注目のワード

「乳首責めで…」(ララさん)

俺は、見る方かな

官能小説;下着姿で仰向けになる女性

突然言い出したのは昌樹だった。
一緒に見ていたテレビ番組で男性の心理について
2択が出た矢先のことだ。

A.女性の胸を好きなだけ見て良いが、触ってはいけない

B.女性の胸を好きなだけ触って良いが、見てはいけない

では、ほとんどの男性がBを選択する…というものだった。

「俺は、見る方かな」
「そうかなぁ。私が男の子なら、触りたいと思うけど…」
「ふぅん。じゃ、試してみようか。カナ、脱いで」

そう言うと、昌樹はカナのシャツのボタンを外し始めた。

「え!ちょっとマサ君、やだっ」

カナは抵抗するが、あっという間にボタンを全て外され、
柔らかい胸元があらわになった。

突然着衣を乱されたカナは、
恥ずかしくて両手で肌を隠そうとするが、
昌樹に体ごと抑えこまれてしまい、身動きがとれない。

見てるだけなのに(乳首責めで…)

官能小説;水滴がついたりんご

「マサ君、恥ずかしいよ…」
スラリとした体型の昌樹だが、
カナを抱きしめる力は強い。

「カナ。
胸、また大きくなったんじゃない?
形もキレイだね。
あれ?
見てるだけなのに、先っぽ固くなっちゃった…?」

「やっ、そんなこと、言わないで」

昌樹の言動に、早くもカナの体は反応していた。
それを見透かすように、昌樹はカナの耳元で囁く。

「や、なの?」

甘い声にカナの体がビクッと震え、
昌樹はカナの胸元スレスレまで端正な顔を近づけ、
固くなった先端にゆっくり息を吹きかけた。

カナの顔を見ながら、舌を出して胸を舐める振りや
先端をしゃぶる振りをする。

「あっ…。や、だぁ…マサ君」

触っていないのに反応している自分が恥ずかしいのと、
触ってほしくてたまらなくなってカナが声をあげる。

こんなに濡れて…

官能小説;水滴がついた葉っぱ

「どうしたの?目がウルウルしてるよ」
「お、願い…さわ、って…」

昌樹はちょっとイジワルに笑うと

「試してるのに、カナはエッチだなぁ。
したくなっちゃったの?」

耳元にフーッと強く息を吹きかけられ、
カナは再び体が震えた。

「やっ、ん!もぅ、ダメなの。お願い、マサ君」

くちゅっ。

「ひゃん!」

昌樹がカナの下着の中に手を入れ、
秘部をなぶるように触り、カナは思わず声をあげた。

「こんなに濡れて…カナのお願いは反則だよなぁ。
俺メチャクチャにしちゃうよ?カナのせいだからな」

手と口と腰で一気に愛撫され、
ありえない快感のなか昌樹が挿入すると激しく揺らした。

「あ!あぁぁぁ…マサくぅん。
ダメ…おかしくなっちゃう…!」

カナはあっという間に快感の波にのまれ、
気づいた時には昌樹が優しく見つめていた。

2人で思いっきり気持ち良くなる方法が、
わかった瞬間だった。



★関連ページ
【乳首の乾燥】恥ずかしくない!ぷっくり乳首になる方法とは …?




⇒【こちらもおすすめ】「チュ…チュパ…っとキスの音に交じり、軋む音…私の声が交じる…」(一目ぼれ、そして告白)

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全52話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう