注目のワード

小説サイト投稿作品62 「ずっと誘惑したい彼 前編」【LCスタイル】


「ずっと誘惑したい彼」

〜LC編集部のおすすめポイント〜

晴れて村山課長と恋人同士になれた綾。でも、彼は綾のことを積極的には求めてくれない。
不安になった綾は、友人に恋愛相談をし、誘惑する香水の存在を教えてもらうけれど…?

恋人あるあるな悩みに共感すること間違いナシのお話。主人公の誘惑作戦に注目です♪

キスだけじゃ足りない

「綾…」

今日もまた彼は、切なそうに私の名前を呼んで唇に指を這わせる。 そしてゆっくりと、唇の感触を確かめるように一周させるんだ。

「村山課長…」

もう何度もされている行為なのに、なんでこんなにもドキドキしてしまうんだろう。 村山課長の言動全てに、こんなにもドキドキさせられてしまう。
何度も訪れている村山課長のマンション。 最近多忙で、なかなか会えなくて。やっと会うことができた。

玄関に入るなり、抱きしめられて。そして久し振りに感じる村山課長のぬくもりに、しばしの間酔いしれてしまっていた。
ドア一枚向こう側は、いつ誰が通るか分からない。 だけど、そんなの気にしていられないくらい、今の私は彼を欲している。
大好きなの。今、目の前にいる彼が――。

「綾…」

愛しそうに私の名前を呼ぶ、彼が…。
ゆっくりと顔が近づいてきて、そのスピードに合わせるように瞼を閉じる。
すると与えられるのは、唇の感触を確かめるような甘いキス。久し振りのキスに、嬉しさがこみ上げてくる。

昔はあんなに大嫌いだった自分の唇。だけど今は、そんなこと思わない。 だってこの唇がなかったら、村山課長とキスなんてできないのだから…。

「綾」

離されては、されるキス。その合間に囁かれる私を呼ぶ声。ずっと不足気味だった村山課長。

「村山課長…」

ギュッと村山課長の背中に手を回した瞬間、タイミングよく鳴り響く着信音。

「…悪い」

しばらく出ないでいた村山課長だけど、ぞれでもしつこく鳴る着信音に、大きな溜息を一つ漏らし、そっと私から離れる。
さっきまであんなに感じていた村山課長のぬくもりが、一気に消えてしまい酷く寂しい気持ちが襲ってくる。
そっと私を手招きしながら、電話にでる村山課長。

「もしもし…はい…」

電話をしながら部屋へあがっていく。だけど私は玄関から動けずにいた。…だって嫌な予感がするから。

「え…いや、でも…はい、分かりました」

大きな溜息と共に電話を切る村山課長。それだけで分かってしまった。

「…悪い、綾。会社に戻らなくてはいけなくなった」

…やっぱり。嫌な予感は見事に当たってしまった。
最近、よくあることなんだよね。やっと早く帰れたと思ったら、電話で呼び出されることが。
おかげで私たち、ここ最近キスしかしていない。

「そうですか、私のことは気にせず行って下さい」

仕方ないって分かっている。仕事なんだから…。

「悪い」

だからそんな顔をしないで欲しい。

「いいえ。…仕方ないです」

本当はそんなこと思っていない。会社になんて行って欲しくない。
毎日会社で顔を合わせてはいるけれど、久し振りに2人っきりで会えたんだよ?
もっと一緒にいたい。もっと触れていたい。ぬくもりを感じていたい――。
だけど私には、そんなことを言えるだけの勇気もない。だから言って欲しいのに…。

「…本当にごめんな?また連絡する。送るよ」
「…はい」

言って欲しいの。『何時になるか分からないが、待っててくれないか』って。『綾に触れたいから』って。
その一言が欲しいのに、村山課長は仕事で呼び戻されると、こうやって私を家まで送り届ける。
言いたいけど、言えない。『もっと私を求めて下さい』って…。

「えぇ!?なんですか!その可愛すぎる悩みは!」
「…本当、そんなエロイ唇持っているくせに、なんで綾はそんなにピュアすぎるの?」

いつものオフィス。そしていつもの昼休み。入社して3年という月日が過ぎた。
今では目の前にいる有住ちゃんといった可愛い後輩たちもできて、すっかり先輩として勤務している。
それは隣にいる同期の久美子も同じ。

「あのさ、2人とも。私は真剣に悩んでいるんだけど…」

恒例となっているお互いの恋の悩み相談。久美子には幼なじみの彼氏。
そしてこの小動物のように可愛い有住ちゃんには、同じ販売促進部の時期エースとして呼び名高い、イケメン彼氏がいる。
そんな私たち3人が揃ったら、いつも自然と話題に上がるのはお互いの彼氏の話ばかり。

「もう村山課長が綾先輩にメロメロなの、すっごく分かります!!」
「メロメロって…全然私は感じないんだけど。それを言ったら苛原さんじゃない。公衆の面前で堂々といつも有住ちゃんを抱きしめちゃっているし」
「そっ、それは苛原さんが…!!」

そう言うと顔を真っ赤にさせる有住ちゃん。慌てちゃって本当に可愛い。

「いいなぁ…。苛原さんはそうやって自分から求めてきてくれる人で」

羨ましい。確かにちょっと人前でって恥ずかしいかもしれないけど、我慢できないほど想われているってことでしょ?ちょっと憧れちゃうよ。

求めてほしい

「なによ、綾。村山課長に身体を求められていないの?」

「なっ…!ちょっと久美子!?ここ会社だから!!」

しれっと爆弾発言をしちゃう久美子に、つい辺りを見回してしまった。

「大丈夫よ。みんな聞いているようで聞いていないものなんだから」
「だっ、だからって…!」

いつものことだけど、久美子ってばストレートすぎるのよ、言葉が!
聞いているこっちが恥ずかしくなってしまい、誤魔化すようにトマトジュースを飲む。
そんな私を見て、久美子はなぜか大きな溜息を漏らした。

「つまり綾は欲求不満なわけだ?」
「…ぶっ!!」
「キャー!綾先輩大丈夫ですか!?まるで吐血したみたいになってます!!」

思わず吹き出してしまったトマトジュース。
口の周りはきっと、有住ちゃんの言う通りの惨劇になっているに違いない。
慌てて有住ちゃんはティッシュを数枚取り、私に差し出してくれた。

「ありがとう」

本当、よくできた可愛い後輩だ。そんなことを思いながらも口を拭いていると、また久美子は大きな溜息を漏らす。

「本当に綾ってば魔性の術を兼ね揃えているわよね」
「…なによ、その失礼な言い方は」

魔性だなんて!ムッとしつつ言うと、久美子は呆れたように話し出す。

「バカね、誉めているんじゃない。綾の存在自体がもう既に男を誘惑しているっていうのに、そんな可愛い悩みを持っちゃってさ。 素直に一言言えばいいんじゃない。『したい』って」
「きゃっ!久美子先輩ってば大胆な!!」

ストレートすぎる久美子の言葉に、有住ちゃんは照れたように両手で顔を隠す。

「…そんな世の中の女性がみんな全て久美子みたいに、ストレートに伝えられるような人ばかりじゃないのよ? …その一言が言えないから、こんなに悩んでいるんじゃない」

そうよ。そのたった一言が言えないの。言いたくても、言えない。

男を誘惑できるエロイ唇って?

「そっ、それにさ!そんなこと言っちゃったら、引かれそうな気がしちゃって…」

最後の方は声が小さくなってしまった。

「はぁ?なに!?綾ってばそんなことで悩んでいたの!?」
「そっ、そんなことって…!かなり重要なことだと思うんですけど!!」

つい声を荒げてしまった。だってそうでしょ?重要なことじゃない。私から誘うなんて、恥ずかしいし。

「『そんなにしたいのかよ』って引かれちゃったら、どうしようって考えるのが普通じゃない!」

好きな人が相手なら尚更のこと。そんながっついているみたいで、嫌われてしまいそう。 タダでなくても、最近の村山課長は多忙で疲れているっていうのに。

「あー、もう!本当に綾ってバカすぎて笑えなくなる」
「…別に笑って欲しくて相談しているわけじゃないし」

久美子の冷たすぎる言葉に、つい可愛げのないことを言ってしまった。
すると久美子は、本日何度目か分からない大きな溜息を漏らした。

「あのさ、綾。きっと村山課長はそんなこと絶対に言わないよ。…むしろ好きな女からそんなこと言われたら。嬉しいと思うよ?」
「…嬉しい?」

こんなに恥ずかしい言葉なのに?

「そう。…と、うちのバカ蒼佑が言っていたから、間違いないと思うけど」

照れたように言葉を濁す久美子。なるほど。蒼佑君、ね。有住ちゃんも分かったのか、ニヤニヤした目で久美子を見つめている。

「…そっか。でも嬉しい、んだ」

男と女では、考え方や感じ方が違うのかな?でも嬉しいって思ってくれるなら、村山課長も私と同じ気持ちってことだよね?
なら、なんでいつも言ってくれないのかな?『帰らないで待っていて欲しい』って。
その一言だけでいいのに…。もう1か月以上していない。あの大好きなぬくもりに触れていない。

最初は村山課長とキスするだけで、すごいドキドキしちゃって、どうしようもない気持ちになっちゃっていたのに。
今はそれだけじゃ、全然足りない。だってキスのその先も知ってしまったから…。
あんなに甘い顔をしちゃう村山課長を知ってしまったから…。

男を誘惑できるエロイ唇。
こんな唇を持っていたって、一番誘惑したい人を誘惑でいないなら、なんの意味もない。
苛原さんみたいに、感情のままに求めてくれたらいいのに。 蒼佑君みたいに、ストレートに言葉で表現してくれたらいいのに。
仕事も大切だって分かっている。だけどたまには、本能のままに私を求めてくれたらいいのに…。

この小説を読んだ方にオススメ!

あらすじ

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

リビドーピュアシャボン"
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全69話公開中
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう