注目のワード

官能小説 明るいままで…クンニで感じる聖夜エッチ

彼氏ができた!でもエッチが不安な理由は……

2年ぶりに彼氏ができた!
久しぶりに彼氏ができて、うれしい反面、「ある不安」がよみがえってきた。

(ああ、アソコの色、どうしよう……)

私は昔から、バストトップやデリケートゾーンの色が気になっていた。
バストトップに関しては、友達とお風呂に入ったときに気のせいじゃなかったと確信した。明らかに、みんなより黒ずんでいる。デリケートゾーンは比べられるものではないけれど、やっぱり黒ずんでいるほうなんじゃないかと思っている。

今まで付き合った男性に指摘されたことはない。
でも、遊んでいないのに遊んでいると疑われるんじゃないか、下着を脱いだ瞬間ガッカリされるんじゃないか、舐めたくないと思われるんじゃないか……そんな不安をずっと抱いてきた。

そんなとき、幼馴染みのミヤコと久しぶりにランチをした。
ミヤコと私は何でも話せる仲。ほかの人には絶対言えないなーと思いつつ、黒ずみについての悩みを打ち明けると、「まさか同じ悩みを持っていたなんて!」と、ミヤコも驚いていた。

「今まで内緒にしてたけど、いいものを教えてあげる!」

ミヤコはスマホで、「LCジャムウハーバルソープ」というデリケートゾーン用の石鹸が載っているページを見せてくれた。
「黒ずみの汚れもケアできるし、臭いの汚れも洗い流せるんだ。泡立てて3分間パックするだけだよ」
ミヤコが胸を張って言うのなら、期待できる。私は帰宅する電車の中でさっそく購入した。

大好きな彼にガッカリされたくない!その一心で……。

数日後に家に届いたソレは、見た目は普通の石鹸だった。
早速、ミヤコが言っていた3分間パックを試してみることにした。
(さすがに1回じゃわからないな)

というのが、正直な感想。でもこういうことって、続けるのが大事なんだろう。

彼はクリスマスに、私の家に泊りに来ることになっている。それまで毎日続けることにした。

面倒だと思うこともあった。でも、
(彼にガッカリされたくない!)
その一心で、がんばった。

いよいよクリスマスデートの夜がやってきた。
彼はベッドで隣に座ると、
「今日、いつもより色っぽい……」
私の肩を抱き、顎をくいと上げてキスをしてくる。
「ん……っ」

スマートなように見えて、激しいキスだった。少し強めに吸いながら、舌を絡みつけてくる。ずっと私とこうしたいと思ってくれていたんだな……そう感じられるキスだった。
そのまま、押し倒される。
「電気、消してほしい……」
「このままじゃダメかな」

私のお願いを、彼は微笑みながら拒んだ。
(え、えええっ!)
「キレイだから、よく見ていたいんだ」
まさかの展開。ここまで明るい状態でエッチすることになるなんて。これじゃ、黒ずんでいるのがわかってしまう。
そんな私の焦りをよそに、彼は私の薄いレース地の勝負下着を、プレゼントのリボンをほどくような手つきで脱がせていく。
(がっかりされたらどうしよう……)

期待のドキドキと不安のドキドキ、二種類のドキドキが胸に広がっていく。

濃厚なラブタイムに突入。気持ちよすぎるクンニでうっとり

「すごい。キレイな色」
彼のつぶやきに、耳を疑った。
「ピンク色で、かわいい」
「……本当?」

心の中に、これまでの3分間パックの光景がよみがえる。
あの努力が報われたんだ。思わず心の中でガッツポーズをした。

彼にもそう見られるか不安だったけれど、確かに自分で確かめたときには、キレイなアソコにお手入れできたと実感していた。
「たまらないよ。舐めていい?」
返事をするより早く、彼はアソコを舐め始めた。舐めるなんてものじゃなくて、むしゃぶりつくといっていい勢いだ。

男性が下半身を舐めているシーン

割れ目をなぞられ、アソコが開いていく。
花びらを口に含んだ彼は、舌でそれをこねたり、唇で軽く挟んだりした。
「あんっ!」

初めての感覚に、体が震える。
彼の舌が、十分に濡れた花びらから中へ侵入していった。じゅ、じゅるっと響く音は、彼の唾液だろうか。それとも私の愛液だろうか。

ときどき舌でクリトリスを弾きながら、彼はうれしそうに言った。
「俺、もしかしたら、ここ舐めるの好きなのかもしれない。もっと舐めていい?」
「ん……あっ」
「こんなキレイなアソコをびしょびしょにできるなんて……今日は最高の夜だよ」
「あ、ああんっ」
私はといえば、あまりの快感にまともに返事もできない。
彼の舌先が、中の敏感なところをツンツンと攻め立てた。
「ああ、そこ……そこは……」
「ふぅん、ここが気持ちいいんだ」
彼はさらにそこを強く刺激した。指や男性のアレでコスられたことはあったけれど、舌で愛されたのは初めて。
「こんなに気持ちいいなんて……」

こんな感覚があったなんて知らなかった。
「あ、ああっ、イっちゃうっ……!」
「いいよ、イって……イクところ、見たい」
トロけるような絶頂を、私は迎えた。

今までこんなにいっぱい舐めてくれた人はいなかった。クンニって、こんなに気持ちよかったんだ。

この日から、今まで少し面倒に感じていた3分間パックがとても大事な時間に変わった。
彼とは会うたびにイチャイチャ、ラブラブしている。自分のカラダにコンプレックスが無くなり、明るい部屋でのベッドタイムも一緒にお風呂に入ることも、全く不安ではなくなっていた。

あらすじ

この記事を読んだ方にオススメのコンテンツ

この作品を読んだ方にオススメの商品はこちら!



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全46話公開中
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう