注目のワード

「一目ぼれ、そして告白」(petitさん)

唇に温かいものを感じた

官能小説;光が差し込む窓際に置かれた花瓶の花とコップ

もう抑えておくのは限界だった。

上司である川口和哉さんの出向が決まって1ヶ月、
いよいよ来週からはお互い違う職場で頑張っていくことになる。
彼は引き継ぎのために、今週は毎日残業。

来週の水曜日にはもういなくなってしまう。

狙ったわけではないが、今週は私も残業続きで、
いよいよ別れると言うのに、この数日間が1番彼と会話をしている。

私、吉井理沙は4月部署の移動で彼と同じ部署で働くようになり、
川口さんに一目ぼれしてしまった。

年齢を知って驚いたが26歳の私より10歳以上年上の37歳だった。
とても30代後半には見えない見た目の爽やかさと、
会話のスマートさに毎日惚れ惚れとしていた。

「いよいよなんですね、広告代理店ってなんか楽しみですね」
「引継ぎだけで、行ってからのことなんか全然考えられないんだけどね」

「でも、栄転ですね。
川口さんには今の仕事よりずっと向いてると思いますよ」
「そうだと良いんだけどね、追い返されないように頑張るよ」

くしゃっとした笑顔を作りながらそう話す彼に、
私の心はキュっと掴まれてしまった。
やっぱりたまらなく好き。このまま何も言えないなんて寂しすぎる。
きっと後悔してしまう。

今しか…ない。

そう思うと自然と言葉が口をついて出てしまった。

無防備な川口さんの顔が…(一目ぼれ、そして告白)

官能小説;目を瞑った無防備な女性の顔

「来週から、川口さんに会えなくなると思うと…とても寂しいです。」

「え…。」

「川口さんに会った時に、一目ぼれしちゃってました。
ずっとこんな風に話しが出来たら良いなって…思ってたんです。」

恥ずかしくなってしまい、もう最後の方は消え入りそうな声だった。
ここまで言ってわからないなんて、
よっぽどの鈍感じゃない限りわかるだろう…。
なんて返してくれるんだろう…。

そう思うか思わないかの間に、唇に温かいものを感じた。
キュっと瞑ったまぶたを開くと無防備な川口さんの顔が。

あ、まつげ長い…。
そんなことを思ったところで抱きしめられた。

「ありがとう、やっぱり吉井さんはかわいいね」

そういうとまたキスをくれた。
チュ。

かわいらしい音。
しかし…どんどん激しくなるキスの音は
クチュ、クチュっと変わっていき、息遣いも荒くなる。

激しく口づけて…

官能小説;寝っ転がる男女

キスってこんなに感じるものだった?
頭の中が溶け出しそうだった。

いつの間にか、川口さんの唇は首筋…耳…胸元へと下っていった。

正直ここまでの展開を想像していなかった私は、
想いが通じたうれしさと、キスの気持ちよさ、
それに少しの驚きで何も考えられていなかった。

甘噛みしていた耳元にキスをしながら
「いいね?」
とささやく彼の言葉にコクンコクンとうなづくと、
柔らかな手つきでブラウスを取り去っていった。

そして、小鳥のついばみのようにキスしたり、
口を開き唇を苦しいくらいに沿わせてくる。

チュ…チュパ…
っとキスの音に交じり、軋む音…私の声が交じる。

「あ…ぁん…かわぐちさん…苦しい、ぅぁ…だめぇ…」

体中が満たされた時、
気持ちよさと同じくらいな苦しさが私を包んだ。

「だめ?痛い?」

そう伏せた目で言う彼を見ていると、
たまらなくなってしまった。

「だめ…あたし…あたし…ぁ…だめですよぉ…」
「だめ…じゃない…ほら、俺も…もう…」

早くなる腰の動きと、どんどん激しくなるキスの雨。
どうにもならない気持ちよさ。
快感の波が押し寄せ頭の中はもう真っ白だった。

「だめ…だぁ…め…イっちゃ…ぅ…」
「いぃよ…好きだよ、吉井さ…ん」

その言葉とともに私達は果てた。

川口さんに包まれる温かさ、
乱れる息遣い…いまさら恥ずかしさが押し寄せてきて顔をうずめた。

「順番がおかしくなっちゃったね…あらためて…俺も好き。」

またあの、くしゃっとした笑顔をしながらキスをくれた。

全身に彼の重さとぬくもりを感じ、
今度は私から精一杯の幸せの気持ちを込めてキスを返した。



⇒【こちらもおすすめ】「すごい。トロトロだよ。気持ちいいんだ?…」(社内恋愛、皆には秘密)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全55話公開中
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛(全3話)
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと(全3話)/森下くるみ
バースデーバレンタイン(全3話)/渡辺やよい
安藤呂衣は恋に賭ける(全3話)/内田春菊
私の知らない私
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方
その指が恋しくて
あなたを感じる〜電話エッチ〜
寂しさの粒
ルームナンバー701
美味しいセックス
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑(同棲カップル)
新着官能小説
あなたを掴まえたい(年下彼氏)
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」
【完結】【となりのS王子小説版】恋におちたら
先生とわたし/虚羽あす
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン(夫婦のエッチ)
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ/はづき
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫
甘恋レッスン
恋のメイクレッスン
彼女を震わせるモノ
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語/はづき
恋猫、飼い始めました。/凛音
Lovecure/虚羽あす
二度目の恋におちたから/松本梓沙
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下のわんこのおねだりタイム/あさぎ緋文
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス〜愛してるから触れたいのに〜
上手なキスを教えて?〜幼馴染のエッチなレッスン〜/松本梓沙
秘密、蜂蜜、果実蜜/三松真由美
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。
あなたのすべてが性癖なのです。
きみの声じゃないと駄目なんです!
欲望まみれの執事に愛されて
「気持ちいい」を聞かせて
ひとりえっちの為の短編エッチ小説
投稿官能小説(短編)
恋愛小説(短編)
夏目かをる小説
官能コラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう