注目のワード

官能小説 【小説版】タワーマンションの女たち 7話

エッチと嘘

綴昭さんのピストン運動が次第に速まっていく。私の口からは幾度となく、甘えた声が漏れた。そんな私を見下ろして、綴昭さんはさらにピストン運動を速める。

私は彼から視線を外すと、自分の部屋の見慣れた天井の一点を見つめ、身体の奥がこすれるのを感じていた。

気持ちいい。けれど、その気持良さは一定の快感を保ったまま、良くも悪くもならない。しかし、綴昭さんの様子を見ていると、とても気持ち良さそうに見える。それは彼の吐息からもわかった。

「朔、イってもいい?」

「うん……、私もイキそう……」

こうして、綴昭さんは果ててしまった。

けれど、私に突き抜けるような快感は今日も訪れない。

私は逆流してくる彼の体液をティッシュペーパーで抑えながら、綴昭さんの方に視線を向けた。

「朔、気持良かった?」

綴昭さんはティッシュペーパーでペニスを拭いながら言う。

「うん」と笑顔で答えた私を見て、綴昭さんは嬉しそうに微笑んだ。

またやってしまった……。

彼がイク瞬間、私は自分がイってもいないのにイった振りをしてしまう。

その行動に悪気なんてなかった。ただ嘘をつくことに胸の奥がチクリと痛む。

私がイカないことを綴昭さんが気にするのがなんだか申し訳なくて、イった振りをしてしまったのがそもそもの始まりだった。

私がイッた振りをしているとは知らない彼は、私が彼とのエッチで初めてイッたと伝えた時、とても喜んだ。

彼が喜ぶのも無理はなかった。彼は四十五歳なのだ。そして、私は二十八歳。若い妻を自分のテクニックでイカせることが出来たとしたら、その喜びは計り知れないものだろう。

嘘をついてから、しまった、と思った。

けれど、私は嘘をついたとは言えず、二度三度と嘘を重ねてしまい、今ではイク振りをするのが当たり前のことになってしまっていた。

どうしよう……。

それが私の正直な気持ちだった。

「朔、こっちにおいで」

綴昭さんに言われ、私はベッドに横たわる綴昭さんの隣に滑り込む。綴昭さんが伸ばした左腕に私は遠慮がちに頭を乗せた。

エッチの後はいつもこうして腕枕をしてくれる。

ただ年の差の所為か、綴昭さんはすぐにいびきをかいて寝てしまう。でも、それが愛おしくもあった。

私はいつも彼のいびきを聞きながら、イケない理由はなんだろう? と考える。

原因はいくつか思い当たっていた。まず、身体の相性が悪いという可能性。でも、フィット感は悪くない。というよりも、フィット感は抜群で申し分ないように思える。

次に綴昭さんのテクニック不足。けれど、これも考えられない。なぜなら、綴昭さんは今まで付き合った誰よりもエッチが上手なのだ。となれば、考えられる原因はただ一つ。

――私の身体が開発されていない、ということだ。

よくよく考えてみれば、今までそれなりに男性と付き合ってきたけれど、一度もイッたことはない。

でも、身体の開発ってどうすればいいんだろう?

イけない不安を抱えベットで悩む女性

ささやかな幸せ

翌朝、私は眠い目をこすりながら、ベッドを抜け出し、綴昭さんの持っていくお弁当を作っていた。会社役員をしている彼は、夜は会食が多い。だから、せめて朝ご飯とお昼ご飯はバランスの取れた食事を摂って欲しくて、結婚してからずっとお弁当作りは欠かしていない。

「おはよう。ああ、いい匂い」

綴昭さんは幸せそうに言うと、キッチンに立つ私を後ろから抱きしめた。

「おはよう。顔洗ってきたら?」

「うん」

綴昭さんは私の頬にキスをして、キッチンから出ていく。

結婚して良かった、と思うのはこんな時だ。

私は彼の朝ご飯の仕上げに取りかかる。和朝食は手間がかかるけれど、綴昭さんが喜んでくれるから、作ることが苦にならない。

綴昭さんは顔を洗い終えると、いつものようにダイニングテーブルに着いた。

私はこの時間がとても好きだ。

平坦な日常の中に幸せはあるのだと思う。

いってきますのキス

『いってきますのキス』

身支度を終えた綴昭さんはいってきますのキスをしようと私に顔を近付けて、急に止まった。

「どうしたの?」

「もしかして、昨日、あまり眠れなかった?」

「あ、うん……」

「今日はカフェのバイトあるんだっけ?」

「ううん。今日はお休みだよ」

「それじゃあ、今日は家事も休んでゆっくりしてなよ」

「でも……」

「君が寝不足なのは心配なんだ。休める時にきちんと休息を取ることは大切だよ」

そう言って、綴昭さんは私の頭を撫でると、いってきますのキスをして仕事に行った。

困った時の情報収集

綴昭さんを送り出し、私は朝ご飯の後片付けをしていた。

綴昭さんとのエッチでイケないのは私に原因があるとして、それを解決するにはどうすればいいのかよくわからなかった。

こういう時にやるべきことはただ一つ。

インターネットでの情報収集だ。

私はダイニングテーブルに置いてあったスマホを手に取ると、早速エッチでイク方法を検索した。

イク方法には、クリトリスと膣の二つの方法があり、クリトリスでイク方が簡単らしい。膣でイケる人はあまり多くないけれど、Gスポットへの刺激やボルチオと呼ばれる子宮口の入口への刺激でイクことが出来るようになるようだ。

そして、身体の開発はパートナー任せにするのではなく、自分で一人エッチをすることで出来ることもわかった。

だけど、頭で理解することは出来るものの、実際どんな風にすれば、開発が速やかに進むのかということはいまいちわからない。

一人エッチでバイブやローターを使うのは知ってはいるけど、使ったことなんて一度もない。第一、お店で買うなんて恥ずかしくて私には無理だ。そんな人の為にインターネット通販があるわけだけど、どれを買っていいのかもよくわからないし……。

私がスマホをダイニングテーブルに置くと同時にインターホンが鳴った。

誰だろう?

インターホンの画面を覗き込むと、誰も映っていない。マンションの入口ではなく、ドアの隣にあるインターホンが押されたということだ。

「はい」

「あの、天野です。回覧板持ってきました」

「今、行きます!」

私は玄関に走っていくと、ドアを開け、「おはようございます」と優さんに笑顔を向けた。

「おはようございます。はい、回覧板」

「ありがとうございます」

「もしかして、寝てるの起こしちゃったかな?」

「いえ、起きてましたけど……」

私が不思議そうに優さんを見ると、彼女はほっとしたような表情を浮かべた。

「良かったぁ。体調悪くて寝てるところ、起こしちゃったかと思って……」

「体調悪そうに見えます?」

「うん、顔色がいつもより良くないなって」

綴昭さんにだけでなく、優さんにも言われるということは、余程疲れた顔をしているのだろう。

「実はちょっと寝不足で……」

「寝不足ってつらいよね。私も締切前は寝られないことが多くて……」

優さんはライターさんだと、引っ越してきた時に教えてもらった。今は女性ファッション誌でコラムの連載をしているそうだ。

「優さんって夜中まで仕事をしていても、お肌キレイですよね」

私は優さんの顔をまじまじと見る。

「そうかな? スキンケアをハナビラっていうシリーズに変えてからお肌の調子が良くはなったけど……。あ、でも……」

「でも……?」

私は興味津々で優さんの言葉を待つ。

すると、優さんは私の耳元に手を当て、小さな声で囁いた。

「最近、ラブタイムが充実してるからかも」

「ラブタイムですか!?」

私は思わず大きな声を出してしまう。

「もう、朔ちゃんてば……!」

「すみません……。でも、羨ましくって」

「朔ちゃんも充実してるんじゃない? 旦那さんと仲良さそうだし……」

「仲は良いんですけど、その……悩みはあるっていうか」

「その気持ちわかる! 私もそうだったし」

「優さんにも悩みがあったんですか?」

「うん、その時は一人で悩んでも解決出来なくて、でも誰にも相談出来なくて。そんな時に麗子さんが力になってくれんだよね」

「あの……、麗子さんって?」

「朔ちゃんもこのマンションの最上階にバーがあるのは知っているでしょ?」

「はい、それは」

「そのバーのバーテンダーさんが麗子さんなの」

「麗子さんが相談に乗ってくれるってことですか?」

「相談にも乗ってくれるけど、悩みを解決する為に必要なものを教えてくれるんだよ」

「必要なもの……?」

私は優さんの言っている意味が明確には理解出来なかったけれど、その日の夜、早速麗子さんのいるバーを訪れた。

【NEXT】⇒今まで一度もイったことがないけど、イケるようになるのかな…(【小説版】タワーマンションの女たち 8話)

あらすじ

夫・綴昭にイったふりをしていて悩む主人公・朔。優しい彼に対してますます感じられない自分への不安感が募る。自分の体が開発されていないと思った主人公は…。

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
野々原いちご
野々原いちご
小説家。 1984.3.12生まれ。 法政大学文学部…
中村べーた
中村べーた
女性向け・男性向けにてイラスト・漫画で活躍中。
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛(全3話)
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと(全3話)/森下くるみ
バースデーバレンタイン(全3話)/渡辺やよい
安藤呂衣は恋に賭ける(全3話)/内田春菊
私の知らない私
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方
その指が恋しくて
あなたを感じる〜電話エッチ〜
寂しさの粒
ルームナンバー701
美味しいセックス
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑(同棲カップル)
新着官能小説
あなたを掴まえたい(年下彼氏)
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」
【完結】【となりのS王子小説版】恋におちたら
先生とわたし/虚羽あす
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン(夫婦のエッチ)
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ/はづき
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫
甘恋レッスン
恋のメイクレッスン
彼女を震わせるモノ
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語/はづき
恋猫、飼い始めました。/凛音
Lovecure/虚羽あす
二度目の恋におちたから/松本梓沙
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下のわんこのおねだりタイム/あさぎ緋文
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス〜愛してるから触れたいのに〜
上手なキスを教えて?〜幼馴染のエッチなレッスン〜/松本梓沙
秘密、蜂蜜、果実蜜/三松真由美
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。
あなたのすべてが性癖なのです。
きみの声じゃないと駄目なんです!
欲望まみれの執事に愛されて
「気持ちいい」を聞かせて
ひとりえっちの為の短編エッチ小説
投稿官能小説(短編)
恋愛小説(短編)
夏目かをる小説
官能コラム
おすすめ官能小説レビュー
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう