注目のワード

小説サイト投稿作品14 「唇に魔法」(ペンネーム:御園生舟さん)【LCスタイル】

「唇に魔法」(ペンネーム:御園生舟さん)

〜LC編集部のおすすめポイント〜

元彼と別れて以来、どうしようもなく恋に臆病になっていた主人公のもとへ、
以前から気になっていた同僚から食事の誘いがあり…!
恋をせずにいた期間が長くなるほど、はじめの一歩が踏み出しにくいものですよね。

ロマンチックなところのある彼と、恋愛初心者の彼女という組み合わせ。
なんだか煮え切らない彼にソワソワ、急すぎる展開に胸がドキドキしてしまいます!
主人公の“おまじない”の効果はいかに?

私だけの“おまじない”

花の写真

いつか読んだ『ギリシア神話』によれば、
かの高名な神々が自らの姿態を模した依り代の唇にその息吹きを吹き込んで、私達は人間になったそうだ。
いまから約七万年前の旧石器時代の人々は、
そこから受けた生命を悪魔に奪われないために魔除けとして朱に染め上げて、それが口紅の歴史の幕開けと言われている。

そんな豆知識なんてお構いなしに、私は口紅を拭う。
常日頃から見慣れたオフィスに相応しいコーラルを落として、
ほかに似た存在のない艶やかなそのグロスを施すのは、
いつだって大事なときと決まっていた。

別にそうしなくちゃいけないって訳じゃない。
じゃないけど、それを大事な場面で纏うことで、
そこがほど好い色気に縁取られ、
ささやかな自信に色が添えられて、
私の褪せがちでぼやけた日常に
とびきり華やかな彩りを与えてくれる。
それは言ってみれば、
誰でも少なからず持っている'おまじない'のようなものだ。

たとえば、
険しい道を歩く遠足の日には脚に馴染んだ靴を履くとか、
ここ一番の試験には丸じゃなく六角形の鉛筆を使うみたいな――
往々にして謳われる常識と願掛けの合間を揺蕩う、
かつて化粧を覚えた就活の時から
今に至るまでの、私にとって不変の習慣。

たまたま見掛けた《自信が持てる》と言う売り文句に惹かれて、
ここぞの時のために'勝負グロス'を使いはじめてすぐに
第一志望だったこの会社から内定をもらって以来、
頑なに守り通して来た絶対の処世術だった。

大人のデート

口紅を塗る女性の写真

――今日は、この春から東京支社に来た職場の同僚から、
はじめて声を掛けられた。

「もしよかったら、今夜付き合ってくれないかな」
毎日同じフロアで働いては居るものの、
私達に業務上の接点はなく、
ほとんど挨拶さえも交わしたことがなかった。
唐突な展開に言葉を失う私の表情を窺って、
橘川君はそのいかにも人懐こそうな童顔を
くしゃっと苦笑で歪めて見せる。

「急にこんなこと言って……
やっぱり驚かせちゃったみたいだね。
でも、こっちに来てから、
君のことずっと『いいな』って思ってたんだ」

ほんの一年足らず前とは言え、
彼が転属になった年度初めの、あの日を今でも覚えている。
その儚げな容姿とは裏腹に陽気な声で挨拶した姿は、
ちょっとやそっとで忘れてしまうには、
あまりに魅力的過ぎたから。

私からも好意を伝える代わりにこくりと頷くと、
今度は破顔の笑みを浮かべて、
その背丈に不似合いな仕草で大きくガッツ・ポーズを作ってみせる。

「それなら、今夜は絶対に後悔させないよ。
折角なら大人のデートにしよう。
何処か雰囲気のある店で食事をして、それから夜景を楽しんで、
二人きりになれる場所に行って……君さえよければその続きもね」
それだけ言って足早に踵を返した彼の背中を眺めながら、
私はしばらく放心状態から立ち直れそうになかった。

『絶対に後悔させない』?
『大人のデート』??
『その続き』ってどう言うコト!?

彼の残した大き過ぎる置き土産が、
この頭の中でぐるぐる回って、
今にもバターになってしまいそうだった。
今日は金曜日だし、どうせ家に帰ったって
待っててくれる人なんて居ないんだから、
何も気兼ねすることはない。
それに――私は自分の顔がどんどん火照って行くのを自覚しながら、
今身に着けている下着が
きちんと上下揃っているかを思い出していた。

彼の言う『大人の夜』にする準備は出来ている。
それをより完璧に仕上げるために、普段使いの口紅を落とし、
とっておきの勝負グロスを塗って社屋外へ出ると、
先に退社して私を待ってくれていた橘川君のもとへと駆け寄った。

「あれ? 今夜は、なんだかいつもと違うんだね……」
こちらに笑顔で振り返った彼の顔は、
その視線が私の姿を捕らえるなり、見る見る翳って行ってしまう。
そのまま黙って歩き出した広い背中を追い駆けながら、
私は何かとんでもないことをしでかしてしまったのではないかと、
この胸を痛ませはじめていた。

突然の告白

ワイングラスの写真

とんでもなくぎこちない雰囲気に支配されたテーブルを離れて、
私は鏡の前でどんよりと頭を抱えていた。

結局その道中を気まずさに押し潰されそうになりながら入った
会社からほど近いイタリアンでも、
周囲の喧騒に馴染むことなく、私達の会話は弾まないままだった。
本来なら明朗な笑顔が浮かべているはずの彼は、
その整った顔を伏せたきり、こちらを見てくれようともしない。

あまりに重苦しい空気を受けて、
とても食事を楽しむ気分になれずに、
なかば強引に席を立って来てしまったのだけれど――

私は掌の内に握り締めた勝負グロスを、まじまじと見つめてみる。
これまではいつだって、この色彩と艶めきに助けられてきた。
私の社会人としての歴史の日向を支え続けてくれた存在は、
まさに相棒と呼んでも過言じゃない。

でも、今夜に限っては、この'おまじない'は無効だったのかも……。

そう思いながら、わずかに落ちてしまった色艶を塗り直して、
私は化粧室を後にする。

こんな他人行儀なよそよそしさが続くなら、
私みたいな恋愛初心者には、まったく耐えられそうにもない。
橘川君には悪いけど、
なにか急用が出来たことにして、今夜は帰らせてもらおう。

その口実を考えながら戻ったテーブルで、
彼にそれを伝えようと口を開いた次の瞬間に、
橘川君はどんぐりみたいな丸い目をさらに見開いて、
突然突き動かされたように立ち上がる。
かと思うと、彼は大きな手をこちらへ差し出して――
私をその胸にしっかりと抱き寄せた。

「今日は驚かせてばっかりで、ごめん。
でも、もう俺、我慢の限界なんだ……!」

まるでちぎれそうに火照った耳許でそう囁かれて、
この心にパニックの波が襲い掛かる。
どうにも恥ずかしくて身体をじたばたとよじっても、
そんな抵抗など物ともしない力が腕により強く込められるばかりだ。

「そんな唇で来るなんて……。
君が可愛いって知ってた。けど、今夜は最高に綺麗だよ」

そう打ち明けてくれる橘川君の声色は、
それを窺う誰にも分かるほどに濡れて、ちょっとだけ震えている。
でも、その唇は私の耳朶に柔らかく押し付けられて、
そこに塞がれてしまっていた。
いつもの朗らかな声とは違う悩ましげな告白を、
ほかに聞き及ぶ人は居ない。

「こんなことして――俺のこと嫌いになっていいよ、
何なら軽蔑したっていい。
たとえ咎められたって、俺もう自分を止められないから」

彼はそう言いながら、この顎を力任せに掴んで――
そして、私に思い切りくちづけた。

「君のことが、好きなんだ」

……つまり、私は橘川君の機嫌を損ねてしまった訳じゃなかったんだ。
それに気付いて、今度こそその好意に応えようと、
私を抱き締めて離してくれそうにもない力強い腕に、
この指をゆっくりと添える。

「こうして君を捕まえて、
自分だけのものにしてしまいたくてたまらなかった。
今夜そうなるんだって、俺は自惚れてもいいね……?」

この界隈に外国人が多く住む土地柄や週末に特有の殷賑に加えて、
既にお酒が入っているのもあって、
周辺のテーブルから祝福の喝采が沸き起こる。
その冷やかしを遣り過ごしながら、
私は甘い言葉に戦慄く唇に重ねられた
もっと甘いキスを受けることで精一杯だった。

甘美なキス

夜景の写真

「こっちは、やっぱり夜景が綺麗だね」

すぐ隣を歩く彼の肩越しに、
その視線の先に広がる幾多のまばゆい輝きを見遣る。
私達は何処へともなく歩きながら、
いつも見慣れたはずの
湾沿いを巣食うように埋める光のパズルを眺めていた。

かつて上京したての時分こそ物珍しかったけれど、
今ではすっかり見飽きた灯し火の集合体にありがたみなんてない。
しかし、それも欧州帰りの橘川君にとっては違ったらしいけれど。

「君の方が夜景よりずっと綺麗だけど……なんて」

あれから――周囲の好奇の視線に耐え切れずに、
私達はその場を急ごしらえに取り繕って食事を済ませ、
何処か後ろ暗い気持ちで店を後にした。
それは十代の頃に両親の目を盗んでこっそり夜遊びに出掛けた、
あの日の気分と重なる。
そう明言された大人のデートに繰り出すはずが、
まさか思春期に逆戻りする羽目になるなんて。

「このキモチは誓って本当なんだ。
これまでに素晴らしい芸術や美女なら飽きるほど見て来た。
でも、そのどれにだって、こんなに心奪われることなんてなかったよ」

私はやっとのことで込み上げる苦笑を押し殺して、彼を見上げる。
その何処か幼さを残した顔立ちに不似合いな硬い表情が
うっすらと紅潮しているのがおかしくて、そして、とても愛おしい。

「今夜は余裕のないとこ見せ過ぎちゃったね。
なんだか格好悪いな、俺」

橘川君はそう言って、
そのかたちの良い唇の端に自嘲を浮かべてみせる。
確かにスマートな滑り出しとは言い難かったかも知れない。
でも、まだ見ぬ彼の姿を見られたのが嬉しくて、
私はその手を恐る恐る握った。
それに応えて握り返してくれるのを待っていると、
つとに抱き締められてもう一度キスされる。

「何度でも教えて。俺なんかじゃ、まるで不似合いかも知れない。
だけど、君は俺のモノなんだってこと」

まるで時が止まったみたいに
永遠に終わりそうにもない長いくちづけの果てに離された唇には、
私の唱えた'おまじない'が移ってしまっている。

「改めて大人のデート、はじめようか。
このキスから……君さえよければその続きも」

その言葉と共にもう一度落とされたキスは、
さっき永遠を感じたよりもさらに長く、もっと深く、ずっと甘かった。
この唇をなぞる誘惑にキモチまで濡れちゃってる。
でも、それが今夜なら構わない。

そう伝える代わりに、今度は私から彼に背伸びをして、
それが二人だけに通じる合図になる。

お互いの唇に息吹きを吹き込み合う私達を見守るものは、
ただこの夜景と天高く輝く星達の物語だけだった。

御園生舟さん/著

【とろけるような甘いキス】 キス専用美容液『ヌレヌレ』

この投稿小説を読んだ方におすすめ

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

夜桜
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全69話公開中
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
おすすめ官能小説レビュー
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう