注目のワード

官能小説 ディルドでひとりエッチ〜騎乗位体験〜【LCスタイル】


愛用のディルド

今日も私は、ディルドにまたがって腰を振っていた。

「はぁ、はぁ……っ!」

擦れていた外で軽くイってから、ナカによるディルドへの締めつけが強いものになる。
今度は奥が欲しくなってきたので、私は前に手をついて腰を上下に動かし始めた。

イった反動で愛液が溢れていた。滑りがよくなったディルドは、ずんずんと私のナカを攻める。

「あ、あっ!ッ……!」

ナカが刺激を欲していて、私の体がディルドを強く求めるのが分かる。その欲求に従って、私は腰を夢中になって振った。奥まで攻められて、体が熱くなる。頭がくらくらしていく。

私はずっと騎乗位が苦手だった。かつて彼氏に「上に乗って」と言われたとき、私はいつも内心で戸惑っていた。動き方が分からず、乗ったままじっとすることしかできない。それに、表情を見られるのが恥ずかしかった。

そんな私の姿を、彼氏はどう思っていただろうか。騎乗位のとき、気まずい空気を何度も感じたことがあった。

「んっ……い、いいっ!」

ナカが擦れる感触を感じる。ディルドが私の体を行き来するに従って、思考が陥落していく。
ディルドを使ってから、こんなに感覚が変わるなんて。昔の私は思っただろうか。

過去と今

それは遡ること数週間前。

ヴヴヴと振動音を鳴らしているローターを止め、私はベッドで一息ついた。

「あぁ、気持ちよかった」

彼氏がいなくなって、早三か月。私は今日も寝る前にひとりエッチに励む。
ひとりエッチをすると、快眠になる。肌の調子もよい。だけど、いま持っているローターだけでは物足りなさを感じていた。

私はちらりとテーブルを見る。そこには届いたディルドの箱があった。

頭の中で昔のことがよぎる。

騎乗位になると、彼氏にまたがったまま動かない私。彼氏と気まずくなった結果、私は挿入と同時に激しく上下に腰を動かせばいいと思うようになった。もちろん私自身に気持ちよさはないし、すぐに疲れてしまう。でも、それが正解だとずっと思っていた。

「いけない。いけない。昔は昔!今は今!もうそのことは忘れたの!」

ぶんぶんと首を振る。

「……思い切って使ってみようかな」

使い方は事前に商品説明のページで学んだ。私はディルドの箱を手にして風呂場に向かった。

ディルドと想像して浮かんでくるのは、脈が打っている様子まで再現されたリアルな肌色のもの。だが、箱から取り出すと出てきたのは、淡いピンク色のディルドだった。表面はつるんとしている。

「これなら抵抗感はないかも。全体的に柔らかくて……そこは実物に似せているのかな」

ディルドには、ぷにぷにとした感触があった。つんつんと突いて、私はそれを指先で味わう。先端の丸いふくらみも、どことなく愛らしさを感じさせる。

戸惑いからの開放感

実際に恋人とするような状況をイメージして、私は服をすべて脱いだ。

「床に張り付けて、コンドームをかぶせる。それから、ローションを垂らす……」

私は風呂場の床に貼り付けて、ピンク色のディルドに透明なコンドームをつける。
そして、上からローションをたらす。とろりとした液体が、男性の形をしたソレを伝い落ちた。

ディルドは騎乗位だけでなく、壁に張ればバックにも使える。手に持てば、バイブのようにも使える。だが、今日は騎乗位で使うと決めていた。

上や横からディルドを眺める。ディルドを掴んでぽきぽきと動かすと、角度を変えることができた。その描いた軽いカーブや膨らんだ先端を見ていると、私に男性のモノをイメージさせた。

挿入のために準備をしているだけなのに、私は胸がドキドキするのを感じる。イったばかりだというのに、体はまだ快感を欲しているのだろう。
そっと、秘所に手を当てる。ローターでした後に一度拭いたが、触るとまだとろりとしていた。ローションではないものが指について、私はごくりと唾を呑み込む。

好奇心で秘所の疼きが止まらない。ディルドにまたがると、位置を確認しながら少しずつ身を沈める。

「ん……ッ……」

ナカをかき分けて、ディルドがじっくりと入っていく。久しぶりの挿入感が懐かしく、嬉しくもあった。

身を深く沈めきると、奥までディルドが入ったのを感じた。少しキツい気がした。ここで上下に動くのかなと思ったが、私はディルドを買ったサイトで見た動き方を思い出した。
挿入後はすぐに動かず、しばらくそのままでナカを慣らすことが大切らしい。実際に彼氏としていたときは、待って慣らすということをしたことがなかった。

私は床に手をついて、前後に腰を揺れ動かした。痛いかなと思ったが、そうではなかった。

「次は、ゆっくり……ゆっくり……。こうかな?」

くいっくいっ、と腰を軽く振る。こんな簡単な動きでいいのかなと思ったが、微かにナカでディルドが触れ合っているのを感じる。私は一度抜くと、ディルドの角度を調節した。そして、もう一度挿入をして先ほどの動きをした。

「あ、これいいかも……」

官能小説挿絵:お風呂場でディルドを使って騎乗位の練習をする女性

動き方もそれほど疲れない。つい、何度も前後に腰を振る動きを繰り返してしまう。
私は最初よりも体がリラックスし始めたのを感じたので、気持ちいいところを探るように動きを変え始めた。

ディルドは男性のモノとは違って、時間に制限がない。自分の中にあるポイントを、ゆっくりと知ることができる。

前後の振れ幅を大きくする。腰で円を描く。後ろに体重をかけてみる。試行錯誤をしているうちに、私は前に手をついて上下に腰を動かしていた。

この動きがいまは気持ちいい。

そう思っていたときには、すでに私は息を荒げていた。動きが激しくて疲れているのかなと思ったけど、違う。

目の前にある鏡には、胸が柔らかそうに揺れている様子が映っていた。それに、満足げな表情をしている私がいた。

あれ、私ってこんな表情をするの?こんな、エッチな表情を――。

そろっと下を覗き込んでみると、ピンク色のディルドが秘所を出入りする様子が見えた。
ディルドに絡みつくローションと、私の愛液が絡み合っている。コンドーム越しのパステル調なピンク色の上で、液がきらきらと光っていた。男性のモノと違わない形状のディルドを、私の体は強く捕まえて離さない。

きゅんと私の胸も子宮が反応して、濡れ方が増していく。

刺激的な光景に興奮し、体が鳴らす水音がどんどんエッチなものになっていった。

「あぁっ!だめ!これ、すごく気持ちいいっ……!」

思考がまとまらない。私は脚を大きく広げて、壁と浴槽に手を当てて腰を上下に振った。
傍から見たら、きっとすごくエッチな光景なのだろうと自分でも思う。

もし、人に見られたら……すごく恥ずかしい。でも、やめられない。

騎乗位って、こんなに気持ちよかったんだ。こんなに、開放感に溢れているなんて。

私は何も考えず、心が求めるままディルドの上で動いた。ただ、ひたすら気持ちよさを求めていた。

今日もまたお世話になります

揺れる電車の中で、私はつり革を持ってぼんやりと窓を見る。仕事が終わる時間は、いつも外は真っ暗だ。

『最近、綺麗になったんじゃない?』
『肌がぴちぴちしてますね!』

そう声をかけてもらうことが多くなった。もっぱら、仕事仲間の女子からであるが。
ディルドを買ってから、まだ私に彼氏はできていない。でも、私のディルド生活は潤っている。

今日はどんな使い方をしようかな。セクシーな下着をつけて雰囲気を盛り上げて、楽しんでみようかな。それとも――。

自宅の最寄り駅に電車が着くまで、私の中で妄想が膨らみ続けた。

END


こちらの動画で、この小説を朗読していただきました!



この小説を読んだ方におすすめ

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

あらすじ

ずっと騎乗位が苦手で、元カレとのエッチ中に「上に乗って」と言われても動き方や気持ちよさが分からなかった。

でもそんな時にディルドに出会って…?

このページを読んだ方にオススメのコンテンツ



一足先にラブコスメ漫画を読みませんか?

官能小説はやっぱりLC!女性のためのすべて無料の官能小説サイト『エルシースタイル』!女性向けのえっちな小説や、女の子向けの投稿小説作品、セックス体験談を多数掲載中!短編から長編まで、エルシースタイルでしか読めない女性のための連載官能小説をお楽しみください。

リビドーピュアシャボン"
  • クンニ
  • さくらの恋猫
  • ヌレヌレSP
トロけるエッチ
騎乗位動き方
公開中のエピソード 全100話公開中
凛野あかり
凛野あかり
マルチな活躍を目指す小説書きです。女性向け・男性向け、…
カテゴリ一覧
感じる官能小説
幼馴染(全3話)
仕事一筋(全3話)
遠距離恋愛|遠距離恋愛カップルの官能小説
夜明け前〜解放〜(全6話)
夜明け前〜出逢い〜(全6話)
絵の中のあなた(全3話)
空をつなぐ(全8話)
恋のチカラ(全6話)
恋愛エクスプレス(全8話)
キミに出会う旅(全5話)
君が気づかせてくれたこと(全6話)
home sweet home(全4話)
恋の花の咲かせ方(全5話)
まだ見ぬ君へ(全4話)
ここにいること(全4話)
未来の花ムコ(全4話)
彼女の生きる道(全7話)
本当の幸せ ―私の誤算―(全3話)
コイの記憶(全3話)
救世主(全3話)
再びの春(全3話)
天使の羽(全3話)
キャンパス(全3話)
恋愛診断(全3話)
傷心旅行(全3話)
甘い恋愛(全3話)
始まりは雨(全3話)
遠回りした私たちの恋(全4話)
LOVERS〜恋が始まる〜(全6話)
LOVERS〜恋が揺らぐ〜(全6話)
LOVERS〜恋がざわめく〜(全6話)
揺れる明るみ〜癒し〜(全6話)
揺れる明るみ〜包容〜 (全6話)
うずきがとける(全7話)
おんなの、秘めごと|森下くるみの官能小説
バースデーバレンタイン|渡辺やよいの官能小説
安藤呂衣は恋に賭ける|内田春菊の官能小説
私の知らない私|女性向けSM官能小説
ウーマン・オブ・プラネット
官能小説の書き方(投稿)
その指が恋しくて|指フェチの官能小説
あなたを感じる〜電話エッチ〜|テレフォンセックスの小説
寂しさの粒|マリッジブルーで婚約破棄を考える女性の官能小説
ルームナンバー701
美味しいセックス|おいしいフェラの官能小説
目で感じる官能エロ小説
「もうひとつ」の誘惑|ディルドの官能小説
新着小説作品
あなたを掴まえたい(年下彼氏)|年下男子との恋愛小説
夜はまた明ける
秘密の氷が溶ける音
心の糸を結ぶ場所|婚活パーティーが舞台の官能小説
Sweet of edge
となりのS王子「ファースト・クリスマス」|クリスマスHの小説
となりのS王子小説版 恋におちたら|上司との恋愛官能小説
先生とわたし|先生と生徒の恋愛官能小説
【小説版】シンデレラになる方法 〜誓子の場合〜
【小説版】夜ごと課外レッスン|夫婦の官能小説
クロスラバーズ spotA 谷崎美陽の場合
クロスラバーズ spotB 吉井月乃の場合
妄カラ女子 spotA 小森未由の場合
純白と快感のあいだ|ひと夏の恋を描いた官能小説
妄カラ女子 spotB 榊川彩子の場合
パラレルラブ spotA 加藤直紀
パラレルラブ spotB 高木洋輔
同居美人 projectA 名取千織
同居美人 projectB 上塚想子
心も体もつながる夜は
幼なじみの甘い脅迫|幼馴染との官能小説
甘恋レッスン|幼馴染とするエッチの練習小説
恋のメイクレッスン|可愛い女の子の恋愛小説
彼女を震わせるモノ|ローターで攻める官能小説
オンナノコ未満、オンナノコ以上
本当にあった物語|ラブコスメの体験談小説
恋猫、飼い始めました。|リモコンバイブが登場する官能小説
Lovecure|ラブホテルでのセックス官能小説
二度目の恋におちたから|セカンドバージンの小説
Vな彼女と彼氏/凛野あかり
【小説版】タワーマンションの女たち
年下わんこのおねだりタイム|玩具の官能小説
今夜は私から/矢野樹
私も知らないわたし/結奈
初めてのひみつ/凛野あかり
心も体も通わせて(全4話)
マンネリ打破!恋愛スイッチ(全2話)
プリンセスになりたい(全2話)
恋の誘惑は唇から(全3話)
インサート・コンプレックス|エッチができない官能小説
上手なキスを教えて?|上手なキスの仕方がわかる官能小説
秘密、蜂蜜、果実蜜|三松真由美の官能小説
エッチな女性はお好みですか?
私だけの、キミでいて。|膣トレで自分磨きをしていく官能小説
あなたのすべてが性癖なのです。|アナルセックスの官能小説
きみの声じゃないと駄目なんです!|言葉攻めで感じる小説
欲望まみれの執事に愛されて|執事とのSM官能小説
彼の知らない私と、私の知らない彼
「気持ちいい」を聞かせて|同棲中のセックスレス小説
恋する貴女へ特別な快感(おもてなし)を〜若旦那の恋の手ほどき
ひとりえっちの為の短編エッチ小説(オナニー小説)
投稿官能小説(短編)
大人の恋愛小説(短編)
夏目かをる小説|夏目かをるが描く無料官能小説
官能エッチコラム
夢も欲も愛も飼い慣らして
音声で感じる!朗読官能小説(無料)
恋愛とセックスのかけ算
絶対ナイショのラブミッション
クリエイターズサイト
無料動画を見る
招き恋猫
メルマガ登録して最新h漫画を一足先に読もう