイブの話はしなかったけれど、
わたしはネットでいっぱい調べて、
勇気をだしてひとりHはじめてセット を買っていた。

そして今日はそれを彼と使おうと思って持ってきたのだ。

喜んでくれるかな…

早く使ってみたくて、でも彼に変に思われたらと思うと
なかなか言いだせなかった。

一緒にお風呂に入ったり、
ケーキとプレゼントで誕生日をお祝いして、
わたしはこう切り出した。

「もうひとつプレゼント」
彼はきょとんとしながら袋を開けた。

「これって…バイブ ??」

わたしがうなずくと彼はぎゅってしてくれた。
「前に断ってからいっぱい調べて買っちゃった。タケルの事大好きだから…」
「アヤ…」

彼は優しく、いつも以上にあたたかいキスをして愛撫して、
そして舌を絡ませ。
もうわたしからは愛液が滴り落ちていた。

「使ってみてもいい?」

黙ってうなずくとタケルはローション を手にとりマッサージした。
滑らかな動きで全身の力が抜けていく。

どこまでも敏感になったわたしの体は
彼の指の1本1本さえも感じとっていた。

そして片方の胸にキスをしながらもう一方の乳首をローターで弄ばれ
とろけてしまいそうになっているわたしを見て、
タケルはとても興奮しているようだった。

誕生日の特別なH

官能小説;感じる女性の顔

「…ぁぁ……」
声にならない声が漏れてしまう。 

わたしだけこんなに気持ちいいのはと思い
「ねぇタケルも気持ち良くなってほしい。舐めてもいい?」って聞いた。

わたしがフェラするのは初めてだから
タケルはちょっとびっくりして、
でも嬉しそうにうなずいた。

彼のものを見てびっくり。
こんなに大きくなっているのを見たことがなかった。

たまらなく愛おしくなりキスをした。
でもどうすれば良いのか分からず彼に気持ちいいところを
聞きながら一生懸命こってりと舐め、手で、口でたくさん彼を愛した。

時々痙攣する彼を見てわたしも体の奥から
どんどんと熱いものが込み上げる。

「ありがとう。今度は俺の番。」
そういうと彼はたっぷりと濡れたところにバイブを…

「あぁ…」

バイブってすごい!!

くびれた部分で更に快感を増す。どうして断ったのかと思うくらい。

バイブのスイッチが入ると物凄い快感が全身を走る。
体をよじらずにはいられない。
足は痙攣し背中を反らせ、逃げたい衝動にかられる。

「っんん、あぁ……いやっ」

逃れたいのに逃れられない。クリバイブがどこまでもわたしを追いかけるのだ。

「あぁーーーーっ!!」

乳首に触れられた瞬間電流が走った。
首、肩、胸、お腹、大腿、…全身が性感帯となり
全身がもう自分の意思とは関係なく反応する。

たまらなくタケルがほしくなり言った。

「タケ…ルの……挿れて…」

「まだだめだよ。」

タケルはバイブを激しくピストンさせ、グラインドさせ。
クリバイブがクリを離れるたび、快感が全身を駆け巡る。

「タケルの…欲し…い、…もう…我慢できない。
早く……挿れて!!」

「アヤってエロイな。分かったよ。」

バイブを素早く抜くとタケルはさっきよりも更に、
熱く硬く大きくなったものでわたしの中を貫いた。

「うぅーっ」

わたしの中を大きく大きく動く。
大きく大きく掻き回され、もはやなすすべもなく全身で悦びを感じ続けた。

もう何回イッたか分からない。
気が遠くなってきた時タケルはわたしの中で果てた。



⇒【こちらもおすすめ】「しい、な、さん。すごい、です。椎名さんの、中、とけそう、ですっ…」(アルバイト先の社員と…)

この小説を読んだ方にオススメ!

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

おうち時間を楽しむ
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全55話公開中
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう