注目のワード

官能小説 【小説版】タワーマンションの女たち15話

温泉旅行へ

都会の喧騒から離れ、緑の中を抜けて到着したのは、趣のある旅館だった。

部屋に案内された俺たちは、旅館の設備の説明を受け、ようやく一息つくことが出来た。

「今、お茶淹れるね」

「ありがとう」

詩はよく気が利く。彼女のそんなところに居心地の良さを感じていた。

「ねぇ、奈央哉。部屋の露天風呂にはいつ入る?」

「夕食が一時間後くらいだから、食べたら入ろうか」

「うん。夕食も露天風呂も楽しみだね」

伊豆大川にあるこの旅館は、以前、詩がテレビで見て行きたいと言っていた場所だった。料理に定評があり、部屋に露天風呂が付いているのが特徴だ。

数日前の予約になってしまったけれど、週末だというのに一室空いていたのは運が良かったと言えるだろう。

俺たちは詩の淹れてくれたお茶を飲みながら、茶菓子を軽くつまみ、久々にのんびりとした時間を楽しんでいた。

二人きりの露天風呂

夕食に舌つづみを打った後、俺たちは部屋に備え付けの露天風呂に入ることにした。

一緒に入るつもりが、俺に急ぎの仕事のメールが入ってしまい、返信している間に詩には先に湯船に浸かってもらった。俺はメールを送りえると、急いで湯船に入り、詩を背後から抱きしめた。

「お仕事終わった?」

「ああ、大丈夫だよ」

「ねぇ、見て。すっごくキレイ……」

詩が指差した先には、月明かりに照らされた水面が輝いていた。

「キラキラしてキレイだね」

「満月の夜に奈央哉と一緒に来られるなんて、夢みたい。連れて来てくれてありがとう」

「俺こそ、詩と一緒に来られて嬉しいよ」

そう言って、俺は詩の耳元に唇を寄せた。そのまま、彼女の胸にそっと手を伸ばす。

小さく身じろぐ詩が可愛かった。

今すぐにでも詩を抱きたい。

けれど、今日は決めていた。

ラブコスメ リュイール ホットを使うんだと――。

優しいセックスを

露天風呂から上がると、俺たちは浴衣に着替えた。

ちらりと見える詩の鎖骨が色っぽい。

ドライヤーで髪を乾かしている詩の姿を時折見ながら、俺は露天風呂に入る前に送ったメールの返信に目を通していた。

仕事とプライベートを分けたいと思うものの、なかなかそうはいかないのが仕事の難しいところだ。一層のこと、メールなんてなければいいのに、と思うこともある。

「お待たせ」

髪を乾かし終えた詩が、ベッドに腰を掛けている俺の隣にちょこんと座った。

「明日で旅行が終わっちゃうなんて、やだなぁ」

詩は残念そうに言うと、足をブラブラとさせる。

「今度はもっと長い期間、旅行しようか? 一週間とか半月とか」

「えっ? 本当? 奈央哉、お休み取れるの?」

「詩の嬉しそうな顔が見られるなら、頑張って休み取ろうかなって。ここ数年、まとまった休みなんて取ってないしさ」

「じゃあ、期待しすぎない程度に期待しておくね」

詩はくすくすと笑いながら、俺を見上げる。

彼女のこの上目遣いが好きだ。

潤んだ大きな瞳で見つめられると、愛おしくて気持ちが抑えきれなくなる。

「詩――」

俺は彼女の唇に自分の唇を重ねると、彼女をベッドに押し倒した。

「奈央哉……」

小さな声で詩は俺の名前を呼ぶ。

詩の何を取っても、愛おしかった。

俺は詩の浴衣の胸元にそっと手を差し込む。

無防備な素肌に指が触れると、詩は恥ずかしそうに俺から視線を外した。

さっき結ばれたばかりの帯をほどくと、彼女の色白の肌が露出する。

俺は詩の胸の先端を口に含んだ。すると、詩は甘い声を上げる。

彼女の反応が可愛くて、俺は何度も繰り返し舌の先で転がす。その度に詩は身をのけぞらせながら、甘い吐息を吐き続けた。

「奈央哉、ダメ……」

俺が彼女の秘部に指を這わせた瞬間、詩は不安そうに声を発した。

俺はそっと指をどけ、ベッドサイドに置いておいたラブコスメ リュイール ホットに手を伸ばした。

「今日は使いたいものがあるんだ」

「え?」

「ここに塗って使うんだけど、いい?」

俺は再び彼女の秘部に触れて言った。

詩は俺の言っている意味がいまいち理解出来ていないのか、きょとんとした表情で俺を見ている。

「これなんだけど……」

そう言って、俺は手の中にあったラブコスメ リュイール ホットを見せた。

「これは……?」

ラブコスメ リュイール ホットって言って、塗ってマッサージするとじんわりと温かく感じられるんだって。これでエッチの時詩が少しでも楽になればいいな、と思ったんだけど、どうだろう?」

「奈央哉、気にしてくれてたんだ……」

「エッチは二人で楽しむものだから、少しでも、詩に気持ち良くなってもらいたくて……」

「ありがとう。使ってみよう?」

詩はにっこり笑って俺を見た。

初めてのラブコスメ リュイール ホット

俺はラブコスメ リュイール ホットのキャップを外すと、まずは少量指先に取ってみた。それを詩のデリケートゾーンに塗りマッサージしていく。

「どう……?」

「じんわり温かくなってきたかも……」

俺は詩の様子を見ながら、ラブコスメ リュイール ホットの量を増やしていく。

「んっ……」

いつもより、詩が感じているのがよくわかる。

力加減に気を付けながら、ゆっくりと彼女の中に指を差し入れた。

「あっ……」

「痛い……?」

「ううん、痛くない……」

彼女の中で指を蠢かしつつ、キスをする。

キスで口を塞いでも、詩の唇からは吐息が漏れ続けていた。

俺が指を二本に増やしてみても、詩が痛がる様子はなかった。

十分、指で慣らし終えると、俺はコンドームを手早く装着する。そして、詩の秘部に自分のものをあてがった。

「挿れるよ」

「うん……」

俺たちの間に緊張が走る。

俺は詩が痛くならないようにゆっくりと沈み込ませていく。

「大丈夫?」

「うん、平気……」

「動くね。脚の力、抜いて」

俺の言葉に詩は緊張で強張った脚の力をすっと抜いた。

俺は詩の脚の力が抜けたのを確認すると、慎重に腰を動かし始める。

「あっ……んっ……」

「痛い?」

「ううん、気持ちいい……」

「本当?」

「本当だよ、気持ちいいの……」

「激しくしても大丈夫かな?」

「多分……」

俺はさっきよりも速く腰を振り始めた。

規則的なピストン運動に合わせるように、詩の喘ぎ声が聞こえる。

「ねぇ、奈央哉……。どうしよう、気持ち良すぎるよ……」

「もっと気持ち良くなろう?」

「あっ……」

ラブタイム中の男女

詩は俺にしがみつきながら、快感に耐えているようだった。

こんな詩は見たことがない。

快感に身悶える彼女の姿をいつまでも見ていたいと思った。

ひとつになれて

俺たちは裸のまま、ベッドで横になっていた。詩は俺の腕に頭を乗せたまま、俺にぎゅっと抱きついた。

「どうした?」

「奈央哉とこうやって、ゆっくり過ごせるの久しぶりだから、くっついていたくて……」

「寂しかった?」

「……うん」

珍しく、詩が本音を言ってくれるのが嬉しかった。

「それにね、奈央哉とのエッチ、上手くいってなかったでしょ? だから、それが嫌になって、奈央哉の興味が他の女の人に移っちゃったんじゃないかな……って心配だったの」

「そんなことあるわけないよ」

「でも、そう思ってたの。だけど、こんなに私のことを想ってくれてて……。本当に奈央哉に申し訳なくて……。ごめんね。奈央哉は私とのエッチを変えようって考えてくれてたのに……」

「俺ももっとちゃんと話し合おうとすれば良かったんだよ。不安にさせてごめん」

詩の額にキスをすると、詩は優しく俺に微笑みかけた。

心の奥がどうしてこんなに温かくなるんだろう。

この笑顔を見続ける為に、俺は彼女のそばにずっといようと心に決めた。

END

【NEXT】⇒無事に奈央哉と詩の悩みも解決し、温泉旅行を終えることができた。次回登場するのは、結婚4年目のマンネリの夫婦で…。(【小説版】タワーマンションの女たち 16話)

あらすじ

詩の不安を察し、週末に温泉旅行に行こうと奈央哉は詩を誘う。
前回の失敗を踏まえ、旅行先でラブコスメリュイールホットを使うと奈央哉は心に決めて…?

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
野々原いちご
野々原いちご
小説家。 1984.3.12生まれ。 法政大学文学部…
中村べーた
中村べーた
女性向け・男性向けにてイラスト・漫画で活躍中。
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう