注目のワード

小説サイト投稿作品2 「触れてほしくて」(ペンネーム:月ヶ瀬 アンさん)【LCスタイル】

「触れてほしくて」(ペンネーム:月ヶ瀬 アンさん)

〜LC編集部のおすすめポイント〜

登場人物たちの言葉のところどころに棘がありながらも、
時間の流れがゆっくりと感じられる作品です。
突然の雨というシチュエーションも素敵♪

失恋して髪を切った主人公と共に雨宿りをするのは、
調子を狂わせるようなことばかり言う後輩の彼。
主人公の心の移り変わりがうまく描かれています。

降ってくる手のひらにキュンとしてしまうとともに、
余裕のある彼の言動に終始ドキドキしてしまう主人公。
思わず共感してしまいました…!

先輩と後輩

ビルの写真

「雨、強くなってきましたね」
雨に降られて、一時しのぎに駆け込んだビルの軒先。
待てば待つほど強くなる雨を見つめながら、
彼がため息をつく。

「営業先からの帰りでよかったよね。行きだったら最悪」
顔をしかめてそう言うと、
「確かに」と彼が肩を竦めて笑った。

私とふたつ下の後輩である彼は、
ふだんチームを組んで営業をしている。
私たちはたった今、
長い間難航していた商談をうまく纏めてきたところだった。
上司にいい報告ができると、意気揚々と取引先を出てきたのに、
10分も歩かないうちに、まさかの雨に襲われた。

少し待っていればおさまるだろうと、
適当なビルの軒先に駆け込んだものの、雨は一向にやむ気配がない。

「今日の天気予報、雨降るって言ってたっけ?」
少なくとも、私は聞いていない。

いつも見ている朝のニュース番組。
それに出ている誠実そうな気象予報士のお兄さんの顔を
思い出しながら不平をこぼすと、彼が呑気に笑った。

「さぁ?俺、天気予報とか見ないからわかんないっす」
彼はいつも、他の同世代の男性社員より
センスがよく清潔そうな格好をしている。
だから私は、彼の発言に目を丸くした。

「嘘。じゃぁ、毎日服装とかどうするの?
暑いか寒いかで、着ていくものも変わるでしょ?」
「そんなの、勘です」
首をぐっとあげて私よりかなり背の高い彼を見上げると、
彼が歯を覗かせて笑った。

「何それ」
「それより先輩……」
呆れたように苦笑すると、彼が私をじっと見下ろしてきた。

ロングヘアーにこめた想い

背を向けた女性の写真

「髪、随分思いきりましたね」
彼に言われて、
すっかり無防備になってしまった首元を手で隠した。
「今さら?」
「朝から言いたかったけど、
商談のことで先輩ピリピリしてたから」
上目遣いに睨むと、彼がおどけたように少し肩をあげた。

「別に、失恋とかそんなんじゃないから」
「俺、何も聞いてませんよ?
それ、自分で言っちゃうと逆に失恋したみたいに聞こえますけど」
彼にからかうように笑われて、頬がかっと熱くなる。
私は口を閉ざすと、彼から視線を外して降り続ける雨を睨んだ。

大学時代からずっと綺麗に手入れして伸ばしてきた髪を
ばっさりと切ってショートにしたのは、
学生時代から仲のいい男友達のせいだった。

私は大学に入学してすぐの頃から
その男友達に片想いをしていた。
彼は私のことを気の合う女友達としか思っていなくて、
私に対する扱いは他の女の子に比べて随分と軽かった。

恋愛相談だって普通にしてくるし、
飲み会の席では私を気遣うことなくガンガンビールを勧めてくるし。
初めからずっと、女として彼に意識されていなかった。
完全な、完璧な片想いだった。

男友達が好きになったり、彼女にするのは、
決まって清楚で女の子らしい、髪の長い女の子だった。

飲み会の席で酔っ払った男友達が、
「彼女の長い髪を撫でるのが好き」と言っているのを聞いて、
私も髪を伸ばした。
一度でいいから、彼に触ってもらいたかった。
いつか、もしかしたらそういうときがあるかもと期待してた。
でも……

ずっと思い続けてきた男友達は、
半年後に結婚するらしい。

だから私は男友達への未練を断ち切るために、
長く伸ばした髪をバッサリ切ってショートにした。

一瞬だけのときめき…

水滴の付いた花の写真

降りやまない雨を無言で睨んでいると、
私たちの前を一組のカップルが歩いていく。
買ったばかりらしい一本の新品のビニル傘を
ふたりで挿して肩を並べて歩く姿は、
羨ましくなるくらい仲睦まじい。

傘を挿す彼氏が、
空いている方の腕を彼女の肩に回して
彼女が濡れないように引き寄せる。
笑って顔をあげた彼女の長い髪を指で梳いて撫でながら、
幸せそうに笑う彼。
そのカップルの姿が、
不意に男友達とその婚約者の姿に重なった。

辛いな。
あのカップルは赤の他人なのに。
なんだか、虚しい。
短くなった髪のせいで首元の風通しがよくなりスースーしすぎる。

「やっぱり、男の人は長い髪のほうがいいのかな」
なくなってしまった髪を惜しむように首の後ろを触っていると、
頭の上にぽすっと何かが載っかった。

不思議に思って顔をあげると、
いつの間にか後輩の彼が私の顔を覗き込んでいた。
「俺は短いの好きですよ」
彼の言葉に、ほんの一瞬だけときめく。

彼は私の短い髪を乱暴にわしゃわしゃと撫でると
歯を覗かせて笑った。

「先輩、長いのも良かったけど短いのも似合ってますよ。
トイプードルみたいで」
「え……」

トイプードルって。
私、犬っぽく見えてるの――…?

ずっとずっと大切に伸ばしてきた髪を、
ものすごい覚悟で短く切ったのに。
彼の無神経な発言に、ときめく気持ちが一気に冷めた。

心地よくて、されるがまま…

水滴の写真

「このまま待っててもしょうがないし。
私、先のコンビニ行って傘買ってこようかな」
少し不機嫌な声を出しながら、ビルの軒先から身を乗り出す。

「待って。今出て行ったら、
傘を手に入れても意味ないくらいにずぶ濡れになりますよ?」
雨の中に出て行こうとする私を彼の手が引き止めた。
後ろから手首を引かれたかと思うと、
背中からふわりと抱きしめられるみたいに彼の腕につかまる。

「もうちょっと、一緒に雨宿りしません?」
息を吐くように顔のそばでささやかれて、耳朶が熱くなる。
「ちょっと、ふざけないでよ」
彼の腕から逃れて振り返る。

不覚にも熱くなる頬を意識しながら顔をあげると、
彼がクスリと笑って私の頭に手を載せた。

彼の大きな手のひらが、今度はそっと私の頭を撫でる。
彼の手のひらから伝わってくる熱に、
火照った頬がさらに熱くなる。

「……」
恥ずかしい。
でも、頭を撫でられるその感触は心地よくて。
彼にされるがまま、どうすればいいのかわからなかった。

「先輩、可愛い」
彼が頭を撫でる手をゆっくりとおろして、
短くなった髪の毛の先に指を絡める。
指先でそれを弄びながら、
私に顔を寄せた彼がそっとささやいた。

「先輩、好きです」

大きく目を見開いて、息を飲み込む。
降り続ける雨の音に、彼の声が静かに掻き消されていった。

月ヶ瀬 アンさん

【やさしく頭を撫でる彼の手】『ヘアパフューム・ナデテ』



⇒【こちらもおすすめ】「あれ可愛いよ、ね……いいな…」(キミの理想)

この小説を読んだ方にオススメのアイテム

ナデテ ロゼ
「なんだかしたくなるよ…」フローラルシャボン&ベリーの香りで彼を誘う♪


ナデテ フレッシュマスカット
男ゴコロを引き寄せる…マスカットのふわっと広がる甘くみずみずしい香り♪


この投稿小説を読んだ方におすすめ

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

おうち時間を楽しむ
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全69話公開中
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう