注目のワード

「誕生日の別れ」

「誕生日の別れ」

官能小説;紅葉が入ったグラスの中に明かりが灯ったキャンドル

西村みなみ、25歳。
たった今、誕生日に
長く付き合った
彼氏にフラれた。

サイアク…。
失恋のショックは大きい
って聞いてたけど、
今の私、何にもしなくても
ぶっちゃけ死にそう。

左手の薬指を見る。
今夜…もらえるかもって
期待してたのに。

好きだった。
好きだった。

今でもこんなに好きなのに、
思い出のすべてが
過去形と化していく。

苦しい。つらい。
かなしい…。

フラフラと泳ぐように歩いた。
気が付いたら家の前に
立っていた。

ただいまを言う元気もない…。
リビングに入ると、
千里がキッチンで
なにかを炒めていた。

千里「おお!おっかえりー!
ちょうど今母さん
買い物に行っとよ。
すれ違わんかった?」

みなみ「…。」

私はわざとカバンをバンッ!
と床にたたきつけると
下を向いたまま
2階に上がった。

千里は私の3つ年上で、
となりの家に住んでいる。

というより家同士が
接近しているため、
行こうと思えば、
私の部屋の窓から
普通に千里の部屋に入れる。

生まれた時から
家族ぐるみで仲が良くて、
兄弟のいなかった
私にとって、年の近かった
千里はお兄さんというより、
何でも話せる親友
のような存在だった。

千里「みなみ…」

キイ…とドアが少し開き、
真っ暗な部屋でベッドに
倒れこんでいる私に
千里が心配そうな声をかけた。

千里は明かりをつけて
私のそばまで来て
座り込んだ。

千里「どうしたっとよ…」

千里が私の頭をなでる。
マスカラが涙で流れた
ヒドイ顔を上げた。

みなみ「…別れちゃった…」

私の一言に千里が顔をしかめて、
手を握ってくれた。

千里の胸でわんわん泣いた。
体の水分が全部抜ける
くらい泣いた。

途中でお母さんが帰ってきて
かなりビックリした
顔してたけど、私を千里に
任せて下に下りて行ってしまった。

寂しい…

官能小説;布

気が済むまで泣いた私は
すっきりしたバケモノ顔で
夕飯を食べに
千里といっしょに下へ降りた。

千里は夕飯も食べずに
帰って行った。

お風呂に入ってベッドに入った。

明日は目が腫れるだろうな、
と思うと悲しくなった。

心にポッカリ穴が空いたみたい。
寝る前にメールする
相手はもういない。
……さみしい。

コンコンコンッ!
ベッドの横の窓が
音を立てた。

みなみ「千里…?」

カーテンを開けると、
千里が向こうの部屋の窓から
こっちに身を乗り出している。

こっちこっちと
なにやら手を振っている。
ガラガラガラ…

みなみ「どうしたの?」

千里「渡したいものがあるから
ちょっとこっちに来んね」

なんだろ、と思ったが
眠れなかったこともあり、
窓から窓へ跳ぶ。

こうやって千里の部屋に
来るのは久しぶりだった。

千里「ごめんな。
けど眠れんかったじゃろ」

みなみ「うん…あれ?
これって…」

ずっと前に撮った
私と千里の写真だった。

みなみ「まだ飾ってたんだ!わ!
…私若いな!あははは!」

千里「ばってん5年前の
写真じゃけん、
不思議じゃなかろ?」

みなみ「うん、でも千里は
このころから
あんまり変わらないよね」

千里「そ…っそうとよ、
変わっとらん…」

みなみ「今日のこと、
すっごいショックだったけど、
千里がいてくれて
本当によかった…

考えてみれば誕生日に
別れ話切り出すなんて、
別れて正解だったかも。

なんだかスッキリしちゃった。
ありがとね」

千里「…俺なら、
そんなこと絶対せん…」

みなみ「え?」

千里「俺ならおまえを
絶対傷つけたりせん!
泣かせたりせん!
さみしがらせたりせん!」

みなみ「…っ…!」

千里「俺はおまえが好きたい。
こんまい頃からずっとずっと
想っとった…好きたい」

そう言って千里はすごく
切なそうな顔をした。

幸せな朝日

官能小説;手からすくった水が流れ落ちる

燃えるような
恋じゃないけど、
千里の気持ちが伝わってきた。

純粋にうれしくて、
気付いたら私の唇が
千里の唇に触れていた。

千里はびっくりした
みたいだったが、
すぐに反応し返した。

千里の舌が私を貫く。

熱い想いが私に伝わって、
体が痺れた。

触れ合いは止まらず、
さらに激しくなっていった。

みなみ「んっ…ん…んっ…は…」

こうなると千里も私も
止まらない。

こんな関係になるとは
思ってなかったけど、
私の体は千里を求めた。

みなみ「ちょっと待って!
この先は…」

千里「すっすまん…俺…」

私はスルリと窓から
自分の部屋に戻って
前の彼氏と使う予定だった
LCハーバルローション
手に持って千里の部屋に戻った。

千里は私が逃げ帰った
と勘違いして
アタフタしていた。

可愛くて思わず
笑ってしまった。
私は千里にローションを
差し出して言った。

みなみ「塗って!」

千里は日焼け止めと
間違えていたが、
用途を説明するとすごく
楽しそうに塗り始めた。

肩に、背中に、腰に、お腹に、
そして胸にきた時には
もう相当感じていた。

みなみ「んっ…」

自然と漏れる声に
促されるように
千里は私をなでまわした。

こんな風に触れてくれる人を、
どうして私は一番に
愛さなかったんだろう…。

千里の指がわたしの
脚の間に触れると
もう力が入らなくなっていた。

激しい愛撫の波がひいて、
いつのまにか私たちは
眠っていた。

目が覚めると、千里は
腫れあがったわたしの目を見て、
大爆笑していた。

朝日が私たちを祝福しているようだった。

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

LCラブコスメ ホワイトリリー
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう