注目のワード

「マッサージ」

マッサージの官能小説

官能小説;複数の花びら

少し思い出話をしましょうか。
その人に出会ったとき、
私は遠い国にいました。

爽やかな夏の昼下がり、
私は彼の視線を感じていました。
涼しげな青い目が、その日は
絡みついてきました。

実は前日の夜から彼の様子が
なんだかいつもと違って、
これから起こるだろうことを
なんとなく感じていました。

電気もつけず、
ブラインドも上げずに、
テレビだけがついた薄暗い部屋で、
大きなソファーの上で並んで
座っていました。
彼はぽつりと言いました。

「マッサージしようか。」
「いや。」

小さく言いながら、
私の体はゆっくり傾いて
いきました。

おかしいでしょう?
言ってることと、
してることが別々で。

体と頭が別って、
こういうことかな、と。
先の保証なんてない人なのに、
だから、今欲しくて仕方がなかった。

頭から肩、背中へと彼の手を感じて、
私の体がほどけていくのを
感じました。

いつの間にか手は、
Tシャツの中にいました。
脇腹を上がっていって、
下着に触れるか
触れないかで下がっていきます。

そうして彼は、足の先まで
揉んでいきました。

「仰向けになって。」

引き込まれる瞳

官能小説;ベッドでうつ伏せになる裸の女性

それでも彼の言うままに
なるのが怖くて、
私は横を向いて寝るという、
なんとも中途半端な
ことになりました。

かまわず彼はシャツの中で
私に触れました。

熱い手がお臍のまわりを撫でると、
思わず声が出そうになりました。

必至に抑えると、
彼はゆっくりゆっくり、
脇腹を撫で上げていきます。

私の肌の感触を
楽しんでいるようでした。

どれくらい過ぎたのか、
彼が下着の線に触れました。

もう私はとろけきっていて、
逆らうことなんて
できませんでした。

一瞬彼の手が止まるのが
わかりました。

でもすぐに、私は
仰向けになっていて、
彼は下着を押し上げて
私の胸に顔をうずめて、
舌を這わせていました。

「かわいい乳首だね…
好きだ…」
初めて男性の体温が
私の上にあるのを感じ、
固くなった部分を吸われる
のを感じました。

こんなに誰かに
肌を見せるのだって、
初めてでした。
思わず目を閉じました。

下半身も裸にされる
のがわかりました。

彼の顔が下がっていき、
閉じた脚は
簡単に持ち上げられました。

熱くなった場所に、
慣れない感触がありました。

湿って生暖かいものが、
何度もそこを上下し、
私はくすぐったいような、
でも体は湿っぽくなるばかりで、
自分の声が漏れているのも
気づきませんでした。

彼の肩に乗っている脚が、
自分の体ではなくて、
何か別の物のような
気がしていました。

「濡れてるよ…
もっと欲しい?」

休むことなく、彼は下から
私の表情を窺います。

目が合うと、引き込まれそうな
薄い青色は、薄暗い部屋で
少し濡れて光っていました。

彼の顔がすっとこちらへ
寄ってきて、唇を重ねます。

優しく、かすれるように。

愛さずにはいられない

官能小説;横になって顔を近づけあう男女

また彼の顔は下へ戻っていきます。
「痛っ」
舌の先が少し入ってきました。

裂けるような痛みを感じて、
小さく悲鳴を上げました。

すると彼は進入をやめ、
また外を舐めたり、
吸ったりします。

そんな繰り返しのうちに、
私は彼の舌を受け入れられる
ようになっていました。

自分も着ている物を脱ぎ捨てて、
彼は私をうつ伏せにします。

「きれいなお尻…
誰よりもきれいだ。」

私のお尻を撫でまわし、
盛り上がった頂きを
吸い上げます。

そして、少し息切れした私を、
後ろから抱きしめました。

荒い呼吸が首筋にあたって、
小さく震えると、
耳たぶが唇に挟まれ、
耳の中に舌を感じました。

今までより一段
高い声が出ました。

彼の体は熱くて重くて、
下にいると息が苦しくて、
でもこのまま呼吸まで一つに
なれればいいと思いました。

海の底に、二人だけで
沈んでくような。

そうしたら、帰る場所も
年の差も、何もない。

大きなぶ厚い体に包まれて、
決して十分ではない自分の胸、
お尻だけ立派な自分の体が、
その時宝物のように思えました。

後ろから回された彼の腕に触れ、
そっと指を吸いました。
彼の生きた日々が刻まれた体。
それを、愛さずには
いられませんでした。

今でも、ときどき思い出しては
懐かしむのです。
ブラインドの隙間から
漏れる日の光。

終わった後に彼が作ってくれた
チーズ入りのスクランブルエッグ。
確かに二人の世界があったこと。
求めあったたこと。

全ては、はかなかったけれど、
二人の中で、あの時が
生き続ければいいと思うのです。



あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ホワイトリリー
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう