注目のワード

官能小説 初めてのHはアナタと〜優しい愛撫で愛されて〜【LCスタイル】


なんか、笑ってない?

「なんか、笑ってない?」

隣を歩くタケルくんに指摘されて、私は顔を上げた。予想以上に近い距離で目が合ってしまい、ドキッと鼓動が高鳴る。

「私、笑ってた?」
「うん、ニヤニヤしてた」

かぁっと頬が熱くなるのがわかる。慌てて視線を前に戻して、歩みを早めた。

「さっきのご飯が美味しかったから……かな?」
「俺とのデートが楽しかったから、じゃなくて?」
「そっ、それはもちろんあるけど!」

そう答えると、タケルくんはおかしそうに笑う。
ますます顔が熱くなるのを感じて、私は頬に手を当てた彼――タケルくんと出会ったのは、数か月前の合コンだった。今まで一度も彼氏ができたことのない私を心配して、友人が誘ってくれたのだ。
男性と話すだけでも緊張してしまう私がこんなにも打ち解けられたのは、多分、タケルくんの人懐こさのおかげだと思う。

「由梨」

名前を呼ばれて、再びハッとする。彼の指が、私の手に触れた。

「今日は、このまま帰る?」

彼に触れている指先が、痺れたみたいに熱い。一瞬だけ迷った後――私は、彼の指に自分の指を絡めた。

「うち、行こうか」

タケルくんは、私と目を合わせずにそう呟く。彼の手が少し震えている気がしたのは、私の気のせいかもしれない――

付き合って3カ月

合コンの後、タケルくんからアプローチを受けて、私たちは付き合うようになった。付き合って3カ月、何度かキスはしたけれど、彼の家に行くのは今日が初めて。

(いよいよ……なのかな)

大学に入ってから一人暮らしをしているという彼の部屋は、必要最低限のものだけが置かれ、綺麗に整っていた。

「はい、粗茶ですが」

冗談めかして、彼がお茶を出してくれる。 お礼を言って受け取りながらも、私の意識は、視界に映るベッドに囚われたまま――

「初めてのエッチって、めちゃくちゃ痛いよ」

友人のそんなセリフが頭をよぎる。初めてを捧げるなら彼がいい、だけど、やっぱり怖い。

(でも……これを逃したら、さすがに飽きられちゃうかもしれないし。ここは、女として覚悟を決めて――)

「えっと……由梨?」
「はっ、はい!」
「…………緊張してる?」

心配そうな、困ったような彼の目が私を映す。
その表情に、無理やり鼓舞した気持ちは一気にしぼんでいって――

「少し、だけ……」
「嘘つけ。めーっちゃ緊張してる」
「……わかる?」
「わかるよ。それに……由梨が初めてだってことも、わかってるつもり」

頬にかかった髪に、彼が触れた。
それを耳にかけながら、優しくキスをしてくれる。

「俺は……由梨とエッチしたい。でも、由梨が大事だから……無理強いするようなことは、したくない」
「うん……」

怖い。ドキドキする。怖い。でも――したい。

「痛く……しないでくれる?」

そっと見上げると、タケルくんはふっと笑う。

「ガンバリマス」

そう言って、もう一度唇を重ねる。
彼のキスがすごく優しかったから……この人なら、大丈夫だと思えた。

ベッドに押し倒されて

「……っ、わっ」

ベッドに押し倒され、彼が首筋にキスをする。服の上から体をまさぐる手が少しくすぐったくて、思わず身をよじった。

「服は、俺が脱がせるのと自分で脱ぐのとどっちがいいですか」
「……それ、言わなきゃダメ……?」
「ごめん、意地悪だったね?」

くすくすと笑いながら、彼がブラウスにボタンを外していく。途中でふと気づいて、照明を暗くした彼の横顔に、ドキッとした。

(タケルくんって……こんな表情、する人だっだっけ)

胸元にキスをしながら、背中に手をまわして下着のホックを外す。そんな彼をぼうっと見下ろしていたら、ふいに目が合った。

「あ……」
「なーに?」

悪戯っぽく笑って、胸元に舌を這わせる。口元は笑っているのに、目は私を射抜くみたいに鋭くて――肌を這う舌の感触と相まって、必要以上にドキドキする。

「ここ、舐めるとどんな感じ?」
「ん……ぞわぞわ、する」
「じゃ、ここは?」

タケルくんの舌が、今度は胸の先端をつついた。

「――っ!」

意識とは別に、体が勝手にびくっと跳ねる。電流みたいにぴりぴりした感覚が体を駆け上ってきて、思わず息を飲んだ。

(な、なにこれ……っ)

「……大丈夫だったら、続けるね」

タケルくんの舌が、やさしくそこを舐めて、タケルくんの手が、やんわりとそこを揉んで。息が上がっていくのが恥ずかしくて、思わず手で顔を覆うと、彼の手が、私の手を取り払った。

「だーめ。……ちゃんと見てて」
「ん……」

ちゅっと軽いキスを落とされ、タケルくんの手が下腹部へと移動する。優しく腰をなぞりながら、スカートを脱がしていく。下着の上からそこをなぞった彼は、ほっとしたように息をついた。

「よかった……ちゃんと濡れてるみたい」
「そう、なの……?」
「ん。……触るね?」

下着も脱がせると、タケルくんはそっと足の間に指を這わせた。再びぴりっとした快感が走って、思わず足を擦り合わせそうになる。

「閉じないで。力抜いて……俺の指に、集中して?」
「う、ん……ぁっ」

官能小説挿絵:ベッドの上で愛しあう男女

自分の口から漏れた甘い声が、自分のものじゃないみたいでドキドキした。タケルくんの指の動きに合わせて、腰が勝手に動いて――

(なんで……止められない……?)

「んっ、や、だぁっ……それ……っ」
「痛い?」
「ちが……っ」

(なんか、変な感じ……!これが、気持ちいいってこと……?)

タケルくんは私をいたわるように頭を撫でて、そして、私の中に指を沈めた。

「――っ!」

びくっと身体が跳ねて、中がきゅっと締まるのがわかる。熱を帯びた吐息まじりに、彼の名前を呼ぶと、優しく微笑み返された。

「ん。入ったよ。……よく頑張りました」

私の頭を撫でて、キスをして――

「もうちょっと頑張れる?声、我慢しなくていいから」

胸元へのキスと同時に、中の違和感が変化した。彼の指が中で動いたんだと思うけど、何が何だかよくわからない。

「大丈夫?痛い?」
「う、ううん……へい、き……だけど、ぁっ」

(こ、怖い――!)

よくわからない快感に、飲み込まれてしまいそう。思わずぎゅっと彼の袖を握ると、タケルくんの目が、私を捉えた。

「……やっば……かわいい」
「っ……!」

呟くような彼の声に、びくんと体が震えた。足先から熱が出ていくみたいな、痺れるような変な快感。

「っあ、ぁ――」

一瞬頭が真っ白になって、怖くなって目を閉じた。びくびくという震えが収まり、荒い呼吸のまま目を開けると、タケルくんが私に馬乗りになって服を脱いでいるところだった。

「軽くイったでしょ?」
「え……」
「ごめん、今日は指まででもいいかなって思ってたんだけど……かわいすぎて、我慢できない」

熱っぽいまっすぐな視線に見下ろされて、心臓の音がうるさくなる。無意識のうちに手を伸ばした私を、タケルくんは強く抱きしめてくれた。そして、入り口にそれが押し当てられて――

「痛かったら、言って?」

耳に、頬に、唇にキスをしながら――彼が入ってくる。押し広げられる感覚と、じんとした鈍い痛み。

(でも……思ってたほどじゃないかも)

痛みより、どちらかというと充足感のほうが強い。気持ちよさそうに表情を歪めるタケルくんを見ていたら、なぜだか、泣きそうになった。

「由梨……っ、なか、やばい……っ」
「ん、ぁっ」

ゆっくりと、労わるように彼が動き出す。鈍い痛みも、次第に快感に変わっていって――彼の肌の感触に、私はそっと目を閉じた。

大好きな、人懐こい笑顔

「あ、あの……ありがとう……」

ラブタイムも終わり、タケルくんに腕枕をされながら、私はそっと呟いた。

「ありがとうって、どうして?」
「思ったより痛くなかったし……タケルくんが、優しくしてくれたからだなって思って……」

タケルくんは、ふっと笑って、私の頭を撫でる。

「由梨がかわいいから、優しくしたくなるんだよ」

私の大好きな、人懐こい笑顔。

(私……この人を好きになって本当に良かった)

けれど、タケルくんはその笑顔をちょっと意地悪なものに変えて、後を続ける。

「まぁ、かわいいからイジメたくなるっていうのもあるけど」
「えっ……いじめ……!?」
「まぁそれは追々ね。ゆっくり教えてあげる」

彼の言葉と優しいキスに、鈍い熱を残したそこが、じんわり疼く。

「ん……楽しみに、してる……」

私の呟きに、タケルくんが照れたように目を泳がせた気がしたけれど、それはやっぱり、私の気のせいだったかもしれない――

END

⇒コチラもオススメ!官能小説 アーバンライトに恋をして(ひとりエッチ短編小説)

この小説を読んだ方にオススメ!

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

あらすじ

由梨の事を心配した友達がセッティングしてくれた合コンで出会った彼。
彼の人懐こさのおかげで打ち解け彼からのアプローチを受けお付き合いが始って今日で3カ月。
デート後、初めて彼の家に行く事になり…。

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

休業案内
リビドー ピュアシャボン
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
torico
torico
小説家、シナリオライター。 主に女性向け小説、ゲーム…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう